4分間のマリーゴールド|8話見逃し動画無料視聴はこちら【11/29配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『4分間のマリーゴールド』第8話(2019年11月29日(金)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

↓初月無料で今すぐ『4分間のマリーゴールド』を全話見る方はこちら↓

ドラまる
『4分間のマリーゴールド』第8話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『4分間のマリーゴールド』第8話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『4分間のマリーゴールド』第8話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『4分間のマリーゴールド』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『4分間のマリーゴールド』放送終了から1週間以内はTverかTBS FREE利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『4分間のマリーゴールド』第8話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年11月29日(金)放送終了後〜2019年12月6日(金)21時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

最もお得に『4分間のマリーゴールド』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『4分間のマリーゴールド』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『4分間のマリーゴールド』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアム
Paravi
U-NEXT
Hulu
ビデオマーケット
dTV
auビデオパス

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『4分間のマリーゴールド』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2019年10月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2019年10月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2019年秋ドラマ『4分間のマリーゴールド』第8話のあらすじは?

2019年11月29日(金)放送のドラマ『4分間のマリーゴールド』第8話のあらすじを紹介します。

運命の日が迫る中、寝る間も惜しんで絵を描き続けていた沙羅(菜々緒)が倒れ、病院に搬送される。

命に別状はなかったが、あらためて気を引き締めるみこと(福士蒼汰)、廉(桐谷健太)、藍(横浜流星)だった。

ある日、仕事で海外を巡っていた花巻家の母・理津(麻生祐未)が帰国する。

みことは、沙羅と結婚することを理津に報告。

驚きながらも理津から祝福されるが、沙羅の死の運命のことは伝えることができない。

沙羅は自ら理津に打ち明けようとするが…。

そんな中みことは、破水した妊婦の救急に駆けつける。

原因不明の激痛に耐えながら「絶対にこの子を産みたい」と頑張る彼女に、手を合わせるみこと。

しかし、このまま彼女が死んでしまうという最期のビジョンを視てしまい…

公式サイトより引用)

2019年秋ドラマ『4分間のマリーゴールド』第8話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『4分間のマリーゴールド』第8話の見どころや期待度をご紹介いたします。

sss
母親が帰ってきた理由は一体なんなのか、沙羅が倒れたことか知らされてなのか何か事件が起きたのかも気になります。

家に住むことになればまた問題が起きる気がしました。

みことと沙羅の結婚に対しよく思わないような気がしました。

廉は元カノが結婚していないことに気づき、今後の動きが楽しみです。

付き合う為に実家を継ぎに行ってしまうのではないかと思いました。

自分のために生きて欲しいと言われた以上、急接近するのではないかと思いました。

沙羅はなぜ倒れてしまったのか、健康診断を受けたのにもかかわらずかかる病気なのか、癌なのか気になります。

ペンネーム:sss(20代・女性)

さきママ
今回、ついに沙羅が倒れてしまいましたが、そんな予告に、あまり沙羅が出てこなかったことが気になりました。

と同時に、医師が沙羅の事を見ているシーンもあったので、もしかしたら、沙羅はこのまま目を覚まさないという展開もあるのかもしれないと思っています。

例えば、脳梗塞などであったら、事前の検査などでも分かりにくいだろうし、突然倒れてもおかしくないと思うので、そのような類いの病気だったのではないかと予想しています。

みことは、ついに沙羅の体調に異変が起きてしまったことで、多少なりとも動揺するのではないかと思います。

恋人として、少しでも冷静でいてほしいと感じています。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

ここあ
沙羅が倒れてしまいみことが驚きを隠せずいよいよ病が体に出てきてしまいみことがこれから沙羅のためにどんな風に運命を変えるきっかけを探していくのかその答えを見つけることができれば沙羅の運命を変えられるかも知らないので見つけてくれることに期待したいです。

お母さんが海外から帰ってきて二人が結婚したいことを話すところがお母さんがどんな反応をするのか楽しみです。

救命で妊婦の命とお腹の子供の命を助けるべくみことは妊婦の手に手を合わせると彼女の運命が見えて彼女が亡くなるのが見えその運命を変えようとしているところが沙羅の命を助けるきっかけを見つけることになるかも知らないと思うと楽しみです。

ペンネーム:ここあ(30代・女性)

hana
沙羅が倒れてしまって病院に運ばれるが、朝から絵を描き続けていたので、過労だと思います。

でもいつも元気な沙羅なので、倒れたことで皆が運命の日が近づいていることを実感するでしょう。

初登場のお母さんが帰ってくるので、沙羅とみことの結婚のことを言ってどんな反応が返ってくるかが楽しみです。

自由人なので応援してくれると思います。

7話で廉が本当の気持ちを伝えたことで、千冬との関係性がどう変わっていくかが楽しみです。

みことは救命の仕事でまた運命を見てしまうのではないかと思います。

今まで運命は変わらなかったけど、助けられて、沙羅のことに対して希望がみえることを期待しています。

ペンネーム:hana(30代・女性)

マレット
沙羅が倒れてしまったことで、本格的に沙羅の死ぬ運命を変えなければならないことになってきた。

そこで、沙羅の身に何かが起こっているか?ということについて、沙羅は病院で検査を受けることになった。

その一方でみこと達の母がようやく家に帰ってきたことで家族の現状を把握し、家族とともに沙羅の死ぬ運命を変える方法について考えることになるという展開を予想する。

なぜ沙羅は倒れてしまったかどうかということ、みこと達の母とはどんな人か、ということ、沙羅の死ぬ運命をみこと達はなんとかして変えることができるかどうかということが楽しみなポイントとする。

ペンネーム:マレット(20代・男性)

daycare74
今までずっと元恋人を愛し続けていた廉が、老舗旅館を切り盛りしている千冬のところに行ってどうなるか?楽しみですね。

また花巻沙羅が突然体調を崩してしまうので、結婚を約束している花巻みことが愛する沙羅をどう献身的に支えていくのか?

どういう方法でベットで横になる沙羅を愛していく演出になるのかが非常に楽しみですね。

また新たな展開として、今まで写真家として家を空けていた母親『麻生祐未』が帰国して花巻家に帰ってきて一波乱ありそう展開が楽しみですね。

花巻沙羅花巻みことが共に結婚する報告を帰国した母親にに告げて吃驚して、どういう反応を示すのか?も来週楽しみです。

ペンネーム:daycare74(40代・男性)

2019年秋ドラマ『4分間のマリーゴールド』第8話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『4分間のマリーゴールド』第8話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

sk

『4分間のマリーゴールド』第8話のあらすじネタバレ

沙羅は絵を描くことに集中し、睡眠不足で倒れてしまい命に別状はなかった。

家族は安心し家に帰宅すると母親が帰ってきていて、結婚の話をすると応援すると受け止めてくれた。

みことは救急の仕事で妊婦を救うことに。

掌を合わせ出血が酷くなることを確認し、救おうとするが命を落としてしまった。

帰宅し、兄弟は母親と楽しそうに話すが廉だけは素っ気ない態度を取り母親はいつも以上に嫌われていると気にしていた。

みことと沙羅は結婚式場を選ぶのに母親も付いてきた。

相変わらず仕事でバタバタする姿をみて、沙羅はそういう母親が好きだと言い、運命のことを話せば好きな母親を見れなくなるのではないかと心配していた。

なかなか伝えられない沙羅をみて廉は、いつも母親に対し我慢ている所は昔から変わらないと言い、我慢させたくない辛い思いをさせたくないと言った。

しかし母は沙羅が何か伝えたいということに気づいていた。

兄弟は母親に沙羅のことを伝えようとするがなかなか伝えられずに、仕事が忙しくすぐに海外に旅立つと聞き、みことは母に今年の誕生日に死ぬと伝えた。

受け入れられない母親に対し、兄弟4人で本当の事だと伝え沙羅は耐えられなくなりごめんねと言い部屋にこもってしまった。

廉は幼い沙羅が母親が仕事をしていて邪魔をしてはいけないと思い渡せずにいた手紙を母親に渡し、沙羅が今までどれだけ我慢して生活してきたかを説明した。

朝になり母親は、みことに自分の運命を見てほしいと言い、運命を変えるために見え方とは違う死に方をし、沙羅を助ける運命に繋げたいと言った。

必死に止める沙羅に母親は、沙羅が死ぬよりもマシだと泣きながら言い、みことは沙羅を絶対に救うと決めた。

『4分間のマリーゴールド』第8話の感想

自由に暮らす母親に対し愛のある沙羅はとても偉大だと思いました。

廉のような感覚を持つのが普通だと思っていましたが、価値観の似た母親だからこそ沙羅は受け入れられ、大好きと言えるんだろうと思ったことと、いろんな家族の形があるけれど、離れていても子供を愛する気持ちは変わらないんだと思いました。

運命を変えることのヒントを兄弟は見つけられずにいたが、母親が運命を変える方法は自分がみことが見えた運命に逆らう死に方をするという方法に思いついたのは、さすが母親の思考だと思ったことと、救う可能性があるのではないかと思いました。

みことが見える運命は絶対ではないと確信したみことと、沙羅を絶対に救うという気持ちが強くなったのでもしかしたら救えるのではないかという気持ちになりました。

兄弟の結婚に驚くことなく受け入れた母親も改めてすごいと思ったし、価値観が沙羅に似ているんだと思いました。

ペンネーム:sk(20代・女性)

まい

『4分間のマリーゴールド』第8話のあらすじネタバレ

倒れたさらはひとまず助かるところから始まります。

今回初めて4人の母が帰省してきます。

母に結婚することを報告した2人。

母は驚きますが、反対せず大人の2人が決めたことなら、と受け入れます。

さらの運命について母にいうタイミングを見はからいますが、さらから伝えるということになりました。

さらは母に自分の運命について伝えようとしますが、気まずそうな顔をして結局言えません。

みことは救急の仕事で妊婦の搬送を行いますが、手を合わせ、妊婦の運命を見ることになります。

適切な指示を職場で出しましたが、妊婦の何が何でも母になりたいという気持ちが心に留まったようです。

結婚式場を母とさら、みこと3人で見学に行きます。

母が大好きなさらは、お母さんの仕事をする姿が大好きで運命について言い出せない理由を打ち明けます。

れんは母に対してとても冷たい態度でしたが、小さい頃から母親らしいことをしてもらっておらず、下の子の面倒をみていたこと、皆が我慢して生活してることを知っていたためでした。

なかなか運命について言い出せないさらですが、3人が後押しします。

しかしそんな中、母は海外に飛び立つと言います。

そんな中さらは言い出せずいますが、みことが本当のことを言います。

みことが死の瞬間がわかること、さらが誕生日について死ぬことを母に打ち明けます。

れんと母は2人きりになり、さらが母をどれだけ思っているのかを伝えます。

母はみことに、自分の運命を見るように言います。

さらを失う怖さで運命を変えられる方法はないかと試そうとしたつもりだったようです。

『4分間のマリーゴールド』第8話の感想

初めて母の登場によって、4人の家族感が一気に出たような気がします。

さらとみことが結婚することについて母に打ち明けたら、母が納得してくれ何て心の広いお母さんなんだと思いました。

さらが運命についてなかなか打ち明けることができない気持ちはとても共感できるものがありました。

結婚式場を3人で見に行った時はお母さんも乗り気でとっても素敵だなぁと感じました。

さらは、お母さんのことが大好きで、母が仕事に飛び出す姿が大好きで小さい頃からお母さんの気持ちを察しながら生活していたんだなと思いました。

さらは母の海外行きを聞き、言い出せなかったですがみことが真実を言い、ようやく母に伝えれたと同時に、さらとしてはどうして良いかわからないという感情になったと思います。

れんは母にさらのことを伝え、不器用ながらに実はとても家族思いな性格だったんだと思いました。

今回の回も音楽の流れるタイミングがとても最高でした!

ペンネーム:まい(20代・女性)

さきママ

『4分間のマリーゴールド』第8話のあらすじネタバレ

花巻家の母である理津が海外から帰国してきた。

歓迎するみこと達に反して、廉は理津に冷たくしてしまう。

みことと沙羅は、理津に自分達の結婚について報告。

反対されるのではというみこと達の心配をよそに、理津はすんなりと祝福してくれた。

沙羅の運命についても話さなければならないと思うみことや沙羅であったが、母の悲しむ顔を思うと、沙羅はなかなか言い出せない。

やっと言い出せた時、理津は動揺を隠せずにいた。

沙羅の寂しい気持ちを感じ、母としての心配もあった理津は、そのまま日本に残ろうとするが、沙羅は笑顔で、母に写真を撮りに行くよう伝えるのだった。

『4分間のマリーゴールド』第8話の感想

沙羅の複雑な気持ちを思うと、やり切れない気持ちになりました。

沙羅が、理津の写真を好きでいることは嘘ではないと思います。

子供のように飛び出していく所が好きというのも本当だと思います。

でも、寂しくて不安で、母に側にいて欲しいと思っているのもあると思います。

どちらも本当だからこそ、沙羅は運命について、なかなか理津に話せなかったのではないかと感じました。

理津は理津で、そんな沙羅の気持ちが分かっていたと思います。

母として、そんな沙羅の気持ちを汲んであげようとしたのだろうなと感じられて、旅立つ時は、とても切なかったです。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

chibi

『4分間のマリーゴールド』第8話のあらすじネタバレ

母 理津(麻生祐未)が、帰国した。

みこと(福士蒼汰)と沙羅(菜々緒)が、婚約したことを報告すると、あっさりと「おめでとう!」と言ってくれた。

妊婦の具合が悪くなったと、出動した、みことが、見たものは。

妊婦が出血性ショックをおこし最後を迎えるシーンだった。

「なにがあってもいい。この子を産んで母親になる」といった妊婦の意識が下がっていく。

沙羅は、自分の運命のことを、母に話さないといけないのだが、母が、どこにも行けなくなってしまいそうだと、まだ、話せないでいたのだった。

沙羅は、子供がはしゃぐみたいに、家を飛び出していく母が好きなのだった。

明日、モロッコに発つと言う母に、沙羅は、「いってらっしゃい、モロッコの写真楽しみにしてる」とだけ言うが、みことが、話し始めた。

みことは、人の最後の瞬間がみえる。

沙羅は、今年の誕生日に死ぬと告げたのだ。

廉(桐谷健太)が、母に渡した。

子供のころに渡せなかった沙羅の手紙。

オーロラの写真を撮りにいくために出ていった母に、渡せなかった手紙には、3つのありがとうが書かれていた。

廉は、沙羅の気持ち、わかってやってくれと言うのであった。

翌朝、母は、みことに、私の運命をみなさいと迫る。

沙羅の運命を変えるためなら、なんでもするという。

止めに入った沙羅に、「あなたを死なせるよりいい。なんにもこわくないよ。それが母親だもん」と泣く母だった。

先日、亡くなった妊婦の父から、連絡があった。

赤ちゃんは、無事に産まれていた。

母と枕を並べた夜、沙羅に、3つのありがとうの返事が渡される。

沙羅は、これからも、お母さんの写真を、ずっと、見ていたいと言う。

みことが、守ってくれると。

今、ほんとうに、幸せなのだと。

母は、沙羅を、しっかりと抱きしめた。

母は、「またね」と、モロッコに旅立った。

誰かの思いで、運命が替えられるのかもしれないと思うみこと。

かすかに、光が見えた気がしたのだ。

『4分間のマリーゴールド』第8話の感想

子供が母親を思う気持ち。

母が、子供を思う気持ちに、ぐっときました。

子供が、悩んでいそうなのに、何も、いってくれなくて、つらい母の気持ち、とても、よくわかります。

私は、理津さんのように、大きな懐で、うけとめることが、出来ていないと思いました。

こんな素敵な、お母さん。

涙がでます。

ほんとうは、ずっと子供と一緒にいたいはずです。

でも、理津さんには、それと同じくらい、写真を撮るという好きなことがあるのです。

母の好きなことを、させてあげる子供たちも、すごいなあと感心させられました。

花巻家それぞれの、優しい思いが、幸せへとむかって、沙羅の運命が、変わってほしいと思います。

お互いを、思いあっているのですから、なにか、光がさしてほしいです。

ペンネーム:chibi(40代・女性)

ケース

『4分間のマリーゴールド』第8話のあらすじネタバレ

サラが倒れてしまい病院に運ぶがただの過労で命に別状はなかった。

その後、母親が帰ってきてミコトはサラと結婚する事を話す。

母親は驚きますがすぐに祝福してくれる。

そして、サラの運命の事も話さなくてはいけなくなりサラが自分で話すと言う。

サラは母親に自分の運命のことを話そうとするがなかなか打ち明けられない。

その後、なかなか打ち明けられないサラに変わってミコトが母親にサラが今度の誕生日に死ぬ運命だと話す。

始めは信じなかったが兄弟たちの深刻さを察して本当だと悟る。

翌日、母親はミコトに自分の運命を見てもらおうとして運命を変えようとするがミコトは拒否する。

サラは母親にモロッコの写真が見たいと話して母親をまた海外に送り出しミコトがいるから大丈夫と安心させるのだった。

『4分間のマリーゴールド』第8話の感想

サラが大病を患ってなくて本当に良かったです。

何かもう助からない病気なのかと心配しました。

そして、母親が帰ってきてサラとミコトが結婚するとこを打ち明けましたがすぐに喜んでくれてすごく懐の大きい母親だなと感じました。

でもその後にサラの運命の話をした時は流石に動揺していました。

やはり実の子供な訳ですから子供が先に死んでしまうなんてショックすぎます。

自分に置き換えたらなんとしてでもサラを救いたいと思います。

でもサラは母親を送り出してミコトがいるからと母親を安心させる感じはとても良かったです。

サラはミコトのことをとても信頼しているのが伝わりました。

ペンネーム:ケース(30代・男性)

ファインダー

『4分間のマリーゴールド』第8話のあらすじネタバレ

過労と貧血で沙羅が倒れた。

救急搬送されるが迷走神経の異常で重病ではなかった。

そこに母の理津が帰国し、みことは沙羅との結婚を告げる。

母親は2人を祝福する。

沙羅の運命のことは沙羅が母に伝えると言ったが、ためらう沙羅だった。

阿部は、みことに指輪を渡したのかと尋ねると要らないと言われたと答えるが、女心が判っていないと怒る。

廉はノー天気な母だと言う。

母親らしいことしないで、ふらふらしていると廉は原田に不満を言った。

みことと、沙羅と母は式場を見に行くと6月頃が予定だと言う。

沙羅は、お母さんに手紙を渡す日に、オーロラのニュースを見た母が写真を撮りに出ていったと沙羅が昔を懐かしく語った。

母に自分の運命のことを話したら、どこにも行かないだろうと心配する。

母は自分に言いたいことないのかと尋ねるが沙羅は何も言わない。

廉は母親に沙羅の運命を言えという。

しかし沙羅が言わないと、廉は怒ると、みことが沙羅がこのままじゃ、もうすぐ死ぬと言う。

母は何を言っているのというと、みことは手を合わせると死の運命が見えると言う。

今年の誕生日に亡くなるかも知れないと言う。

廉は母に、どこで何しても構わないが、沙羅が、小学生の時に、もっと母親らしいことして欲しかったのに、書いた母への手紙も渡せなかったという。

翌朝、母はみことに自分が死んで沙羅が長く生きられるなら何でもすると言う。

みことは沙羅は必ず助けると言う。

沙羅は母の写真が楽しみにしている、今は幸せだと言う。

そして母は写真を撮る為に家を出る。

一方、みことは妊婦を救急車に乗せると、母親は子供を産むと言うが、みことは妊婦の死を予見してしまう。

みことは輸血の用意がいると隊員に告げる。

後日、助からなかったと判る。

しかし子供は助かったと判り祖父に、みことが感謝される。

『4分間のマリーゴールド』第8話の感想

廉が理津に苦言を言う場面は考えさせられました。

沙羅が小学生の時に、母への手紙を渡そうとしたのに、母がテレビのオーロラのニュースに心を奪われて、娘の手紙を受け取ることなく、家を出てしまった話には、びっくりでした。

綺麗な写真ありがとう、お土産ありがとう、帰ってきてくれて有難うと手紙に書いてあったのですが、普通の母親なら、ごはんとか勉強教えてくれてありがとうとか、もっと母親らしいことを感謝すると思う、沙羅の気持ちを判ってやってくれと廉が言ったのは、もっともだと思いました。

それは、もはや息子の顔でなく、理津の夫のような口ぶりでした。

廉は、いわば家族にとっての父親役だけでなく母親の役割まで背負わされて、好きな写真を撮るのに飛び回っている母が無責任だと思う気持がわかりました。

それで、母は翌朝、みことに沙羅の為なら何でもしたいと言った親らしい気持ちも痛いようにわかりました。

それでも沙羅は母の写真が楽しみだと言い、母の背中を押すようにし、家を出ていかせたのは、それだけ沙羅と母が強い絆で結ばれているのだと思いました。

ペンネーム:ファインダー(60代・男性)

まとめ

ドラまる
2019年秋ドラマ『4分間のマリーゴールド』第8話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
9話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA