4分間のマリーゴールド|4話ネタバレと感想。兄にみことと沙羅の関係がばれた!

  • この記事を書いた人:Kawai

2019年11月01日(金)「4分間のマリーゴールド」の4話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
みことは、仲良くなった食道がんの患者から、娘さんに会いたいが、家族が崩壊するのは一瞬だと言われる。

何があったのでしょう。みことは、なにを感じるのか。

ラマちゃん
沙羅とみことがキスをするところを、廉に目撃されてしまう。廉はみこととの家族をやめると言い出す。

みことは、家族でいることができるのか。

お互いの気持ちを確かめたみことと沙羅は、家族に秘密にする。みことは、研修で、がん患者と仲良くなり、家族がすぐに崩壊することに気づかされる。秋祭りで、愛犬・シロがいなくなり.....。

スポンサーリンク

ドラマ『4分間のマリーゴールド』4話あらすじネタバレと感想

翌日、気持ちを確かめ合ったみことは、朝食時に、沙羅が普通の様子でどうししょうか迷う。沙羅からSNSで、16時に灯台と連絡が入り、喜ぶみこと。

灯台で、二人は、あらためで会うとお互いに緊張する言い、しばらくは、家族に、二人のことを秘密にすることにする。

廉と広洋は、居酒屋で二人で飲む。広洋は、家族の長として彼女を作らないとしていると言う廉に、元の恋人・ちふゆのことを引きづっているのではと指摘する。廉は、否定。

消防局で、志乃から、彼女とどうなったと聞かれるみこと。彼女から告白されてことを伝え、内緒で付き合い始めたというと。志乃は、彼女は、はっきり付き合いたいはずだと言われてしまう。

気管挿管の研修に病院に赴き、家族が見舞いにこないがん患者の梓に、研修の協力を得てもらえることになる。

家に帰ると、広洋は、まつりに行きたいと言い、廉だけが拒む。広洋、沙羅、みこと、藍で愛犬・シロをつれて秋祭りに。廉は、元恋人・ちふゆとの思い出のある祭に行きたくなかった。

藍は、琴につかまり、リンゴ飴を買って欲しいと連れて行かれてしまう。広洋は、つれてきたシロに子供たちが集まり、みととと沙羅は、二人で祭りを楽しむことになる。

消防局の後輩・上田が彼女をつれてきているのに出くわす。沙羅のことを彼女ですかと言われ、否定しないみこと。沙羅はそれが嬉しく、自然と二人は手をつなぐ。

広洋からシロがいなくなったと沙羅にSNSで連絡が入る。家にいた廉にも連絡が入り、だから祭りは嫌いだと、ちふゆとの祭りの思い出を思い出す。家長として家を守らねばとの使命感で、ちふゆと別れたのであった。

広洋はシロを探すがなかなか見つからない。藍と琴も合流し、琴が、家に帰っているのではと言い出す。家に帰るとシロが帰っていた。廉は、シロを探しに祭りに向かう。

シロが見つかったと連絡が入り安心する沙羅とみこと。二人でベンチに座り、みことは、姉さんといっしょにデートできてうれしいという。

姉さんと言われたら、デートは無理と言われ、みことは、沙羅と呼ぶと、それも生意気だと、出会った時はこんなに小さかったのにと手を合わせる。みことは、沙羅の死の運命が見えて脅える。

動揺するみことに、沙羅は、いっしょにいることが不安なのではと言う。みことは、否定し、沙羅にキスをする。初めてのキスであった。その二人を、見つめる廉。

みことと沙羅がお土産を持って家に帰ると、廉は、すでに部屋にこもって寝ていた。廉は、沙羅とみことのキスをみて動揺していたのであった。

翌朝、朝食も食べずに、仕事に出かける廉。みことや沙羅が、おはようと言うが、怒ったような顔をして避けて家を出て行く。

みことは、気管挿管の訓練に協力してくれる梓が、書道教室を開き、娘を女手一つで育て大学まで出したことを知る。

灯台のところで、二人は、梓の事を話題にしていると、廉が立っていた。廉は、沙羅に、先に帰れといい、みことに、「沙羅のことが好きか、好きなら、家族を辞める」と言い出す。

家に帰った廉に、沙羅が、みことと何を話したと声をかける。廉は、怒り出し、沙羅には関係がないと言う。その大声に、藍と広洋が飛び出してくる。廉は、広洋を飲みに連れ出す。

廉は、沙羅を海外に連れて行ってくれと広洋に頼む。広洋は、沙羅とみことが付き合っているとは思っていなかったが好き同士と察していた。

広洋は、血がつながっていないから、問題はないのではと言い、お互いに気持ちを確かめ合ったのだから良いのではと。

廉は、もし別れた時に、また家族には戻れないと家長として許せない言う。広洋は、そうやって、廉が家長であったから、皆も、家族であるべきと押し付けていないかと助言する。

みことが、家に帰ると、藍が、沙羅と廉が喧嘩をしていたと報告する。藍が何があったのかと問うが、みことはごまかす。

部屋にみことが入ると、沙羅が入ってきて、廉に何を言われたと問いただされる。みことは、、沙羅と付き合うなら、廉は家族を辞めると言われたと。

翌朝、藍は、廉が何を怒っているのか、だれも教えてくれないと、教えてくれるまで、ご飯を作らないとむくれる。広洋は、パン食に、早く仲直りしろと心で思う。

みことは、病室に、梓がいないことに気づき、屋上に行くと、娘の写真を見つめる梓を見つける。娘さんに病気のことを伝えた方が良いのではと声をかける。

梓は、娘が大学に入ってすぐに辞めて、咎めた時に、梓の言うとおりの大学に入って満足かと言われたと言う。その時、だた、押し付けていたことを気づかされた。今幸せなら言いと。

「家族が家族でなくなるのは一瞬です」と呟く。

元気がない廉に、警備員の同僚の原田が声を掛ける。廉は、家長とは何なのかと呟く、原田は、家長としてどんとしていれば良いと励ます。

廉は、急に、ご飯を作ると言い出し張り切るが、ご飯のスイッチを入れていないことに気づき、落ち込む。そんな姿を沙羅はじっとみていた。

沙羅は、一人考えるため、灯台のところに行く。みこともきて、廉の様子を聞いて、幼い頃、廉が怖かったが、父親が亡くなり落ち込んでいた時に、毎日バイクで迎えにきた時を話す。

スピードを出す廉に、段々慣れて行く、家族として迎えてくれたとみことは語る。

梓の手術を明日に迎え、みことは、大丈夫ですかと声をかける。梓は、本当は怖いと言い、みことは梓の手をとり、合わせる。おばあさんになった梓が、娘の家族に看取られ亡くなる姿を見る。

その運命を見たみことは、優しい顔をして、梓に、今からでも遅くないから娘さんに連絡した方が良いと伝える。

梓が手術室に入る。そこに梓の娘がきて、心配そうに、朝、連絡があったが、どう答えれば良いかと悩んでいたら遅くなったと言う。母を治して欲しいと必死に、みことに頼む。

みことは、梓の気管挿管を成功させ、無事手術は成功する。娘がしっかり母親手を握りの無事を確かめあう。その二人の姿を見て、みことは、家族の絆は、簡単になくならないと思う。

みことは、廉を、灯台に呼び出し、沙羅を好きな気持ちに変わりがないと言い。家族を辞めろと言う廉に、一番苦しいのは廉だと分かっているが、今、家族を辞めることはできないと。

「来年の沙羅の誕生日の日に、沙羅は亡くなる。争っている時間はない」と。信じられないという顔をする廉。

ここまでがネタバレですが、第4話は、家族に付き合いを秘密にすることに。秋祭りでのキスを廉に見られてしまい、みことは、家族を辞めるろと喧嘩に.....。

お互いの気持ちを確かめたみことと沙羅。何もなかったように振舞う沙羅に、みことが、心配する姿が初々しかった。SNSで16時に灯台でと連絡がきて、みことの嬉しそうな顔でしたね。

家族には内緒にしようと、みことと沙羅が決めたのに、秋祭りでは、二人になると、楽しそうでしたね。沙羅が、そっとみことの手をつなぐシーンが、自然で初々しくて良かった。

ドラまる
みことは幸せでしたが、沙羅が、手を合わせてきて、沙羅の死の運命に気づかされたからこそ、キスをしたくなったのですね。

沙羅も、自然に受け入れました。

ラマちゃん
しかし、そのキスの瞬間を、廉に見られるとは、真が悪いというかでした。

廉は、ショックだったでしょうね。家長としての自負もあったからね。

廉は、みことに、沙羅と付き合うなら家族を辞めると言いましたね。廉は怒るし、相談相手は広洋でしたね。広洋は、沙羅とみことの気持ちに気づいていたのですね。

藍は、みんな廉がなぜ機嫌が悪いのか知っているのに話してくれないのに、拗ねてしまい。ご飯を作らないと宣言しましたね。その態度が面白かった。広洋の仲直りしてくれよとの一言も。

ドラまる
みことは、研修先の病院で知り合った梓が、娘と喧嘩別れしたのに、母親の梓が病気で手術をすると聞き駆けつけましたね。

家族の絆は簡単に壊れないと確信したのですね。

ラマちゃん
だから、みことは、沙羅が好きなことを伝え、家族も辞めない気持ちを廉にしっかり伝えたのですね。

沙羅の死の運命を聞いた廉は信じませんでしたね。

スポンサーリンク

ドラマ『4分間のマリーゴールド』4話ネット上の反応

ドラまる
キスシーンや家族の絆の話と見どころ満載との今話ですよ。

ラマちゃん
毎回、感動。今後の展開予想と盛り上がってますね。

スポンサーリンク

ドラマ『4分間のマリーゴールド』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『4分間のマリーゴールド』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

登録月は無料というキャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

4分間のマリーゴールド|最終話見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『4分間のマリーゴールド』5話のあらすじ

2019年11月8日(金)放送のドラマ『4分間のマリーゴールド』第5話のあらすじをご紹介します。

廉(桐谷健太)に沙羅(菜々緒)が28歳の誕生日に死ぬ運命にあることを打ち明けたみこと(福士蒼汰)。

全く信じない廉だったが、藍(横浜流星)が最近のみことの様子が変だと口にしていたことから、ひっかかりを感じる。

そんな中、廉の職場の先輩である原田治(橋本じゅん)の妻・理沙(七瀬なつみ)が倒れ、みことたち救急隊が出動する。

搬送中に彼女と手を合わせたみことは、膵臓がんで死亡するというビジョンを視てしまう。

みことは死の運命を変えたい一心で、廉にもその事実を話すが相手にしてもらえない。

しかし数日後、理沙は亡くなり、みことが言った通りの光景を廉は目の当たりにして愕然とする。

沙羅の死の運命が本当だと悟った廉は、みことの目の前で泣き崩れてしまう。

そして、沙羅の幸せのためにみこととの関係を認める。

みことは、沙羅の運命を変えるために、これまで一人で抱えていた“死の運命”が視える能力のことや、沙羅の”最期の瞬間”を廉と藍に詳しく話し…。

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『4分間のマリーゴールド』4話のあらすじネタバレ、感想、5話のあらすじを紹介しました。

気持ちを確かめ合った二人、秘密にすることに。二人がキスを見てしまった廉。みことに家族を辞めると怒る。みことは、研修で家族の絆の固さを再認識し、廉に、沙羅の1年後の死を明かす。

ドラまる
やはり、廉は、沙羅が1年後に死ぬと言ったみことの言葉を信じないようです。

廉の同僚の奥さんが、みことが言った通り亡くなったことを知り、みことの言葉を信じるようです。どうする廉。

ラマちゃん
みことは、死の運命が分かり、沙羅が1年後に亡くなることを、藍と廉に告げる。

沙羅が亡くならないように、家族全員で立ち向かうようですね。

みことは、沙羅の死の運命をついに廉に告げましたね。廉は信じないようですが、みことが言っていることが正しいことが分かり泣き崩れるようです。次話も感動ですね。

藍や廉とみことは、沙羅の死の運命を変えるため動き出すのですね。一人で抱えていたみことでしたが、家族一致して沙羅を守って欲しいです。

沙羅には、いつ知られてしまうのでしょうか。そこも涙腺が緩みそうなシーンで、次話以降で待っている気がしますね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA