4分間のマリーゴールド|3話ネタバレと感想。突然の告白、沙羅もみことを好きだった!

  • この記事を書いた人:Kawai

2019年10月25日(金)「4分間のマリーゴールド」の3話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
沙羅が海外に行くと言い出す。

みことの応援したい気持ちと死の運命のことで揺れ動く様子を見て見ましょう。

ラマちゃん
救急で事故に遭うみこと。大丈夫なのかな。

沙羅がみことに秘めていた思いを告げる。秘めた思いとは何だろう。期待が高まりますね。

幼馴染の海外で活躍するカメラマンが、花巻家で暮らす。絵のため海外を見たいという沙羅は、海外に行くことを誘われ乗る気に。みことは、沙羅の死の運命もあり悩む。救急で怪我を.....。

スポンサーリンク

ドラマ『4分間のマリーゴールド』3話あらすじネタバレと感想

救急要請があり現場に到着すると、犬が事故に遭って足を怪我をしたとの通報であった。江上は、通報した男に、犬は救急車に乗せられないと説明する。

みことは、近くに、急患を扱ってくれる動物病院があるからと電話をして、犬の止血をする。通報した男は、みことではと言う。男は、幼馴染の広洋であった。

みことは、江上たちに、広洋は、兄の幼馴染、有名なフリーカメラマンで、母がカメラマンというということも関係があったと説明。昔は、ただの優しいお兄ちゃんだったと懐かしむ。

広洋は、花巻家の夕食にきて、廉と笑いながら話をする。藍の和食が食べられる日がくるとはと驚く。

沙羅は、広洋のカメラの海外子供たちの写真を見ながらみんないい笑顔という。広洋は、こちらが心を開いているからだと言い、沙羅もそういうところがあると褒める。

藍は、沙羅が海外に行きたいなら連れて行ってもらえばと提案する。広洋は、アシスタント募集だから大歓迎だと言うと、廉は危ないからだめだと。しかし、沙羅は乗る気だった。

藍は、みことと二人っきりになると、今の仕事が、特殊能力のせいでつらくないかと言う。みことは、いつか必ず助けると信じて見るからと大丈夫だと言う。

翌日、新婦が倒れたと救急で行く。みことは、手を合わせくも膜下出血で亡くなると分かる。血圧も高いし、頭も痛いと言っていたから、くも膜下出血の疑いがあると専門病院を進言する。

みことは、新婦の姿が、沙羅と重なり絶対に死なせないと心で思う。救急車の中で、新婦の容体は悪化して行き、専門病院に搬送を完了する。

消防局に帰り、食事をしていると、消防隊員の志乃から、さっきの救急は花嫁さんだったんだねと聞かれる。磯部は、医者ではないから、助かるかどうか分からないと叫ぶ。

沙羅と新婦が重なったみことは気をまぎれるため、運動をする。非番の上田がきて、自分のことが精一杯なのに救急をやっていいのかと悩みを打ち明ける。みことは逆だと言い助言する。

みことは、仕事が終わる帰りに、救急した新婦の入院する病院に行くが、新婦はくも膜下出血で亡くなって、運命を変えることができなかった。

家に帰ると、落ち込んだ様子のみことをみて沙羅は声をかける。玄関を入ると広洋が犬のシロと寝ていて驚く。

広洋とみことは、一緒に朝食のおにぎりと出し巻卵を食べる。みことは、急患で搬送した新婦が気になって見に行ったと話し、広洋は大変な仕事をしている顔つきが変わったと褒める。

広洋は、海外で仕事をしていると一人でご飯を食べることが多く、賑やかに食べているみこと達が羨ましいと。沙羅が海外に行くのをどう思うと言われ、戸惑うみこと。

広洋をモデルにして、沙羅は絵を描きながら、海外の話題で盛り上がる。それを、みことは聞き悩む。

藍とみことが夕食の餃子の準備をしていると、広洋は、沙羅が海外に行きたいと言っていると入ってくる。沙羅は、決めたわけではないとはっきりしない。

みことは、絵を描くために行きたいのなら、広洋のアシスタントをしてやるのは無理があるのでは、目的が違うので意味がないのではとまで言ってしまう。

沙羅は、むすっとして、意味があるかどうは、自分が決めることだと怒ってしまう。広洋は、アシスタントは口実で、一緒に行く仲間が欲しいだけだから、自由に書いてもいいと。

みことは、消防局でも悩んでいる。志乃がその様子を見て、みことは、恋愛上手ではないのでは、相手の気持ちを考える前に、自分の気持ちをぶつけるべきだとお尻を叩く。

工事現場で足場が崩れ、けが人3名がでたと救急要請が入る。志乃たちの消防隊もかけつける。みことは、怪我人が奥にいることを見つけて不用意に向かうと、足場が崩れ怪我をする。

沙羅の携帯に、兄・廉から、みことが、救急で怪我をしたと連絡が入る。慌てて、病院に向かうと、軽い打撲で大したことはなかった。みことを心配する沙羅の顔は尋常ではなかった。

安心した沙羅に、みことは、この前海外行きを変な理由で反対してごめんと謝り、海外に行って見ては、後悔のない生き方をして欲しいと告げる。沙羅の表情は曇っていた。

広洋は、師匠の沙羅の母親がとったアルバムを見て、沙羅が、幼い頃、カッパの役をして、緊張でセリフを忘れた写真を見る。沙羅はみことと練習していて相手が変わったからと言い訳する。

みことは、消防局にいると、新郎が結婚式で倒れて亡くなった新郎が訪ねてくる。新郎は、みことがくも膜下出血と気づき適正な救命に努力してくれたことに感謝を伝えにきたのでした。

新郎は、彼女もウエディングドレスが着れて嬉しそうだった。短い間だったけど愛することができて本当に良かったと語る。

夕食後、藍の作ったあんみつを食べながら、広洋は、いつまでも藍の食事を食べていたいが、遊んでばかりいられないので、今月中には、次に旅立つを言う。沙羅は、食事後時間が欲しいと。

消防局でも、夕飯後の片付けを、みことと志乃がする。みことは、好きな人が、遠くに行くのが夢で、応援した方が良いか止めるべきかと相談する。志乃は、みことの気持ちを伝えるべきだと。

翌朝、家に帰るが、みことはなかなか寝付かれなかった。新宿の友達の個展の出かけた沙羅の部屋に入ると、誕生日にみことが渡したマリーゴールドの花の絵を描いていた。

雨が急に降ってきて、みことは、沙羅を駅まで車で迎えに行く。

みことは、海外に行く意味がないと言ったり、行った方が良いと言ったりしたが本当はと言い出すと、沙羅は、行かないことにしたきっぱりいう。

理由を聞くみことに、沙羅は、どうしてなんだろうとはっきりしない。さらに、激しく雨が降ってきて、車を止める。

沈黙が続く車内。気まずくなった沙羅は、子供の頃演じてセリフを忘れたカッパ雨乞いのセリフを大声で言い出す。みことは、笑い、いっしょに車の中で練習したのにと答える。

また沈黙が続き、気まずくなったみことが、ラジオをつけると、近くで土砂崩れが発生したと報じる。みことは、救急隊員だから様子を見に行ってくるという。

沙羅は、危ないから行かないでと、みことの腕をとって制する。みことは、救命士だから行かなくてはと言い、「過保護だな、姉さんは」と言う。

沙羅は、小さな声で、「姉だから、違う姉だからではない」と。みことは、沙羅が、何かを伝えようとするのを気づくが、雨音で良く聞こえない。沙羅は、なんでもないと言う。

沙羅は、雨の中、傘も差さずにずぶ濡れになりながら、「姉だから止めるんじゃない」というと、みことは止まり、振り向く。

海外に行こうと考えたのも、みことと一緒にいてはまずいと思ったからで、海外に行かないと言ったのも、みことと離れたくないからだと。

「みことのことが好き。ずっと好きだった」と告白する沙羅に、みことは、ゆっくり近づいて行き抱きしめ、「僕もだよ」と答える。

みことは、沙羅の死の運命を知ってから、助けたいと思ってきたが、本当は、沙羅に触れたい抱きしめたいと思っていたことを思い出し、ずっと、愛する沙羅にマリーゴールドを渡したいと。

ここまでがネタバレですが、第3話は、海外で活躍する幼馴染に勧められ沙羅が海外に行くのに乗る気に。みことが救急で怪我をし、沙羅は異常に心配し.....。

海外で活躍する幼馴染のカメラマンが、沙羅が海外で絵を描きたいなら行こうと言った時、みことの顔が曇りましたね。本音は行って欲しくなかったのかな。

だから、カメラマンのアシストで行くなんて、絵を描く目的に合ってないとか、変な理由を言い出したのですね。

ドラまる
みことが、変な理由で海外行きを反対した時の沙羅の怒ったような顔が可愛かったね。

素直じゃない沙羅の性格が出てましたね。

ラマちゃん
みことが、救急の現場で怪我をした時の、沙羅の慌てようは、弟を心配する姉という姿を飛び越しているような気がしました。

今回は、志乃ちゃん大活躍でしたね。恋愛に対して優柔不断なみことに、思っていることをまずはぶつけるべきだと、それを相手がどう思うかは相手の判断ときっぱり言いました。

だから、みことは、沙羅の書いたマリーゴールドの絵を見て、雨が降ってきたと沙羅を迎えに行き、そこで、気持ちをぶつけようと決心したのですね。

ドラまる
その気持ちをぶつける前に、沙羅に、海外には行かないと言われてしまったけどね。
ラマちゃん
車の中の沈黙の時間、沙羅は、雨の中ずぶ濡れになって、みことに、好きだという気持ちを伝える一連の流れは、本当に素敵な時間でした。

スポンサーリンク

ドラマ『4分間のマリーゴールド』3話ネット上の反応

ドラまる
沙羅がみことへの秘めた思いを語るシーンに号泣との声も

ラマちゃん
志乃ちゃんの活躍、藍の料理シーンに皆さん注目してますね。

スポンサーリンク

ドラマ『4分間のマリーゴールド』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『4分間のマリーゴールド』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

2週間無料キャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

4分間のマリーゴールド|見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『4分間のマリーゴールド』4話のあらすじ

2019年11月1日(金)放送のドラマ『4分間のマリーゴールド』第4話のあらすじをご紹介します。

「ずっと好きだった」とお互いの気持ちを確かめ合ったみこと(福士蒼汰)と沙羅(菜々緒)。

2人は、しばらくは自分たちのことを、廉(桐谷健太)や藍(横浜流星)、広洋(佐藤隆太)に気付かれないように“秘密の恋”を育む。

救命のスキルを上げたいみことは、気管挿管の研修で赴いた病院で誰も見舞いに来ない入院患者の二条梓(筒井真理子)と出会う。

梓は食道がんを患っていた。

唯一の身内である娘と、あることをきっかけに長い間会っていないという梓に、心配したみことは手術の前に娘へ連絡することを勧めるが、「娘に私は必要ない」と拒まれてしまう。

「家族が家族でなくなるのなんて一瞬です」と呟く梓が気になるみこと。

ある夜、広洋の誘いで廉を除く花巻家の面々は神社の秋祭りへと向かう。

その最中、愛犬・シロとはぐれてしまい、留守番中の廉も自宅を飛び出し皆で探し回る。

自宅に戻っていたシロを広洋らが見つけ一安心するが、見つかったことを知らない廉は神社へ。

一方、みことと沙羅は神社で二人きりになり、初めてのキスをする。

そこを偶然廉が目撃してしまい…

家長として複雑な想いを抱いた廉は、みことに「沙羅を好きでいるなら、俺はおまえの家族をやめる」と宣言する。

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『4分間のマリーゴールド』3話のあらすじネタバレ、感想、4話のあらすじを紹介しました。

沙羅は幼馴染と海外に行くことに乗る気になる。みことは、海外行きを応援するか、止めるか揺れる。雨の中、迎えに行ったみことに、沙羅は、海外には行かないと、みことが好きと突然告白。

ドラまる
みことは、病院で会った食堂がんの患者に、娘さんと会えばと勧めるが、家族が家族でなくなるのは一瞬だと言われる。

次話は家族がテーマのようですね。

ラマちゃん
みことと沙羅がキスしているところを廉が見てしまう。廉は、沙羅が好きなら、みこととは家族になれないと。

どうするみこと。

沙羅も、みことが好きだったとは。大人になっても優しく抱きしめたりと様子がおかしかったのですが。両想いだったのですね。二人の恋はどうなって行くのでしょう。

二人の恋を認めることができない廉。花巻家は、どんな方向に進むのか。すごくきれいなドラマの流れがあるので、ドロドロにはならないことを期待したいですね。

沙羅の1年後の死も気になりますが、温かく二人の行く末を見守りたいですね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA