アンナチュラル|8話の見逃し動画無料視聴はこちら【3月2日放送】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『アンナチュラル』第8話(2018年3月2日(金)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『アンナチュラル』第8話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『アンナチュラル』第8話の見逃し動画配信を無料視聴する方法をご紹介するわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『アンナチュラル』第8話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

スポンサーリンク

ドラマ『アンナチュラル』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『アンナチュラル』放送終了から1週間以内はTverを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『アンナチュラル』第8話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年3月2日(金)放送終了後〜2018年3月9日(金)21時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

放送終了から1週間以上経過してしまったドラマ『アンナチュラル』を無料で見る方法は以下が挙げられます。

  1. 地上波での再放送を見る
  2. DVDやBDで見る
  3. 動画共有サイトにアップロードされた動画を見る
  4. テレビ局が公式に動画を提供しているVOD(ビデオオンデマンドサービス)を見る

地上波での再放送やDVD&BD化はドラマ全話の放送が終了してから数ヶ月後(再放送はされないことも多いです)になるため、今すぐ見たい場合の選択肢としてはNGでしょう。

そのため、現実的な選択肢はインターネットを利用して視聴する方法となります。

ドラマの動画がアップされていることの多い動画共有サイト一覧は以下になります。

上記のリンク先に動画がない場合は、すでに著作権違反の違法アップロード動画として削除されています。

随時チェックをすれば、新たにアップロードされた動画を見ることが出来るかもしれませんが、最近はテレビ局もかなり細かく違法動画サイトを巡回して削除要請をしているので、なかなか見られないかもしれません。

ドラまる
違法アップロードされた動画なので本当は見ない方が良さそうだね…
ラマちゃん
画質が悪かったり、変な広告が出たり、最悪の場合スマホやPCのウイルス感染のリスクもあるので、テレビ局が正式に動画を配信している動画配信サービスを利用するのが理想的ではあるわね〜

登録に2〜3分はかかっちゃうけど、どの動画配信サービスも無料期間があるのでとりあえずチェックしてみると良いかも!

ちなみに『アンナチュラル』はFODとHuluでは配信されていないので要注意です!

石原さとみさん好きにオススメのVODを紹介!

2018年冬ドラマの『アンナチュラル』はTBS系列ですが、石原さとみさんはフジテレビ系列のドラマへの出演が多いので、FOD(フジテレビオンデマンド)もおすすめです!

[PR]フジテレビオンデマンド(FOD)はこちら


※「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。

FODは31日間無料キャンペーンを行っているので、石原さとみさん出演のドラマ

  • リッチマン、プアウーマン
  • ディア・シスター
  • ウォーターボーイズ2

を無料視聴することが出来ます。

また、FODは8日・18日・28日に400ポイントずつレンタルに利用できるポイントが付与されるので(合計1,200ポイント)

  • シン・ゴジラ
  • 進撃の巨人

といった石原さとみさん出演映画も無料で見ることができます。

ドラまる
2018年冬ドラマ『アンナチュラル』はFODでは配信されていないので、気を付けてね!

スポンサーリンク

2018年冬ドラマ『アンナチュラル』第8話のあらすじは?

2018年3月2日(金)放送のドラマ『アンナチュラル』第8話のあらすじを紹介します。

雑居ビルで火災が発生し、UDIに10体もの焼死体が運ばれてくることに。

遺体は黒く焼けこげていて、全員が身元不明の状態。ミコト(石原さとみ)、中堂(井浦新)らUDIメンバーは、ヘルプとして来た坂本(飯尾和樹)の手も借りながら次々と解剖を進めていくが、身元判明は困難を極める。

一方で、神倉(松重豊)は将棋の師匠として慕っているごみ屋敷の主人(ミッキー・カーチス)の元を訪ねていた。

彼の妻は1年半前に亡くなりUDIで解剖されたが、今も死を受け入れられずにお骨の引き取りを拒否しているのだった…。

解剖の結果、ミコトは9番目の遺体が焼死する前に後頭部を殴られていた可能性があると指摘。

腰にはロープで縛られていたような皮下出血も見つかり、単なる火災ではなく殺人を隠すための放火だったのか…?と疑念を抱く。

また火災現場で唯一助かった男がいることも判明。

その男が入院していたのは、六郎(窪田正孝)の父・俊哉(伊武雅刀)が勤める病院だった。

俊哉はUDIを訪ねてきて、男の病状を伝えるとともに、息子を解雇してほしいと申し出る…!!

公式サイトより引用)

スポンサーリンク

2018年冬ドラマ『アンナチュラル』第8話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『アンナチュラル』第8話の見どころや期待度をご紹介いたします。

さきママ
次回予告で、六郎の父親が六郎を解雇するよう伝える場面がありましたが、なぜ突然そんな話になったのかが不思議でなりません。

六郎の父親は、恐らく六郎がジャーナリストとしてUDIにいるとは知らないのではないかと思います。

そのため、それが原因ではないとは思います。

典型的な、自身の病院の跡取りとして病院に連れて帰りたいだけなのか、もしかしたら、中堂の事件がばれて、信用を無くして『こんなところに息子は置いておけない』と言い出すのではないかとも思っています。

ただでさえ、ジャーナリストとのあいだで挟まれているので、これを気に、今後の自身の未来を、見つめ直して欲しいと感じています。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

くろ
火事があり、10体の大量焼死体が運ばれてくる。

その中に後頭部を殴られた跡のある死体があり、ただの焼死体ではないのではないか?殺人を隠すために、火事を起こしたのではないかという展開に。

また、六郎の父親である俊哉がラボに訪れる。

そして、六郎を解雇してほしいと言い出します。

「死体をいくら調べても生き返らせることができない」と父親は言います。

そんなことはみんな分かっていても、ラボのみんなは生きている人のために、そして死んだ人のためにも死体を調べるんだ!と思いました。

中堂の口癖でもあるセリフの「クソ」をミコトがみんなの前で使う場面も気になります。

ペンネーム:くろ(20代・女性)

KI
中堂の恋人の死に進展があるかどうかが気になります。

やっとミコトに助けを求めたのだから、何かしらの展開があると思います。

来週もまた、「赤い金魚」に関連して、坂本と中堂のやり取りがみられるんじゃないかと期待しています。

そして、なんといっても、久部がどうなるかが一番気になります。

彼の父親が登場することで、彼がUDIにいる理由といった本心みたいなものが描かれるんではないかと思っています。

週刊誌に出入りしていることも、そろそろバレそうな気がしています。

その時、ミコト達がどういった反応をするのか気になります。

ペンネーム:KI(30代・男性)

ぽん
今回ドラマの最後で、やっと中堂先生がミコトに協力を求めました。

元恋人の口の中にあった模様が他にもあったと証拠を見せ、また他大学でも同等の死体が上がったので、今後の事件解決に期待したいです。

次週は焼死体で何かを隠してそうなので、また死因究明がどのように行われるかが楽しみです。

くべくんのお父さんが出てきたり、将来のことなどスポットが当たりそうなので彼の人生や苦悩ももっと知りたいと思います。

くべくんがヤキモチを焼いたり、ミコトへの恋愛感情がどうなるのか、UDIラボの人間関係がどのように発展していくのかも楽しみです。

ペンネーム:ぽん(20代・女性)

おりん
中堂がミコトに色々今まで協力してきたお返しに、元恋人の死の理由を一緒に突き止めて欲しいと協力を仰いできた事で、元恋人の口の中の金魚の謎、そして犯人像を二人で見つけようという展開になるんじゃないかと思います。

その中で、予告にもあった事故が起こりご遺体が多数UD Iに運ばれてきててんてこ舞いになっていく。

その中で、ミコトが気になるから久部は、中堂とミコトの中ぎ最近よくて、しかもよく一緒に何やら話しているのを見る機会があるので二人の仲を疑い出しているのではないかと思う。

そのミコトを挟んで三角関係な展開も密かに楽しみなポイントです。

ペンネーム:おりん(40代・女性)

yuus*
最近はいつも、UDIメンバーの誰かが関わる事件が起きていますが、次回は六郎くんが巻き込まれているようで、これまた展開が気になります。

火災現場で助かった人の入院する病院に勤める六郎くんの父が、六郎くんを解雇してほしいと申し出るのは…やっぱり助かった人に何かあるからなのか?困る事があるからなのか?すごくその辺も気になります。

そして、六郎くんはとんな選択をするのか?この先どう動いていくのかも楽しみです。

あと、中堂さんの過去の事件もどうなっていくのか?中堂さんとミコトやUDIのメンバーの関係はどうなっていくのかも楽しみです。

ペンネーム:yuus*(30代・女性)

2018年冬ドラマ『アンナチュラル』第8話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『アンナチュラル』第8話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

さきママ

『アンナチュラル』第8話のあらすじネタバレ

ビル火災が発生し10体の遺体が発見される。

全てがUDIに運ばれ解剖を行うが、内1体に、焼死前に付いたと思われる頭部の外傷が見つかる。

時を同じくして、ビル火災の生存者が見つかり、その生存者に、その遺体の血痕が付着していた。

ミコト達は他殺の疑いを持ち調べ始める。

情報を得るために、生存者が運ばれた病院に協力を依頼。

情報を伝えにUDIに現れたのは、六郎の父親だった。

六郎の家は医者の家系で、父親は六郎にも医者になってほしいがために、六郎だけでなくUDIのことも侮辱する。

そんな父親に反発する六郎は、火事の真相を突き止めようと奔走するのだった。

『アンナチュラル』第8話の感想

ゴミ屋敷の主人と神倉さんとのエピソードが印象に残りました。

突然奥さんを亡くしたご主人が、その死を受け入れたくなくて遺骨の受け取りを拒否している姿が、見ていて辛かったです。

それでも、奥さんをご主人の元に返してあげたいと願い続ける神倉さんの言動には胸を打たれました。

神倉さんの『私たちはたまたま生きている』という言葉に、生きている人と亡くなる人の差は、本当にどこにあるのだろうかと考えさせられました。

六郎の手助けもあり将棋に勝ったであろう神倉さんのおかげで、奥さんの遺骨がご主人の元に戻り、それに向かって『おかえり』と話しかけるご主人の姿には、涙が出そうなのと同時に、微笑ましくも思えました。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

KI

『アンナチュラル』第8話のあらすじネタバレ

都内で雑居ビルの火事が発生し、多数の死者がでました。

その遺体の検死をUDIラボが一手に引き受けることなり、ミコトたちはてんてこ舞いになります。

検死を進めるうちに、ある遺体から頭を殴られたような跡がみつかります。

また、火事の現場の近くで、服に血がついた意識不明の男が倒れていたのが判明します。

ミコトたちは、火事になんらかの事件性がある考えます。

事件の調査と合わせて、各遺体の身元をミコトたちは調べます。

次々と遺体の身元が明らかになっていきます。

合わせて、火事が放火ではなく、家電の故障によるものだと明らかになります。

『アンナチュラル』第8話の感想

今回も泣かされたました。

死んだ男の気持ちを残されたものたちに、必死に伝えようとするミコトたちの思いに胸があつくなりました。

死んだ男が、父親に教わったことを実践し、多くの人を助け、最後まで家族のことを思っていたという事実がミコトから語られた時には、涙がでました。

そういうシリアス展開の中にも、中堂の「クソ」が炸裂したりと、コメディー要素もしっかりあるのは、メリハリがあっていいなと思いました。

中道の恋人の死の真相に近づく大きなヒントが出てきたのもよかったです。来週が楽しみになります。

そして、最終回に向かっていく展開をみて、来週が楽しくなる反面、寂しさを感じました。

ペンネーム:KI(30代・男性)

ヤーマ

『アンナチュラル』第8話のあらすじネタバレ

UDIに11人の焼死体が運ばれた。

雑居ビルでの火災が原因と思われる。

11人のうち10名は身元がわかったが一人だけわからないものがある。

そして意識不明の生存者が。

ミコトたちが調べたところ、殺害現場の犯人による放火に見えたが。

六郎の父である医師も登場してあらゆる角度から調べるものの、現実には一般人のDNAが調べられるわけではなく歯科検診の結果だけで調べるのが手一杯。

ただ11番目の男には銃創のようなものがわかり前科者だとわかったことから11番目の男が判明する。

最初は11番目の男が生存者を殺害したかに見えたが事実は11番目の男が火災を発見し、全員を助けようとして亡くなった悲劇だったことがわかる。

『アンナチュラル』第8話の感想

UDIのバイトであり一方で情報を三流雑誌のスパイとしてネタを提供していた六郎が、ミコトたちのひたむきな姿に後悔し、また父親との再開や、事件の関係者たちの様子から自分の本当にやりたい事に気づき、最後に雑誌記者を辞めたことが良かった。

またミコトの義理の母がどさくさでミコトの結婚相手を探していたところが可笑しかった。

ただしそれは自分の居場所やミコトの居場所を心配してのことだとわかって少し感動した。

またぶっきらぼうで自己中の中堂圭が完全にいい人になってしまったところが面白かった。

最後にはミコトのミスのフォローまでして完全にツンデレキャラになってて、人気出ると思う。

ペンネーム:ヤーマ(40代・男性)

まる

『アンナチュラル』第8話のあらすじネタバレ

雑居ビル火災が発生し、ご遺体が10体UDIに運ばれてきました。

火災という事でご遺体は10体とも丸焦げで、身元が分からない状態でした。

そのご遺体の中に、男性で焼死する前に後頭部を殴られたような痕と、ロープの痕があり、ロープので縛られて殴られたのならば事件の可能性があるという事になり捜査が始まりました。

しかし、それは事件ではなく、殴られたと思われていた痕は、爆風で飛ばされた時に手摺で後頭部を強打してできたもので、ロープの痕は、生存者を助けるためにロープで縛って担いでを何回も繰り返して、深く食い込んだその痕だったのです。

『アンナチュラル』第8話の感想

雑居ビル火災での唯一の生存者の男性が運ばれた病院は、六郎の父親が勤めている病院で、彼の父親は生存者の男性の病状を伝える為にわざわざUDIに出向いてきたのですが、それは六郎を辞めさせたいという意図もあったようで、法医学を見下した発言をし、六郎の事をも侮辱する発言を平然としていて、六郎が屈折している原因はこの父親かと妙に納得してしまいました。

それでも、生きているうちにしか、親に自分の思いを伝えられないという事をまざまざと思い知らされた六郎は、父親に歩み寄ろうとその思いを、きっと勇気を振り絞って伝えたはずなのに、父親はその思いを受け止める事なく、今後一切家の敷居をまたぐなという、とても親とは思えない発言をして、六郎が、哀れで仕方ありませんでした。

ペンネーム:まる(30代・女性)

ベルガモット

『アンナチュラル』第8話のあらすじネタバレ

ビル火災での焼死がテーマでした。

10人もの遺体がラボに運ばれましたが、問題があったのは9番目に運ばれてきた遺体でした。

後頭部の骨折と縛られた跡があったことから事件性があると考えられていました。

9番目の遺体は町田という前科持ちの男でした。

ビルの外で発見された唯一の生存者の男性は意識不明。

服には町田の血痕が付いていたため、町田はその男に殴られ、火災は事件を隠すための放火だと考えられていました。

町田の父親は息子の遺体を見るなり「このぼんくら息子!周りに迷惑かけずに1人でくたばれ」と罵っていました。

しかし、捜査が進展する中で放火ではないことが分かり、事件性はないことが判明しました。

町田の後頭部の骨折は、火災現場の店のドアを開けた際に、バックドラフト現象が起こり、吹き飛ばされて後頭部を打ちつけた時のものでした。

町田は怪我を負いながらも、火事にあった人たちを救出しました。

1人はビルの外に運べましたが、残りの人たちは火の手が邪魔をして下には降ろせず、上の階に運んで救助を待っていましたが、ビルが全焼したためみんな亡くなってしまったのでした。

遺体に縛られた跡があったのは、一人ひとりをロープで固定して背負ったからであり、救助のためのその縛り方を町田に教えたのは、昔消防士だった父親でした。

『アンナチュラル』第8話の感想

ヤクザ者だと思われていた町田が、実は火事にあった人たちを救出していたというくだりから、最後までずっと泣き通しでした。

消防士だったお父さんの事を思いながら、立派に救助に努めたんだろうなと思うと、悲しいですが本当に感動しました。

今回は、六郎の真摯さがよく出ていました。

医者にならなければ息子じゃないなんて、お父さんはひどい人でしたが、亡くなった人の帰る場所を懸命に探す六郎にも感動しました。

最後にはゴミ屋敷の奥さんが家に戻れて、「六郎よく頑張ったな」という思いと同時に、六郎自身は父親に受け入れてもらえず、帰るところがないままという悲しみが混ざって、とても複雑でした。

ペンネーム:ベルガモット(30代・女性)

とびうお

『アンナチュラル』第8話のあらすじネタバレ

まず、UDIラボで10体の焼死体を受け入れます。

そして、その10体のうちの1体に殺人の可能性が浮かび上がったことから事件の謎解きが始まります。

なぜ殺人の可能性があるかというと、何かで殴られたような痕やきつく縛られた痕があったからなのですが、銃で撃たれた痕があるということにミコトが気づき、一気に話が進みました。

そこで、この殺人を隠す為の放火の可能性が浮かび上がります。

しかし、放火ではなく、発火が原因だったとわかり、縛られた痕も、誰かを背負うときに消防が使う方法で縛られたときについたものだとわかりました。

殺人ではなく、1人の男性がみんなを助けようとした結果だったのです。

そして、ラストで中堂のおっている事件が大きく動きました。

『アンナチュラル』第8話の感想

今回は、亡くなった方が帰る場所、誰かを亡くした人、今生きている人の生き方についての話しだったように思いました。

亡くなる理由をバチが当たったにしてはいけない。

誰かを亡くした理由にもしてはいけない。

生きている人が亡くなった人の為になにが出来るかということを考えさせられました。

最後のほうで親に、もう我が家の敷居をまたぐなと言われた久部君でしたが、久部君は人の命について学んだことが多かったようで、なんだか感動しましたが、最後の最後で、久部君が繋がっていた編集社が中堂さんがおう事件と関係してそうとわかり、怖くなりました。

ペンネーム:とびうお(20代・女性)

まとめ

ドラまる
2018年冬ドラマ『アンナチュラル』第8話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
9話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA