ドラマ【アンナチュラル】8話ネタバレと感想。9話あらすじも

  • この記事を書いた人:OCM
ドラまる
いよいよ、ドラマも後半に突入だね。いよいよ、このドラマのキーワードの『赤い金魚』についての話が進んでいくのかな?
ラマちゃん
中堂がUDIラボにいる理由や恋人が殺された理由も全て赤い金魚が原因みたいだよね。ミコトにも捜査協力を依頼したからね。これからの展開がますます楽しみ!

こちらの記事では2018年冬ドラマ『アンナチュラル』第8話のネタバレと感想、見逃し動画をお得に見る方法、第9話のあらすじをご紹介していきます!

スポンサーリンク

アンナチュラル8話のあらすじネタバレ

不自然死の死因を調査する、UDIラボに三澄ミコト(石原さとみ)は法医解剖医として勤務している。

UDIラボの所長である神倉(松重聡)は以前UDIラボで解剖した遺体の夫で将棋の師匠と慕っているゴミ屋敷の主人(ミッキー・カーチス)の元を訪ねていた。

ある日、雑居ビルで火災が発生し、UDIラボに10体の焼死体が運び込まれるが、遺体は焼け焦げていて全員が身元の不明の状態だった。

UDIのメンバーであるミコトと中堂(井浦新)は、手伝いに来ていた坂本(飯尾和樹)と解剖を進めるが中々身元は分からない。

それでも、解剖を進めていくミコトは9番目の遺体が後頭部に殴られたような跡がある事と腰の辺りには皮下出血がある事を見つける。

ミコトは単なる火災では無く、殺人を隠ぺいするための放火だったのではないかと疑いを持つ。

その一方で助かった11番目の男性がいる事が判明する。

その男の入院先は久部(窪田正孝)の父親である俊哉(伊武雅刀)が勤務している病院だった。

俊哉はUDIラボを訪ねてきて、男性の病状を告げると共に息子の解雇を申し出る。

俊哉は息子がUDIラボで働いている事に反対していたが、ミコトは私たちは私たちの仕事をするだけと、久部を励ます。

解剖の結果、数名の遺体の身元が判明して、人間関係も少しずつ明らかになってきて、11番目の男のシャツに血が付いており、その血は9番目の男の血である事が分かった。

次々に身元が判明するも、9番目の男の身元だけが分からない。

UDIラボのメンバーは必死になって、9番目の男性の身元を調べる。

その時、ミコトは脇腹の傷跡についてある事に気付き、再び9番目の遺体を調べると、傷痕は内視鏡手術の跡でなく銃創であった事が判明し、身元も分かり、名前は町田三郎である事が分かった。

その後、町田の両親がUDIラボを訪れて、息子の遺体を前にして父親はこれまでの息子の素行の悪さから、『死ぬ時まで多くの人を巻き込んで…、このろくでなし!』と叱責する。

警察が町田の足取りを捜査していると、スナックで働いていた1人の女性と出会い、町田が事故現場の事を自分の家みたいだと言っていた事が分かる。

九部は父親の病院を訪れ、11番目の男について調査を開始すると体にロープの跡がついている事が分かった。

その時、今回の火災事件がニュースで報道されて、火災の原因がプロジェクターの発火である事が分かった。

11番目の男の体についていたロープの跡から、町田が11番目の男を助け出そうとして、ロープで体を縛り、連れ出そうとしていた事が分かった。

それは消防士が救出する際に使用する特別な縛り方だった。

九部は消防署へ向かい、事故現場の全ての写真をUDIラボに持ち帰ると、ミコトがある事に気付く。

さらに久部は事故現場を再調査すると、事件を解くカギに気付く。

事件の真相はこうだった。

事故当日に町田が事故現場を訪れると異変に気付いて、入口のドアを開けると軽いバックドラフト現象が起こり、その爆風で町田の体が飛ばされて、後頭部を強打。

一気に火の手が大きくなったが、町田はまだ中に残っていた家族の様に付き合っていた友人を一人でも多く助け出す為に体にロープを縛り付けて運んでいたが、火の手がさらに大きくなり、結局一人だけしか助けられなかったのだった。

ミコト達はこの事を町田の両親に伝えると、父親はそのロープの縛り方は元消防士だった私が教えたのだと話し始め、『覚えとったんだな、三郎』と涙をこらえながら続けるのであった。

スポンサーリンク

アンナチュラル8話の感想

今回はヒューマンドラマ色が強かった60分でした。

皆が本当に帰るべき場所を見つけられて安心しました。

九部は情報を流していた週刊誌とも手を切り、UDIこそが本当に自分の帰る場所である事に気付いたようですが、その事が更なる事件を引き起こしそうな展開になってきました。

最後には新たな事件を調査しているミコトが遺体の口の中に『赤い金魚』を見つけてしまいました。

その現場にはミコトや中堂の過去を知る宍戸の姿もありました。

来週はUDIラボの存在自体も危うくなりそうな予感です。

来週からは絶対に見逃せませんね!

スポンサーリンク

ドラマ『アンナチュラル』見逃し動画をお得に見る方法!

ドラマ『アンナチュラル』の見逃し動画が配信されるVOD(ビデオオンデマンド)サービスは現在調査中です。

詳しい情報はこちらの記事で!

ドラマ『アンナチュラル』9話のあらすじと見どころ

2018年3月9日(金)22時〜放送のドラマ『アンナチュラル』のあらすじと見どころをご紹介します。

空き家に置かれたスーツケースの中から若い女性の遺体が発見された。
ミコト(石原さとみ)が遺体を確認すると、中堂(井浦新)の死んだ恋人・夕希子(橋本真実)と同じ“赤い金魚”の印が口内から見つかったーー!
“赤い金魚”が口の中に残されていたご遺体は、夕希子を含め過去に3体。
UDIは“赤い金魚”のあるご遺体は、同じ犯人によって殺された可能性が高いと毛利刑事(大倉孝二)に訴えるが、正式な証拠がないと訴えを却下される。
それでもミコトたちは犯人に繋がるヒントを見つけるため、スーツケースの中から見つかった女性を解剖し死因究明を進める。
ミコトは胃の内容物が、強烈な腐敗臭を放っていることに違和感を覚える。果たして女性の死因とは何なのか…?

その一方で、神倉(松重豊)は過去に週刊ジャーナルに掲載されたUDI関連の記事を見て、ある疑念を抱く…。
さらに警察庁を訪れた神倉は、驚くべき記事を目にすることに…!

そしてミコトと中堂は、とある証拠を発見し事件は急展開を迎える!
中堂の恋人を殺した犯人はいったい誰なのか!?
公式サイトより引用)

まとめ

2018年3月2日(金)放送のドラマ『アンナチュラル』第8話のあらすじネタバレと感想をご紹介しました。

ドラまる
みんなハッピーエンドと思ったのもつかの間で、いよいよ来週からこのドラマを通しての謎だった、『赤い金魚』の事が明らかになりそうだね
ラマちゃん
そうだね!来週はUDIラボの存在そのものが危険にさらされるかもしれないよ!しかし、宍戸は中堂の過去をどこまで知っているんだろうね

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA