ドラマ【アンナチュラル】5話ネタバレと感想。6話あらすじも

  • この記事を書いた人:OCM
ドラまる
今回はミコトが行った解剖が原因で罪に問われてしまうみたいだよ。いったい何が原因なんだろうね。そういえば、前回中堂の過去が明らかになってきたね。
ラマちゃん
そうそう!前回の中堂の異常な行動や自分自身で恋人の解剖をした謎など、今週も見どころ満載だね!

こちらの記事では2018年冬ドラマ『アンナチュラル』第5話のネタバレと感想、見逃し動画をお得に見る方法、第6話のあらすじをご紹介していきます!

スポンサーリンク

アンナチュラル5話のあらすじネタバレ

ミコト(石原さとみ)は不自然死究明研究所、通称UDIで法医解剖医として勤務しています。

UDIラボの職員の坂本(飯尾和樹)が辞めてしまい、中堂(井浦新)がリーダーの中堂班は人手不足の為、しばらくミコトの三澄班を手伝う事になる。

ある日、溺死した妻・果歩の遺体を解剖して欲しいと、夫である鈴木巧(泉澤祐希)がUDIを訪れる。

警察は海に飛び込む現場を目撃した人がいた為、自殺と判断されたが、夫は納得がいかずに青森からUDIを訪ねて来た。

遺体解剖に取り掛かるミコトの元へ、葬儀社の木林(竜星涼)が飛び込んでくる。

鈴木がUDIの持ち込んできた妻の遺体は葬儀社から盗まれた物だった。

それが原因でミコトは死体損壊罪という罪に問われてしまいます。

警察署を訪れた、ミコトとUDI所長の神倉(松重豊)は警察官から実際は夫婦では無く、同棲中の同性のカップルであると教えられ、ミコトは医師免許の剥奪もあると言われるが、騙された側として罪には問われない事になった。

果歩は海水で溺死したという事が調査の結果で分かったが、これ以上の遺体解剖と調査を進めることは出来なかった。

しかし、中堂は果歩の遺体を警察に返したが、肺だけをUDIに保管していた。

ミコトは中堂のやった事に不安を覚えるが、中堂は『今調べなければ、永遠に答えの出ない問いに向かい続けなければならない、そういうやつを一人でも減らすのが法医学の使命じゃないのか?』とミコトへ伝える。

その頃、中堂は事件現場をミコトと九部(窪田正孝)は鈴木巧の元を訪れていた。

ミコトは解剖費を巧に返して、これ以上調査が出来ずに真相は分からないと伝えるが、巧はお金を返さなくても良いので、調べて欲しいと土下座をして懇願する。

事件現場を調査した中堂はミコトと今回の事件について話していた時に果歩の肺を黙って保管していた事がばれてしまう。

しかし、ミコトと中堂はUDIラボから保管していた肺を持ち出して、中堂の自宅で肺を検査して、肺の中に残っているプランクトンから事故現場を特定する事にした。

UDIラボと勝手が違い、検査は思うように進まない。

休憩中にミコトは絵本を見つけて、手に取ると絵本の作者は中堂の殺された恋人だった。

ミコトは『法医学者として、何かできる事があれば…』と言うが、中堂はミコトが恋人の事を言っているとは気付かない。

徹夜の調査の結果、入水場所から泳いで事故現場まで行った事が明らかになる。

ミコトはこの事を警察に伝えに行った時に、警察官から死後CTの画像が撮られていた事を教えてもらえる。

CT画像を見ると、肺の膨らみから入水してすぐに気を失っていた事が分かる。

この画像を先に見た中堂は巧に事件の真相と目撃者が嘘を言っている可能性と目撃者の女性が足から入水していたという証言の信憑性について話す。

さらに中堂は『誰かが自殺を偽装するためにやったかもしれない、すぐに助けを呼べば助かった可能性がある』と巧に伝える。

話を聞いた巧は『これで確信が持てました』と言って、犯人と思われる人物へ会いに行く。

場所は果歩の葬儀場。

巧は葬儀場で果歩の命を奪った犯人を見つけると、感情を抑えきれずに腹部を刺してしまう。

遅れてミコトも葬儀場に着いて、今にもとどめを刺そうとしている巧を制しようとするが、倒れ込んだ犯人の背中をもう一度、刺してしまう。

巧はその場で警察に連行されてしまう。

ミコトも事情聴取で警察にいた。

そこへ事情聴取の為に中堂もやって来る。

中堂を見かけたミコトは『なぜ止めなったのか?』と詰め寄る。

さらに、ミコトは中堂の恋人であるコウジヤユキコさんの事を話して下さいと続ける。

そして、『永遠の問いに決着をつけましょうよ、私は同情なんてしない、絶対に』と語気を強めるのであった。

スポンサーリンク

アンナチュラル5話の感想

今週は些細な事から事件の真相に辿り着くこれまでの流れよりも、ヒューマンドラマに近い印象を受けました。

非常に見応えのある回でした。

中堂の恋人の死因究明にいよいよミコト達UDIのメンバーが乗り出すようです。

いよいよ、ドラマも後半戦に突入してきます。

来週もますます見逃せなくなってきました。

スポンサーリンク

ドラマ『アンナチュラル』見逃し動画をお得に見る方法!

ドラマ『アンナチュラル』の見逃し動画が配信されるVOD(ビデオオンデマンド)サービスは現在調査中です。

詳しい情報はこちらの記事で!

ドラマ『アンナチュラル』6話のあらすじと見どころ

2018年2月16日(金)22時〜放送のドラマ『アンナチュラル』のあらすじと見どころをご紹介します。

高級ジム主催の合コンパーティーに参加した東海林(市川実日子)は、翌朝見覚えのないホテルのベッドで目を覚ます。
隣を見ると、昨夜のパーティーに参加していた権田原(岩永洋昭)が死んでいた…!!
混乱した東海林は、ミコト(石原さとみ)をホテルに呼び出す。ミコトが詳しい状況を聞こうとするも、東海林は店を出た後の記憶がまったくないという。
そんな中、ミコトは権田原の遺体を見てあることに気づく…。

一方UDIでは、中堂(井浦新)と六郎(窪田正孝)が道端で突然死した男性の解剖を行っていた。
偶然にも、その男性と権田原の意外なつながりが判明。
警察は連続殺人事件とみて捜査を始めるが、容疑者として疑われているのは東海林だった…。
中堂は『警察の任意同行に応じると殺人犯にされる』と東海林に逃げるよう促す。

ミコトらUDIメンバーは、東海林の容疑を晴らすべく死因究明に奔走する。

公式サイトより引用)

まとめ

2018年2月9日(金)放送のドラマ『アンナチュラル』第5話のあらすじネタバレと感想をご紹介しました。

ドラまる
今回はいつも以上に『死』という物が見事に描写されていて、最後のシーンは思わず涙が出そうになったね。今までに無かったシリアスなシーンが多かったね。
ラマちゃん
今までは、死んだ後の遺体を調査していく内容が多かったので、今回の様に死の瞬間や殺されるという描写には改めて死の恐怖を思い知らされた感じがするね。来週からはいよいよ中堂の過去が明らかになりそうだよね。来週も必見だね!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA