アンナチュラル|2話の動画無料視聴はこちら【1月19日見逃し】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『アンナチュラル』第2話(2018年1月19日(金)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『アンナチュラル』第2話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『アンナチュラル』第2話の見逃し動画配信を無料視聴する方法をご紹介するわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『アンナチュラル』第2話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

スポンサーリンク

ドラマ『アンナチュラル』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『アンナチュラル』放送終了から1週間以内はTverを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『アンナチュラル』第2話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年1月19日(金)放送終了後〜2018年1月26日(金)20時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

放送終了から1週間以上経過してしまったドラマ『アンナチュラル』を無料で見る方法は以下が挙げられます。

  1. 地上波での再放送を見る
  2. DVDやBDで見る
  3. 動画共有サイトにアップロードされた動画を見る
  4. テレビ局が公式に動画を提供しているVOD(ビデオオンデマンドサービス)を見る

地上波での再放送やDVD&BD化はドラマ全話の放送が終了してから数ヶ月後(再放送はされないことも多いです)になるため、今すぐ見たい場合の選択肢としてはNGでしょう。

そのため、現実的な選択肢はインターネットを利用して視聴する方法となります。

ドラマの動画がアップされていることの多い動画共有サイト一覧は以下になります。

上記のリンク先に動画がない場合は、すでに著作権違反の違法アップロード動画として削除されています。

随時チェックをすれば、新たにアップロードされた動画を見ることが出来るかもしれませんが、最近はテレビ局もかなり細かく違法動画サイトを巡回して削除要請をしているので、なかなか見られないかもしれません。

ドラまる
違法アップロードされた動画なので本当は見ない方が良さそうだね…
ラマちゃん
画質が悪かったり、変な広告が出たり、最悪の場合スマホやPCのウイルス感染のリスクもあるので、テレビ局が正式に動画を配信している動画配信サービスを利用するのが理想的ではあるわね〜

登録に2〜3分はかかっちゃうけど、どの動画配信サービスも無料期間があるのでとりあえずチェックしてみると良いかも!

ちなみに『アンナチュラル』はFODとHuluでは配信されていないので要注意です!

石原さとみさん好きにオススメのVODを紹介!

2018年冬ドラマの『アンナチュラル』はTBS系列ですが、石原さとみさんはフジテレビ系列のドラマへの出演が多いので、FOD(フジテレビオンデマンド)もおすすめです!

[PR]フジテレビオンデマンド(FOD)はこちら


※「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。

FODは31日間無料キャンペーンを行っているので、石原さとみさん出演のドラマ

  • リッチマン、プアウーマン
  • ディア・シスター
  • ウォーターボーイズ2

を無料視聴することが出来ます。

また、FODは8日・18日・28日に400ポイントずつレンタルに利用できるポイントが付与されるので(合計1,200ポイント)

  • シン・ゴジラ
  • 進撃の巨人

といった石原さとみさん出演映画も無料で見ることができます。

ドラまる
2018年冬ドラマ『アンナチュラル』はFODでは配信されていないので、気を付けてね!

スポンサーリンク

2018年冬ドラマ『アンナチュラル』第2話のあらすじは?

2018年1月19日(金)放送のドラマ『アンナチュラル』第2話のあらすじを紹介します。

ミコト(石原さとみ)らUDIメンバーは警察の依頼により、集団練炭自殺の現場に出向く。

そこには4人の遺体があり、刑事の毛利(大倉孝二)は事件性がないと主張するが、ミコトは解剖することを決める。

解剖の結果、3人は一酸化炭素中毒で自殺と断定された。

ところが、ひとりの少女の死因は“凍死”であることが判明。

さらにその少女の胃の中から、解読不可能なダイイングメッセージが発見される。

間違いなく事件であると確信したミコト、六郎(窪田正孝)らUDIメンバーは、所長の神倉(松重豊)に止められながらも、身元不明の少女が残したメッセージの意味を必死で解読しようとする。

そんな中、ある理由から突然ミコトは六郎を温泉に誘う。

温泉地へと向かったミコトと六郎は、驚くべき事実を突き止める。

だが、そんな2人を絶対絶命のピンチが襲う!!

集団自殺に見せかけた事件の真相とは一体?

公式サイトより引用)

スポンサーリンク

2018年冬ドラマ『アンナチュラル』第2話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『アンナチュラル』第2話の見どころや期待度をご紹介いたします。

TOM
2話は4人の無理心中事件の不自然死を解くエピソードのようですね。

3人は一酸化炭素中毒なのに1人だけが凍死という不自然死を調査することになりそうです。

少女の胃の中からダイイングメッセージと疑われる紙が見つかり、事件性があると調べ始めます。

法医学医の枠を超えてミコトたちは事件の捜査をして危険に巻き込まれてしまう展開になりそうですね。

ミコトたちは4人を殺した犯人は見つけられるのでしょうか。

でも見つけたとしてもミコトたちは犯人から危害を加えられる可能性もありますね。

1話でも中堂はなんらかの形でミコトを手助けする展開になっていたので、次回も中堂がミコトたちを助けて事件を解決するような気がします。

次回もどんな展開になるのか楽しみです。

ペンネーム:TOM(40代・男性)

心愛
集団練炭自殺の現場での、少女の死因が凍死は何故なのか?一家心中だから、ミコトの過去が少し出てくるのかとても気になります。

中堂と木村の言っていた赤い金魚の真相は第二話では出てくるのか?ってところも楽しみです。

九部は、法医学を少し馬鹿にした感じがある気がするので第二話ではそこらへんがどう変化していくのかも見ていきたいなと思いました。

個人的には、木村のキャラが物凄く怪しく感じているので第二話の木村も注目して見ていきたい!と思いました。

九部と三澄は今後恋愛関係に発展していくのかなんて予想していて、そうなるとまた楽しいかな?って思います。

ペンネーム:心愛(30代・女性)

ひまわり
今後のストーリーとしては、さらに難しい死因の究明を行いながら、その都度いろいろなことを考えさせられる内容なんだろうなと思います。

恋愛という意味では、仕事の面白さを追求していきたいミコトには、無理をしなければ関係を保てない今の恋人関谷とは、続かないのかなと予想できます。

来週以降もミコトと夕子との絶妙な仕事ぶりに加え、久部の新しい雰囲気が心地よく混ざり合い、チームとしての面白さがさらに増していくのかなという感じです。

とてもシリアスな内容でありながら、石原さんの魅力も味わえて、今後もますます明日楽しみだといえます。

ペンネーム:ひまわり(40代・女性)

Ponta
物語の最後では、謎がいくつか出てきました。

ミコトの働く不自然死究明研究所にきた新人が電話で誰かと話していました。

そして、ミコトの本名が違うことがわかりました。

この新人の正体はいったい何なのか、気になります。

また、ミコトはどうして養子なのか、なぜ本名を隠して生きているのかも気になりました。

話の流れからすると、ミコトの家族は一家無理心中でなくなっているのではないかと予想されます。

次回予告では、一家無理心中を行った家族の解剖をするようでした。

ミコトの過去も描かれるのでしょうか。

物語はまだはじまったばかりですが、謎がいくつもあるので、これからどのような展開を魅せるのか楽しみです。

ペンネーム:Ponta(30代・女性)

ミチコ
2話は練炭集団自殺のお話しですが、一名だけ凍死しているというおかしな遺体を解剖します。

いったいなぜ彼女だけが凍死なのか解剖で何が分かるのかとても気になります。

また窪田正孝が演じる医大生の久部と石原さとみが演じる解剖医のミコトが一緒に温泉に行くなど2人の仲はどうなるのかも楽しみです。

1話で恋人と不仲になってしまったミコトがその後彼氏とどうなるのかも気になります。

変わり者の解剖医・中堂(井浦新)の行動も気になります。

遺体を運んでくる葬儀社と何かつながりがあるようだったので秘密を隠しているのではないかととても気になります。

ペンネーム:ミチコ(40代・女性)

フエ
ミコトの過去の事件の事を進めていく部分の中で、それに似たような事件が起こってそれをどう感じていくのか集団練炭自殺かと思われていた事件の遺体からダイイングメッセージらしきものも見つかり、それがどうやって繋がっていくのか楽しみです。

予告を見た感じだとミコトと六郎が水責め?にあってピンチな場面もあって、何があって巻き込まれたのか、そこからどうやって助かるのかも楽しみです。

あと、中堂も何が目的で何をしようとしているのか含みのある行動もあったし、少しダークサイドな面を出しているのでそこからどうやって展開していくのか楽しみです。

ペンネーム:フエ(30代・女性)

hayabusa1985
ドラマの内容としては遺体を解剖医が死因や死亡時間などを明確にするために解剖することで事件の真相を究明するという至ってシンプルな内容でした。

どうやら事件は1話完結型ということなので、毎回、シンプルに見れるのかなぁと感じます。

ただ、パンチ力が弱そうな印象は否めなく、ドラマのヒットには石原さとみの集客力と、他の展開が必要になってくるのかなぁと思います。

特に石原さとみとの恋物語や、新展開など。

その辺りは1話から交際者との破局や、石原さとみの生い立ちの話などの種まきがあったので2話や今後に期待かなと思いました。

ペンネーム:hayabusa1985(30代・男性)

らいち
1話の最後で出てきたミコトの「一家無理心中」という重々しい過去と無気力に見える中堂系が熱心に調べているらしい何かの輪郭が判明するのかなと思います。

主要人物の謎が次回ですべて明かされるとは思いませんが、ミコトの信念や強さの秘密がわかるのかなと期待しています。

あとは、久部くん(窪田正孝)がますますミコトに惚れちゃうのかな、と期待しています。

久部くんが電話でミコトの過去について聞くところで1話が終わりましたが、なぜ久部くんの友達はそんなことを知っていて教えてきたのか、彼の目的はなんなのか、中堂系は何を探しているのか、ミコトの過去にはどんなことがあったのか、と謎が多いので、それが解明されていくのが楽しみです。

ペンネーム:らいち(20代・女性)

2018年冬ドラマ『アンナチュラル』第2話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『アンナチュラル』第2話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

味噌田楽

『アンナチュラル』第2話のあらすじネタバレ

練炭での集団自殺の中に、1人だけ凍死の女性が紛れていました。

その女性・ミケの死因が今回のテーマでした。

殺害された可能性が高いのですが、身元不明であったため殺害現場の特定が困難でした。

そんな中、ミコトはミケの髪についていた塩の成分から、ある温泉地に目星をつけ、六郎と2人で調査にやってきました。

そこでミケの胃の内容物と一致する食べ物を見つけ、ある一台の冷凍車にたどり着きました。

そこで分かったことは、ミケがこの冷凍車の冷凍庫内に閉じ込められていたということと、もう1人女性が監禁されているということ。

庫内を調べている最中、何者かに扉を閉められ、さらに貯水池に車ごと落とされてしまいます。

助けを呼ぶためミコトが携帯電話でラボに電話をすると、出たのは中堂でした。

中堂はミコトが伝えた大体の地域と水の成分で場所を特定し、ミコトと六郎を救出することができました。

監禁されていた、もう1人の女性も助けることができ、無事犯人逮捕に至りました。

『アンナチュラル』第2話の感想

2話も後半から怒涛の展開でした。

女性を監禁した上に殺害するという悪質な犯行で、被害者の女性2人が話をするシーンが悲しかったです。

ミケのダイイングメッセージと、ミコトの被害者を想う執念で、もう1人の監禁されていた女性を助けることができたのが唯一の救いでした。

今回、早くもミコトの過去が語られました。

さらに1話で気になっていた、六郎の友人の正体も明かされました。

まだドラマが始まったばかりなのに、こんなに次々と謎が明らかになってしまうというハイスピードな展開に驚いています。

六郎はジャーナリスト側の人間のようですが、ミコトに心を寄せつつあるようなので、2人の関係の行方も気になります。

ペンネーム:味噌田楽(30代・女性)

ちょん

『アンナチュラル』第2話のあらすじネタバレ

UDIに今回、依頼が来たのは警察からでした。

集団練炭自殺した遺体の現場に向かったミコトたち。

そこにいた刑事たちは事件性はないと主張します。

しかし、ミコトは現場の四体の死体を解剖すると言い始めます。

そして解剖することになり、三体の死体は一酸化炭素中毒、最後の1体の少女の死体は凍死であることがわかりました。

さらに解剖を続けると胃から紙切れが出て来ました。

その紙切れにはメッセージが書かれており、ミコトはダイイングメッセージではないかと予測し、事件であると確信します。

そして六郎を連れて温泉街へ。

しかし、温泉街でトラブルに巻き込まれます。

『アンナチュラル』第2話の感想

アンナチュラル二話の感想は、窪田正孝さん演じる六郎がミコトをトラックの中に閉じ込められた時、トラックが勝手に進み始め池に落ち、沈みかけた時に抱きしめたシーンが男らしくかっこよかったです。

六郎にあんな一面があったなんて少し驚きました。

取材のために派遣された六郎ですが、対象者であるミコトのことが気になり始めているようで今後の六郎の行動がとても気になります。

編集者があるミコトの過去についてどのようなことを調べているのかもとても気になります。

中堂も影の立役者でかっこよかったです。

出演シーンこそそんなに多くないですが、存在感が強いです!

ペンネーム:ちょん(20代・女性)

マチコ

『アンナチュラル』第2話のあらすじネタバレ

遺書はあるし状況から見て練炭の一家心中、自殺だという毛利刑事(大倉孝二)。

しかしUDIラボの法医解剖医・三澄ミコト(石原さとみ)は手首に傷のある女性の遺体が気になっています。

手首の傷は柱に縛られた跡かもしれないと言うミコト。

さらに白い粒(塩)が気になりました。

一家心中だと言う毛利刑事に4人はあかの他人だという情報が部下から入りました。

ミコトは亡くなっている全員の解剖が必要だと毛利刑事に言いました。

解剖の結果、ミコトが気になっていた女性だけ凍死ということが分かりさらに胃の中からダイイングメッセージと思われる紙が出てきました。

ミコトは「ユキオトコ、タスケテ花」のダイイングメッセージと一酸化炭素の濃度、白い粒が気になり久部(窪田正孝)のバイクに乗せてもらい足湯のある温泉地を訪れました。

女性の胃の内容物と同じ鹿肉のカレーオニギリを発見しさらにある民家の前に駐車しているマイナス20度のトラック冷凍車を見つけました。

トラック冷凍車の中に勝手に入り中を調べていた2人でしたが、突然扉を閉められてしまいました。

冷凍車の中は凍りつく寒さです。

震えながらミコトはUDIラボに携帯から電話しました。

電話に出たのは変わり者の法医解剖医・中堂(井浦新)です。

危うく電話を切られそうになりトラック冷凍車に閉じ込められたと焦って伝えました。

おまけにトラック冷凍車を池に沈められ水浸しにされたミコトと久部。

中堂はミコトから伝えられた数少ないヒントから場所を特定、警察によって2人は無事に助けられました。

『アンナチュラル』第2話の感想

ミコト(石原さとみ)と久部(窪田正孝)がどうなるのかとヒヤヒヤしました。

危なかったです。

やっと電話がつながったと思ったらなんと中堂さん(井浦新)でヤバイ電話が切られるとまたヒヤヒヤしました。

久部がミコトに温泉に誘われドキドキしている様子がおもしろかったです。

なんだ、ただの足湯かと思いました。

温泉かと思ったらただの足湯、さらには冷凍車に閉じ込められ水浸し、久部は踏んだり蹴ったりの1日だと思いました。

ミコトは勝手に動きすぎるので危ない人だと思いました。

きっと1人だったらもっと危ないことになっていただろうと思いました。

ペンネーム:マチコ(40代・女性)

さきママ

『アンナチュラル』第2話のあらすじネタバレ

ある日、練炭による集団自殺と見られる四人の遺体が発見される。

しかしミコトは、その内の1人の女性に違和感を覚える。

解剖してみると、その女性だけは凍死と判明。

更には、体内から謎のメモも発見される。

殺人事件だと確信するミコト。

更に、部屋は1度開けられた形跡があり、明らかに第三者がいるようだったが、警察はなかなか動かない。

業を煮やしたミコトは、久部を引き連れて調査を開始する。

すると、怪しいトラックを発見。

久部と共にトラック内を調査していると、犯人に気付かれて閉じ込められ、更には、トラックごと水の中に落とされてしまう。

ミコトは、微弱な携帯の電波の中、運良く繋がった中堂に助けを求めるのだった。

『アンナチュラル』第2話の感想

今まで、ミコトに好意を寄せて良い感じだったと思っていた久部が、実はマスコミから送り込まれたネズミだと判明してショックでした。

仕事にもやりがいを見出だしているとばかり思っていたので、残念でなりません。

それでも、ミコトへの想いは本物だと信じたいと思いました。

また、久部がネズミとして入ったのは、どのような理由があるのだろうと疑問にも思いました。

久部達が、ミコトの過去の事を知ったのは、久部が入ってからだったはずです。

ということは、他の目的があるはずだと思いました。

事件の真相は明らかになってスッキリしましたが、久部の目的が分からずモヤモヤした回でした。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

もっちー

『アンナチュラル』第2話のあらすじネタバレ

自殺志願者の出会い系サイトで知り合い集団練炭自殺を実行した年齢も性別もバラバラな被害者達の中に、身元不明の少女がいた。

発見された被害者の死因はほぼ一酸化炭素中毒とみられる中 その少女だけが凍死であり、胃の内容物にダイイングメッセージらしきものがあったのを発見した三澄ミコトたちは他殺と断定し捜査が進められる事となった。

捜査が進められていくと彼女の名前や家族などが判明した。

彼女の名前は松倉花と言い、彼女の両親は花に期待をかけ過ぎていて彼女自身の意思など認めていなかった。

そんな家の中に居場所が無く家出をし、三毛 猫という偽名でバーでバイトをしながらネットカフェで寝泊まりしていた。

胃の残留物や髪についていた付着物から彼女が殺害された場所が明らかになってきた。

実は彼女は別の事件で冷凍車の中で殺害されその犯人が犯行を隠すために、ネットで知った集団練炭自殺の現場に花の遺体を置いたのではないかという事になった。

そしてそれに関わる第三の人物ユキという名前で女性を装って花に接触していた男が浮かびがってきた。

三澄ミコトと九部六郎はその手がかりを元に彼女の凍らされた場所を捜査しているうちに、怪しい冷凍車を発見し調べているとその男が二人を冷凍車に閉じ込めて、湖に水没させてしまった。

花ともう一人の少女がその男に監禁されていて、ダイイングメッセージは花が冷凍車の中で殺害されそうになった時に必死でその友達を助けてほしいと願って残したダイイングメッセージだった。

中堂に連絡を取り救出を待つ間も水位は上がってきて危険な状態の中でも、ミコトは平静だった。

すんでのところで救出されたミコト達、判明した手掛かりを元にもう一人の少女は発見され助けだされた。

救出された少女はネットで花と知り合い友達になっていたらしく、2人で監禁されている時に花はそこを出ていつか2人で白夜を見に行こうと約束したという。

『アンナチュラル』第2話の感想

ネットを介して死を求める人達、そこで知り合った人同士で生まれた友情。

歪んだ人間関係ですが全て救いを求める人達であり生きるすべを探している人もいる反面、それを悪用しようとする人がいるのも確かな事です。

現実のニュースで取り扱われる事件でも似通ったケースがあり本当にやるせないです。

今回の事件では一人の少女は助けられたのはせめてもの救いです。

個性派ぞろいのクセのある人達の科捜研のチームで一見みんなバラバラのようですが、結構連携がとれていて事件を解決していく所が良かったです。

三澄ミコトの論文にあった練炭心中の話は彼女の幼少期の実体験と思わせるシーンもあり興味深かったです。

ペンネーム:もっちー(40代・女性)

panda

『アンナチュラル』第2話のあらすじネタバレ

練炭自殺をして3人とも自殺を図ったと見られる死体が運ばれてくる。

しかし1体だけは、解剖すると、体内のグリコーゲンが多く凍死で死んだことが判明する。

また、体内には胃からおにぎりのようなものを食べた形跡、紙を飲みこみ、助けてほしいというメッセージが書かれていた紙が発見された。

ミコトと九部はおにぎりの中身の鹿肉を見つけるために、ある田舎を訪ね、見つける。そこに冷凍保存センターが近くにあり、調べに行くと、帰りに冷凍保存者に、2人は閉じ込められてしまう。

しかしこのことにより死因が特定される。

冷凍車で犯人に捕まり、手錠をかけられて、遺体が海に沈む瞬間に、助けのメッセージを書いたことが特定される。

『アンナチュラル』第2話の感想

今回もものすごいスピード感でどんどん物語が進み、頭の中で整理しながらテンポについていきました。

このテンポがアンナチュラル独特で面白いし、面白いです。

第2話のストーリーもすごく濃厚だなと思い思いました。

そしてそれを探求していいくためにミコトと九部が冷蔵車に閉じ込められてしまうという、命の危機が迫りながらが事件が解明されていくのヒヤヒヤキドキしました。

ミコトはあの状況でも、亡くなった方の死因を特定するこをに最後に集中するのだから、すごい職業魂だなと思いました。

ただの自殺と思われていた事件のここまで多くの謎が隠されていたのは驚きです。

今回も面白かったです。

ペンネーム:panda(30代・女性)

まとめ

ドラまる
2018年冬ドラマ『アンナチュラル』第2話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
3話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA