【隣の家族は青く見える】3話ネタバレと感想。4話あらすじも

  • この記事を書いた人:こう

ドラマ『隣の家族は青く見える』第3話が2018年2月1日(木)に放送されました。

ドラまる
先週は朔と渉のキスを奈々がみてしまうシーンで終わったけどどうなるんだろう!
ラマちゃん
今回もいろいろな悩みが出てくる予感ね

こちらの記事では、2018年冬ドラマ『隣の家族は青く見える』第3話のネタバレと感想、第4話あらすじをご紹介いたします。

スポンサーリンク

ドラマ『隣の家族は青く見える』第3話あらすじネタバレ

奈々(深田恭子)は、朔(北村匠海)と渉(眞島秀和)がキスをしているところを見てしまいます。

後日、共有スペースの花壇で朔は奈々に渉との関係を打ち明け、誰にも言わないでほしいと頼みます。

その一方、事情を知らない大器(松山ケンイチ)は、奈々と仲の良い朔のことが気になっていました。

奈々は、診察で医師の片岡(伊藤かずえ)の元を尋ねます。

奈々はクロミッドという誘発剤を進められます。

大器は、コンペに出した企画が評価されアウトレットモールの開発プロジェクトに参加することになります。

大器は奈々にもアイデアをもらい企画をまとめます。

亮司(平山浩行)は、ちひろ(高橋メアリージュン)に元妻の急死の為、息子の亮太(和田庵)に会いに名古屋に行っていたことを話します。

亮司は、亮太を引取ってこの家で一緒に暮らしたいと言いますが、ちひろは動揺します。

ちひろを説得しようともしない亮司を目前に結婚式を解約してここを出ていくと告げます。

帰宅しようとしていた奈々は、突然倒れてしまいます。

その時ちょうど近くにいた朔が奈々を助け介抱しますが、ちょうどその時大器が帰宅し、勘違いしてしまいます。

朔は、咄嗟に自分がゲイだということを大器にも告白してしまいます。

クロミッドで不妊治療をはじめてから徐々に情緒不安定になってきた奈々は、妊娠した可能性に気づきます。

妊娠検査薬を買おうと薬局に行くと、義母の聡子(高畑涼子)が。

その様子を見た聡子は、大器と奈々が子作りをしていると知り大喜びします。

妊娠検査薬を試した奈々でしたが、結果、妊娠していませんでした

奈々が落ち込んでいるのではないかと大器は察します。

土曜の朝、まだ寝たいという奈々を大器は無理やり起こし、御胎内清宏に行きます。

帰宅後、大器は夕食にお好み焼きをつくります。

お茶を飲もうとした奈々に「リセットして落ち込むのは当然だけど、気持ちもリセットしない?」とビールを渡します。

奈々は、妊活をしてから自己嫌悪に陥るような悩みがあったことを大器に打ち明けます…。

スポンサーリンク

ドラマ『隣の家族は青く見える』第3話の感想

今回は、前向きに妊活に励んでいた奈々に変化がありました。

不安に陥る奈々を旦那の大器が支えていて、とても素敵な夫婦だなと思いました。

それぞれの家族が、越えなければならない壁を乗り越えるためにすれ違ったり、本心を伝えあったりと心を動かされるシーンが沢山ありました。

スポンサーリンク

ドラマ『隣の家族は青く見える』第3話ネットの反応や感想

ほんとうに素敵なシーンでしたね

なんだか泣きそうになってしまうシーンでしたね

ついに告白してしまいましたね

素敵な夫婦ですよね

ドラマ『隣の家族は青く見える』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『隣の家族は青く見える』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『隣の家族は青く見える』3話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『隣の家族は青く見える』第4話のあらすじ

2018年2月8日(木)放送のドラマ『隣の家族は青く見える』第4話のあらすじをご紹介します。

奈々(深田恭子)は、担当医の片岡(伊藤かずえ)から、人工授精へのステップアップを勧められる。

奈々が自宅に戻ると、大器(松山ケンイチ)の母・聡子(高畑淳子)が来ていた。

聡子は、体に良いというジュースや冷え予防の靴下と一緒に、いくつもの子宝グッズを持参し、奈々を困惑させる。

渉(眞島秀和)は、朔(北村匠海)から、留美(橋本マナミ)のことをいつまでだますつもりなのかと問われる。

女性の好意を利用して自分のセクシャリティをカモフラージュするのは最低だ、というのだ。

渉は、朔の言葉に同意するものの「ゲイであることを必死に隠して生きてきた自分は今さら変えられない」と答える。

同じころ、ちひろ(高橋メアリージュン)は、引っ越しに備えて荷造りを始めていた。

それを見た亮司(平山浩行)はショックを受けるが、彼女を引き止めることができない。

仕事を終えて帰宅した大器は、棚に並んだ子宝グッズの数々を見てあ然となる。

その際、奈々は、人工授精を勧められたことを大器に告げた。

すると大器は「理屈ではわかっていても抵抗感がある」と言い出す。

一方、深雪(真飛聖)は、次女の誕生会の招待状を持って五十嵐家を訪れる。

そこで深雪は「ちひろや渉たちと仲直りもしたいので、招待状を渡してほしい」と奈々に頼む。

そんな折、奈々の母・春枝(原日出子)が伊豆から上京してくる。奈々は、不妊治療のことを春枝に打ち明けるが……。

公式サイトより引用

まとめ

2018年冬ドラマ『隣の家族は青く見える』第3話ネタバレと感想、第4話あらすじをご紹介いたしました。

ドラまる
最後のシーンにぐっときて泣いてしまったよ。
ラマちゃん
支え合っていて、五十嵐夫妻すてきだったわね!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA