トドメの接吻|最終回(10話)動画無料視聴はこちら【3月11日見逃し】

  • この記事を書いた人:yatarou

↓今すぐ『トドメの接吻』を全話見る↓

ドラマ『トドメの接吻(トドメのキス)』最終回(第10話)(2018年3月11日(日)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『トドメの接吻』最終回(第10話)のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
地上波でのドラマ放送終了直後から、Huluで配信されているスピンオフドラマ『トドメのパラレル』も気になりすぎるっ!

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『トドメの接吻』最終回(第10話)のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

スポンサーリンク

ドラマ『トドメの接吻』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『トドメの接吻』放送終了から1週間以内はTverを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『トドメの接吻』最終回(第10話)の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年3月11日(日)23時40分〜2018年3月18日(日)22時29分

までは見られるよ!

1週間以上経過している場合のオススメはHulu!

ドラマ『トドメの接吻』最終回(第10話)放送終了から1週間以上経過してしまっている場合はHuluで見逃し動画配信を見るのが最もお得な方法となります。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • 正義のセ
  • Missデビル
  • 崖っぷちホテル!
  • トドメの接吻
  • anone
  • もみ消して冬

などが見放題となっています。

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

『トドメの接吻』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※紹介している情報は2018年1月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近は放送中のドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜
ラマちゃん
公式に配信されている動画も無料期間に見ればお金かからないので、以下のリンクからチェックしてみてねっ!

スポンサーリンク

2018年冬ドラマ『トドメの接吻』最終回(第10話)のあらすじ

2018年3月4日(日)放送のドラマ『トドメの接吻』最終回(第10話)のあらすじを紹介します。

留置所から脱走した尊氏(新田真剣佑)から旺太郎(山﨑賢人)を守るため、旺太郎と美尊(新木優子)の結婚式で刺されてしまった宰子(門脇麦)。

何度もキスをする旺太郎の努力もむなしく、すでに宰子に息はなく…。

ショックから立ち直れない旺太郎だが、宰子の願いを叶えるため、美尊を愛して幸せになると誓う。そして尊氏のさらなる不祥事に衝撃が走る並樹家では、副社長の椅子を狙う郡次(小市慢太郎)の助けで、旺太郎の入籍と入社の準備が着々と進んでいた。

そんな中、旺太郎を殺す機会を狙って結婚式にも紛れ込んでいた和馬(志尊淳)が旺太郎の部屋に姿を現わす。

愛を否定し続けてきたクズ男・旺太郎が愛に苦しむ姿を見て満足する和馬の言葉に、旺太郎は初めて自分の宰子への気持ちを自覚し、深い悲しみに絶望して…。

そして、住人のいなくなった宰子の部屋で目覚めた旺太郎の前に現れたのはまたしても謎のストリートミュージシャン・春海(菅田将暉)。

過去に遡る力で人が幸せになれるのかを観察していたと話す春海は、ついに謎に包まれていた自らの正体を明かす!!

タイムリープ後も今ある世界はパラレルワールドとして続いていくという春海の話を聞いた旺太郎は、今までタイムリープで完璧な人生を上書きしてきたわけではなく、パラレルワールドで自分の犯した過ちは一生取り返せないと知り、衝撃を受ける。

入籍と入社を目前に控える中、今まで自分が狂わせてきた人の人生に思いを馳せる旺太郎は、ある決意のもと、美尊を自分の部屋に呼び出し、初めて素の姿を見せる…。

一方、結婚式で必死に宰子にキスする旺太郎の姿を見た美尊は、自分が宰子とのキスで経験したことが夢ではなく、宰子に時を戻す力があることに勘付いていた…。

旺太郎から真実を知らされた美尊のとった行動はとても意外なもので…。

果たして、最低のクズ男・旺太郎が知った本当の愛への決着のつけ方とは!?清々しい感動の最終回!!

公式サイトより引用

スポンサーリンク

2018年冬ドラマ『トドメの接吻』最終回(第10話)放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『トドメの接吻』最終回(第10話)の見どころや期待度をご紹介いたします。

けんけん
少しずつエイトがサエコに心が移ってきているのかなという印象はあります。

サエコもエイトを仕事のパートナーではなく恋愛感情として見始めているので今後の三角関係がどうなるのか気になります。

と思っていた矢先にサエコが死んでしまいた。

恐らくみんなの前でキスをしたことで全ての秘密はバレてしまうと思います。

またここにきて最初の方に登場していたカズマが出てくるのが予想外でまた前と同じように何かしでかすと思います。

なんでサエコはホームレスとキスをしても過去に戻らなかったのかという理由も気になります。

もしかして死ぬということが分かっていたのかなどが関わっているのでしょうか?

ペンネーム:けんけん(20代・男性)

ゆまゆま
第10話では、何度キスをしても戻らない、宰子が、やはり、ほんとに死んでしまうところから始まると思います。

そして、今まで愛など全く信じていなかった旺太郎も宰子をなくしたことで、自分の気持ちに気づき、愛で苦しむ旺太郎の姿が見えるような気がします。

そして、そんな旺太郎の気持ちに、美尊は気づき、何かしらの決断を下したところで、最終回に向けていくような気がします。

また、今までは、ふらふらっと現れてきた菅田さん演じる春海が、宰子がいなくなったことで、ほんとの目的というか、本来の素性が明らかになるような気がします。

ペンネーム:ゆまゆま(40代・女性)

まるこめ
宰子が死んでしまって、どうなるのか予想がまったくできません。

尊氏が言ってたように、宰子が死んだらタイムリープする前に戻ってしまうのか、そのまま時間が過ぎてしまうのか。

とっても気になります。

また、まだ晴海が何者か明かされていないのですごく楽しみです。

なぜ、晴海は宰子とキスしてもタイムリープしないのか。

最初、晴海は光太か宰子のファーストキスの相手かなと思っていたのですが、毎週観ていくうちに展開が読めな過ぎてもうわからなくなってしまいました。

なぜ宰子の写真を持っていたのか、秘密を知っていたのか、キスでタイムリープしなかったのか。

それが、明かされると思うとドキドキします。

ペンネーム:まるこめ(20代・女性)

湊海
宰子が殺されたラストは、旺太郎が布袋に殺された時のやり取りと全く同じなので、今度は旺太郎が何とかしてタイムリープしようと考えそうです。

春海が宰子とキスしても戻らなかったのは、恐らく能力者同士だったからだと思います。

このことに旺太郎が気づいて、春海に頼んで宰子を助けてもらうと思います。

和馬がわざわざ再登場して何かしでかすと見せかけてフェイクだったというのは、ちょっと気になるので、まだ何か影響を与えそうな気がします。

春海の正体が最後の最後まで謎なところがヤキモキしますが、やっぱり最終的には旺太郎の味方であって欲しいです。

ペンネーム:湊海(30代・女性)

とびうお
宰子は亡くなってしまったので、もう過去に戻ることは出来ないと思います。

しかし、旺太郎は気づいていないだけで宰子のことを好いていると思うので、美尊との結婚は辞めにしたいと言うのではないかなと予想しています。

そして、まだ和馬がまだ旺太郎を狙っているのみたいなので、旺太郎は自ら死を選ぶ可能性もあるかなと思います。

宰子に会える方法は、天国に行くことだと考えて。

しかし、もういない宰子の代わりに、美尊が旺太郎を支えていくという展開も素敵だなと思います。

最後、それぞれがどういう道を歩むのかが気になっていて、ストリートミュージシャンが何者なのかが楽しみなポイントです。

ペンネーム:とびうお(20代・女性)

宰子最高
旺太郎は、死んでしまった宰子を本当に愛していた事を改めて感じてしまい、悲しみの中で動けなくなってしまうと思います。

更に、旺太郎自身で全てを変えてきたと思っていた事の全てが、宰子の持っていたキスをして生き返る能力での事だったのを思い出して、旺太郎には何の才能も無く、宰子に頼り過ぎていた事を後悔しそうな気がします。

宰子が死んでしまった旺太郎を助けるために、美尊を利用した時に、美尊に宰子の能力が移っていて、宰子を救うために旺太郎にキスをして、時間を遡る展開があったら面白いと思います。

また、旺太郎を狙っていた和馬が、旺太郎を救えるのは自分だけだと言い、12年前の沈没事故で亡くなったと思っていた光太が、和馬だったという展開があると面白いと思いました。

また、晴海が宰子とキスをしたのは、宰子の能力を奪うためで、今度は晴海が欲望を実現させるために、タイムリープを繰り返し、クズの晴海となる展開も面白いと思います。

ペンネーム:宰子最高(30代・男性)

2018年冬ドラマ『トドメの接吻』最終回(第10話)のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『トドメの接吻』最終回(第10話)のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

ふじお

『トドメの接吻』最終回(第10話)のあらすじネタバレ

門脇麦さんと同類の人が一人いました。

菅田将暉さんですが、違うのは戻る前の期間が、3か月前なことです。

3か月前だと、門脇麦さんに出会う前になってしまうので、記憶が消されてしまいます。

山崎賢人さんと、門脇麦さんの思い出が無くなり、好きになる前になってしまいます。

何度も、接吻しても幸せにはなれず、それでも同じことを繰り返してしまいます。

しかし、山崎賢人さんは、生き返らせたい思いで、無理して菅田将暉さんと接吻しました。

山崎賢人さんにとって、門脇麦さんが運命の人で、出会うように神様が巡り合わせたのかと思います。

『トドメの接吻』最終回(第10話)の感想

過去に戻すのになぜ、接吻なのか?は疑問です。

ドラえもんの機械でも、便利なものに頼っても結果は上手く行きません。

過去をリセットしても、次々と災難が起こる場合もあるので、現実が一番良い感じがします。

自分の利益のために、接吻を利用するのは、たいへん危険です。

人間は、嫌なことは記憶から消すように努力しています。

だから、生きていける気がします。

終わったことを、再挑戦しても虚しさが残り、違う結果で終わります。

人間関係に疲れたら、環境を変えて、付き合う人達も変えれば、違った世界が見えてきます。

結果的に、山崎賢人さんが記憶から消えたドラマでした。

ペンネーム:ふじお(40代・男性)

湊海

『トドメの接吻』最終回(第10話)のあらすじネタバレ

宰子の死を受け入れられない旺太郎の前に和馬が現れ、旺太郎が宰子を本気で愛していたことを気づかせます。

そして、宰子のいない部屋で朝を迎えた旺太郎は、いつの間にか部屋にいた春海から、タイムリープしても自分が犯した罪は消せないと言われます。

春海が宰子と同じ能力者ということもわかりますが、春海のタイムリープは3ヶ月前に戻ってしまうので、宰子と出会ってからの記憶が全てなかったことになるという葛藤に旺太郎は激しく悩みます。

そして、結婚を進めようとする美尊に今までの自分の全てを伝え、別れを告げて、春海の力を借りてタイムリープします。

そして、美尊の伝言通り、誰も傷つかないように振る舞い、宰子にありがとうと告げて、完全に繋がりを絶ちました。

『トドメの接吻』最終回(第10話)の感想

宰子の死を通して、本当の自分に戻れた旺太郎が、自分の幸せよりも周りを優先したところは予想外でした。

でも、宰子の気持ちに同調して、彼女が生きていてくれるだけでいい、好きになってくれなくても、彼女を想うだけで生きていけるという結論に至った潔さがかっこよかったです。

旺太郎も宰子から真実の愛をもらったし、似ている部分も多いので、やはりふたりは出会う運命だったような気がします。

きちんとふたりが結ばれる未来を予想していたので、お互いの好きだという気持ちが重ならないところが切ないですが、きっとこの先宰子も、旺太郎が言った言葉の意味に気づくと思います。

ペンネーム:湊海(30代・女性)

キャラメルコーン

『トドメの接吻』最終回(第10話)のあらすじネタバレ

宰子が死んでしまったあと、エイト(旺太郎)の人生と人格の変化が見えた最終回でした。

宰子がエイトを庇い死んだあと、エイトが部屋に戻ると逃走中の和馬が部屋にいた。

和馬はエイトへの歪んだ愛情をもち、その上殺そうと来たのだが宰子がエイトを【本当の愛を知った人間】に変えたことに羨み宰子を失い本当の幸せにたどり着けないエイトの元を去った。

美尊がエイトと和馬が話していたところにやってきて、ドア越しに話を聞き宰子との秘密「タイムリープ」のことに気づく。

宰子を想い、宰子の部屋にて一夜を過ごす。

朝、目を覚ますと目の前には春海がいた。

春海は高校のときに一家心中により生死の境をさ迷ったことにより宰子と同じ「タイムリープ」の力を持っていた。

だが、宰子と違い戻るのは1週間ではなく3ヶ月だった。

宰子と過ごし、築いてきた3ヶ月をなかったことにするのかと春海に問われる。

エイトは美尊に過去にタイムリープをすること、今までしていたことを正直に告げる。

その際再度愛するように仕向けてくれるかと聞いた美尊だったがエイトは答えない。

その事に言葉を残したが、タイムリープ後では周りを幸せにするよう約束させたのであった。

春海の元へエイトは走り、3ヶ月前への「タイムリープ」をすることを決意してキスをしたのだった。

「タイムリープ」した先は、乗馬クラブでのカウントダウンパーティー。

そこにいた美尊、尊氏、布袋、長谷部に今までの経験から助言をした。

尊氏の叔父が持っているビデオテープを破壊し、尊氏を過去の秘密から解放した。

宰子の元へ走り、今までの自分との体験をしないように助言した。

宰子の前に姿を見せない。

和馬の魔の手から守ってくれたことのお礼を言い立ち去る。

和馬の魔の手から逃れるために死んだことにする茶番劇をホストクラブの皆とお客と行い、和馬から逃れるのだった。

長谷部は宰子のバイト先で働くようになり、エイトはホストクラブを辞めた。

『トドメの接吻』最終回(第10話)の感想

エイトと美尊の結婚の行方と宰子への想いがスッキリわかる最終回でした。

ハッピーエンドというわけにはいきませんでしたが、エイトの人生と人格の変わりように正直驚きましたが人の変わりように魅せられた話でした。

宰子の幸せを切に願ったエイトの想いが宰子に届けばいいなーと思ってしまいました。

最後のタイムリープ前に美尊と約束を戻ってすぐに守るところが紳士だ。と関心しました。

春海には何かあるなと思っていたので、タイムリープができる人間と知ったときには、やっぱりな!という感じてした。

今度こそ人生を言い方向に謳歌してほしいです。

ペンネーム:キャラメルコーン(20代・女性)

さきママ

『トドメの接吻』最終回(第10話)のあらすじネタバレ

尊氏に刺されてしまった宰子。

タイムリープをしようとキスをし続ける旺太郎の願いも虚しく、宰子は亡くなってしまう。

宰子の思い出を巡らせていた旺太郎の前に、和馬が現れる。

和馬は、旺太郎への恨み辛みを吐くと共に、旺太郎は宰子を愛していたと指摘する。

和馬の指摘により、旺太郎は更に宰子への愛しさと、宰子を失った苦しみを感じていた。

そんな旺太郎の前に、今度は春海が現れる。

春海は、宰子がどれほど旺太郎を想っていたのかを旺太郎に告げる。

と同時に、宰子のタイムリープの事を知っていたこと、更には、自らもタイムリープが出来るという事実を話す。

宰子に会うため春海とキスをしようとする旺太郎に、春海は宰子への想いを改めて確認する。

旺太郎は、暫く一人で考える時間を持ち、意を結して春海の元へ向かうのだった。

『トドメの接吻』最終回(第10話)の感想

ずっと、どこかで春海が実は旺太郎の弟だったという可能性を考えていたので、そうではなかったことに少しガッカリしました。

しかし、そんな中での春海の『本当に会いたい人には会えない』という言葉が心に刺さりました。

どれほど想っても、旺太郎は弟やこれまでの宰子には会えないし、春海は亡くなった家族には会えない。

タイムリープしようと、それは変わらぬ事実。

ドラマだからといって奇跡は起きない。

そのような事を言われているようで、何だか深く考えさせられました。

旺太郎が、最後の人生を、思い切り楽しく生きてくれたらと思わざるを得ませんでした。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

バッシー

『トドメの接吻』最終回(第10話)のあらすじネタバレ

さえこが亡くなってしまって旺太郎が真実の愛に目覚める。

本当に好きなのさえこだと気付き美尊に伝える。

さえこに会うために過去に戻らなければ行けないが、方法がない。

そんな時に春海に出会い、過去に行く事でパラレルワールドというもう一つの世界が出来ると事情を知った。揺れ動く旺太郎の心にはさえこへの想いしかなく、美尊へ別れをつげて過去に行く。

さえこは旺太郎と出会うが、旺太郎は告白するのではなく注意を言うだけで身を引いてしまう。

そして尊氏と美尊を結びつけて本来のあるべきカップル成立をさせて影からさえこの見守り続ける。

『トドメの接吻』最終回(第10話)の感想

胸キュンのストーリーになっていました。

最後にさえこと旺太郎がハッピーエンドで終わらないところが切なくてとても良かったです。

春海が意外な人でした。

旺太郎の弟だと思っていました。

旺太郎と春海がキスをするだろうと思っていましたが、実際にすると濃厚だけど、絵になるなぁと思いました。

幸せの形は身を引く事でもあるし、素直になれば簡単に手に入る事もある。

思いを伝えない事でややこしくして、結果幸せを逃してしまう、幸せはお金に勝てるし好きという気持ちは必ず出来るから諦めてはいけないと思い知りました。

こんな終わり方も良いのかなぁと思いました。

ペンネーム:バッシー(30代・女性)

キリン

『トドメの接吻』最終回(第10話)のあらすじネタバレ

宰子(門脇麦)を失い本当の自分の気持ちに気づいた旺太郎。

意気消沈する彼の元へ春海(菅田将暉)の姿が。 

彼もタイムリープができるのだと告白する。

今までタイムリープして幸せになれたのかと旺太郎を問いただす春海。

彼とキスをすると3ヶ月前に戻ってしまうと言う。 

それは宰子とちょうど出会い始めた頃だ。

それでも戻ると決意する旺太郎。 

そして美尊(新木優子)に宰子を愛していると伝える旺太郎。

3ヶ月まえからやり直す旺太郎はどんな皆が幸せになるように努めようとする。

旺太郎は幸せを手に入れることができるのか。 

宰子との恋の行方は。

『トドメの接吻』最終回(第10話)の感想

今まで自分のためにタイムリープしてきた旺太郎だったが宰子を失った今、彼女のために3ヶ月前からやり直すという。

宰子とは元の関係に戻れなくてもそれでいいと決めた旺太郎に今までの彼とは違う何かが見えます。

お金のために何でもやってきた彼が宰子と出会い、本当の愛を知り自分のことはいいからと彼女の幸せを願う。

宰子にいろんなことを教わっていたのは旺太郎の方でした。 

そんな二人の気持ちを考えるとまたどこかで出会って一緒になって欲しいと願わずにいられませんでした。

そしてそんな二人を見守っていた春海にも幸せになって欲しいです。

ペンネーム:キリン(30代・女性)

まとめ

ドラまる
2018年冬ドラマ『トドメの接吻(トドメのキス)』最終回(第10話)のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
4月からはドラマ『崖っぷちホテル!』がスタートするわよ!そっちも随時情報をアップしていくのでチェックよろしくね☆

『トドメの接吻』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA