トドメの接吻|最終回ネタバレと感想。切ない旺太郎の決断と意外な結末!

  • この記事を書いた人:tomopon

2018年3月11日(日)にドラマ『トドメの接吻(トドメのキス)』最終回(第10話)が放送されました。

ドラまる
とうとう話題のドラマ『トドメの接吻』が最終回を迎えるね!

最後までわからなかった春海の正体も明らかに!

ラマちゃん
旺太郎は真実の愛に気が付いた時、どんな決断をするのかしら?

こちらの記事では、ドラマ『トドメの接吻』最終回(第10話)のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『トドメの接吻』最終回(第10話)あらすじネタバレと感想

尊氏(新田真剣佑)によって刺された宰子(門脇麦)に何度も何度もキスをした旺太郎(山崎賢人)。

結局、宰子は息を吹き返すことはありませんでした。

霊安室で、宰子と最後の言葉を交わす旺太郎。

家に戻るとそこには和馬(志尊淳)の姿が。。。

不気味な笑顔が衝撃的でしたね。

美尊(新木優子)との結婚式でした宰子とのキスについて聞かれましたが、宰子とのことは関係ないと言いきりました。

しかし、旺太郎は宰子の事を愛していたと指摘する和馬。

旺太郎が愛を知って苦しむ姿を見るためにやってきたと言いました。

そんなやり取りを美尊が部屋の外で聞いていました。

和馬が去った後、遺骨を前に宰子の事を思い出し涙する旺太郎。

本当に宰子の事を知らず知らずのうちに愛していたんですね。

宰子の部屋で泣きながら眠りに就く旺太郎が朝、目を覚ますと、ベッドには春海(菅田将暉)が添い寝しながら旺太郎の顔をのぞき込んでいました。

旺太郎の部屋も宰子の部屋も、誰にでも簡単に侵入されちゃいますね。

セキュリティーどうなっているのでしょう?(笑)

生前の宰子の気持ちを知らせた春海は、タイムリープの事を知っていたと言います。

自分もキスで時間が戻れるということも暴露しました。

春海は一家心中で生死をさまよったときに、この力を手に入れたと告白しました。

結局、春海は光太でもなかったですね~。

宰子の事を知っていたのは、宰子と初めてキスした男性の話を偶然聞いたからでした。

そして宰子を見つけた春海は、過去に戻ることで二人が幸せになるのか観察していたと言います。

旺太郎はもう一度宰子に会うために、春海とキスしようとしましたが、春海に阻止されてしまいました。

なぜなら、春海とのキスは3か月戻ってしまう。

それは宰子と築いた時間が無くなってしまうことを意味しました。

そしてタイムリープによってパラレルワールドが存在していることを教えます。

自分がした過ちは一生取り返せない。

戻ったら最後、一生後悔し続けることになる。

そのことを聞いて旺太郎は悩みます。

そこへ美尊から連絡が入りました。

結婚の話は着々と進んでいたんですね。

婚姻届けを前に、何かを考える美尊。

旺太郎は部屋に着いた美尊に飾っていない自分を見せたのでした。

美尊は結婚式の時の宰子と旺太郎のキスを見て、以前自分が夢だと思い込んでいたことが現実だったと勘付いていました。

旺太郎も宰子の力を使って人生をやり直してきたことを告白しました。

宰子も旺太郎を愛していたのではないか。そう美尊も感じていたんですね。

多くの人の人生を狂わせてしまった。

そう後悔する旺太郎に美尊は、受け入れる意思を見せましたが、

「宰子を愛している」

「あいつのいない人生は辛くてたまらない」

「今度こそ宰子に幸せになってほしい」

そう美尊に別れを告げる旺太郎。

本当に愛しているのは宰子だけ。

クズだけど、本当に誠実でしたね。

美尊も本当に凛とした女性です。

旺太郎の決断を受け入れ並樹家を自身が継ぐ決意をしました。

そして旺太郎は、春海の元に向かいました。

男性とのキスで、一度は断念しかけましたが、何とかタイムリープに成功しました。

途中でやめた時の「来ると思って歯を磨いてたのに~」には笑いました。

本当に春海は軽いですね。

そして、戻ったのは乗馬倶楽部。

2017年の大みそかでした。

美尊が見合い相手・枝野と婚約させられそうになっているところでした。

旺太郎は尊氏に美尊への気持ちを素直に伝えるように促しました。

布袋(宮沢氷魚)や長谷部(佐野勇斗)にも助言をしつつ、郡次(小市慢太郎)の持っていた防犯テープも踏みつぶしました。

美尊に12年前の事故の事を打ち明ける尊氏。

旺太郎の言葉は、尊氏に届きました。

正しいところに正しく気持ちが収まった~。

回り回って、ようやく尊氏と美尊が結ばれましたね。

そして、道路で車にひかれそうになっている少年を助けようとした宰子。

旺太郎の事を知らない宰子です。

あんなに会いたくて会いたくて仕方なかった宰子。

すぐにでも抱きしめたかったと思います。

もう一度会うことは叶いましたが、宰子はすべての事に心を閉ざしたままの頃でした。

旺太郎は宰子に、今までの時間の全部を話すことはせず、自分のようなクズには引っかかるなと忠告をしました。

「キスは本当の愛を見つけるためにするものなんだよ。

幸せになっていいんだよ。」

そう何度も何度も宰子の幸せを願う言葉を残して、宰子と別れました。

本音を言えば宰子にはもう一度旺太郎に恋してほしかった!

3か月と言う時間に積み重なった二人の絆は簡単には戻せないとわかっていた旺太郎。

辛い決断でしたね。

そして、和馬の仕込んだ毒入り栄養ドリンクを飲んで旺太郎は死んでしまいました。

しかしそれは、和馬のために打ったお芝居でした。

そして、宰子の勤め先に長谷部がバイトにやってきました。

長谷部とうまくいくことに賭けたみたいですね。

春海の元に訪れた旺太郎。

すっかり仲間になった二人。

「なんでキスだったんだろう。」

二人ともその答えは出すことができませんでした。

ドラまる
スピンオフドラマ『トドメのパラレル』第10話ではドラマ本編の1年後の旺太郎と宰子のやり取りが描かれているので、合わせて見るとさらに楽しめるよ!
ラマちゃん
『トドメのパラレル』と『トドメの接吻』は全話Huluで2週間無料で見ることが出来るよ〜

詳しくは以下の記事も参考にしてね☆

『トドメのパラレル』&『トドメの接吻』の動画を全話無料で見る方法はこちら

スポンサーリンク

ドラマ『トドメの接吻』最終回(第10話)ネットの反応や感想

ドラまる
切ない終わりだったね。

続編や映画化待望論がいっぱいだったよ!

ラマちゃん
オリジナルストーリーで、本当に先が読めなくて面白かったわ。

ドラまる
いつか宰子に長谷部なんてどう?って言ってたことがあったよね。

本当にそうなるなんて。

ラマちゃん
ちょっと、勘ぐりすぎちゃったけど素直に春海の存在は楽しめたね!

スポンサーリンク

ドラマ『トドメの接吻』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマトドメの接吻』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はHuluで視聴可能です。

Tverはこちら

Huluはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『トドメの接吻』最終回(第10話)の動画を無料で見る方法はこちら

まとめ

ドラマ『トドメの接吻』最終話のネタバレ感想をご紹介いたしました。

ついに最終回を迎えてしまいました。

周りのみんなを幸せにするために旺太郎は自分を犠牲にしましたね。

それは、春海とタイムリープする前の美尊との約束でしたが、旺太郎はそれができるようになるほど成長していたんですよね。

自分の欲のためだけに生きてきた旺太郎を変えたのは、ほかでもない宰子ちゃん。

二人には、また想いを重ねてほしいと思いましたが、旺太郎の決断が一番しっくりくる終わり方だったんだと思います。

ラマちゃん
3か月間、和馬のストーカーに始まり、尊氏の暴走とか郡次の策略とかハラハラしっ放しだったわね。

本当を言えば宰子ちゃんとくっついてほしかったなぁ。

ドラまる
春海の存在も、あんなにいろいろ考えたけどあっけなく赤の他人で終わっちゃったね。

存在感がすごかったから深読みしすぎちゃった。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA