トドメの接吻|7話の動画無料視聴はこちら【2月18日見逃し】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『トドメの接吻(トドメのキス)』第7話(2018年2月18日(日)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『トドメの接吻』第7話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
地上波でのドラマ放送終了直後から、Huluで配信されているスピンオフドラマ『トドメのパラレル』も気になりすぎるっ!

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『トドメの接吻』第7話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

スポンサーリンク

ドラマ『トドメの接吻』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『トドメの接吻』放送終了から1週間以内はTverを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『トドメの接吻』第7話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年2月18日(日)23時40分〜2018年2月25日(日)22時29分

までは見られるよ!

1週間以上経過している場合のオススメはHulu!

ドラマ『トドメの接吻』第7話放送終了から1週間以上経過してしまっている場合はHuluで見逃し動画配信を見るのが最もお得な方法となります。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 獣になれない私たち
  • ブラックスキャンダル
  • ドロ系
  • 今日から俺は!!
  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • 正義のセ
  • Missデビル
  • 崖っぷちホテル!

などが見放題となっています。

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

『トドメの接吻』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※紹介している情報は2018年1月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近は放送中のドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜
ラマちゃん
公式に配信されている動画も無料期間に見ればお金かからないので、以下のリンクからチェックしてみてねっ!

スポンサーリンク

2018年冬ドラマ『トドメの接吻』第7話のあらすじ

2018年2月18日(日)放送のドラマ『トドメの接吻』第7話のあらすじを紹介します。

自殺に見せかけた長谷部(佐野勇斗)の死に尊氏(新田真剣佑)が絡んでいると気付き、宰子(門脇麦)の制止を振り切ってタイムリープした旺太郎(山﨑賢人)は、なんと乗馬倶楽部で長谷部を襲おうとした覆面の男に殺されてしまう!時間を戻そうと必死にキスする宰子の努力もむなしく、すでに旺太郎は息絶えていて…!!

生き残った長谷部は、覆面の男に奪われたビデオテープの存在を警察に隠そうとする尊氏が事件の黒幕ではないかと不信感を募らせる。

そして、旺太郎の突然の死に鬱ぎ込む美尊(新木優子)は、自分の気持ちを無視して急ピッチで結婚の話を進めようとする尊氏と母・京子(高橋ひとみ)に憤りを覚えていた。

そんな中、美尊は長谷部が尊氏に事件の真相を詰め寄っている場面に遭遇し、思いがけず尊氏の凶暴な一面を目撃してショックを受ける。

一方、12年前の事故で旺太郎の弟の命を犠牲にして自分が生き残ってしまった意味を考え続ける宰子は、旺太郎のため、ある危険な計画を実行に移すことに…。

宰子の秘策によって一度落とした命を救われた旺太郎は、自分を襲った覆面男の正体が布袋(宮沢氷魚)だったことを突き止め、尊氏を追い詰めるために布袋を脅して味方につけようと画策するが、そこにはある誤算があり…。

そして並樹家の人間関係を嗅ぎまわる旺太郎の部屋のまわりには怪しい人影が…。

実はそれは10年間失踪していた旺太郎の父・旺(光石研)なのだが…。

宰子のアシストで旺太郎と美尊の仲が深まる中、宰子のタイムリープの秘密を知っている様子の謎のストリートミュージシャン・春海(菅田将暉)は尊氏の前に現れ、旺太郎の協力者である宰子の正体を不気味にほのめかす…。

さらに、影で自分を助けていた宰子の健気すぎる決意を知った旺太郎には意外な展開が待っていた…!

公式サイトより引用

スポンサーリンク

2018年冬ドラマ『トドメの接吻』第7話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『トドメの接吻』第7話の見どころや期待度をご紹介いたします。

湊海
旺太郎と宰子のふたりの過去が繋がったせいなのか、このタイミングでタイムリープできなくなったというのは衝撃の展開でした。

でも、過去には戻れなくても、今度はきっと医者が旺太郎を助けてくれると思います。

そして、自分を命懸けで守ってくれた旺太郎を、今度は長谷部が本心から助けようとすると思います。

前々から怪しい動きをしていた布袋なので、尊氏の飼い犬のように見えましたが、本当は彼も何か弱みを握られているのかもしれません。

そして、この騒動を尊氏は新井をビデオで買収して隠蔽しようとしていますが、どこかで失敗しそうな気もします。

ペンネーム:湊海(30代・女性)

TH
次回は、宰子が旺太郎を救うために奔走する話みたいですね。

最近キャラがあか抜けてきて、心を開いてきた宰子の活躍が楽しみです。

ビデオは尊氏の手に渡ったと思いますし、それを取り返すのは相当な難しさと思います。

次回予告で、宰子を探せと言っているシーンがありますので、何か関係があると踏んでいる人間が出てきているのではないでしょうか。

それは、沈没事故の関係で探しているのか、旺太郎の関係者として探しているのか。

それとも、キスすると時間を戻せるという能力に気づいてなのか。

実は、尊氏あたりが、キスの能力を知っていて、それを先読みしつつ動いているとかいうオチがあったらすごいですけどね。

ペンネーム:TH(40代・男性)

花co.
旺太郎が死んで過去の人となるため、ここからは、宰子が主役となって、過去に戻る方法を探ってくれると思います。

もし、宰子の能力について、有効なキスの回数が決まっていたとしたら、旺太郎とのキスは、有効回数を過ぎたため、効果がもうなくなったと考えられます。

そのため、宰子が、ほかの誰かにキスをして過去に戻ることが出来れば、旺太郎を犯人から救うことが出来ると思います。

それ以外で、過去に戻ることが出来る奇跡が起きないかぎり、主人公である旺太郎は、最終回まで回想シーンのみに登場することになるでしょうから、きっと生き返ってくれるはずでしょう。

ペンネーム:花co.(30代・女性)

とびうお
亡くなってしまったエイトを助ける方法は、宰子が別の誰かとキスをすることです。

しかし、宰子は学生時代のトラウマがあります。

また、宰子とキスをするということはタイムリープの存在を知ることにもなります。

一体宰子はどんな方法で誰とキスをするのか、さらに、どのタイミングに戻るのかが次回の気になるポイントです。

長谷部とする、または全く知らない相手とするのかなと予想しています。

他には、ついにエイトの父が現れるようなのですが、なぜ今ここで出てくるのか、何をしに来たのか気になります。

今後の展開を大きく動かしそうで楽しみです。

ペンネーム:とびうお(20代・女性)

よーこ
今まではキスで時間が簡単に何度も戻せていたのに、殴打され出血し、さえこが何度もキスをしても戻らない旺太郎が次回どうなるのか。

時間を戻しすぎると自分にふりかかるといった意味と、さえこがどのようにして自分の命の恩人である旺太郎を助けようとしていくのか。

たかうじと美尊の婚約はどう展開するのか。

たかうじが奪い取ったビデオテープの行方を誰がどうしていって事故の証拠を突き詰めていくのか、旺太郎の父親の存在と事故の本当の詳細、全てがまだまだ謎に包まれているので、次回はそれぞれの謎と関係が進展していくのか楽しみです。

ペンネーム:よーこ(50代・女性)

nautilus1
予告の中で、旺太郎が死んだ後に宰子が「まだ手はある」と言っていたようですが、どうやって旺太郎を生き返らせるのか気になりました。

おそらく宰子が誰かとキスすることになると思うのですが、その相手は誰なのか、もしかすると美尊にタイムリープのことを話して美尊とキスするとか・・・

また、タイムリープの存在を知る春海は、ひょっとしたら旺太郎の弟なのではという気もするので、彼の過去が明らかになるようなシーンが出てくるか楽しみです。

旺太郎が死ぬという展開自体が予想外だったので次回の放送がどんな内容になるかすごく気になっています。

ペンネーム:nautilus1(40代・男性)

2018年冬ドラマ『トドメの接吻』第7のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『トドメの接吻』第7話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

まゆまゆ

『トドメの接吻』第7話のあらすじネタバレ

やはり思った通り山崎賢人さん演じる旺太郎は生き返る。

そして門脇麦さん演じるさえこのおかげで100億の女と思ってるみことの気持ちが旺太郎に向くようにさえこはみことにまでキスをして過去を変えてしまう。

しかし旺太郎とさえこが抱き合ってるところをみことに見られてしまうところで終わることになる。

時間を止めることはできないので果たしてまた過去に戻るのかというところで来週につながる。

今回は初めて菅田くんと真剣佑の絡みがあり独特の空気感で、ある意味見応えがあったし、真剣佑の悪役ぶらりが板についてきた感じさえしたので次回が楽しみだ。

『トドメの接吻』第7話の感想

ちょっと余りにも毎回過去に戻り過ぎてさすがに飽きてきた感がありました。

みことも普通に考えれば自分の立場とホストである旺太郎がいくら仕事を辞めてくれたとしても本気になるのは考えにくいし、そこまで惚れる理由ももう一つ明確ではないと感じられた。

逆にさえこと旺太郎の気持ちの変化の方が興味深く観ることができました。

また始めて菅田くんと真剣佑の絡みがあり独特の雰囲気で面白いものがあった。

若手の将来有望な俳優が集まっていると感じているのでストーリーに飽きてきても見応えがありました。

またまさかのユリアンの登場はちょっとおかしかった。

ペンネーム:まゆまゆ(40代・女性)

mi

『トドメの接吻』第7話のあらすじネタバレ

覆面の男に襲われ倒れてしまった旺太郎を助けようと、必死にキスをするサイコだが、既に旺太郎は死亡したおり、タイムリープをすることはできなかった。

旺太郎の死にショックを受ける美尊は、尊氏が旺太郎を襲った犯人ではないかと尊氏に詰め寄る長谷部を目撃してしまう。

必死に話を聞いて欲しいと訴える尊氏から逃げる美尊が行き着いた部屋にはサイコが潜んでおり、美尊にキスをしタイムリープさせることで、旺太郎を助けることに成功するが、死亡した記憶のない旺太郎はサイコに対して、弟の命を奪った相手として冷たく接する。

タイムリープ先の過去でも、ビデオテープは尊氏の手に回ってしまったが、一度、旺太郎を失った夢を見たと思っている美尊は、尊氏との結婚話を断り、旺太郎が好きだと宣言する。

そこに居合わせた旺太郎は美尊のためにホストをやめると言い、2人でホストクラブに話をつけに行くが、店長を待つ間に美尊が話した旺太郎を亡くして、謎の女のキスで目が覚めた夢の話を聞いて、旺太郎はサイコのキスによって美尊がタイムリープをしたと確信し、サイコの元へ向かう。

サイコの旺太郎に幸せになって欲しいという思いを聞いて、サイコを抱きしめてしまった場面を美尊に見られてしまったうえに、美尊はサイコのことを夢で見たと言い始めてしまう。

『トドメの接吻』第7話の感想

前回、旺太郎が既に死んでしまっていてタイムリープができないとのことだったので、サイコは今回誰にキスをしてタイムリープをするのか、尊氏あたりが秘密を知ってサイコに近づくのではと思っていましたが、キスの相手が美尊でびっくりしました。

一度死んだことに気付いていない旺太郎に冷たくあしらわれるサイコを見るのが切なかったですが、美尊との会話の中で全てを知った旺太郎がサイコにどうして、美尊にキスをしたのか問いかけた時にサイコの想いを聞いて、思わずサイコを抱き寄せてしまった旺太郎の姿になんだかぐっときてしまいました。

ペンネーム:mi(30代・女性)

とびうお

『トドメの接吻』第7話のあらすじネタバレ

第6話の最後、布袋によって殺されてしまった旺太郎を助けるべく宰子が動きはじめます。

宰子が接吻する相手に選んだのは、なんと美尊でした。

事件当日に戻った宰子は、長谷部が重傷をおってしまったものの、なんとか旺太郎を助ける事が出来ました。

しかし、そうとは知らない旺太郎は証拠のテープを奪われたと宰子に強く当たります。

一方、一週間前と似たような光景に美尊は驚きを隠せませんでしたが、戻ったことによりきっぱりと兄の尊氏との結婚を断りました。

その後、美尊のためにホストを辞めると職場にやってきた旺太郎は美尊から、とある夢の話をされます。

それが夢ではないと気づいた旺太郎は宰子が自分を助けてくれたと知り、宰子の元へ行き、ハグをするのです。

しかし、美尊にその様子を見られてしまいます。

また、尊氏に助言をしたストリートミュージシャンにより物語の展開は大きく動きはじめたのです。

『トドメの接吻』第7話の感想

宰子、旺太郎、長谷部、美尊、尊氏の想いが複雑に絡み合い、旺太郎が過去に戻る度に嫌な人間になっていく尊氏に恐怖を覚えました。

本当に、12年前の犯人が尊氏だったとしたら、確かに旺太郎は可哀想な被害者です。

しかし、尊氏もわざとやったわけではないという点でどっちの味方もできず心が痛みました。

また、どんどん旺太郎に気持ちが向いていく美尊ですが、旺太郎は利用しようとしか思ってないので、美尊のことを思うとこれにも心が痛みました。

そして、ついに尊氏と接触したストリートミュージシャンは一体何者なのかとハラハラさせられました。

ペンネーム:とびうお(20代・女性)

湊海

『トドメの接吻』第7話のあらすじネタバレ

旺太郎の死を悲しむ美尊を見て、宰子は美尊にキスしてタイムリープさせるという方法で旺太郎を生き返らせます。

旺太郎は、長谷部を襲ったのが布袋だと突き止め、宰子と共に応戦して、今度は腕の骨折だけで済みました。

長谷部も殴られますが、何とか一命を取り留めます。

テープは再び尊氏の手に渡り、処分されてしまいます。

旺太郎が生きていて良かったと喜ぶ宰子でしたが、旺太郎はテープを取られたことで、また冷たく当たります。

美尊はタイムリープしたことを夢だと思いつつ、会社の重役達の前で尊氏とは結婚しないと宣言します。

その決意を聞いた旺太郎は、ホストをやめると宣言します。

そして、美尊から夢のことを聞き、宰子がタイムリープさせたことに気づきます。

自分が一度死んだのを助けられたことをしり、旺太郎の幸せのために道具になると宣言した宰子を旺太郎は優しく抱きしめます。

『トドメの接吻』第7話の感想

宰子は、旺太郎を助けることだけを考えていると思っていたので、キスする相手に美尊を選んだのは、かなり意外でした。

それは、旺太郎を本気で愛しているという美尊の言葉を聞いたせいもあると思いますが、ふたりの幸せのために自分は身を引くという潔さがとても切なかったです。

ただ、心の底には、旺太郎以外の男性とキスしたくないという心理があったかも知れません。

旺太郎は、宰子が自分の償えという言葉に従っているだけだと思っていましたが、秘密がバレるリスクを犯してまでタイムリープして自分の命を救ってくれたことに、最後に気づけて良かったと思います。

ペンネーム:湊海(30代・女性)

花co.

『トドメの接吻』第7話のあらすじネタバレ

旺太郎が襲われ、死んでしまいます。

宰子は、旺太郎を救うべく過去を変える方法を探します。

そんな中、尊氏と美尊は再び婚約することになり、婚約パーティーでの旺太郎とのキスについて、役員の前で謝罪会見をすることになります。

会見会場の会場設営に現れた宰子は、そこで、美尊の旺太郎に対する気持ちを知ることになります。

まだ過去を変えるチャンスがあると悟った宰子は、デリバリーのメイドとして美尊の家に忍び込みます。

そこで、美尊にキスをし、再び過去に戻って、旺太郎を救います。

旺太郎は、布袋が尊氏の指示によって長谷部を襲ったことを知りますが、布袋は、尊氏をかばい、警察に逮捕されます。

そのころ、春海は、尊氏に近づき、簡単に過去に戻る能力をもった人がいる話をします。

そして、宰子の高校のときの写真を残し、自分に会いにくるように誘いだします。

その後、謝罪会見の場で、美尊は、尊氏とは結婚しない意志を役員の前で表明し、尊氏と母親の前で旺太郎への気持ちを伝えます。

その場に居合わせた旺太郎は、ホストを辞め、美尊を守っていくと宣言します。

宰子についての情報を入手した尊氏は、春海が言っていた、「簡単に過去に戻ることが出来る人物」について思い出し、話を聞くため、春海のもとを訪ねます。

そのころ、美尊は、旺太郎が死んだことを自分の夢の中の出来事だと思い、旺太郎に話します。

美尊はそれが、1週間分の夢だと語り、ある女の人とキスをして目覚めたというと打ち明けます。

そして旺太郎は、宰子が自分を生き返らせるために、美尊にキスをして過去に戻ったことを知ります。

居てもたっても居られず、旺太郎は宰子に会いにいきます。

宰子は、美尊と旺太郎を結ぶために過去に戻り、自分は役に立つ道具のままで良いと話します。

宰子は、旺太郎が過去に戻りたいのだと思いましたが、旺太郎はキスをしないまま宰子を抱きしめます。

そこに美尊が現れ、二人を目撃してしまいます。

『トドメの接吻』第7話の感想

とても、意外な人物に宰子がキスをしたと思いました。

しかし、思わず、1回だけなら、美尊には夢だったと思うだろうと予測した宰子に納得してしまいました。

そして、今回のストーリーでは、旺太郎がよりかっこよく見えました。

特に、生き返らせてくれた宰子のもとに走るシーンや、宰子を抱きしめるシーンには、きゅんとしてしまいました。

いよいよここに来て、恋愛要素が強くなってきたことに期待も大きくなりました。

キスをせず、ただ抱きしめてくれるなんてロマンチックでした。

これで旺太郎も本当に人を好きになれたのでは、と期待しました。

ペンネーム:花co.(30代・女性)

うま

『トドメの接吻』第7話のあらすじネタバレ

長谷部(佐野勇斗)を助けようとして証拠テープを奪いに来た男に殺されてしまった旺太郎(山崎賢人)。

宰子(門脇麦)は旺太郎を救おうとキスするもタイムリープできない。

そのまま助けることができないまま時間は経過する。 

旺太郎が死んでショックを隠せない美尊(新木優子)。

落ち込んでいる彼女を見てキスをする宰子。

戻ったそこはまさに旺太郎が襲われているところ。 

必死で旺太郎を助ける宰子。

長谷部が負傷を負ったものの二人は無事。 

揉めているところで犯人が布袋(宮沢氷魚)だと気づく。

そこで主犯は尊氏(新田真剣佑)だと確信し、布袋からテープを脅し取ろうとするも警察に出頭してしまう。

美尊も会社も手に入れられずに焦り壊れて行く尊氏。

今まで健気に助けてくれていた宰子の気持ちに気づく旺太郎。 

宰子と旺太郎が一緒にいるところを目撃してしまう美尊。

自分にキスをした女だと気づいてしまう。。。

『トドメの接吻』第7話の感想

自分の思い通りに物事が進まずに焦り、今まで冷静だった尊氏が壊れ始める。 

狂暴的な面も見え始めて美尊にもそれを見られ関係が悪化する。

今までいい人だったのは芝居だったのか。 

厳しい子供時代があるから性格が変わってしまったのか。

宰子も船に乗っていたことを知った生きていてくれてよかったと言う宰子の言葉に怒りを感じ、二人の気持ちはバラバラに。

今回の話でいつも助けてくれる宰子の気持ちに気づいた旺太郎。 

今までの中で初めて心を込めて宰子を抱きしめるシーンは嬉しくなります。

二人の恋を密かに応援してしまいます。 

ペンネーム:うま(30代・女性)

まとめ

ドラまる
2018年冬ドラマ『トドメの接吻(トドメのキス)』第7話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
8話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『トドメの接吻』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA