トドメの接吻|6話の動画無料視聴はこちら【2月11日見逃し】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『トドメの接吻(トドメのキス)』第6話(2018年2月11日(日)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『トドメの接吻』第6話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
地上波でのドラマ放送終了直後から、Huluでスピンオフドラマ『トドメのパラレル』が放送される新しい企画も気になりすぎるっ!

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『トドメの接吻』第6話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

スポンサーリンク

ドラマ『トドメの接吻』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『トドメの接吻』放送終了から1週間以内はTverを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『トドメの接吻』第6話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年2月11日(日)23時40分〜2018年2月18日(日)22時29分

までは見られるよ!

1週間以上経過している場合のオススメはHulu!

ドラマ『トドメの接吻』第6話放送終了から1週間以上経過してしまっている場合はHuluで見逃し動画配信を見るのが最もお得な方法となります。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 獣になれない私たち
  • ブラックスキャンダル
  • ドロ系
  • 今日から俺は!!
  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • 正義のセ
  • Missデビル
  • 崖っぷちホテル!

などが見放題となっています。

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

『トドメの接吻』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※紹介している情報は2018年1月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近は放送中のドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜
ラマちゃん
公式に配信されている動画も無料期間に見ればお金かからないので、以下のリンクからチェックしてみてねっ!

スポンサーリンク

2018年冬ドラマ『トドメの接吻』第6話のあらすじ

2018年2月11日(日)放送のドラマ『トドメの接吻』第6話のあらすじを紹介します。

母親の命を救うためにタイムリープしたことで、12年前の沈没事故の証拠のビデオテープを真犯人の尊氏(新田真剣佑)に燃やされてしまった旺太郎(山﨑賢人)。

しかし、逆に美尊(新木優子)の気持ちを手に入れ、尊氏と美尊の婚約披露パーティーの壇上で派手にキスを交わし現場を騒然とさせる。

さらに旺太郎は興信所の根津(岡田義徳)を使い、並樹グループの前社長・尊(山田明郷)が息子の尊氏の罪を揉み消すために関係者に手を回していたことを突き止める。

そして、冤罪の罪を背負って服役後行方不明になっていた父・旺(光石研)の居場所も明らかに。

一方、美尊は尊氏への不信感と旺太郎への思いが募り、変えることのできない自分の運命を悲観していた。

そんな美尊を長谷部(佐野勇斗)は複雑な思いで見つめていて…。

その頃、旺太郎は旺の消息を追ってなんと香港へ。

旺は見つからないものの、父が自分の冤罪を証明するビデオテープのコピーを探していたこと、そしてクルーズ船の運営会社を営む長谷部の父が尊氏の罪のもみ消しに協力していたという情報を掴む。

旺太郎は早速長谷部を脅迫し、ビデオテープのコピーを探させる…。

しかし、1週間後帰国した旺太郎を待っていたのは長谷部が海で亡くなったというニュースで…!

自分の脅迫のせいで気の弱い長谷部が自殺してしまったと責任を感じる旺太郎は、美尊から長谷部が亡くなる前にビデオテープを持っていたと聞き、宰子(門脇麦)のキスでタイムリープをする。

しかし、何度時間を遡ってもなぜか長谷部の自殺を食い止めることはできず…。

旺太郎は長谷部の死にある疑惑を抱く。

一方、過去と縁を切りたいと言いながら母を助け、父の罪を晴らそうとする旺太郎を見て、宰子の旺太郎に対する感情は少しずつ変化していて…。

道で春海(菅田将暉)に遭遇した宰子は、「同じ時間を繰り返すと元の出来事が抵抗して自分に降りかかってくる」と不気味なことを言われ、その言葉に嫌な予感がした宰子は、旺太郎のキスを拒み、タイムリープを止めようとするが…。

公式サイトより引用

スポンサーリンク

2018年冬ドラマ『トドメの接吻』第6話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『トドメの接吻』第6話の見どころや期待度をご紹介いたします。

MK
次回予告でホームレスの男とサイコが何度も同じ時間をタイムリープしてると…という話のあとにタイムリープができず、エイトが死んでしまうみたいなことを言っていたので、もうサイコにはキスがきっかけでタイムリープしてしまう力はなくなってしまったのか、エイトとは無理でも他の人となら成立するのかがとても気になります。

また今回、母親の一言と尊氏の叔父が持っていたビデオテープからずっと自分たちをどん底に陥れたと思っていたエイトの父親が、実は罪をなすりつけられただけなのかもしれないことにエイトも気付いたので、父親を探し出して和解できるといいなと思います。

ペンネーム:MK(30代・女性)

けんけん
遂にミコトさんがエイトに惹かれてしまってこれからどうなるのかが楽しみです。

タカウジは海難事故のVTRを燃やしてしまって証拠隠滅をしたけどエイトはタカウジが海難事故の犯人だと確信を持ったのでどう仕返ししていくか楽しみ。

今までは100億の女ということで財産目当てで近づいていたがこれからは、昔の事件の復讐が目的に変わるのでエイトの本気さが変わるはず。

サエコとも協力してやっていくはずだが、予告を見るとやっぱりキスで時間を戻すのには何か代償があるみたい。

もう時間が戻せなくなっているみたい。

それの理由を知っていそうなホームレスが最終的な色々な面での黒幕になりそう。

ペンネーム:けんけん(20代・男性)

てつや
尊氏がビデオテープを燃やしてしまっただけでなく幸子まで人質に取ってしまいましたから、旺太郎は何とかして幸子を助けようとすると予想します。

恐らく、幸子を助けることは出来ると思いますが、幸子と再びキスをすれば時間が戻ってビデオテープを取り戻すチャンスができる分、光代を再び助ける必要があることや幸子を再び危険な目に遇わせることになってしまいますから、旺太郎はかなりそこで葛藤をするのではないかと思います。

ただ、尊氏との対決は第6話でも続くと思いますから、その対立がどう描かれていくのかが気になりますし、非常に楽しみです。

ペンネーム:てつや(20代・男性)

negi
婚約披露宴でまさかの略奪キスをするという大胆な振る舞いでしたが、あの後タダで済むわけはないですよね…

それにキスを自らした美尊さん、心はもうだいぶ旺太郎よりになっているのでしょうか。

尊氏と旺太郎とのバトルがより一層激化しそうな感じですね。

旺太郎の中でついに、海難事故とテープの内容が結びついたことによって、今まで100億の資産を狙っていただけが、真相を知ってしまい事故の暴露をしていく感じになっていくのでしょうか。

今回のシーンで宰子の旺太郎への気持ちの変化もありそうですし、そろそろ菅田将暉さんの真相に迫っていきそうな感じもしますし、楽しみですね。

ペンネーム:negi(20代・男性)

ryoma_mika
美尊が結局誰と結ばれるのか気になりますね。

堂島でも尊氏でもないような気がしますが。

12年前の海難事故の真相とかサイコが何者なのかとかまだまだたくさんの謎が残っていますしそれらを全部解明していってほしいと思います。

堂島の弟はみつかるのかどうかも、実はすでに登場人物の中にいたりして意外な人物が実は弟だったけど名乗ってなかったとかそういう逆転があっても面白いと思います。

尊氏がなぜ海難事故の真犯人なのか?当時子供だったはずなのに。

堂島は結局最後にはサイコと結ばれるんじゃないかな~と思っています。

もしくは死んで終わりってバッドエンドと見せかけてサイコと結ばれて終わるのかと予想してます。

ペンネーム:ryoma_mika(20代・女性)

chikoro
今後は並樹家と旺太郎と宰子の共通の過去が明らかになっていき、なぜ宰子があのような力を持ったのか、旺太郎の弟はどこにいるのかが明らかになってくるのだと思う。

もしかすると、弟は和馬だったりするのか?

事故当時、尊氏に何があったのかは明らかになったが、その時宰子に何があったのか、事故はどのように偽装されたのか、なぜ旺太郎の父親が一人悪者にされなければならなかったのか、そして、現在の行方も気になるところである。

宰子の旺太郎への気持ちや旺太郎の本当の気持ち、美尊や尊氏が本当に好きなのは誰なのか等、恋愛についても楽しみだ。

春海も宰子と旺太郎の一体何を知っていて、何者なのかもとても気になるところである。

ペンネーム:chikoro(30代・女性)

2018年冬ドラマ『トドメの接吻』第6のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『トドメの接吻』第6話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

湊海

『トドメの接吻』第6話のあらすじネタバレ

旺太郎は根津から旺が香港にいることを聞き、香港まで行きましたが会うことはできませんでした。

代わりに旺がビデオテープのコピーを探していたこと、そのコピーを長谷部の父親が持っていることを知り、長谷部に手に入れるように脅迫します。

ですが、7日後に旺太郎が日本に戻ると長谷部は亡くなっていました。

挽回を狙って宰子のタイムリープで時間を戻しますが、また長谷部は死んでしまいます。

旺太郎は長谷部が自殺でないと気づいて、殺されるのを阻止しようとします。3度目のタイムリープで、ようやく長谷部を助けることができますが、代わりに自分が殴られ、意識を失います。

宰子はとっさにキスをしますが、なぜかタイムリープできず、長谷部は旺太郎がもう死んでいると告げ、宰子は泣き崩れます。

『トドメの接吻』第6話の感想

ビデオテープ争奪戦からの、長谷部の死という急展開、そして何度やっても救えないというジレンマにドキドキさせられました。

宰子と旺太郎がやっとお互いに事故の当事者だとわかりましたが、旺太郎の冷たい反応は予想外でした。

宰子があの時死んだと思っていた少年が生きてて良かったと思ったのは本心だと思うし、とても嬉しかったと思います。

でも、旺太郎にすれば、あの時宰子を助けなければ光太を死なせずに済んだというやるせない気持ちが思わず爆発してしまったんだと思いました。

前回やっと分かり合えたと思っていただけに、旺太郎から「償え」という言葉が出たのはちょっとショックでした。

ペンネーム:湊海(30代・女性)

TH

『トドメの接吻』第6話のあらすじネタバレ

昔に起きた、旺太郎の父が犯人に仕立て上げられた事故の犯人が、実は尊氏だったことの証拠となるビデオテープが、尊氏に前回、燃やされてしまいました。

しかし、諦めない旺太郎はそのビデオテープの手がかりを探しに海外へ渡ります。

長谷部の協力もあり、長谷部がビデオテープを見つけるが、何者かに殺されてしまう。

宰子の部屋で旺太郎は亡くなった弟の靴を見つけ、なぜ、宰子がこの靴を持っているのか混乱するが、すべてを理解し、混乱する。

しかし、それ以上の今までの人生の厳しさが上回り宰子とキスをして時間を戻す。

ビデオを奪おうとする旺太郎だが、長谷部を救うため、何者かに殴打されてしまう。

現場に駆け付けていた宰子はキスで時間を戻そうとするが、旺太郎は反応しない。

『トドメの接吻』第6話の感想

物語も中盤というところでしょうか。

沈没事故の点と点が繋がり、旺太郎と宰子の繋がりが判明しました。

しかし、それを知ったことが原因なのか、それとも死んでしまっては時間を戻せないのか。

宰子の能力が今回の最後は効果がありませんでした。

現在問題となっているビデオテープは、それこそトドメとなる物品ですので、ここで旺太郎が手に入れてしまうと話が終わってしまうので、何かあるとは思いませんでしたが、まさか旺太郎が死んでしまうとは思いませんでした。

最近、宰子のキャラが変わってきて、登場当初のような単なる暗い女の子ではなく、心を開いて明るくなってきたような気がします。

口紅のシーンなんかは、微笑ましかったです。

ペンネーム:TH(40代・男性)

花co.

『トドメの接吻』第6話のあらすじネタバレ

美尊と尊氏の婚約会見の場、マスコミのいる前で美尊とキスをした旺太郎は、再び、美尊の心を奪い、尊氏を圧倒します。

その結果、美尊と尊氏の婚約は破棄されます。

旺太郎は、父親の冤罪と、尊氏が犯したクルーズ船の事故の真実を暴くために、父親を探すことにします。

そして、証拠となる録画テープのコピーが存在することを知り、長谷部の父親の会社が関係していることも突き止めます。

長谷部を脅し、テープのコピーを探すように命じると、7日後、死体で見つかります。

長谷部が見つけたテープを奪うため、宰子のキスで何度も過去に戻ります。

そして、尊氏が長谷部の死に関係していることを突き止め、長谷部が襲われる現場で、テープを奪うことを試みます。

しかし、長谷部を襲った犯人に、旺太郎も襲われてしまい、テープも奪われ逃げられてしまいます。

旺太郎をかばおうとし、倒れた宰子が、意識を戻したとき、旺太郎は死んでいました。

旺太郎を助けるために、キスをしますが、どういう訳か、過去に戻ることが出来なくなっていました。

『トドメの接吻』第6話の感想

旺太郎の過去に戻る目的が変わりつつあり、面白い展開になったと感じます。

また、過去に戻って旺太郎が尊氏に逆転していく展開だけでなく、後半の展開として、上手くいかないように、元々の現実の抵抗が生じ、過去を塗り替えることの限界が垣間見えました。

今回は、主人公が死んでしまい、宰子のキスの能力も効かないという絶体絶命の終わりのシーンでした。

この先の展開の想像が無限に広がる感じがあり、とても楽しみになりました。

また、尊氏が前回よりずっと悪役感が増し、これからの展開の主導権を握るようですね。

最後の最後まで悪く振舞うのかも気になるところです。

ペンネーム:花co.(30代・女性)

とびうお

『トドメの接吻』第6話のあらすじネタバレ

エイトは、自分の父が犯人として捕まったクルーズ船の事故の真犯人が尊氏だという証拠のテープを、どうにか手に入れようとします。

そこで浮上したのが、美尊の友人、長谷部の父でした。

長谷部を脅し、テープを見つけるはずが自殺に追い込んでしまいます。

しかし、なんどかタイムリープするうちに自殺ではないのではないかと考えはじめます。

長谷部のポケットからみつけた草で亡くなった場所は乗馬クラブであると気づいたエイトはもう一度タイムリープしようとします。

そこで、ついに宰子との関係を知ってしまい、怒りに任せてキスをします。

その後なんとか長谷部は守れましたが、自分を守ろうとした宰子をかばって命をおとしてしまいました。

『トドメの接吻』第6話の感想

視聴者の目線ではもう初期から宰子とエイトの関係はわかっていました。

そこで、いつお互いのことを気づくのかというのがひとつのポイントとなっていましたが、ついに第6話で知ることとなりました。

宰子をせめるのは違うのではないかと思いますが、生きていたと喜ぶ宰子と、お前さえ助けなければと荒れ狂うエイトが対照的で、心が痛みました。

また、今話でのキーマン、長谷部には一途な感じにとても愛着が湧いていたのでなんとか助かってくれという思いで観ていました。

最後には亡くなるという展開が回避できて良かったです。

最後に、菅田さんが演じるストリートミュージシャンが宰子に言った、自分にかえってくるとはどういうことなのか気になって仕方がないです。

ペンネーム:とびうお(20代・女性)

よーこ

『トドメの接吻』第6話のあらすじネタバレ

婚約破棄した美尊は旺太郎と未来を考えようとします。

旺太郎は、母を助けてからもう一度過去に戻り、ビデオテープの行方を追いかけ、長谷部にたかうじが犯人だというビデオテープの証拠を手に入れようとしますが、長谷部が自殺ではなく何者かによって殺され、そのビデオテープを取られたというところまでつきつめ、その何者かはたかうじだと確信して、またキスをして7日前に戻りますが、今度は自分が命を落とすことに。

危険を感じたさえこが駆けつけますが、旺太郎は犯人に殴打され、命を落とすことになります。

さえこがキスをしても元には戻らず、長谷部は助かりましたが、ビデオテープもなく、旺太郎も戻りません。

『トドメの接吻』第6話の感想

過去のことが少しずつわかり始め、さえこと出会ったことも必然的で、色んなことが繋がってきたなか、事故の証拠のビデオテープの謎と、過去に戻るキスの危険性で、今回は最後元には戻らなかった旺太郎が心配です。

ホストのエイトと美尊に近づく旺太郎の使い分けが面白いです。

今回は何度も同じ時間に戻りつつ、展開が早かったので面白かったです。

何度も同じ時間に戻ると、全ては自分にふりかかるといった浮浪者の言葉が重くのし掛かり、その歌の歌詞とさえこの様子や心情がマッチして、夜道を走っていく姿と旺太郎への思いに重なりあい、良かったです。

ペンネーム:よーこ(50代・女性)

nautilus1

『トドメの接吻』第6話のあらすじネタバレ

12年前の事故の証拠であるビデオテープを尊氏に処分されてしまった旺太郎は、テープのコピーが存在することを知り、そのテープを手に入れるため長谷部を脅迫します。

彼の父親は事故の裁判で旺太郎の父親に不利になる証言をしたクルーズ船の運営会社の社長でした。

テープの内容を見た長谷部は旺太郎と接触する前に遺体となって発見されますが、所持品にビデオテープは見つかりませんでした。

ビデオテープを手に入れるためタイムリープを繰り返す旺太郎ですが、何度やっても長谷部は死にビデオテープは見つかりません。

そんな中、宰子は春海から「タイムリープを繰り返すと元の出来事が自分に降りかかってくる」と聞かされます。

『トドメの接吻』第6話の感想

旺太郎が死んでしまうというラストは予想外の展開でした。

彼の弟の死に宰子が関わっているというのはなんとなくわかっていましたが、やはり春海も12年前の事故と何らかのつながりがあるように感じました。

また、尊氏の表情が以前とは全く違っていて、彼が郡司を使って何をしようとしているのかこれからの展開が楽しみになりました。

郡司も副社長のポスト以外にも何か目的があるのかもという気がしました。

個人的に、宰子がだんだんと旺太郎のことを意識し始めたり、「普通の女の子」として描かれるシーンが増えているのは見ていて微笑ましく感じました。

ペンネーム:nautilus1(40代・男性)

まとめ

ドラまる
2018年冬ドラマ『トドメの接吻(トドメのキス)』第6話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
7話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『トドメの接吻』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA