【トドメの接吻】3話ネタバレと感想。兄・尊氏が知る12年前の真実とは?

  • この記事を書いた人:tomopon

ドラマ『トドメの接吻(トドメのキス)』第3話が2018年1月21日(日)に放送されました。

ドラまる
先週はキス女の名前が佐藤宰子だとわかったり、お話が大きく動いたよね。

今回はどんな謎が解明されるのかな。

ラマちゃん
今回は、旺太郎が宰子を利用するのよね。

宰子の能力を使って美尊との関係はうまくいくかな?

こちらの記事では、ドラマ『トドメの接吻』第3話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『トドメの接吻』第3話あらすじネタバレと感想

1月11日。和馬(志尊淳)に刺された堂島旺太郎(山崎賢人)は病院に運び込まれていました。

警察に事情を聴かれている旺太郎は、自分に起こったことを整理していました。

やはり、キス女改め宰子(門脇麦)にキスをされると7日前に戻っていることを再認識し、彼女の特殊能力を利用して美尊(新木優子)の気持ち(財産)を手に入れようと決意したのでした。

一方、宰子も自分の過去について思い返していました。

彼女も12年前、祖母と一緒にあの豪華客船に乗り沈没事故に合っていたのです。
光太と一緒に水に飲みこまれた少女は、やはり宰子でしたね。

幸い、発見されてから7日目に目を覚まし一命を取りとめた彼女は、知らぬ間にあのキスの特殊能力を手に入れたのでした。

宰子ちゃんの切ない学生時代の思い出に同情してしまいました。
しかし、7日前に戻るというのは、彼女が7日間目を覚まさなかったことと関係があるのでしょうか?
それともただの偶然?

宰子が人の目から逃げるように生きてきた中、あの運命の日がやってきました。

旺太郎が和馬に毒ドリンクを入れられた日に、その現場を目撃してしまったことから、旺太郎を助けるためにキスの封印を解いたのでした。

そして現在。病室で状況を整理している旺太郎の元に、刃物を持った和馬が現れました。

警察に追われ、逃げた和馬でしたが旺太郎に言われた「勝手に一人で死ねばいい」という言葉に、「それならばエイト(旺太郎の源氏名)さんの欲しがっているものを一緒に連れていく」と言い残しました。

欲しがっているものとは美尊の事ですね。

和馬が美尊のいる大学に向かったと考えた旺太郎でしたが、間に合わず美尊は和馬に襲われ頬に大きな傷を負ってしまいました。

落ち込む彼女に兄・尊氏(新田真剣佑)は「ずっとそばにいる」と寄り添うことを約束します。

こんなお兄ちゃん、素敵すぎますよね!本当に美尊の事を大切に思っているんだなぁとうらやましくなりました。

そんな様子を見て悔しがっていた旺太郎は、宰子の能力を使って状況を挽回しようと宰子の部屋を探します。

引越しをしていたと聞いていたのですが、なんと元住んでいた部屋の向かいに引っ越すという荒業を繰り出していました。

この辺から、〈宰子ちゃん、もしかして天然?〉という雰囲気が漂っていましたね。

そして、無理やりキスをして二回目の1月11日。

前回と同じように和馬が病室に乗り込んできました。再び美尊を狙いに行く和馬。

旺太郎も大学に向かいますが、今度はすんでのところで尊氏が友人の持つ辞書を和馬に投げ、ひるんだすきに美尊を助けることに成功しました。

美尊が運ばれた病院にて、旺太郎は尊氏に呼び止められ美尊に近づかないように警告されます。

尊氏は旺太郎が財産狙いなのか、それとも12年前の事故の事をかぎまわっているのかが知りたかったのです。

二回目でも、尊氏に手柄を取られ失敗した旺太郎は再び宰子の元へと向かいます。

宰子はもうキスはしないと言いますが、執拗に追いかけてくる旺太郎の罠にかかり再びキスをされてしまいます。

もう、どちらがストーカーか分からなくなってきましたね。
旺太郎が宰子を追いかけているシーンは、とにかく宰子の可愛らしさが満載でキュンとしました。

三回目の1月11日。

今度も和馬は美尊の大学に現れますが、美尊に突進してくる和馬を払いのけることもせず旺太郎はその刃の餌食になってしまいました。

倒れながら美尊を心から愛していると告げ、それを聞いた和馬は真の反省を口にしました。

その場で和馬は取り押さえられ、旺太郎も重傷かと思われましたが、尊氏の友人の辞書を腹に隠しており、無傷でした。

宰子のおかげで、いい方向に挽回できた旺太郎は宰子をディナーに誘います。

そして、宰子にある契約を持ちかけます。

もちろん旺太郎は自分のためだけだに宰子を利用しているのだと思うのですが、宰子にとっても自分の能力が才能であることに気が付いてくれるように事態が運べばいいなと思います。

並樹家当主のが危篤との連絡が入り病院に向かう並樹家の面々。

兄・尊氏は並樹家の養子ということだけでなく秘書の郡次(小市慢太郎)の甥で、郡次は彼を利用して副社長の座に収まろうと画策していました。

破棄しろと命令されていた12年前の客船の防犯カメラのテープをもつ郡次に脅され、尊氏は美尊に結婚を申し込んだのでした。

スポンサーリンク

トドメの接吻3話考察!(ネタバレあり)

宰子が12年前にあの客船に乗っていたことがわかりましたね。

そして助けられたとき光太の靴を片方抱きしめていたということも今後の伏線になっていそうです。

晴海(菅田将暉)が宰子と以前からの知り合いのようですから、あの船に乗っていたということ?

最初にキスをされた男子学生との見方もありますが、行方不明になっていた光太の可能性もありますね。

そして、尊氏の抱える秘密も気になります。

12年前に美尊と尊氏もあの客船に乗っていましたから、沈没の原因を作ったのが尊氏で、それをネタに郡次に脅されているように感じました。

スポンサーリンク

『トドメの接吻』第3話ネットの反応や感想


ラマちゃん
真剣佑さんにメロメロ女子続出回!

ドラまる
麦ちゃんも可愛かったね。

ラマちゃん
今回で、完全に人間関係が逆転したね。


ドラまる
和馬に戻ってきてほしい人がたくさんいたよ。

『トドメの接吻』第4話あらすじ

2018年1月28日(日) 22:30時から放送のドラマ『トドメの接吻』第4話のあらすじをご紹介します。

並樹家の養子である尊氏(新田真剣佑)は、血の繋がりに関係なく本当の家族だと思っていた父・尊(山田明郷)が、会社の跡継ぎを妹の美尊(新木優子)に決めていることに長年複雑な思いを抱いていた。

一方、そんな尊氏に、叔父で社長秘書の郡次(小市慢太郎)は、養子を解消して血の繋がっていない美尊と結婚し、会社の後継者となるようプレッシャーをかける。

副社長の椅子を狙う郡次が尊氏の前にちらつかせるビデオテープには12年前の沈没事故のある秘密が残されているのだが…。

並樹家の金と権力を手に入れるために宰子(門脇麦)のキスによるタイムリープを利用したい旺太郎(山﨑賢人)は、自分が望む時にキスすればその度に願いを一つ叶えるという“キスの契約”を結ぼうと持ちかけるが、旺太郎のクズぶりを嫌う宰子に逃げられてしまう。

尊氏が美尊にプロポーズし婚約話が進もうとする中、旺太郎が宰子にキスされるために考えたのは自分の命をかけたとんでもない作戦だった!

無事に尊氏がプロポーズする前の過去に戻った旺太郎は、尊氏に先手を打ち美尊にプロポーズをする。

さらに、尊氏が美尊に近づこうとするチャンスを潰しながら、少しずつ美尊の心に取り入っていき…。

そんな中、美尊は旺太郎が落としたある結婚式の招待状を拾う。それは旺太郎の幼なじみの結婚式のもの。

幼少期にいい思い出が無いので出席したくないと白状する旺太郎に、美尊は自分も一緒に行ってあげるので出席したほうがいいと提案する。

そして結婚式の日、旺太郎の幼なじみの新婦から、旺太郎が不幸な境遇の中で一人生きてきた苦労人だと聞いた美尊は、ただのチャラいホストだと思っていた旺太郎の孤独な一面を知り、強く惹かれるのだが…。

その頃、宰子は育ての親である祖母が介護施設で亡くなったという連絡を受ける。美尊との関係が軌道に乗り浮かれる旺太郎の前に現れた宰子は、路上で突然キスを奪う!!倒れる二人に周囲が驚く中、その様子を見ていた春海(菅田将暉)だけはなぜか冷静で…。

想定外のタイムリープに宰子を責めつつも、祖母の死を受け入れられない宰子の力になる旺太郎。この機に乗じて宰子の信頼を得ようと軌道修正しようとするものの、一方でなぜか並樹家のことは前回のようにうまくは進まず…。

公式サイトより引用

ドラマ『トドメの接吻』見逃し動画を無料はHuluがおすすめ!

ドラマ『トドメの接吻』は放送終了直後からHuluで見逃し動画配信がスタートします。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 獣になれない私たち
  • ブラックスキャンダル
  • ドロ系
  • 今日から俺は!!
  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • 正義のセ
  • Missデビル
  • 崖っぷちホテル!

などが見放題となっています。

↓今すぐ『トドメの接吻』見逃し動画を無料視聴する↓

※紹介している情報は2018年1月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

まとめ

ドラマ『トドメの接吻』第3話のネタバレ感想と第4話のあらすじをご紹介いたしました。
今回は宰子の過去にも光が当たり、彼女がどんな気持ちで生きてきたのかがわかって切なくなりました。

宰子はまだ旺太郎が12年前の少年だということは気が付いていないようでしたね。

秘書の郡次も急激に怪しい動きを見せ始めて、尊氏もそれにそそのかされて結婚を申し込んだり美尊を取り巻く状況が激変。

尊氏は本当に美尊の事を大切に思っているのに、いろいろなしがらみにとらわれていそうで辛くなりました。

旺太郎はこれから強力な兄にどうやって立ち向かうのか次回が楽しみです。

ドラまる
お兄ちゃんの求婚は美尊にとっては、青天の霹靂だったよね。
ラマちゃん
次回、この強敵に旺太郎は宰子と手を組んでどうやって挽回するのかな?

宰子の秘密の事を唯一知っている春海の存在が今後どこにつながるのか気になる~!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA