ドラマ【リピート】5話のネタバレと感想。ネメシスと坪井~激動するそれぞれの運命

  • この記事を書いた人:零詩

2018年2月8日(木)に、ドラマ『リピート~運命を変える10ヶ月~』の第5話が放送されました。

ドラまる
次々と狙われる『リピート』メンバーたち、本当にハラハラドキドキの連続だね
ラマちゃん
そして、とうとう鮎美ちゃんまでが狙われちゃったのよね

次々と明らかになって行く、『リピート』メンバーの目的と次から次へと変わる標的。

常にメンバーを見張り、神出鬼没の風間(六角精児)の狙いはいったいどこにあるのか・・・

こちらの記事では、ドラマ『リピート~運命を変える10ヶ月~』第5話のあらすじネタバレと感想などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『リピート~運命を変える10ヶ月~』第5話あらすじネタバレと感想

何者かによって階段から突き落とされた鮎美(貫地谷しほり)は、病院のベッドの上で目覚めます。

幸い大きなけがはなく、少し意識を失ってはいましたが手に傷を負うぐらいで済みました。

そして、鮎美のベッドの傍らには圭介(本郷奏多)が座っていました。

「何があったんだ」

圭介に尋ねられ、”誰かに背中を押されて・・・”と鮎美はか細い声で言葉を紡ぎだします。

「顔は、見てないのか」

矢継ぎ早に質問する圭介でしたが、鮎美の怯えている様子にハッとして、

「ごめん、俺が家まで送り届けてれば・・・・・」

と、後悔の言葉を口にしました。

鮎美は頭を振りましたが、圭介は言葉を続けます。

「天童(ゴリ・ガレッジセール)さん、みんなの安全のためにも早く犯人を見つけようって言ってた」

天童は坪井(猪野広樹)が怪しいとにらんで、『回龍亭』の帰りに尾行をしましたが、すぐに気付かれて撒かれてしまっていました。

「坪井が何かを隠しているのは確かなんだけどな・・・・」

と、圭介は歯がゆさに顔をゆがめるのでした。

帰宅した鮎美は、今まで書き記した『リピート』後の記録を読み返し、事実関係のおさらいをします。

・高橋(福田転球):交通事故―放火で狙われる

・横沢(手塚理美):放火

・郷原(清水圭)  :刺殺←ケンカ→坪井

ここまで書き記した時、不意に天童の言葉を思い出します。

「情報が漏れたのかもしれない」

鮎美は、部屋のカーテンを閉め、『リピート』後に書き始めた日記を自分の持っている本の中身とすり替えて隠しました。

そして、退院後も犯人の目星はつかず、心配した圭介は鮎美の仕事帰りの付き添いをするようになっていました。

そんな時、天童から呼び出しがかかります。

「坪井の情報を共有したい」

坪井におけるリピートそして、驚愕の裏の顔

天童は、あれからずっと坪井の素行を調べていました。

天童によると、坪井は裕福な家庭に育ち、両親ともに東大卒のエリートで、有名な進学校に通っていたとのことでした。

そして、これから坪井の高校の同級生が来るというのです。

「俺たちは探偵ってことになってるから」

やがて、坪井の同級生の赤井という男がやって来ます。

『リピート』前、坪井は東大受験に二度失敗し、慶応に受かった赤井たちに対する劣等感を持っていました。

しかし、『リピート』後は無事に東大に合格し、赤井たちを見下すことに成功したのです。

坪井は、喫茶店で偶然会った赤井たちに、こう言います。

「あれ、君たちはどこの大学に入ったんだっけ? 東大じゃないんだっけ」

赤井たちがその言葉に面食らっていると、

「東大の僕は、これから合コンなんだ」

と吐き捨てるように言うと、店を出て行きました。

「いつもゲーセンにいて、全然勉強してなかったのに・・・」

と、赤井たちは解せない様子で坪井の後ろ姿を見送ったのでした。

「坪井くん、高校の時、どういう感じの子だったのかな」

天童は、こう切り出しました。

「帰宅部だったし、地味でしたね」

しかし、一浪してからはあまり素行の良くない仲間とゲーセンでつるんでいたと、赤井は言葉を続けます。

「ヤバそうな仲間・・・」

天童は言葉を繰り返します。

赤井は何かを言いあぐねている様子でしたが、耳を疑うような証言をしました。

「あいつ・・・女の子を連れ込むための秘密部屋を持っているっていう噂があって・・・」

一瞬、場の空気が止まりました。

圭介が質問を続けます。

「”ネメシス”っていう言葉に心当たりない?」

赤井は、ハッとした顔で言葉を続けます。

「俺も誘われたんです」

坪井が良く書き込んでいるサイト

その名前こそが、『ネメシス』だったのです。

赤井がパソコンでそのサイトを開くと、それは闇サイトでした。

赤井が帰った後、3人はそのサイトをスクロールして、記事の内容を確認します。

「郷原と坪井はこのサイトに書き込みをしていたのか・・・・・」

読み進めていくと、気になる書き込みが見つかります。

「ハンドルネーム”ヤヌス”が死にました」

郷原が死んでから、”ヤヌス”の書き込みがないことから、ヤヌスは郷原であると、天童は推測します。

そして、その書き込みをしたのが”ハデス”ということから、坪井がハデスであると、圭介が推測しました。

書き込みされた時間にも矛盾がないと、天童はこの推測を確信します。

さらに過去の書き込みを見ていくと、2017年2月24日以前にも、ヤヌスとハデスのやり取りがあったことが判明しました。

「あの二人、『リピート』前からの知り合いだったのか・・・?」

そう考えると、風間の言葉には矛盾が出てきます。

混乱しながらも書き込みを確認し続ける3人は、怪しげな書き込みを見つけました。

「女の子を恥ずかしい格好にして撮影します。

見張り役募集。

謝礼はずみます」

坪井が犯罪を犯し、郷原が金のために見張り役をしていた

そう考えると、やはり”郷原殺し”の犯人は坪井が怪しい・・・・・・

3人の中で、坪井に対する猜疑心が増していきます。

郷原を殺したのも、鮎美を突き落としたのも・・・・・・すべて坪井

圭介は、天童と交代で自分も坪井を監視すると言います。

”鮎美はできるだけ外出しない方がいい”という天童に対して、

「自分の運命は自分で切り拓きたい」

天童、圭介とともに、坪井に立ち向かう決心をした鮎美だったのです。

鮎美と由子

その後、鮎美が圭介に送られて帰宅すると、その様子を窺うように、鮎美の家のすぐ近くで由子(島崎遙香)が佇んでいました。

部屋に入るとすぐ、由子から電話がかかってきました。

「帰る途中、車が故障しちゃって・・・・・直るまで、ちょっと休ませてもらえません?」

と、今から鮎美の家に行っても良いかと言うのです。

以前、図書館で交わした会話で自分が文京区に住んでいる、と言ったことを覚えていて、

「近くだと思うんで、詳しい住所教えてほしいんですけど」

と、鮎美の家に上がりこむことに成功しました。

部屋に入るなり鮎美の本棚に興味を持ち、本の名前を読み上げて興奮する由子。

そんな姿に戸惑いながらも、鮎美はお茶を入れて由子をもてなします。

どことなくぎこちない会話の中で、由子は鮎美に彼氏がいるのかどうかなど、色々と探りを入れます。

「由子ちゃんは? 彼氏とかいるの? どんな人?」

何気なく鮎美が由子に尋ねると、由子はこう答えます。

「言うこと何でも聞いてくれて、犬みたいに忠実な人です」

「犬? 仲良さそうでうらやましい・・・」

と呟いた次の瞬間、由子は自分の持っていたティーカップをわざと落として、洋服に思い切りお茶をこぼしました。

心配する鮎美に、”鮎美さん、優しい・・・・首きれい・・・・”などと、なまめかしい様子で近づき、シャワーを借りることになります。

その場に居づらくなった鮎美は、コンビニに行くと告げ、由子に頼まれたチョコミント味のアイスを買いに出かけました。

一人残された由子は、鮎美の部屋の引き出しを開けたり、棚の本を引っ張り出したり、家探しをしながらスマホで撮影し続けます。

その後、鮎美が帰ってくると、「もう、車が直ったから」と、何事もなかったかのように去って行ったのでした。

天童と知恵

その頃、天童のカフェには『リピート』仲間の大森知恵(安達祐実)が来ていました。

思いもよらない人物の来訪に面食らった様子の天童でしたが、知恵を歓迎します。

閉店後、天童は鮎美が襲われたことを知恵に話しました。

「このままだと・・・俺たち全員、危ないのかもしれないな」

その天童の言葉に、

「こんなところで死ぬわけにいかないのよ、私は・・・」

と、知恵は溜め息とともに言葉を吐き出します。

これでは、何のために『リピート』したのか分からない・・・と困惑する知恵に、

「俺は、坪井が怪しいと思っている」

驚く知恵に、これまでのことを説明しました。

「どうして、『リピート』した人たちが次々と・・・・」

二人は、お互いに意見を出し合います。

郷原と坪井が以前からの知り合いだったこと、高橋の事故死、その高橋のアパートが放火されたことなど、一連の事件は、世間一般から見ればすべて無関係なものだということ・・・ただし、『リピート』メンバーを除いては。

「一番怪しいのは、坪井だな」

その天童の言葉を聞くと、知恵は思わぬ提案を持ちかけます。

「私たち、生き残るために手を組まない?」

自分のバイオ技術を完成させ、飢餓に苦しむ何億もの子どもたちを救いたい

知恵は、自分の研究を進化させるために『リピート』に参加したというのです。

「たった10ヶ月戻ったぐらいじゃ、大した短縮にならないだろう」

「1回戻るだけならね」

知恵は、何度も『リピート』を繰り返すつもりだったのです。

「それは・・・風間が許さないだろう」

「だからあなたと手を組みたいの・・・風間を出し抜くために」

”自分にはそんな発想はなかった”という天童ですが、知恵は『リピート』直前の天童の行動から本心を見抜いていたのです。

「私たち、いい相棒になれそうね」

崩壊する坪井の『リピート』そして盗まれた秘密

その頃、坪井はバーに居ました。

酒を注文するためにカウンターへ行った坪井のもとに、不意に風間が現れます。

「最近、調子はいかがですか?」

「最高ですよ! 東大生ってだけで、こんなにも世の中変わるなんて・・・・・ホントにチョロイっすよ」

坪井は、風間に感謝を述べました。

「坪井くん、君は君の欲望に忠実に生きればいいんですよ」

”自分はそれを楽しみにしている”と、不気味な笑みを浮かべながら風間は去って行きました。

そんな坪井を尾行していた天童ですが、風間の邪魔が入り、またもや見失ってしまいます。

坪井は、いつものように「合コン」と称して、女の子を呼び出していました。

目の前に座る、メグミとアイと言う女性―

このメグミと言う女性は、坪井と同じ予備校に通っていました。

そして、『リピート』前も同じように合コンに呼び出され、その時「東大生」を騙る坪井のウソをバラし、坪井をさんざんバカにして帰って行った女性だったのです。

今回は名実ともに「東大生」である坪井は、その時の復讐をしようと目論んでいたのです。

坪井たちは合コンを楽しみ、二人を薬で眠らせると、首尾よく秘密部屋へと運び込むことに成功したのでした。

鮎美と圭介は、坪井の行方を追っていました。

そして、闇サイトに書き込みを見つけ、坪井の企みを知ります。

鮎美と圭介は必死に坪井を探しだし、間一髪で女子大生を助け出すことが出来ました。

その後、一人秘密部屋に残された坪井―

「俺が捕まったら・・・『リピート』の秘密を漏らすかもしれない」

だから、絶対に自分は警察には捕まらないと坪井は開き直りました。

鮎美は思わず、坪井の頬を叩きました。

「今いる場所で努力しないと・・・『リピート』してもしなくても、自分の人生を変えたければ、努力しなくちゃいけないんだよ」

涙を浮かべ、必死に伝えようとする鮎美でしたが、坪井の心には届きませんでした。

圭介は、一連の事件について坪井に問いただします。

しかし、「坪井は自分を犯人扱いするなら、証拠を持ってこい!」と鮎美を振り払って逃げて行きました。

一方、由子は鮎美の部屋で盗撮した日記を眺めていました。

そのページに書かれていたのは、浅田真央引退の文字―

「バカじゃない? 真央ちゃん、引退なんかするわけないじゃない」

その時、テレビの画面に「浅田真央引退」のニューステロップ」が出てきました。

「ウソっ!」

思わず目を疑い、スマホの写真を確認する由子―

そして、ある疑念を持つのでした。

スポンサーリンク

ドラマ『リピート~運命を変える10ヶ月~』第5話ネットの反応や感想

とうとう、坪井の裏の顔が明らかになりましたね。

ドラまる
坪井くん・・・まさか、、、の展開だよね
ラマちゃん
「東大生」の肩書を利用して、あんなにひどいことをするなんて信じられないわ!

そして、郷原さんと坪井くんは『リピート』以前からの知り合いで・・・・無作為っていうのは風間さんのウソなのでしょうか?

ドラまる
ホントに、今回は誰も死ぬ人がいなかったけど、予想外の展開にドキドキするね
ラマちゃん
そして、由子役の島崎遙香さん、、、存在感スゴすぎ!

そして、もう一人『リピート』の理由が明らかになった知恵。

確かに、安達祐実さんがいるだけで、期待値大!ですよね。

スポンサーリンク

ドラマ『リピート~運命を変える10か月~』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『リピート~運命を変える10か月~』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はHuluで視聴可能です。

Tverはこちら

Huluはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『リピート~運命を変える10か月~』5話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『リピート~運命を変える10ヶ月~』第6話あらすじ

2018年2月15日(木)放送のドラマ『リピート~運命を変える10ヶ月~』第6話のあらすじをご紹介します。

2月15日(木)深夜0時09分~1時04分

毛利圭介(本郷奏多)の元恋人の由子(島崎遥香)が“リピート”の存在に気がついた。由子はその秘密をダシにして天童太郎(ゴリ)を挑発し、エキセントリックに怒りを募らせる。さらに篠崎鮎美(貫地谷しほり)の目の前に現れ、圭介の彼女は自分だとけん制して、リピートの秘密を暴露しない代わりにヨリを戻すよう圭介に迫る。一方、坪井(猪野広樹)の暴走もエスカレートし、逆恨みされた鮎美は新たな事件に巻き込まれてしまう。

まとめ

今回は、ほぼ坪井くんの回でしたね。

まさか、あんな犯罪に手を染めていたとは・・・・・・驚きと悲しみが込み上げて来ます。

そして、驚くべきは由子の情報収集力の高さ!

鮎美ちゃんが、お人好しであることを差し引いてもスゴイ女性です。

来週は、ついに由子の侵食が始まる予感

そして、鮎美に対する坪井の憎悪も相まって、ますます見逃せない回になりそうですね!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA