ドラマ【オーファン・ブラック】6話ネタバレ感想。7話あらすじも

  • この記事を書いた人:Keiji

オトナの土ドラ『オーファン・ブラック~七つの遺伝子~』第6話が2018年1月13日(土)に放送されました。

後半に差し掛かり、いよいよクローンを作った医療機関の存在が明らかになってきましたね。

クローンを作った目的ももちろん気になりますが、なぜ彼女たちを削除するのかも見逃せない部分です。

とくに沙羅(知英)の命を狙っているようにも感じますが、彼女は特別な存在なのでしょうか?

毎回感心する知英の演技力にも期待しつつ、最後までしっかり見ていきたいところですね。

スポンサーリンク

ドラマ『オーファン・ブラック~七つの遺伝子~』6話のネタバレと感想

唐突に沙羅の前に現れるエレナ(知英)。

とりあえず二人はレストランに入り、クローンについて詳しい話を聞きます。

エレナはただの駒のような存在なので、ただ命令の赴くままに動いているだけのようでした。

しっかり教育されているので、殺人はもうやめろという沙羅の言葉も聞きません。

それどころか、残りのクローンの居場所を教えなければ沙羅を殺すと言いその場をさりました。

後日理華(知英)の家を訪れた沙羅は、理華の夫勇(岩尾望)が監視者、つまりモニターですことを知らされたのです。

真実を知るためにはまずモニターについて詳しく知ることが大切だと思ったわけですね。

そのなかで少しトラブルがあり、沙羅は一時的に理華の代わりにお呼ばれしたホームパーティーに行くことに。

沙羅が頑張っている間理華は夫を拷問して情報を聞き出そうとしていました。

泉(知英)の方も、なんとかモニターを突き止めようと動いているようです。

研究者仲間の愛子(佐津川愛美)が怪しいと感じており、後日一緒にある科学者の講演会に出かけることに。

その講演会は、物語の黒幕の一人脇田(竹中直人)のものでした。

泉は脇田が医療機関の人物だとは知らず、ただ講演に陶酔します。

ホームパーティーが住んだ後、理華の自宅に戻ろうとしたら、元恋人ナガセ(高橋努)の待ち伏せに遭います。

その後口論になりますが、そこに登場したのは槙雄(山崎育三郎)でした。

沙羅を助ける形でナガセを追い払います。しかしそこに現れる理華を見て槙雄は驚くのです。

どうやら槙雄はクローンの存在を知らなかったようで、沙羅を真緒子(知英)の妹か何かだと思っていたみたいですね。

沙羅は自分たちがクローンであることを明かしました。そして槙雄は、自分がダイアード社の本当の狙いを探ると言ったのです。

真緒子は以前から自分が何者であるかを知っていた。その事実に絶望して自殺してしまうわけです。

理華の方はというと、勇が監視者ではないということが判明します。

しかし、泉の研究者仲間愛子は、完全にダイアード社側の人間ということが分かりました。

脇田の助手?のような立ち位置の人間でしたね。

さらにエレナは、沙羅に近づくために娘の萌絵(庄野凛)のもとに現れます!

これはピンチ、どうなる次回!?

スポンサーリンク

ドラマ『オーファン・ブラック~七つの遺伝子~』6話に対するネットの反応は?

周りの人物の招待が続々と判明し、黒幕に迫っていこうかという回でした。

今回の話に対しての反響を見ていきましょう。

そういえばまだクローンは全員揃っていないですよね。

終盤なのでそろそろ登場してくるとは思いますが、おそらく重要な立場の人間なのでしょう!

愛子が組織側なのは予想通りでしたね。

理華の方は予想が外れてしまいましたが、おそらく親友でしょう。

沙羅にも監視者の存在があるということでしょうか?とすると冴子(麻生祐未)あたりが怪しいですね。

スポンサーリンク

ドラマ『オーファン・ブラック』第7話あらすじ

沙羅(知英)の娘・萌絵(庄野凜)が、エレナ(知英)に連れ去られる。エレナに殺意はなく、ただ萌絵と話したかったのだ。そんな萌絵は、エレナをまじまじと見つめママもエレナも本物」と言う。混乱するエレナ……その直後、萌絵は交通事故に遭ってしまう。

冴子(麻生祐未)から連絡を受け、病院に駆け付けた沙羅は、萌絵が身に着けていたマフラーから、エレナが連れ出したことを知る。理華(知英)を呼び出し、拳銃を借り受ける沙羅。「どうするつもり?」「エレナを殺す」

その頃、エレナは震えていた。そこに沙羅から電話が入る。沙羅の呼び出しに応じるエレナ。だが、そんな様子を宇賀神(大杉漣)が見ていて……

一方、病院では、理華と冴子が鉢合わせしてしまう。クローンの存在を知ってしまう冴子……だが、冴子自身、抱えていた秘密があった。なぜ冴子が沙羅を引き取ったのか?そこには、驚きの事実が隠されていて…

金城(岡田浩暉)は真緒子(知英)の違和感に気付き始めていた。少しずつ身元不明の被害者の正体に迫りつつある捜査。ついに金城は沙羅の存在に気付く。

その頃、ダイアード社の脇田(竹中直人)はとある人物の指示で計画を推し進めようとしていた。すべてのクローンを管理下に……泉(知英)の元に愛子(佐津川愛美)を。理華には弁護士を差し向け、取引に応じさせようとする。

そんな中、ダイアード社のことを調べていた槙雄(山崎育三郎)は、ダイアード社に忍び込んでいた。ダイアードの本当の目的にあと一歩まで近付く槙雄。そんな中、社長室である女性と遭遇。その顔を見た槙雄の表情が驚愕に変わり…。

公式サイトより引用

まとめ

クローンたちの周りの人物は、一部は彼女たちを監視する立場の人間でした。

そして黒幕が登場し、ついに医療機関の目的に迫まりつつあります。

クローン人間達の運命はどうなるのか、非常に気になるところで終わったので、次回も楽しみですね!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA