【もみ消して冬】7話ネタバレと感想!8話あらすじも

  • この記事を書いた人:しいろ
ドラまる
山田涼介さん主演の『もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜』の7話が、2018年2月24日(土)に放送されたね! 今回は弟が兄のために奮闘!?
ラマちゃん
果たして2人はどうなるのかしら? こちらの記事では『もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜』第7話のネタバレを感想ありでご紹介するわね!

スポンサーリンク

『もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜』7話の感想(ネタバレあり)

ライバルの善財(竹森千人さん)が倒れているのを発見した博文(小澤征悦さん)は、犯行動機があることから彼を襲った犯人であるのではないかと疑われることに。

疑いは晴れたものの、結果として博文の人望のなさが明らかになり、出世も遠ざかることに。

そんな博文を励ますことになった秀作(山田涼介さん)は、尾関(小瀧望さん)も巻き込み博文の挽回をすることに……というのが、7話のあらすじでした。

今回はかなり色々なことが盛り込まれていました!

尾崎を巻き込んで窃盗団から絵を奪回し、善財が副院長の座を取るためにセッティングしていたディナーを邪魔し、院長の不倫という弱みを握ってなんとかポイントを稼ごうとする秀作たち。

そんなめちゃくちゃなことを一体どうやって!? と、最後まで目が離せませんでした!

まずは秀作が院長の別荘に忍び込んで不倫の証拠である写真を掴み(しかし、兄の博文の過去までをうっかり知ってしまうハプニングもあったのですが。笑)、尾関が窃盗団を取り押さえ……と順調に!

このままどうディナーを壊すのだろう? と思ったのですが、博文は「先にハンドベルで演奏をする」という策を施したものの、妨害は妨害にならず、気がつかれた善財に遮られてしまう始末。

しかし、その必死さが秀作の胸に響き、兄の大切さを改めて実感させるという結果に。

どことなく兄弟愛が感じられるいい話でまとまりましたね。

一方で気になるのが恋愛模様。

里子(恒松祐里さん)に一度は「男らしくない」とフラれてしまった秀作。

しかし最後の最後でなんとか部屋に上げてもらえることに!

新たな展開が期待されて、2人の関係がどうなるのか楽しみです。

さらに尾関と知晶(波瑠さん)の関係にも進展が!

尾関と知晶のキスシーンにドキドキした視聴者も多いのでは?

なかなか素直じゃない知晶ですが、とうとう尾関に絆されてくれるのでしょうか?

この2人の今後も気になるところです。

様々な部分で新展開を迎えそうな『もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜』。

ますます見逃せなくなってきましたね!

ドラマ『もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜』7話のネットの感想や評価は?

今回は秀作と博文、2人のコンビがいいと話題に!

特に最後のシーンでは「いい兄弟」と話題になっていました。

一見めちゃくちゃに見える博文ですが、そんな博文のことをちゃんと秀作は認めていて、兄として好ましく思っているんだな……というのが伝わってきた話でした。

この2人のやりとりも、もっと見たいですね!

知晶にかなり積極的に迫っていた尾関も話題に!

少しでも知晶に気にかけてほしい尾関の必死さに、心をくすぐられた視聴者も多かったようです。

特に話題になっていたのが、尾関と知晶のキスシーン!

「これで何ポイントですか?」と知晶に尋ねる尾関の真剣な表情にドキドキしてしまいました……!

知晶はなかなか一筋縄ではいかなそうですが……尾関はどれだけ奮闘してくれるのか!?

今後も見守っていきたいと思います。

スポンサーリンク

ドラマ『もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜』見逃し動画を無料はHuluがおすすめ!

ドラマ『もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜』は放送終了直後からHuluで見逃し動画配信がスタートします。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 獣になれない私たち
  • ブラックスキャンダル
  • ドロ系
  • 今日から俺は!!
  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • 正義のセ
  • Missデビル
  • 崖っぷちホテル!

などが見放題となっています。

↓今すぐ『もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜』見逃し動画を無料視聴する↓

※紹介している情報は2018年2月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

スポンサーリンク

『もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜』8話のあらすじは?

それでは、2018年3月3日(土)放送の『もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜』8話のあらすじを見ていきましょう!

里子(恒松祐里)とついに恋人関係になった秀作(山田涼介)が、彼女を北沢家へ招待して泰蔵(中村梅雀)に紹介することになった。

その晩、北沢家には泰蔵しかいないはずだったが、友達の所に泊まりに行っていた知晶(波瑠)が早々に帰宅。

遅くなる予定だった博文(小澤征悦)は、尾関(小瀧望)と手毛綱(児嶋一哉)を引き連れて帰ってきた。

嫌な予感しかしない秀作をよそに、北沢家のリビングでは、知晶にキスをした尾関の公開裁判が開かれる。

そんな中、里子が履いてきた靴が玄関から消えていることに気が付く秀作。

誰かが隠したのでは?と有罪判決を受け執事部屋に拘束されている尾関に相談し、 一人ひとり問い詰めていくが、犯人はなかなか見つからない。

そうこうしているうち、秀作に幼い頃の知晶の靴をめぐるとある記憶がよみがえって―。

公式サイトより引用

まとめ

『もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜』7話のネタバレあり感想と8話のあらすじを紹介しました。

ドラまる
今回は博文の株が急上昇! 必死な博文が、なんだかんだ言って可愛げがあるんだよね。
ラマちゃん
そんな博文を兄としてちゃんと大好きな弟、という構図がよかったわね。この兄弟のやりとりももっと見たい!

今回は兄弟愛が前面に出された内容で、最後は少しほろりと泣ける切ない話になっていましたね。

さて、8話ではいよいよ秀作が里子と恋人関係に!

親に紹介するところまできたものの、里子が履いてきた靴がなくなるという事件が発生。

一体この事件、どんな結末を迎えるのでしょう?

個人的には、幼い頃の知晶の靴をめぐる記憶が何かの鍵になると思うのですが、果たして……?

『もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜』、8話も絶対に見逃せません!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA