【もみ消して冬】6話ネタバレと感想!5話あらすじも

  • この記事を書いた人:しいろ
ドラまる
山田涼介さん主演の『もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜』の6話が、2018年2月17日(土)に放送されたね! 今回は本格的なサスペンス!?
ラマちゃん
果たして殺人事件未遂の結末は? こちらの記事では『もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜』第6話のネタバレを感想ありでご紹介するわね!

スポンサーリンク

『もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜』6話の感想(ネタバレあり)

父親・泰蔵(中村梅雀さん)が何者かに睡眠薬を飲まされ、それが大学時代の社交ダンス部の女性たちから贈られたチョコレートの中に入っていたと推察した秀作(山田涼介さん)たち。

秀作は容疑者である5人の女性を取り調べるうちに、その中の1人・こずえ(山村紅葉さん)を怪しむ。

ところがこずえはイマイチ動機に欠け、困惑する秀作。

さらに、睡眠薬が入っていたチョコレートとは別のチョコレートに、最悪死に至る可能性がある薬物が混入していたことが判明!

秀作と知晶(波瑠さん)は推理合戦を繰り広げるが……というのが、6話のあらすじでした。

今回は本格的なサスペンス!? かと思いきや、そう一筋縄ではいかない展開になるのが『もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜』。

推理合戦対決に関しては、知晶に軍配が上がってあっさりと解決。

「それなら一体何をもみ消すんだろう!?」と思ったところ、まさか自分の身の危険を感じた秀作がこずえに睡眠薬を混入したことをもみ消す展開になるとは……。

しかし、ちゃんと相手に配慮して書き置きを残す(しかも、もみじが過去に寝坊したことに感謝した内容!)優しさが秀作らしいな、とほっこりしました。

さらに、恒例の絵馬もこずえやチョコレートに薬物を混入した犯人を思いやる内容で……秀作はどこまで優しいんでしょうか!

それが兄や姉につけこまれる原因なのかもしれませんが(笑)

予告で感じた内容よりもほっこりと心が暖まる内容だった6話でした!

ドラマ『もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜』6話のネットの感想や評価は?

こずえに残した書き置きの内容が素敵だったと話題に!

秀作の優しさがよく伝わる素敵な手紙でしたよね。

やっていることは犯罪なのですが(笑)、こういった優しさがあるから、秀作は憎めないキャラなんだな〜と思います!

また、犯罪によって(?)積み重ねた色気が想い人である里子(恒松祐里さん)に色々な意味で届かなかった……という秀作に、「かわいそう」「切ない」と同情の声が寄せられていました。

家に行ったものの家には上げてもらえず、ようやく聞き出した連絡先は間違っている(敢えて間違っていたものを教えられた?)とは、なんとも不憫!

いつも不憫な目に遭っている秀作ですが、この不憫さは今までの中でもトップ3に入るレベルではないでしょうか(笑)

秀作には報われて欲しい気持ちもありますが……この不憫さが売りのような部分もあるので、このまま報われなくても、それはそれで面白いかも!?

なんだか複雑な気持ちです(笑)

スポンサーリンク

ドラマ『もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜』見逃し動画を無料はHuluがおすすめ!

ドラマ『もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜』は放送終了直後からHuluで見逃し動画配信がスタートします。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • 正義のセ
  • Missデビル
  • 崖っぷちホテル!
  • トドメの接吻
  • anone
  • もみ消して冬

などが見放題となっています。

↓今すぐ『もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜』見逃し動画を無料視聴する↓

※紹介している情報は2018年2月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

スポンサーリンク

『もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜』7話のあらすじは?

それでは、2018年2月24日(土)放送の『もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜』7話のあらすじを見ていきましょう!

ライバルの善財(竹森千人)が倒れているのを発見した博文(小澤征悦)。

ところが、犯行動機があることや凶器に指紋がついていたことで博文が襲ったのではないかと警察に疑われてしまう。

実は窃盗団の一味だった善財の婚約者が犯人だったとわかり、疑いは晴れるが、博文を疑ったことで病院内で人望のなさが明るみに。

出世も遠ざかり、博文は人生初の挫折を味わう。

一方、男らしくない態度を里子に責められフラれた秀作(山田涼介)は、さらに不幸な秀作なら博文を勇気づけられると知晶(波瑠)から励まし役を命じられる。

そんな中、浜野谷院長(柴俊夫)の家にも出入りする手毛綱(児嶋一哉)が、院長は人事にポイント制を採用しているとの情報を持ってきた。

秀作達は窃盗団の捜査をする尾関(小瀧望)も巻き込み、博文の挽回を狙ってポイントアップを計画するが…。

公式サイトより引用

まとめ

『もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜』6話のネタバレあり感想と7話のあらすじを紹介しました。

ドラまる
ネットでは秀作の不憫さが話題に! なかなか恋愛面は進展しないね〜!
ラマちゃん
犯罪スキルはどんどん上がっているのにね(笑)この犯罪によって積み重ねた色気で女の子を落とせる日は来るのかしら!?

本格的なサスペンスかと思いきや、やはりドタバタ劇となり、最後はどこか心温まるような気持ちになりつつ、不憫な気持ちも抱えつつ……といった6話でした。

さて、次回は兄・博文が引きこもりニートに!?

果たして秀作たちは、博文の名誉を挽回することができるのか?

さらに、里子との恋愛にも変化が?

なんだかあまりいい変化ではなさそうな気配でしたが……秀作の想いが報われる日はあるのでしょうか?

ますます気になる展開となってきた『もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜』、7話も非常に楽しみです!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA