もみ消して冬|5話の動画見逃し無料視聴はこちら【2月10日放送】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~』第5話( 2018年2月10日(土)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『もみ消して冬』第5話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
動画配信(ビデオオンデマンド)サービスが色々と増えていて分かりにくいけど、『もみ消して冬』に限らず日本テレビ系列のドラマはHuluがおすすめ!

他にも無料で見る方法があるので、詳しく解説していくね〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『もみ消して冬』第5話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

スポンサーリンク

ドラマ『もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『もみ消して冬』放送終了から1週間以内はTverを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『もみ消して冬』第5話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年2月10日(土)23時00分〜2018年2月17日(土)21時59分

までは見られるよ!

1週間以上経過している場合のオススメはHulu!

ドラマ『もみ消して冬』第5話放送終了から1週間以上経過してしまっている場合はHuluで見逃し動画配信を見るのが最もお得な方法となります。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 獣になれない私たち
  • ブラックスキャンダル
  • ドロ系
  • 今日から俺は!!
  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • 正義のセ
  • Missデビル
  • 崖っぷちホテル!

などが見放題となっています。

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

『もみ消して冬』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※紹介している情報は2018年1月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近は放送中のドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜
ラマちゃん
公式に配信されている動画も無料期間に見ればお金かからないので、以下のリンクからチェックしてみてねっ!

スポンサーリンク

2018年冬ドラマ『もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~』第5話のあらすじ

2018年2月10日(土)放送のドラマ『もみ消して冬』第5話のあらすじを紹介します。

博文(小澤征悦)と里子(恒松祐里)の仲が急接近していることに焦り、これまでのチャンスを無駄にしてきたことを悔やむ秀作(山田涼介)。

里子と結婚する気の博文に、彼女のことを前から好きだったと打ち明けるが、博文は引き下がるどころか「争うだけ無駄」とあしらう。

激怒した秀作は、今まで気に入ったものを横取りし続けた兄に今度ばかりは勝ってみせると宣戦布告するのだった。

一方、楠木(千葉雄大)に見せるためのキスを知晶(波瑠)からされた尾関(小瀧望)は、知晶を好きになってしまったらしく、秀作に例え話を持ち掛ける。

そして、博文の最大の弱点に気がついた秀作は、兄の因縁のライバル、善財(竹森千人)の元を訪れ…。

公式サイトより引用

スポンサーリンク

2018年冬ドラマ『もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~』第5話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『もみ消して冬』第5話の見どころや期待度をご紹介いたします。

MK
展開の予想がまったくつきませんが、秀作がずっと思いを寄せている職場の後輩の女の子が、もともと顔がタイプだと言っていた博文に落ちかけている風な4話の終わりと次回予告だったので、このまま早く結婚をしたいと焦る博文に彼女を略奪されてしまうのか、秀作はどういった作戦を練って、博文に立ち向かうのかがとても気になります。

また、山田くんのジャニーズらしからぬ顔芸と、エリートなはずなのに、なんだか軽くあしらわれてしまう様を見るのが毎回楽しみなので、次回の山田くんの演技にも期待をしたいと思います。

あとは千葉くんが来週もご主人様のために一生懸命に頑張る姿が観れることも期待しています。

ペンネーム:MK(30代・女性)

あおおにいちおし
とうとう恋沙汰の家族同士に争い勃発か。

勘違い兄とへたれ弟の間でくりひろげられる池江さん争奪戦。

結果としてはどちらにも勝因はありませんが、せっかくの兄弟喧嘩ですもの。

どれだけくだらなくことにお互いがクビを突っ込み、どろ試合を展開するのか見もの。

また兄はいいとして、秀作は女性経験はほぼゼロという設定だと思われます。

こんなプライバシーまでどんどん暴露される家族。

たまりません。

秀作がどんな手を使って財前に近づき、何を知ろうとしているのか。

どんな罠を仕掛けて博文を落とし入れるのか。

だけど、せめて法には触れずに、でも万が一が会ったら宜しくって傷害ではなさそうですが、オノが気になります。

ペンネーム:あおおにいちおし(30代・女性)

panda
博文が秀作の片思いの相手、里子に近付き、2人はいい雰囲気になり、結婚することになってしまう。

秀作は今まで一緒に居て、里子のことを一番わかっていて、好きで理解できるのは自分だと言い張り、博文と灼熱バトルになる。

尾関は、千晶のことがキスされて以来気になり、いつもは秀作が相談をする立場なのに、立場が逆転、尾関が秀作に恋の相談をすると予想します。

このドラマの楽しみな所はもみ消す問題をもみ消すまでの試行錯誤しながら、フル回転する山田涼介さん演じる秀作の心の中が聞こえるところです。

そしてもみ消すときに必ずエキスパート尾関に相談して、仮の話といいながらちゃっかり聞き出すシーンを見ることです。

ペンネーム:panda(30代・女性)

kazu464
博文は北沢家のパーティで会った秀作の部下・里子に急接近し始めた。

秀作は博文に里子を前から好きで色々世話していると言うが、博文は私の方がお前より優秀だ!里子は君には贅沢だと言って譲らない。

秀作は今迄、博文と智晶の言いなりに動いてきたが今回はどうしても里子を博文に渡す事が出来なかった。

秀作は博文のライバル善財の元に相談に行く。

善財は博文とどっちが早く結婚するかを賭けていたので博文と里子を引き離すことを快く引き受けてくれた。

善財は秀作に里子と合わせてくれと頼む。

里子は秀作の頼みならと善財と会う事を承知する。

善財は里子に博文がメイド喫茶に定期的に通っている事を話す。

警視庁勤めの里子にはショックな話であった。

里子は博文からだんだん離れていくようになったのである。

ペンネーム:kazu464(60代・男性)

ひまわり
第4話の最後で秀作が目撃した、兄と池江里子とのラブラブなツーショットによって、秀作がどんな風に動くのかが楽しみなポイントです。

家のためにいろいろと悪いことも経験し、自分に色気が出てきたと感じる秀作は、兄から里子を振り向かせるためにまた何か罪を犯すのかなというのが予想する展開です。

また今回もいい案を見つけるために、後輩の尾関にたとえ話のアドバイスをもらいに行きそうですが、そんな尾関も前回の知昌からのキスですっかり心を奪われてしまった様子なので、今までのような的確なアドバイスができないかもしれないなという感じです。

第5話でも秀作がどんな困った表情を見せるのか、すごく楽しみです。

ペンネーム:ひまわり(40代・女性)

2018年冬ドラマ『もみ消して冬』第5話のあらすじネタバレと感想!

ころすけ

『もみ消して冬』第5話のあらすじネタバレ

今回は秀作がメインの話です。

秀作が恋する同僚を兄の博文にとられそうになります。

博文に自分が先に好きになったのだから諦めてほしいと言いますが先にお前が見つけただけで何もしていないといわれてしまいます。

デートに誘ってみたり連絡先を聞くも兄に先を越されてしまい何一つできません。

結局兄の同僚に気持ちを違う人に向けさせて諦めさせるよう依頼をします。

バレンタインデーに期待をしますが博文とクルージングすることを知り諦めてしまいます。

姉の知晶がはっぱをかけて奪うようにけしかけます。

見事にクルージングをすることができましたがすべては兄の作戦。

くっつけてあげようとしていたと連絡が入りますがそれも嘘でただ違う人に乗り替えただけ。

けれどそれは同僚の財前の作戦であり兄もまんまと騙されました。

『もみ消して冬』第5話の感想

今回もテンポがよくとても面白かったです。

いつもみたくだいそれた犯罪行為のようなものよりも秀作自身の話で、兄弟の面白味がとてもでていました。

想像上の話やウナギのくだりは笑えました。

いつもならすぐに諦めてしまう秀作も今回は頑張っていて、いつも以上に兄にはっきり言おうとしているところが可愛かったです。

そして最後のどんでん返しは想像できませんでした。

同僚の女の子も乗り変えちゃうのに驚きですし、なにもしないと思っていた財前もしっかりと仕事をしていて結局一番損をしたのは博文だったというのに驚きました。

今回は展開が想像つかなかったです。

ペンネーム:ころすけ(30代・女性)

yunaka

『もみ消して冬』第5話のあらすじネタバレ

ライバルである善財よりも先に結婚したい博文はパーティーで良い雰囲気になった池江里子を結婚相手の候補としてロックオン。

秀作が以前から里子に気があったと打ち明けてもお構いなし。

それでも、これまで博文に色んなものを横取りされてきた秀作も今回ばかりは引き下がらない。

自身にとって圧倒的存在である兄との対決を決意する。

早速里子にアプローチを始めるがデートは断られ連絡先の入手にも失敗。

その上、父の泰蔵も博文と里子の交際に好意的ですっかり秀作は打ちひしがれる。

だが博文の天敵・善財と手を組むことを思いついた秀作の逆襲が始まり、博文の結婚計画は急展開を見せるのであった。

『もみ消して冬』第5話の感想

今回の話、実は北沢家の人々が全員で秀作の恋を全面バックアップしてくれる良い話なのかと思ったら、博文が単純に最低っぷりを発揮していただけだったと言うオチに盛大にズッコケました。

ころっと騙された私も大概単純だと思いました。

博文のやりたい放題でゲンキンなところ私は結構好きですね。

キャラブレすることなく最終回まで貫いて欲しいです。

秀作と里子は次回からは両想いってことで話が進むんでしょうか。

え?くっつくの早くない?まだ5話なのに大丈夫なの?なんて余計な心配をしてしまいました。

二人が良い仲になるのはもっと先かと思っていました。

このドラマなかなか意表を突いてくれます。

嫌いじゃないですこう言うの。

クリーニング屋の手毛綱さんが今回ちゃっかりトリュフにありついていたのに笑いました。

念願が叶いましたね。おめでとうと言いたいです。

ペンネーム:yunaka(30代・女性)

さきママ

『もみ消して冬』第5話のあらすじネタバレ

パーティーをきっかけに、博文と里子の仲が急接近し、博文は里子との結婚を視野にいれていることを宣言する。

そんな博文の姿に焦った秀作は、里子にアプローチをし始めるが、時既に遅しと言った様子。

諦めかけた秀作に、小岩井や知晶は励ましや激を投げ掛ける。

博文のライバルである善財にまで手を貸してもらい、何とかして博文を陥れて里子を振り向かせようとする秀作だったが、バレンタインの日、博文が里子とクルージングデートをすることを知る。

止めに入るために二人の元に急ぐ秀作。

船着き場に着いた秀作は、意外な事実を知ることとなる。

『もみ消して冬』第5話の感想

始めに『兄弟の骨肉の争い』と言っていたので、どれほど激しい話の展開が待っているのかと思いましたが、相変わらずの秀作のへたれぶりに、少しガッカリしました。

また、最後の最後に乗り換えに走った博文のゲス具合も、いつも通りだなと呆れながら見ていました。

そんな中でも意外だったのが、クリーニング屋と小岩井のやりとりです。

いつもは、情報を聞き出したいクリーニング屋と、決して口を割らない小岩井という構図なのに、今日は情報を提供するクリーニング屋と、知りたがる小岩井という構図になっており、そんなこともあるのかと驚きと同時に面白かったです。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

negi

『もみ消して冬』第5話のあらすじネタバレ

前回、北沢家のパーティに秀作が想いを寄せる池江さんを連れてきてしまったばっかりに、兄の博文に池江さんをとられてしまう。

結婚をしたい博文は猛スピードでアプローチをかけていき、秀作はそれを阻止しようと策略していきます。

しかし、兄には勝てないと諦めてしまう弟。

そしてバレンタインデーに、博文と池江さんは客船で食事をすることになってしまう。

そんな中、家で諦めモードの秀作を見兼ねた知晶が背中を押し、秀作は博文から池江さんを奪う決心をします。

急いで船に向かう秀作ですが、船の出航まで時間が無いため警察手帳を悪用して辿り着き、作戦成功!

『もみ消して冬』第5話の感想

秀作のヘタレ感MAXな回でしたね。

兄には勝てないって諦めてる弟って世の中的にも多い気がしますが、なんだか気持ちがひしひしと痛いほど伝わってきました。

そしてそんな弟の背中を押すべく、姉のかける厳しくも優しい声が今回は胸が温まる回だな~良いこと言うこともあるんだな~と知晶に感心していました。

それなのに、それがまさか兄の作戦だったなんて…そして兄のとった行動がめちゃくちゃ弟想いじゃん、と感動しそうになってたら、まさかの秀作が自ら行った作戦が成功してた、という結末!後半で一気に裏切りに裏切りを重ねられ、面白い展開でした。

ペンネーム:negi(20代・男性)

アラームで起きる朝

『もみ消して冬』第5話のあらすじネタバレ

パーティー後、池江(恒松祐里)を送りだす兄・博文(小澤征悦)。

尾関(小瀧望)は秀作(山田涼介)へ「例えばの話ですが・・・」と姉・知晶(波留)から受けたキスに興奮しつつ、冷静に博文から池江を奪わないとまずいことになると秀作に忠告する。

あせる秀作だが打つ手がない。

妄想の世界で秀作はうなぎ屋だが客はこず、牛丼を営む博文の店には沢山の客で繁盛する。

池江の姿はウナギ屋に。

博文は事あることに、池江とデートをしていることを公言し、秀作をあおる。

太刀打ちできない秀作はしょんぼり。

知晶にたきつけられ、意気揚々に池江へ食事の誘いをかけるものの都合があるので・・・と断れる。

さらに落ち込む秀作。

そんな時にひらめいた姑息な手段。

博文のライバル・善財を利用する手口。

交換条件に予約が取れない、フランス料理店の予約をするということになる。

ますます調子にのる博文。

父・泰蔵(中村梅雀)へ女性の存在を伝え、結婚の許しまでとってしまう。

ぐうのねも出ない秀作。

バレンタイン当日。

博文は豪華客船ディナーに池江と行くといい出かける。

秀作は知晶と共に夕食を過ごす。

行動を起こしていない秀作へ知晶は、好きな女性なら兄から奪ってこい!

こんなシチュエーション、女ならゾクゾクする!などたきつけ、単純な秀作はふ頭へ出発する。

勢いあまって出発したが、財布を持たずに出た秀作。

ふ頭までの交通手段に「警察手帳」を提示してパスする。

船乗り場では池江が待っていた。

そこへ兄から電話。

「彼女とくっつけるためにした工作だ」と兄らしい演出だった。

兄の優しさに感動する秀作。

しかし本当のところは、さらにいい女を見つけた博文は単純に乗り換えただけだった。

ばれないように知晶が口裏合わせの作戦通り。

しかし、博文が手にした女性は善財からのハニートラップだった。

財前は一歩先に女性との婚約を取り付けてしまう。

目の前にはハンドベルが置かれていた。

泰蔵が倒れて帰宅する。

『もみ消して冬』第5話の感想

5話は単なる兄弟争いではなく、オチが2つもあって、お得感倍の楽しい回でした。

まずは、秀作(山田涼介)の財布がない下り。

すべて警察手帳でパスして、ふ頭へ向かいますが、6話以降どうやって償い&料金支払いをするのか気になる。

そして、ふ頭についた途端にまっていたのは池江(恒松祐里)。

まさか!という兄・博文(小澤征悦)ののりかえ行為で手にいれたビッグチャンス!

本当にナイスすぎる兄弟連携プレーに拍手と共に、姉・知晶(波留)の絶対的な存在がより誇示されて、今後・博文は頭が上がらないだろうなと思います。

本当に秀作、池江を放さずに幸せになってもらいたいです。

ペンネーム:アラームで起きる朝(30代・女性)

タイガー

『もみ消して冬』第5話のあらすじネタバレ

博文と里子が急接近し、焦る秀作。

以前から里子が好きだったから手を出すなと秀作は博文に言うが、それを相手にしない博文に奪い返すと宣戦布告。

秀作は幼い頃から博文に勝った事がなく、反抗した態度を見せると力で抑えられてしまっていたので戦う事すら諦めていた。

しかし、今回はそうはいかないと博文と戦う決意を固める。

一方、パーティで酔った知晶からほっぺにキスを何度もされた事で、知晶の事を好きになってしまいます。

秀作に恋の例え話を持ち掛け、知晶の事が好きだとバレてしまう。

何故キスをされたのかもわかった上でポジティブに考える尾関。

秀作は里子との状況をイチイチ話す博文に焦り、食事に誘うが断られる。

どうしたら里子と博文が付き合わなくて済むかと悩んでいる時小岩井との会話で善財の存在を思い出し、阻止してもらおうと善財に話をしに行く。

善財は秀作の願いを快諾し、見えない所で動き出す。

バレンタイン当日の朝、博文から里子とクルーザーディナーと聞かされた上に、里子から貰ったのは同僚と同じ義理チョコ。

もう無理だと諦めていた時に知晶から背中を押され、博文と里子が乗るクルーザーに向かう。

追いかける為にバスに乗るも財布を忘れ、警察手帳を使って無賃乗車。

一度やったら度胸がついたのか、タクシーにも警察手帳を使い、通行止めの工事現場を通り抜ける為に使う。

クルーザーに着いた秀作を見て、里子は「本当に来た」と嬉しそうにし、ディナーの最中に善財から来たラインの意味も分からず2人の時間を堪能。

実は、この状況を博文が作っていた事が分かる。

なぜなら、博文は他の女性にシフトチェンジしたからだ。

秀作と里子がディナーを楽しんでいる最中、博文のファンだという女性と待ち合わせをしていた。

その女性は善財が頼んだハニートラップ。

バレンタインのプレゼントは善財からの金のハンドベルだった。

『もみ消して冬』第5話の感想

今回も、秀作のヘタレっぷり前回。

卑怯な手を使っても里子が好きならもっと頑張ってたらよかったのにと思うが、ヘタレ男子なので時間がかかるんですよね。

そして、里子の本当の好きな人が誰なのかイマイチ分からない。

秀作が良いけどあわよくば博文?博文が良いけど秀作が好きだと思ってくれてるから秀作?どっちなんだ?と思う。

やっぱりクリーニング屋の手毛綱が徐々に出番が増えてきている。

予想通りだ。

そのうち家のゴタゴタに巻き込まれる事になるんだろな~と思った。

善財の結婚式で、博文のハンドベルが見れるのか、善財のキモイ笑い顔が見れるのか、回想で出てくるのかが気になる所。

前回、東京03の角田が出ていたので、今回は誰が出るんだろうと思っていた。

ラーメン屋が映ったので、また角田かと思ったら出てこなかったのに拍子抜けした。

良い兄貴を演じたはずの博文のオチが面白かったのと、知晶の秀作に対する褒めて貶してが上手くて、本当は応援したかったんじゃないかと思った。

素直に応援すればいいのに。

ペンネーム:タイガー(30代・女性)

まとめ

ドラまる
2018年冬ドラマ『もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~』第5話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
第6話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『もみ消して冬』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA