もみ消して冬|4話の動画見逃し無料視聴はこちら【2月3日放送】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~』第4話( 2018年2月3日(土)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『もみ消して冬』第4話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
動画配信(ビデオオンデマンド)サービスが色々と増えていて分かりにくいけど、『もみ消して冬』に限らず日本テレビ系列のドラマはHuluがおすすめ!

他にも無料で見る方法があるので、詳しく解説していくね〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『もみ消して冬』第4話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

スポンサーリンク

ドラマ『もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『もみ消して冬』放送終了から1週間以内はTverを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『もみ消して冬』第4話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年2月3日(土)23時00分〜2018年2月10日(土)21時59分

までは見られるよ!

1週間以上経過している場合のオススメはHulu!

ドラマ『もみ消して冬』第4話放送終了から1週間以上経過してしまっている場合はHuluで見逃し動画配信を見るのが最もお得な方法となります。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 獣になれない私たち
  • ブラックスキャンダル
  • ドロ系
  • 今日から俺は!!
  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • 正義のセ
  • Missデビル
  • 崖っぷちホテル!

などが見放題となっています。

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

『もみ消して冬』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※紹介している情報は2018年1月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近は放送中のドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜
ラマちゃん
公式に配信されている動画も無料期間に見ればお金かからないので、以下のリンクからチェックしてみてねっ!

スポンサーリンク

2018年冬ドラマ『もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~』第4話のあらすじ

2018年2月3日(土)放送のドラマ『もみ消して冬』第4話のあらすじを紹介します。

家族のために体を張ってきた秀作(山田涼介)だったが、その努力の甲斐なく、知晶(波瑠)が自分より楠木(千葉雄大)を大事にしていることを気にかけていた。

その知晶が泰蔵(中村梅雀)の持ってきたお見合い話を断り、今、気になっている人がいると宣言。

秀作は、ひょっとしてそれが楠木なのでは?と不安になる。

そんな矢先、楠木の背中に鯉の入れ墨があるのを目撃した秀作は、楠木を問いつめる。

すると楠木は知晶にキスをされたという衝撃の事実を告白するのだった。

ショックは受けたものの、知晶の幸せのためならと、姉の恋を応援しようと思う秀作。

しかしお見合い相手の角居(駿河太郎)が北沢学園の将来に関係する重要人物のため、何としても結婚させろと泰蔵と博文(小澤征悦)に追い詰められて、ある作戦に出ることに…。

公式サイトより引用

スポンサーリンク

2018年冬ドラマ『もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~』第4話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『もみ消して冬』第4話の見どころや期待度をご紹介いたします。

てつや
第3話のラストで、楠木の背中にタトゥーがあることが判明したので、第4話では楠木に関するエピソードがあるのではないかと思います。

楠木はなんとなく謎なキャラクターというか訳ありな印象も受けていたので、楠木の秘密や過去が明かされていくのであればそれは非常に楽しみです。

楠木が何を隠しているのかが明らかになるのかどうかが第4話での楽しみなポイントです。

また、知昌に好感を持たれている楠木ですから、万が一楠木に何らかの疑惑や問題が出てきた場合、知昌がどんなリアクションをするのかというのも第4話で個人的に楽しみにしているポイントです。

ペンネーム:てつや(20代・男性)

さきママ
何よりも気になっているのは、楠木の事です。

今回の放送で、楠木の体に刺青があることが判明しましたが、あれを見た瞬間、『北沢家を乗っ取る』という秀作の予感が当たっているように感じました。

今回のハムスター失踪も、楠木の自作自演だったのではないかと感じています。

そのことで、秀作を味方に付けようとしたのではないかと。

そして、次回予告では、知晶とキスをする場面が映し出されていたので、楠木を信頼している知晶に、更なるアプローチをするのではないかと思っています。

そして、それこそ徐々に北沢家を乗っ取っていくのではないかと予想しています。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

てるてるぼうず
姉と、楠木のこと。楠木の背中に書かれて刺青がここから始まるような感じがしました。

秀作が思う、楠木が北沢家をのっとるために姉に近づいているのか?そこらへんも少しづつ出てくる予感がありとても楽しみです。

そして、姉の、キスマが何かの問題にならなければ良いのにと思いました。

秀作の後輩となにかトラブルにならないようになど、姉をとおして、色んなことが動いていくように感じました。

北沢家におきる問題、楠木の背中の刺青の真相。

たくさんのことが、少しづつ音をたてて明らかになってくるように思います。

姉のために、秀作は、今度は何の罪をおかしても、姉を守るのか。

とても楽しみです。

ペンネーム:てるてるぼうず(50代・女性)

きらきら星
第3話のラストでまさかの楠木の入れ墨。

楠木もただの執事見習いではないと思っていましたが、入れ墨という展開だとは。

しかし、これも今までの展開からして深刻なものではないように思うのです。

そして、次回は、知晶のお見合い話、知晶と楠木がキスした話など知晶にスポットが当たった展開のようです。

また、秀作はこの楠木の入れ墨を知るようですが、秀作がどんな風に奔走するのか見るのが楽しみです。

キスしたと言っても、知晶は楠木のことを好きでキスをしたわけではないと思います。

楠木の実情を調べるために密かに動いているのではないかと予想しています。

そしてまた何か秀作がみんなから愛されていることが分かるエピソードが出てくるのではないかと期待しています。

ペンネーム:きらきら星(40代・女性)

yukimegu
楠木の背中に入った刺青を秀作は偶然発見してしまうが、それが姉千晶に楠木がキスされていた時に偶然見てしまったものだと予想します。

そんな中、千晶のお見合いが決まり、兄博文と父に、北沢家の名誉のため、伝統のため、上手く行くように、取り持ってほしいと頼まれ、秀作が行動に出て、仲を取り持つが、楠木と姉の恋仲が気になり、そちらを優先してしまうと予想します。

このドラマの楽しみなポイントは、山田涼介さん演じる秀作が、毎回家族の問題をにぶち当たり、必死でもみ消そうとするまでの心の葛藤が、つぶやきとなって表れているコミカルな面白さが継続して続くところです。

ペンネーム:yukimegu(30代・女性)

フラワーソン
千葉雄大さんが演じる楠木松也のキャラクターは、頼りなく、オネエの要素が入っているため、正直気持ち悪いなと感じていました。

しかしながら、シャワーシーンで明らかになった背中の刺青が今後どのように影響していくのかとても気になりました。

私の予想では、北沢家の財産目当てで執事として使え、今現在は家族の情報収集に努めている段階だと思っています。

これから松也が北沢家を乗っ取るために事件や問題を月々と起こしていくことで、より一層淡白なストーリーに味が加わっていくと思います。

ただし、出来ればあまりはやい段階で松也の企みがわかってしまってもつまらないため、最後のどんでん返しとして期待したいです。

ペンネーム:フラワーソン(20代・男性)

2018年冬ドラマ『もみ消して冬』第4話のあらすじネタバレと感想!

MK

『もみ消して冬』第4話のあらすじネタバレ

泰造からの急な見合い話を気になる人がいると断った知晶。

泰造に知晶の好きな人を知らないか聞かれた秀作は、最近、知晶が親しくしていることから執事の楠木が怪しいと考える。

そんな矢先、楠木の背中の鯉の刺青を目撃してしまう秀作は楠木を問い詰めようとするが、そこで楠木から先日知晶からあごにキスされたという衝撃的な告白をされる。

知晶の恋を応援したいと思った秀作だか、泰造が持ってきた見合い話のお相手が父の仕事に関係する人物と知り、知晶をどうにかくっつけるために見合い相手の角居にコンタクト取ることに。

2人の自然な出会いはうまくいったかのように見えたが、角居の前でノロケ話をしてしまったことで、角居は知晶から降りると言い出す。

秀作ががっかりして自宅へむかうと、実は莫大な資産を持つ楠木とのことを認めると言い始めた泰造。

そこで博文は楠木に知晶の気持ちを問いただすことにするが、帰ってきた答えは知晶のことは全然タイプではないというまさかの答えだった。

『もみ消して冬』第4話の感想

個人的に千葉くんが好きなので、千葉くんが全面にフィーチャーされていた今回は萌えどころが盛りだくさんな1時間でした。

ご主人様に好意を寄せられてどぎまぎする楠木もおもしろいかなとも気もしましたが、博文に知晶をどう思っているのかと詰め寄られて「全然タイプではないです」と言ってしまったところの表情もとてもかわいかったのでよかったです。

あとは家族全員で恵方巻きを食べるシーンでの山田くんが、力のない末っ子感が出ていて、表情もセリフひとつひとつの喋り方もかわいらしくて、ついテレビを見ながら笑ってしまいました。

ペンネーム:MK(30代・女性)

あおおにいちおし

『もみ消して冬』第4話のあらすじネタバレ

父・泰蔵(中村梅雀)は知晶(波留)に縁談があると話すが、知晶は気になる人がいる、とスルーする。

知晶は若手男性候補者の援護をしてほしいと酒の席で迫られ、おまけに妻としてどうかと言われる。

たまらず知晶は「向いてません」ときっぱり断る。

帰宅後、知晶は、ワインを飲みながら、松也(千葉雄大)とチェスを楽しむ。

秀作(山田涼介)はそんな2人を気になり、今年の冬はコイに恋する季節だ・・・と心で呟く。

松也の背中の入れ墨は、山形の温泉旅館の家業を継ぎたくない反抗で居れたらしい。

泰蔵や執事・小岩井(浅野和之)にも了解を得ている。

秀作は松也は知晶顎にキスされたと告白を受け、さらに驚く。

節分を迎えた食卓では、恵方巻がテーブルに準備された。

泰蔵は知晶に見合い話をふる。

興味はない、と断る千晶。

こいつ、松也の事好きなんだぜ!キスしてたぜ!と暴露する兄・博文(小澤征悦)。

すかさず松也は入れ墨はある!と交戦する泰蔵。

秀作は、「キスは顎だよ」とだけ訂正。

青鬼に扮した松也は泰蔵から強く、多く豆を浴びせされる。

秀作は「例えばの話・・・」と持ちかけ小関(小瀧望)が助言。

作戦は次の通りである。

見合い相手・角居(駿河太郎)が智晶とすれ違い様にハンカチを拾い上げ渡す。

夜には、知晶行きつけのバーに常連客のように居合わせ、チェスをする。

この作戦は上手くいったものの、知晶はチェスの最終、松也の話をしたそうである。

角居にとって心象悪くし、作戦は失敗。

見合い話はなかったことに・・・。

北沢家では毎年恒例の黒トリュフ祭りが開かれた。

知晶はピッチよくワインを飲み干す。

秀作の同僚、小関に抱き着きキスをする。

その時、秀作は姉の松也への恋心を忘れるかのような行動にただ悲しむのであった。

それだけではない。

博文は持前の色気で、池江(恒松祐里)を誘惑している姿をも目撃してしまう。

『もみ消して冬』第4話の感想

今回、知晶の見合いのために秀作がたてた(小関が入地恵した)作戦は、4話にしてまともで、かつ法には触れていていないマイルドな中身でした。

ハンカチを忍ばせ、バーで待ち構え、チェスをして互いをしる。あとは、2人の距離の時間は縮まるのを待つだけ。

とっても自然な成り行き、恋愛になりそうなのに、よぽど知晶は松也が気にいったのでしょうね。

姉に秀作のひそかなる作戦がばれなかっただけでも今回はヨシとしてあげたいし、姉の秘めたる恋心を家柄云々であきらめろ、というのも本当に切ない話です。

今回はどS女王様がちょっとかわいく見えました。

ペンネーム:あおおにいちおし(30代・女性)

panda

『もみ消して冬』第4話のあらすじネタバレ

姉・千晶がタトゥーを背中に入れている、執事楠木に酔っぱらって、チェス中にキスをしてしまう。

このことが秀介の耳にも入り、兄・父博文と話した結果、最近千晶が気になっているひとがいるというのは楠木ではないかと疑う。

しかし父は仕事先のすぐると千晶をお見合いさせたいため、秀介に千晶とすぐるの仲を取り持つよう頼まれる。

すると、すぐるに千晶は楠木が好きだと言ってしまっている模様だった。

しかし、楠木には千晶には恋愛感情がないことが分かる。

秀介の家で行われたパーティーで千晶は楠木の前で尾関にキスをしまくり、自分は酔った勢いでキスしてしまっただけで本気でないことを証明する。

『もみ消して冬』第4話の感想

今回は秀介じゃなくて、千晶が家族の問題自分でもみ消してたところが面白かったです。

楠木役の千葉雄大さんが可愛く、あんなに可愛い執事に、タトゥーが入っているのも意外だがタトゥーを入れた理由も、楠木らしくやはり可愛いの一言に尽きます。

千晶にキス何度もキスをされる尾関が羨ましかったです。

逆に千晶も羨ましいです。固まってしまうのも、千晶役が波留さんなら、無理もないと思いました。

今回はキュンポイント沢山で楽しかったです。

秀介がやはりチキンなところは変わらず、心の呟きや時折見せる間の抜けた顔に笑わせられます。

秀介には強くなっていってほしいけれども、個人的に変わらないままでいてほしいです。

ペンネーム:panda(30代・女性)

kazu464

『もみ消して冬』第4話のあらすじネタバレ

秀作は智晶が楠木を可愛がっている様で気になってしょうがなかった。

ある日、楠木の背中に鯉の入れ墨が有るのに気が付く。

楠木はヒロシマのファンで入れ墨をしている。

父・泰藏は知って居ると言う。

其の上、楠木は智晶に顎にキスされたと言う。

泰藏は智晶に見合いを勧めるが智晶は断る。

智晶はクライアント(政治関係の人)接待を受けていて結婚を勧められるが、その場所でも私が結婚したら60パーセント減に成ると言って断る

秀作は智晶と楠木の様子を窺って居るとチェスをしている様子は智晶が楠木をうっとりした様子で顔を見ているように見えた。

節分の日、北沢家での食事家族で恵方巻を食べてる最中、智晶の楠木へしたキスが話題になる。

智晶はキスぐらいなによと言い、酔っぱらたら誰でもすると言い訳するが泰藏は絶対許さないと言う。

ラーメン屋に泰藏と博文、秀作。

泰藏は智晶に進めている相手は「地主のせがれで破格の値段で土地を勧めてくれている」と言い、「秀作頼む」と言う。

秀作は智晶が見合い相手は住井?であることを知らないはずといろいろ考える。

しかし、住井?に智晶を会わせる事は出来たが、住井?は「チェスの弱い人はダメと言われ有たのでおりる」と言う。

ある日北沢家のパーティの場所で智晶は最初から飲み始める、どんどん飲んで酔っ払った振りをして客の何人かにキスをする。

これは、楠木とのキスをごまかすためと秀作は考えた。

秀作は不器用な智晶を哀れに思って居た。

『もみ消して冬』第4話の感想

賢くて、不器用な智晶は何事にもうやむやはダメな性格であるらしい、さすが弁護士と言いたいが・・・楠木とのキス事件どうすれば解消に成るか相当考えていたものと思われる。

北沢家のパーティで酔っ払った振りをして客が皆見ている前で、何人かの客とキスをする。

これで、楠木とのキスは智晶の唯の酔っ払い癖であるという事に成った??

秀作は不器用な智晶を哀れに思った。

秀作はいつも北沢家の主人みたいにしていた智晶の弱点を知ってしまった。

兄弟の中でも一番強い人の弱点を知るという事は弱い人の弱点に比べると数倍大きい、また哀れみもその分数倍大きくなると思う。

私の兄弟の中でも長男が同じような状態に成った事を覚えている。

ペンネーム:kazu464(60代・男性)

ひまわり

『もみ消して冬』第4話のあらすじネタバレ

今回の内容は、姉・知昌(波留)の恋心が物語のテーマです。

序盤は知昌と執事の楠木(千葉雄大)の親密ぶりに焼きもちを焼いた秀作(山田涼介)が、楠木の背中の入れ墨を見てしまい、本人に問いただした結果、「若気の至り」であったことが判明します。

さらに知昌にキスをされたことを告白され、姉の恋を応援しようと思う秀作でした。

そんな時、父・泰蔵(中村梅雀)が持ち掛けたお見合い話を知昌が断ったことで、秀作は泰三と兄・博文(小澤征悦)から何としても結婚させるようにと言われてしまいます。

仕方なく秀作は、またしても仕事仲間の後輩・尾関(ジャニーズWEST・小瀧望)の元へ、たとえ話としてアドバイスを貰いに行くのでした。

そして物語中盤、いよいよ作戦を決行、お見合い相手の角居(駿河太郎)の協力を仰ぎ、千秋のよくいくお店へ通ってもらったり、偶然を装ってチェスにはまっているようにみせたりと、計画は順調に進んでいったかのように見えました。

ところが角居からは、知昌には好きな人がいてそののろけ話を聞かされたために作戦を下りたいと言われてしまい、すっかり困り果てる秀作でした。

そのころ泰三は、楠木の家がお金持ちであることを知り態度を変えていました。

そして博文は楠木にこっそり、知昌が自分のタイプなのかどうかを聞き出し、「全然タイプではない」と言わせてしまうのでした。

それを聞いていた知昌は、心の中を見せぬように博文に言い返しながら口喧嘩をするのでした。

物語終盤、秀作の家の恒例のパーディーが開かれると、知昌はいつも以上にハイペースでお酒を飲み、酔ったふりを演出します。

そこで秀作の後輩の尾関にキスをしたり、その場にいる人に絡んだりしながら、まるで楠木にしたキスが酔った勢いだとでも言わんばかりに演じ続けるのでした。

姉の心を知り不憫に思う秀作でしたが、兄博文が秀作が好意を抱く池江(恒松祐里)に言い寄る姿を目撃し愕然とするのでした。

『もみ消して冬』第4話の感想

いつも賢くさばさばしている姉の知昌でしたが、今回は普通の女性としてのせつない失恋に、女性として共感しちゃいました。

でも自分のプライドのために、素直に心を見せられないところはなんだかかわいそうな気もしました。

秀作は今回も家のために、後輩からたとえ話のアドバイスをもらったり、必死に頑張る姿がとても面白かったです。

特にことあるごとに秀作役の山田涼介さんが見せる困った表情がすごくよくて、毎回楽しみに見ています。

今回のドラマで一番演技が光っています。

執事の楠木を演じている千葉さんも、いい意味ではまり役になっています。

童顔の顔立ちが今回のちょっとかわいい役柄にぴったりとあっていて、ドラマをかなり面白くしていると思いました。

とにかくドラマのテンポがすごく良くて、今回の4話もあっという間に見終わってしまった感じでした。

次回がまた楽しみです。

ペンネーム:ひまわり(40代・女性)

まとめ

ドラまる
2018年冬ドラマ『もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~』第4話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
第5話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『もみ消して冬』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA