海月姫ドラマキャスト一覧!あらすじと原作情報も【芳根京子主演月9】

  • この記事を書いた人:yatarou

2018年冬のフジテレビ系「月9」ドラマ枠は、芳根京子さんを主演に迎え、ドラマ『海月姫』が放送されることが決定しています!

本作の原作は人気漫画家・東村アキコさんよる大ヒット同名漫画で、過去にテレビアニメ化と映画化がされており、満を持してテレビドラマ化として話題を呼んでいます!

こちらの記事では、2018年冬ドラマ『海月姫』のあらすじ・みどころ・キャスト一覧・脚本情報・放送日程をご紹介します。

ドラまる
弱冠20歳で、月9の主演なんて芳根京子さん凄いよね!
ラマちゃん
原作が大人気マンガだから、高視聴率も期待できるわね!

スポンサーリンク

ドラマ『海月姫』キャスト一覧

倉下 月海(くらした つきみ) / 芳根京子

ドラまる
ドラマ『海月姫』での芳根 京子さんは、どんな役なの?
ラマちゃん
主人公・倉下月海、20歳クラゲオタクという役よ!

イラストレーターを目指して生まれ育った鹿児島県から上京。

しかし、学校に行くでもイラストを売り込むわけでもなく、とあるアパートで“尼~ず(あまーず)”と呼ぶ“オタク女子”たちと一緒に、外部との接触を避け自分だけの世界にどっぷりと浸り、風変わりでマニアックな青春を謳歌している。

極度に視力が悪くメガネ無しではほとんど何も見えないほどで、普段はメガネに三つ編み、常にスッピン、服装は主にスエット。

自分に自信がなく、それどころか自分は女性として何の魅力もないと卑下している。

何より大好きなのはクラゲで筋金入りの“クラゲオタク女子”です。

【芳根京子さんのコメント紹介!!】

Q: 月9初主演となりますが、ドラマの話を聞いた際の感想を教えてください。

本当にわたしが!? と、ただただびっくりしました。

歴史のある月9という枠にプレッシャーと責任をすごく感じていますが、やるとなったら、めいっぱい楽しんでこの冬はクラゲ色に染まりたいです!

Q: オタク女子”という今までにない役柄となりますが、役作りで考えていることはありますか? また、月海が自身と重なるところがあれば、教えてください。

力を入れず純粋に“月海”という女の子として全力で生きて、原作の面白さを引き出していけるよう、監督や共演者の方、スタッフの皆さんと力を合わせて頑張りたいです。

私にも“大好きなもの=トマト”があるので、月海ちゃんのクラゲ愛に共感し、とってもいとおしく思いますし、1つのものを愛し尽くせるまっすぐな魅力を大切にして、自分なりの倉下月海を演じきりたいです!

Q: 視聴者のみなさまへ意気込みをお願いします。

一週間の始まりをHAPPYに過ごしてもらえるように、たくさんの人に毎週月曜日を待ち遠しく思っていただけるように、せいいっぱい楽しみながら頑張りたいです。

私たちのお届けする『海月姫』、よろしくお願いします!

ドラマ『海月姫』公式HPより引用)

鯉淵 蔵之介(こいぶち くらのすけ) / 瀬戸康史

ドラまる
ドラマ『海月姫』での瀬戸康史さんは、どんな役なの?
ラマちゃん
女装を趣味としてる美少年という役よ!

ファッション好きが高じて女装を趣味としている自他共に認める美少年で、女に不自由したことの無いイケメンプレイボーイ。

大物政治家・鯉淵慶一郎の愛人の子として生まれ、幼少時は実母と暮らしていたが、その後鯉渕家に引き取られる。

全く違うタイプの主人公・月海と出会い、原石を磨く楽しさに目覚める

【瀬戸康史さんのコメント紹介!!】
Q: ドラマの話を聞いた際の感想を教えてください。

『海月姫』は以前から読んでいたので、女装男子・蔵之介が「自分で大丈夫だろうか?」という思いと、「こんな役なかなかできる機会はない。演じたい!」という2つの思いがありました。

しかし、お話はテンポがあって面白いですし、ギャグ的な要素も強いけれど、共感できるようなキャラクターたちの心情もしっかり描かれているので、ビジュアルだけではなく芝居という部分でも視聴者の皆さんに満足していただける作品になると確信しています。

僕にとっては挑戦となる作品です

Q: 難役に挑むにあたり、役作りで行っていることや参考にしたいことがあれば教えてください。

お話をいただいてから女子力を磨き続けています。

そのおかげもあってか、今は女装をすることに、まったく抵抗がありません(笑)。

しかし、役者として当たり前のことなので、自分の顔にあったメークの仕方や立ち居振る舞い、毛の処理など…ベストを尽くして撮影にのぞみます!

Q: 視聴者のみなさまへ意気込みをお願いします。

蔵之介が女装をするのはファッションに興味があるというのはありますが、実の母を感じたいのだと思います。

そして、さまざまなしがらみから抜け出せ、嫌なことも忘れられ、自分を解放できる“自分が自分らしくいられる場所”をいつも探しているのではないでしょうか。

僕も親友といる時は似たような感覚になります。

そんな複雑な心境も透けて見えるよう演じていきたいと思います。

映画『ミックス。』でもご一緒した石川監督の年齢問わず役者を信じて同じ目線でぶつかってくださる男気、芳根さんの吸収力の高さとそれをすぐさま表現できてしまう瞬発力、他にも今作に参加するステキな演者の皆さんと芝居ができることが本当に幸せです。

ブルーマンデーなんか吹き飛ばしてまた一週間頑張れる!蔵之介や月海たちの姿に一歩踏み出す勇気をもらえる、そんな作品をお届けします!

ドラマ『海月姫』公式HPより引用)

鯉淵 修(こいぶち しゅう) / 工藤阿須加

ドラまる
ドラマ『海月姫』での工藤阿須加さんは、どんな役なの?
ラマちゃん
政治家の父親の秘書を務める、イケメン中年童貞という役よ!

蔵之介の異母兄

父親の政治秘書を務めおり、メガネでいつもスーツ姿

真面目で超堅物だが、弟思いの優しい兄

幼い頃、父親と愛人との情事を目撃していまい、女性が苦手になってしまった。

そのため長身でなかなかのイケメンだが中年童貞

【工藤阿須加さんのコメント紹介!!】

Q: ドラマの話を聞いた際の感想を教えてください。

コミック原作のキャラクターを演じさせていただく嬉(うれ)しい気持ちと、ファンの方々をガッカリさせられないという不安。両方思いました。

僕も『海月姫』を読んでハマった1人なので、ドラマだからこそ創れる世界をファンの方々にお届けできるのではないかと心躍らせました

Q: 修を演じるにあたり意気込みをお願いします。

登場人物が全員独特ですし、僕が演じさせていただく修も仕事の時は凛(りん)とした佇(たたず)まいのエリート。

だけど、恋をしている時の女性への免疫のなさがギャップという設定で、とても惹(ひ)かれました。

原作ファンの方、初めて海月姫を知る方、両方に楽しんでいただける作品にしたいです。

工藤阿須加で良かったと思ってもらえるように取り組んでいきたいです

ドラマ『海月姫』公式HPより引用)

ジジ様 / 木南晴夏

ドラまる
ドラマ『海月姫』での木南晴夏さんは、どんな役なの?
ラマちゃん
男子禁制アパート「天水館」の住人という役よ!

男子禁制アパート「天水館」で暮らす女子グループ〝尼〜ず"の一人。

メガネでボブカット、いつも猫背で内股。

枯れ専(油っ気の抜けた枯れた中高年男性を好む嗜好)で執事カフェや、枯れた男性ウォッチングのため名曲喫茶に入り浸っている。

【木南晴夏さんのコメント紹介!!】

Q: ジジ様役のオファーが来たときの心境はいかがでしたか?

漫画の大ファンだったので、このドラマに参加できることがとても嬉しいです。

好きな作品だけにプレッシャーはありますが、海月姫の世界観を楽しみたいです

Q: 役作りで工夫されていること、こだわりを教えてください。

とにかく影が薄い役なので、ほぼ存在感を消すことに徹底しています。

あとは立ち姿だったり、見た目を少しでも原作に忠実に再現したいと思っています

ドラマ『海月姫』公式HPより引用)

ばんばさん / 松井玲奈

ドラまる
ドラマ『海月姫』での松井玲奈さんは、どんな役なの?
ラマちゃん
男子禁制アパート「天水館」の住人という役よ!

男子禁制アパート「天水館」で暮らす女子グループ〝尼〜ず"の一人。

鉄道オタク。

アフロヘアのような天然パーマが特徴。

口調は男っぽいが、やる気はあまりない。

【松井玲奈さんのコメント紹介!!】

Q: ばんばさん役のオファーが来たときの心境は?

『海月姫』は元々好きな作品だったので、尼~ずとして参加できること、そしてばんばさんという出会ったことのないタイプの役をいただけてガッツポーズが出ました!

まずは楽しみたいです!

Q: 役作りで工夫されていること、こだわりはございますか?

原作のばんばさんは小さいのですが、背の高いまややと一緒にいることが多いので、二人の身長差を感じてもらえるように、できるだけ丸まっているよう意識しています。

鉄道好きという部分では、素の自分との共通点がありますが、それだけではない、ばんばさんの心の世界を寡黙なお芝居の中で出せるようにしたいと思います

ドラマ『海月姫』公式HPより引用)

まやや / 内田理央

ドラまる
ドラマ『海月姫』での内田理央さんは、どんな役なの?
ラマちゃん
男子禁制アパート「天水館」の住人という役よ!

男子禁制アパート「天水館」で暮らす女子グループ〝尼〜ず"の一人。

三国志オタク。

身の回りのものや人間を三国志に当てはめる「当てはめトーク」は一度始まると止まらない。

必要以上に勢いがあり、奇声をあげたり、一番先に取り乱したりする。

【内田理央さんのコメント紹介!!】
Q: まやや役のオファーが来たときの心境はいかがでしたか?

びっくりしました!

まややは尼~ずの中でも切れ長の目で背が高く、とにかくキャラクターが激しいイメージなので、なぜ自分に…と。

でも母と親友に話したら『ぴったりじゃん!いつもそんな感じだよ』と言われました(笑)

Q: 役作りで工夫されていること、こだわりは?

私も学生時代、このような上下ジャージ姿で一歩も外に出ず、家で漫画を読んでいたオタクの時期があったので、気持ちが分かります。

その時代を思い出してがんばります!

ドラマ『海月姫』公式HPより引用)

千絵子 / 富山えり子

ドラまる
ドラマ『海月姫』での富山えり子さんは、どんな役なの?
ラマちゃん
男子禁制アパート「天水館」の住人という役よ!

男子禁制アパート「天水館」で暮らす女子グループ〝尼〜ず"の一人。

メガネでポッチャリ体型。

着物好きで、常に和服を着用している和物オタク。

「天水館」の管理人代行を務めている。

【富山えり子さんのコメント紹介!!】

Q: 千絵子役のオファーが来たときの心境は?

率直に非常に嬉しかったです。

前から漫画を読んでいて“髪をまとめたら、ちょっと似ているかもしれない”と感じていたので…“この容姿で良かった!”と思いました

Q: 役作りで工夫されていること、こだわりをお願いします。

千絵子は目力があるし、特徴ある目で感情を表すことが多いので、いかに近づくか…普段から目に力を入れる練習をしています、笑。

早く着物に慣れるようにしなくては、とも思っています。

天水館は“住んでみたい”と思っているので、これからの撮影も楽しみです

ドラマ『海月姫』公式HPより引用)

スポンサーリンク

2018年冬ドラマ『海月姫』作品紹介

ドラマ『海月姫』とは、2018年1月にスタートするフジテレビ系「月9ドラマ」枠で放送されるドラマです。

主演には2016年NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』以来のテレビドラマ主演になる芳根京子さんを迎え、「女の子は誰だってお姫様になれる」をテーマに、コンプレックスを持つすべての女性を幸せにする、新感覚シンデレラ・コメディー作品です。

ドラマ『海月姫』気になるあらすじは?

主人公・倉下月海(くらしたつきみ)は イラストレーターを目指して生まれ育った鹿児島県から上京する。

しかし、専門学校に通うわけでも、イラストを売り込むわけでもなく、とあるアパートで外部との接触を避けて自分だけの世界にどっぷりと浸りながら、風変わりでマニアックな青春を謳歌していた。

月海は自分の外見には無頓着でメガネに三つ編み、常にスッピン、服装は主にスエット

全く自分に自信が持てないどころか、女性として何の魅力もないと卑下している。

そんな月海はクラゲを愛しすぎてしまった筋金入りの “クラゲオタク女子”。

ある日、クラゲがきっかけで、ファッション好きが高じて女装を趣味としているイケメンのプレイボーイと、大物国会議員の父の秘書を務め超堅物な童貞エリートという凸凹兄弟と出会う。

タイプが正反対な兄弟に翻弄され、少しずつ新しい自分・新しい生き方を見つけ、一生縁がないと思っていた恋を知るようになり、少しずつ自分の殻を破る勇気を持つようになっていく。

コメディ要素も満載の、月海のシンデレラストーリーです!

2018年冬ドラマ『海月姫』みどころは?

ドラマ『海月姫』のみどころは、やはり「女の子は誰だってお姫様になれる」というテーマで、“オタク女子”と呼ばれコンプレックスを持つ女性が幸せになっていく過程を描くシンデレラストーリーになるでしょう!

また、“尼~ず(あまーず)”呼ばれるモットーは「オシャレ人間は天敵」「人生に男を必要としない」という、桁外れの“オタク女子”たちの日常も気になります!

さらに映画版では菅田将暉さんが演じた鯉淵蔵之介の女装も見ものです!まだキャストが決まっていないので楽しみです。

そして原作の世界観そのままに、規格外に型破りなキャラクターしか登場せずシュールなギャグ・ワールドが描かれるかにも注目です!

スポンサーリンク

ドラマ『海月姫』原作&脚本情報

原作は人気漫画家・東村アキコさんよる同名漫画『海月姫』

漫画雑誌「Kiss」(講談社)で連載されていた大ヒット作品で、2010年にはテレビアニメ化(フジテレビ)、2014年には能年玲奈さん主演で映画化された人気漫画です。

2017年11月13日についにコミックス最終巻が発売されるということで、作品完結を機に満を持して今回初の完全テレビドラマ化が決定しました。

【原作者・東村アキコさんのコメント紹介!!】

ドラマ化のお話をいただいたとき、こんな変な漫画が月9になるんか!? とびっくりしましたが、めちゃくちゃうれしかったです。

芳根さんのメガネ&おさげ、本当に楽しみです!

ドラマ『海月姫』公式HPより引用)

脚本は『探偵の探偵』や『僕たちがやりました』(共にフジテレビ)など、多くの原作を手掛けてきた徳永友一さんが担当します。

ドラマ『海月姫』放送はいつからいつまで?

最後にドラマ『海月姫』の初回放送日と最終回放送日の情報をご紹介します。

近年のフジテレビ系月9の放送回数は

まず、『海月姫』の放送話数についてですが、同作品が放送されるフジテレビ系の「月9」枠は近年10話構成作品が多いようですので、今回も同様になると思います。(人気作品なので11話の可能性もありますね。)

そして過去の「月9」枠の冬ドラマ放送開始日をみると1月のまちまちで、何とも言えない状況です。
恐らく15日か22日だと思われ、ここは15日だと判断します。

これらの事を2018年カレンダーに当てはめると・・・

『海月姫』放送日程

初回(第1話)放送日 2018年1月15日(月)
最終回(第10話)放送日 2018年3月19日(月)

となる可能性が高そうです!正確な情報が分かり次第、更新いたします!

まとめ

2018年冬ドラマ『海月姫』のあらすじ・みどころ・キャスト一覧・脚本情報・放送日程をご紹介しました!

ドラまる
尼〜ずは可愛さと演技力とキャラクターのバランスがバツグンの4人が揃ったね!
ラマちゃん
男子メンバーも、かなり良いキャスト!

『民衆の敵』でまたしても視聴率的には大苦戦となってしまった月9枠、『海月姫』で、なんとか巻き返してほしいなぁ〜

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA