ドラマ【海月姫】最終回(10話)ネタバレと感想!

  • この記事を書いた人:しいろ
ドラまる
芳根京子さん主演の『海月姫』の10話(最終回)が、2018年3月19日(月)に放送されたね! いよいよ尼〜ずたちが解散!?
ラマちゃん
尼〜ずたちはどうなっちゃうのかしら? こちらの記事では『海月姫』第最終回のネタバレを感想ありでご紹介するわね!

スポンサーリンク

『海月姫』10話(最終回)の感想(ネタバレあり)

天水館を出た月海(芳根京子さん)たちは、蔵之介(瀬戸康史さん)の解散宣言を経て、卒業制作を作ることに。

「自分たちの鎧となる服」を着てステージに立った尼〜ずたちは、誰よりも輝いていましたね!

蔵之介が引っ張っていくことで、月海だけではなくどんどんと成長していった尼〜ず。

最初は天水館から出られなかった尼〜ずたちが、大勢の人々の前に自信を持って立つ姿に、感動で鳥肌が立ったという人も多かったのではないでしょうか。

人はほんの少しのきっかけで誰でも変わることができる、ということをしみじみと感じられた最終回でした。

そして、気になる恋の行方。

修(工藤阿須加さん)のプロポーズを断った月海。

果たして月海が選ぶのは……!? とドキドキしていたのですが、まさか月海が蔵之介にキスをするとは思ってもみませんでした!

明確に好意を伝えたわけではありませんが、蔵之介が追いかけてくるように服を作り続ける……という、なんとも月海らしい選択をしたなと思いました。

しかし、前の月海だったらここまで蔵之介に強く出られなかったはず。

月海はまさに蔵之介にぴったりな「お姫様」なんだな、と思いました!

蔵之介がファッションを学んで戻ってきた後の2人も気になりますね!

「いつかSPドラマなんてやってくれないかな?」なんて思ってしまいます。

『海月姫』、とても素敵なドラマでした!

ドラマ『海月姫』最終回のネットの感想や評価は?

最も反響が大きかったのが、タキシードに身を包んだ蔵之介が月海に「愛してる」と告げたシーンでした!

普段は女装をしている蔵之介ですが、「キメるときはしっかり男としてキメる!」という感じで、キュンキュンした視聴者も多かったのではないでしょうか。

「蔵子」モードの蔵之介も素敵ですが、こういった部分もギャップがあって凄く素敵ですよね!

愛くるしさと格好良さを併せ持った蔵之介、反則すぎます!!

また、最後の最後に濃いキャラクターとして登場した目白先生に驚きの声が多く上がっていました!

まさか目白先生が男性だとは思いませんでしたね。

しかも天水館を男子禁制にした理由が自分の恋心からというのも意外でした。

これからはめでたく(?)男子禁制が解かれた天水館。

きっと天水館も今までの空気から変わって、ますます賑やかになるんじゃないかな? と思います。

そして最後の衝撃のキスシーンにびっくりした視聴者も多かったようです。

まさか月海からキスを仕掛けてくるとは思いませんでした!!

今までの月海だったら絶対にとらなかった行動だけに、月海がどれだけ成長したか、どれだけ前に進んだかを象徴する印象的なシーンとなりました。

月海と蔵之介の今後がきになるシーンでもありましたね。

ますます、2人のその後が見てみたい気持ちにさせられました。

スポンサーリンク

ドラマ『海月姫』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『海月姫』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『海月姫』10話(最終回)の動画を無料で見る方法はこちら

スポンサーリンク

まとめ

『海月姫』10話(最終回)のネタバレあり感想を紹介しました。

ドラまる
爽やかなハッピーエンドになったね! ややこしい三角関係も決着! なんとも月海らしい選択だったんじゃないかな?
ラマちゃん
2人のその後もきになるわね〜! 蔵之介が帰ってきて、ますます盛り上がる『ジェリーフィッシュ』……なんていう物語も観てみたい!

今回は登場人物たちがそれぞれ未来に向かって歩き出す、なんとも希望溢れる最終回となりました!

そして、月海、蔵之介、修の三角関係も決着。

月海が選んだのは蔵之介でしたが、修もまだまだ諦めないのでは? と思うと、ますますその後が観てみたくなりました。(稲荷さんも修のことを諦めなさそうですし、ますます面白い展開になりそうです。笑)

月9らしい、爽やかな後味のラブストーリーだったなという印象です!

スッキリと終わりましたが、まだまだ登場人物のその後も観てみたい気持ちもあります……(笑)

いつかまた天水館の人々と出会えたらいいなと思います。

『海月姫』、本当に素敵なドラマでした!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA