『海月姫』9話ネタバレあり感想!10話あらすじも

  • この記事を書いた人:しいろ
ドラまる
芳根京子さん主演の『海月姫』の9話が、2018年3月12日(月)に放送されたね! 月海がシンガポールに行っちゃう!?
ラマちゃん
蔵之介、尼〜ずたちはどうするのかしら? こちらの記事では『海月姫』第9話のネタバレを感想ありでご紹介するわね!

スポンサーリンク

『海月姫』9話の感想(ネタバレあり)

尼〜ずたちの気持ちが伝わったものの、カイ(賀来賢人さん)についていかなければ天水館はなくなってしまうために、従うしかない月海(芳根京子さん)。

そんな中、自分たちの服をゴミ扱いされた上にファッション業界の現実を見せつけられ戸惑います。

一方、蔵之介(瀬戸康史さん)は月海の居場所を掴むために、カイのブランドにファッションモデルとして潜入しつつ動向を探り、尼〜ずたちは、「月海が戻ってきたときに安心できるように」と自立することに……というのが、9話のあらすじでした。

今回は何と言っても、尼〜ずたちの頑張りがポイントだったのではないでしょうか。

「月海が帰ってきたときに安心できるように」と自立に向けて動き出したり、全力で月海を追ったりする尼〜ずの姿に、思わず涙してしまいました。

服作りを経て影響を受けたのは「デザイナー」としての道を掴んだ月海だけではなく、尼〜ずたちも同じだったんだな……と思いました。

そこからの月海奪還作戦も見応えがありました!

みんなが協力して(敵側だった稲荷(泉里香さん)たちまで!)月海をつれもどそうとする姿に胸が熱くなりました。

そして、ファヨン(伊藤ゆみさん)の説得もあり、月海は無事天水館へ帰還。

しかし、月海が連れ戻されたということは、同時に天水館を失うということ。

それでもいいと尼〜ずたちは天水館を出て行く決意を固めていて……というのもまた、涙なしでは見られない展開でした。

本当に9話は感動ポイントがたくさんあった回だったと思います。

しかし、まだカイは何か動きそうな予感がしてドキドキしますね。

さらに、恋愛模様もまだ決着がついているとは言えず……。

修(工藤阿須加さん)はプロポーズしましたが、月海はまさかの卒倒!(笑)

修は返事を急がないと立ち去ってしまいましたが、果たして月海は蔵之介と修、どちらを選ぶのか?

最終回までしっかりと追っていきたいと思います!

ドラマ『海月姫』9話のネットの感想や評価は?

尼〜ずたちの頑張りに感動の声が続々集まっていました!

服作りを通して、月海だけでなく尼〜ずたちも成長しているんだな、と感じられました。

月海はみんなのために、そしてみんなは月海のためにと頑張っていて、拳を握って応援したくなりました!

また、今回特に活躍したばんばさん(松井玲奈さん)に賞賛の声が!

すらすらと駅名をあげるばんばさんの覚醒モード、凄かったですね!

さらに、初お目見えとなったばんばさんの素顔の愛らしさときたら!

花森(要潤さん)が「可愛い」と言ってしまったのも納得です!

スポンサーリンク

ドラマ『海月姫』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『海月姫』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『海月姫』9話の動画を無料で見る方法はこちら

スポンサーリンク

『海月姫』10話のあらすじは?

それでは、2018年3月19日(月)放送の『海月姫』10話のあらすじを見ていきましょう!

『天水館』を出た 倉下月海(芳根京子)は、とりあえず漫画喫茶に宿を取る。

そんな月海の個室を 鯉淵蔵之介(瀬戸康史)が訪ねて来た。

クラゲのクララを預かった蔵之介は、飼育方法を聞きに来たのだ。

すると、隣近所の個室から ジジ様(木南晴夏)、 ばんばさん(松井玲奈)、 まやや(内田理央)、 千絵子(富山えり子)が次々に現れる。

“尼~ず”卒業と言いつつも、結局みんな一緒にいることに呆れる蔵之介。

ともかく、蔵之介は月海とともに『天水館』に残してきたクララの飼育道具を取りに行くことに。

途中、修からのプロポーズの返事を蔵之介に聞かれた月海は、まだ頭の整理がついていないと答えた。

その頃、鯉淵家では修(工藤阿須加)が月海にプロポーズしたと花森よしお(要潤)に報告。

プロポーズの言葉を聞いた花森は2点と酷評する。

一方、再開発計画の見直しを知った稲荷翔子(泉里香)は佐々木公平(安井順平)と慶一郎(北大路欣也)に事実確認に行く。

顔を出した修も交えたところで、慶一郎は反対派が無視出来なくなったので行政として見直すと伝えた。

月海たちが『天水館』に着くと人の気配がする。

現れたのは、カイ・フィッシュ(賀来賢人)。

デザイナーは続けないと言う月海を残念がるカイは、蔵之介が才能を捨てさせたと告げる。

そして、よく考えるよう月海に言い残して去った。
漫画喫茶に戻った蔵之介は『ジェリーフィッシュ』の解散を改めて宣言。

すると”尼~ず”たちは…。
公式サイトより引用

まとめ

『海月姫』9話のネタバレあり感想と10話のあらすじを紹介しました。

ドラまる
尼〜ずたちの頑張りに涙が止まらない! 月海が戻ってきてくれて本当によかったね!
ラマちゃん
でも、それは同時に尼〜ずたちの別れにも繋がっているのよね。天水館を出て行くことになってしまった尼〜ずたちは、一体どうなっちゃうのかしら。

今回は先週に引き続き、月海と尼〜ずたちの絆が描かれていた感動の回でした!

特に自立に向けて頑張る尼〜ずや、みんなで協力して月海を取り戻そうとする姿には、涙が止まりませんでした。

いよいよ次回は最終回!

『ジェリーフィッシュ』の解散を告げられた尼〜ずたちは、卒業制作をすることに!?

一体どんなドレスが生まれるのでしょうか。

そして、奇妙な三角関係の行方は?

『海月姫』10話も絶対に見逃せません!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA