海月姫|6話の動画無料視聴はこちら【2月19日放送ドラマ見逃し】

  • この記事を書いた人:yatarou
FODプレミアム

月9ドラマ『海月姫(くらげひめ)』第6話(2018年2月19日(月)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『海月姫』第6話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『海月姫』第6話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『海月姫』第6話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

スポンサーリンク

月9ドラマ『海月姫』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『海月姫』第6話放送終了から1週間以内はTverかFOD(フジテレビオンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『海月姫』第6話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年2月19日(月)22時〜2018年2月26日(月)20時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『海月姫』の見逃し動画配信を視聴する方法はFODプレミアムです!

FODプレミアム無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『海月姫』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『海月姫』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアムの詳細解説


※「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。

ドラマ『海月姫』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンドはこちら

FODの全コンテンツを楽しめる有料会員FODプレミアムは、現在31日間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『海月姫』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODのコンテンツの充実を進めているので、多くのドラマが配信されています。

過去にフジテレビで放送されたバラエティ番組など、ドラマ以外にも数多くの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

さらに『海月姫』に関しては映画版(能年玲奈/のん主演)とアニメ版(フジテレビノイタミナ枠で放送)も完全見放題となっているので、ドラマ版と比較しながら見るとより楽しめること間違いなしです!

『海月姫』見逃し動画を今すぐ無料で見る方法

  1. FODプレミアムの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 『海月姫』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すれば有料扱いの作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2017年12月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近は放送中のドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜
ラマちゃん
公式に配信されている動画も無料期間に見ればお金かからないので、以下のリンクからチェックしてみてねっ!

スポンサーリンク

月9ドラマ『海月姫』第6話のあらすじは?

2018年2月19日(月)21時00分より放送のドラマ『海月姫』第6話のあらすじをご紹介します。

『天水館』で行われた倉下月海(芳根京子)たちのブランド、ジェリーフィッシュのファッションショーは成功した。

しかし、ショーの後に鯉淵蔵之介(瀬戸康史)にキスされた月海は心ここにあらずの状態に。

一方、蔵之介はショーの最中に天水地区再開発反対を発表したことで、賛成派の父、慶一郎(北大路欣也)に叱られてしまう。

スポーツ紙などはショーよりも親子対決を大きく取り上げていたからだ。

その頃、修(工藤阿須加)は議員会館で慶一郎の後援者などからの電話対応に追われていた。

そこに紛れて別の内容の電話が入る。

蔵之介の実母、リナ(若村麻由美)からだ。

リナは蔵之介がショーで着ていたドレスの注文を修に頼む。

蔵之介には内緒でということだった。

マスコミが騒いでいるため慶一郎に自宅謹慎を申し付けられた蔵之介だが、じっとしているわけがない。

自宅前で待ち構えるマスコミの前にジェリーフィッシュの服で姿を現した蔵之介はちゃっかり宣伝する。

その足で『天水館』を訪ねた蔵之介は、“尼〜ず”たちにジェリーフィッシュのホームページを立ち上げてドレスのオーダーをとろうと促した。

そんな蔵之介を自室に呼んだ月海は、昨夜のキスの意味を尋ねる。

すると蔵之介は挨拶みたいなものとあっさり答えた。

月海が生地を買いに行くと修と会う。

修は内緒でとドレスを頼むのだが、リナの注文だとは月海に言わなかった。

修に送られて『天水館』に戻る月海の姿を蔵之介が見ていた。

公式サイトより引用)

スポンサーリンク

2018年冬ドラマ『海月姫』第6話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『海月姫』第6話の見どころや期待度をご紹介いたします。

KI
要潤花森の活躍が楽しみです。

来週も何かやってくれんじゃないかと期待しています。

そして、やっと月海に蔵之介がキスしたことで、蔵之介と修がバチバチになって、こちらも見どころになってくるのではと思っています。

また、ストーリーに蔵之介の母親が、登場したことで、蔵之介の過去についても、来週がもっとクローズアップされるんじゃないかと思っています。

これまで、蔵之介が、なぜ、あれほどに天水館に固執するのか、ドレスをつくることに執念を燃やすのかがいまいち、判然としていませんでした。

来週は、この点がはっきりするのではないでしょうか。

ペンネーム:KI(30代・男性)

ぴあの
またしても、アマーズの仲間たちの中で揉め事が起こるようですね。

でも、なんとなくもめていても、結局は仲直りして頑張っている姿を見せてくれるのではないかしらと思います。

仲間割れなんてしていないで、本当はもっと頑張ってブランドを売って欲しいのですが。

癖のある皆さんですが、力を合わせていいお洋服を作っているのなんて、素敵ですしね。

そして蔵之介さんとつきみの恋も気になります。

しゅうくんとつきみのデートにどういう展開があるのかはわかりませんが、できれば蔵之介さんとの関係を壊してほしくないなって思います。

次回も楽しみなドラマです。

ペンネーム:ぴあの(40代・女性)

湊海
蔵之介と月海のキスシーンを目撃してしまったことで、修はかなりショックを受けていると思います。

そして、真面目な性格ゆえに蔵之介の想いを知らずにお膳立てを頼んでいたことを気に病んでしまうかもしれません。

ここで潔く身を引くのか、それとも全力で月海を奪いに行くのか、彼の動向もかなり気になります。

また、次回はさらに濃いキャラのインド人ニーシャが登場しますが、それを演じるのが江口のりこさんというのがかなり楽しみです。

江口さんが関西弁でまくし立てる様子が想像できるので、外国人という設定ではあるけど、違和感なく馴染むような気がします。

ペンネーム:湊海(30代・女性)

きゅうたろう
予告では、第2章が始まると書いてありました。

原作でもファッションショーの後から、天水館の住人は大きく変化していきます。

この変化をどう描いているのか、修と月海の関係は少しでもいいから進展するのか?などが楽しみで仕方ありません。

そして蔵之介が自分の気持ちにはっきり気が付いたみたいなので、月海と修に対する態度、鯉淵家との関係や、やっと登場した蔵之介の母親はどう絡んでくるのか・・・原作との違いは何なのかなど、原作との違いなどを発見していければと思います。

個人的に月9では1番面白いドラマだと思っているのでがんばってほしいです。

ペンネーム:きゅうたろう(40代・女性)

ぷく
前回、蔵之介と月海のキス、蔵之介に関係あると思われるリナの登場で終わったので、次回では蔵之介と月海、修と月海の恋模様が描かれて行くのではないかと予想されます。

そして、リナと蔵之介の関係、今後リナが鯉淵家にどういう影響を与えていくのか気になるところです。

そして、クラゲのドレスを販売していくことで、ほんとに天水館を買うことができるのか?尼~ずがみんなで協力しあい、ドレスを作ることができるのか、さまざまな波乱が起きそうだなと思ってみています。

わたしとしては、月海が修と蔵之介のどちらに気持ちが傾いていくの気になるところです。

ペンネーム:ぷく(30代・女性)

うま
最後に蔵之介の母から電話がきました。 

一体、どんな用件なのか。

今回の件で慶一郎と蔵之介の関係はどうなるのか。 

みんなで天水館を救うことができるのか。

そして一番気になるのは蔵之介と月海。

そして脩の関係。

月海の気持ちはどうなっていくのか。 

毎回、ドキドキしてしまいます。

天水館を救うために力を合わせて前に進み出せるのか。

今まで各々の世界で没頭してきたオタク達が周りに目を向け力を見せつけることに爽快な気持ちになります。

これからも自分に自信を持ってますます前に進んでいくことを楽しみにして最後まで見届けたいです。

ペンネーム:うま(30代・女性)

2018年冬ドラマ『海月姫』第6話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『海月姫』第6話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

willmayutvs

『海月姫』第6話のあらすじネタバレ

前回の、ファッションショーは、とてもよかったです。

ドレスはちょっとショボいと思いますがあのボロアパートでファッションショーとは、ネット社会なら有りですね。

ラストのキスでもんもんしているつきみさんはとても可愛いですね。

家庭の事情も少しづつ分かるようになってきましたね。

チャラチャラした兄のしっかり者の弟の理由もやっと分かるようになりました。

あまみずかんの人も少しは成長したのかなと思ったのですが、いきなりバラバラとは小さな会社をまとめるのも大変ですよね。

あまみずかんの人も少しづつ自律しているようで、少しするとダメになる。

もう少し強くなって欲しいです。

『海月姫』第6話の感想

ファッションショーの後、みんなもう少し強くなってこのまま、ドレスを作ってそのお金であまみずかんを買いもどせると思ったのに、やはり厳しいですね。

くらのすけさんが連れてきた女性の忠告のデザイナー、注文、生産管理、仕入れ、コスト削減聞いたことのあるワードですがうまくわまらないと厳しいですね。

小さな会社ですが、みんなが納得して仕事をするのは難しいです。

やることがいっぱいで不平不満も出るでしょう。

バラバラになって逃げ出す物も出るでしょう。

まとめるのも、大変ですよね。

現在の自分とかぶります。

話を聞いて貰いたい逃げ場も必要ですね。

ペンネーム:willmayutvs(30代・女性)

tom

『海月姫』第6話のあらすじネタバレ

ジェリーフィッシュと蔵之介の女装男子はマスコミに大きく取り上げられました。

でも一方で慶一郎の事務所には電話が鳴り続け対応に追われていました。

天水館の人たちはさっそくドレス作りに取り掛かりますが、尼〜ずの5人だけでは到底生産は追いつきません。

ジジ様とまややは不満が爆発し、尼〜ずは真っ二つに分断してしまいました。

月海は修に相談すると、修はデモをやったらどうかと提案しました。

そして天水館の5人はまた一致団結し、デモをする準備を始めました。

5人はそれぞれが着たい衣装作りを通して、またジェリーフィッシュを頑張ろうと思いを1つにする事が出来ました。

月海は修にドレスの寸法を聞くために2人で会っていました。

その時、修は月海に「好きです」と告白をするのでした。

『海月姫』第6話の感想

今回は一気に蔵之介と月海が接近するのかと思いきや、蔵之介が「キスは挨拶代わり」と言ってしまったことで結局何も起きませんでしたね。

でも蔵之介の表情を見ると、やはり月海の事を好きなんだと思いました。

一方、修も蔵之介と月海のキスを目撃したことで、月海への好きな気持ちを大きくしたのでは無いかと思います。

月海が天水館のことで修に相談した時も、一緒に悩んでデモを提案しましたね。

天水館の人たちがまた一致団結出来たことで、月海も修のことを頼りに感じて惹かれ始めたのでは無いかと思います。

でも修が告白してくるとは予想外でした。

今後、月海と蔵之介、修の三角関係はどうなっていくのでしょうね。

そして改めて一致団結したジェリーフィッシュの今後にも期待したいと思います。

ペンネーム:tom(40代・男性)

シングルマザーだけど一人の女性

『海月姫』第6話のあらすじネタバレ

前回の第5話でファッションショーを行い、蔵之介はジェリーフィッシュを宣伝しながら自分の女装を発表したことにマスコミが新聞や雑誌、TVで騒ぎ始めました。

父親に怒られながらもお構いなくTVを使ってジェリーフィッシュを紹介し注目を浴びブランドとしても良い方向に流れていくようでした。

そんな中、天水館の電話が鳴り、月海がとるとグローバル社の稲荷からで「やっていることは無駄」という言葉に月海が落ち込み、それを知ったあまーずも次第にドレス作りに嫌気がさしてしまい、心がばらばらになりかけていきます。

そんな中、修が月海に蔵之介には内緒でドレスを作ってほしいと依頼をし修と月海の距離が少しづつ近づいていきます。

あまーずの心がばらばらになってしまったことを修に話し、アドバイスをもらったきっかけでグローバル社の前でデモを行おうとばらばらになったあまーずを月海がひとつに戻し、それぞれが着たい衣装を着用しデモを行ったり、デモの最中許可書を修が用意してくれていたりと月海と修の距離が近づき、終盤、修は月海に「好きです」と伝えます。そんな二人を気にしている蔵之介。

三人の三角関係が気になります。

『海月姫』第6話の感想

第6話はあまーずの心がばらばらになってしまい、その関係をどうひとつに戻すかが大きなテーマだったとは思います。

そこに蔵之介の月海への気持ちや、修が月海へ近づいていく様子がうまくつながっていてとてもくぎ付けになりました。

ただ、一番今回の第6話でぐっと来たのはやはり蔵之介が幼少期に母親と離れる時の泣いている姿や、その後明るくしているけれど本当は誰も知らないところで一人泣いていたというところが私の中では一番心に残り、またそれを見たときには思わず泣いてしまいました。

いつも蔵子として明るくしている中に、寂しさなどが出ているところが毎回切なくなります。

ペンネーム:シングルマザーだけど一人の女性(30代・女性)

にいな

『海月姫』第6話のあらすじネタバレ

第5話で、蔵之介がつきみにキスをしていたので、第6話の冒頭ではつきみがそのことで頭いっぱいになってぼーっとしていました。

クラゲのドレスのファッションショーが新聞の片面占拠し、少し有名になったところで「Jelly Fish」のサイトを立ち上げるとさっそくオーダーが入り、ドレスを皆で作り始めるのですが、馬場さんとまややがやっぱりやりたくないと仲間割れをして、蔵之介は「さぼってばかり」とキレてしまいます。

つきみは家出をした2人を説得して、あまーず全員で再開発反対のデモを始めました。

その夜、修はつきみに告白しました。

『海月姫』第6話の感想

第5話でのキスシーンについてを第6話では詳しく触れるのかなと思っていましたが、全然触れていなくて少し残念でした。

「Jelly Fish」の事となるとすぐに仲間割れしてしまうのも、視聴者側からしては寂しいものです。

馬場さんとまややさんにはもう少し頑張って貰いたいと思いました。

けれど、再開発反対のデモ運動を行う事になってからはあの二人も積極的に活動していて少し安心しました。

修のことをじーっとみているつきみに対して、蔵之介は嫉妬しているのかな?と感じました。

私は蔵之介とつきみにくっついて欲しいです。

修がつきみに気持ちを伝えてしまったので、蔵之介も少しは焦ってほしいと思いました。

ペンネーム:にいな(20代・女性)

湊海

『海月姫』第6話のあらすじネタバレ

天水館でのファッションショーは大成功を収めましたが、蔵之介が再開発に反対したことが新聞で大きく取り上げられ、賛成派を宣言していた父・慶一郎の事務所は大混乱になります。

蔵之介の言動を牽制する慶一郎でしたが、それに反発する蔵之介は、ジェリーフィッシュのドレスを着てマスコミの前に登場したり、地上げ屋の事務所までデモ行進するなどやりたい放題でした。

さらに、HPを立ち上げてドレスのネット販売を始めようと、インド人のニーシャをスカウトしてきた蔵之介の意気込みに尼〜ず達はついていけず、激務に耐えかねて月海を置いて逃亡してしまいます。

ですが、慶一郎にアドバイスをもらったジジ様は俄然張り切り、ジェリーフィッシュに少し明るい兆しが見え始めました。

『海月姫』第6話の感想

これまでニートだった尼〜ず達が、まともに働くことの難しさを痛感するところが、かなりリアルだったと思います。

ファッションショーをやり遂げた達成感が、稲荷の「こんなことしても何の意味もない」という残酷な一言で一気にしぼんでしまったのも、見ていてかなり痛かったです。

彼女は心底嫌な女だと思いました。

そして、月海を巡る三角関係も、今回一気に進展があったと思います。

月海に蔵之介がキスしたことが修の嫉妬心を煽ったのか、彼の不器用なりのイケメン行動にはかなりキュンとさせられました。

でも、いきなりの告白はちょっとやり過ぎかなと思ってしまいました。

ペンネーム:湊海(30代・女性)

かに

『海月姫』第6話のあらすじネタバレ

ショーを成功させた尼ーずと蔵之介(瀬戸康史)。 

蔵之介の父、慶一郎(北大路欣也)の事務所は大騒ぎ。

蔵之介にキスをされた月海(芳根京子)はそれがあたまから離れない。 

それを蔵之介に問いただすもただの挨拶だと言われて気に留めなくなる月海。

宣伝効果もありクラゲドレスの発注がたくさんくる。 

忙しくなる尼ーずたち。

忙しさのあまり亀裂が入りはじめる尼ーずと蔵之介。 

このままではダメだと蔵之介は縫製のプロ、ニーシャ(江口のりこ)を連れてくる。

ドレス販売だけではダメだと言われ生産管理者を立てろといわれる。 

誰が担当をするのかでまたもめる。

しまいにまやや(内田理央)とばんばさん(松井玲奈)は天水館から出て行ってしまう。

どうしたらいいかわからずに悩んでいる月海は脩にたまたま会い相談にのってもらう。

勇気つけられた月見はまややとばんばさんを家に連れ戻すことに成功しみんなでデモを行うことになる。

デモでまた心が一つになった尼ーずたち。

『海月姫』第6話の感想

ショーは成功に終わり販売に取り組もうとするが物事がうまく運ばずに焦る蔵之介。

クラゲの絵を描くことに集中しマイペースな月海はふと気づいたときには皆がバラバラに。

小さい時から同じことを繰り返してしまう月海。 

今度こそは変わらなければと勇気を出しまややとばんばさんの元へ。

みんなでデモを起こしてまた心を一つにしようとする月海が一生懸命でかわいいです。

そんな月海の姿に惹かれる蔵之介と脩。 

複雑な三角関係にもどかしくなります。

今回はいつもとは違う形で自分たちの殻を破った尼ーずたち。 

今まで生き生きしているように見えました。

ペンネーム:かに(30代・女性)

まとめ

ドラまる
2018年冬の月9ドラマ『海月姫』第6話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
7話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA