ドラマ【海月姫】4話の動画無料視聴はこちら|2月5日放送見逃し

  • この記事を書いた人:yatarou
FODプレミアム

月9ドラマ『海月姫(くらげひめ)』第4話(2018年2月5日(月)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『海月姫』第4話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『海月姫』第4話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『海月姫』第4話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

スポンサーリンク

月9ドラマ『海月姫』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『海月姫』第4話放送終了から1週間以内はTverかFOD(フジテレビオンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『海月姫』第4話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年2月5日(月)22時〜2018年2月12日(月)20時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『海月姫』の見逃し動画配信を視聴する方法はFODプレミアムです!

FODプレミアム無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『海月姫』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『海月姫』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアムの詳細解説


※「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。

ドラマ『海月姫』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンドはこちら

FODの全コンテンツを楽しめる有料会員FODプレミアムは、現在31日間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『海月姫』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODのコンテンツの充実を進めているので、多くのドラマが配信されています。

過去にフジテレビで放送されたバラエティ番組など、ドラマ以外にも数多くの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

さらに『海月姫』に関しては映画版(能年玲奈/のん主演)とアニメ版(フジテレビノイタミナ枠で放送)も完全見放題となっているので、ドラマ版と比較しながら見るとより楽しめること間違いなしです!

『海月姫』見逃し動画を今すぐ無料で見る方法

  1. FODプレミアムの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 『海月姫』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すれば有料扱いの作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2017年12月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近は放送中のドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜
ラマちゃん
公式に配信されている動画も無料期間に見ればお金かからないので、以下のリンクからチェックしてみてねっ!

スポンサーリンク

月9ドラマ『海月姫』第4話のあらすじは?

2018年2月5日(月)21時00分より放送のドラマ『海月姫』第4話のあらすじをご紹介します。

倉下月海(芳根京子)に想いを届けようと、鯉淵修(工藤阿須加)は『天水館』に行くが、ばんばさん(松井玲奈)とまやや(内田理央)に追い帰される。

ばんばさんたちが月海に武勇伝を語っていると、ジジ様(木南晴夏)と千絵子(富山えり子)が帰って来た。

こちらは蔵之介(瀬戸康史)が男だと知り『天水館』や月海に近づかないよう言いに行ったのだが様子がおかしい。

千絵子は蔵之介が『ベルサイユのばら』のオスカルだったと泣き崩れる。

政治一家に女として産まれたが男として育てられたと蔵之介がついた嘘を二人は信じたのだ。

ジジ様たちが北京ダックを奢ってもらったと知ったまややは蔵之介に電話。

蔵之介が『バタフライ』というクラブにいると聞くと、まややは蝶マニアが集うイベントと勘違い。

月海とばんばさんを伴い自分たちも奢ってもらおうと『天水館』を後にした。

蔵之介が桐山琴音(最上もが)たちにクラゲのドレスの写真を見せていると月海たちが到着。

そこはオシャレなクラブ。月海たちは浮きまくり琴音たちにバカにされる。

蔵之介は月海たちを連れ出すが傷ついた“尼〜ず”は帰ってしまった。

ばんばさんとまややは二度と蔵之介とは関わらないと宣言。

後日、蔵之介は琴音からクラゲのドレスを作って欲しいと連絡を受ける。

琴音が担当するミュージックビデオの監督が、蔵之介からもらった写真を見てアーティストに着せたいと言い出したのだ。

蔵之介は月海たちに話をするのだが…。

公式サイトより引用)

スポンサーリンク

2018年冬ドラマ『海月姫』第4話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『海月姫』第4話の見どころや期待度をご紹介いたします。

willmayutvs
海月姫のドレスが、商品になって、あのアパートが残るといいですね。

現在のウエディング企業に実際に使ってもらえると、これから先、6月のジューンブライトに間に合うかもしれないですね。

お父さんは、最近犬さんのイメージのがありましたがやはり年齢を重ねてもかっこいいですね。

あの人アパートが実際に使ったところが撮影終わりに、泊まれたり、借りれたりすると楽しそうですね。

次回、お兄さんは、男と分かってもあの問題児に受け入れらねるといいですね。

あの人たちも一人づつ心を開いて、世間と生活出来るようになるといいですね。

私も田舎育ちなので、都会に出たらずっと家にいると思いますが、みんな外に出れるようになるといいですね。

ペンネーム:willmayutvs(30代・女性)

tomo
次回は弟君と海月の恋の行方がどうなるのか展開が楽しみです。

三話の終わり方では弟君の守りたいという言葉に、さらにひかれていきそうな海月でしたが、これまたそう簡単にはいきそうにはないですね。

クラノスケが天水館の住人に男であることがばれてしまったので、そちらの展開も気になります。

きっと出入りは出来なくなりそうですが、それ以上に海月と会う事すらできなくなるのでは?という不安もあります。

クラノスケはチャライかんじはしますが、とても繊細な心を持っている男性のようなので、弟君と海月との三角関係のゆな感じがどうなるのかがポイントですね。

邪魔をする地上げ屋女の登場は少なそうですね。

ペンネーム:tomo(40代・女性)

麻婆豆腐飲み物派
3話の最後の場面で、鯉淵蔵之介が男性であることが海月が住んでいる天水館の住人達にバレてしまうというシーンと、修が天才館に訪れて住人達に出ていくよう攻撃されながらも海月へ自分の気持ちを告白するというシーンがあります。

蔵之介が今後海月や天水館の住人達とどういう関わり方をしていくのか気になりますし、修と海月の恋の行方がどうなるかとても楽しみです。

その他にも泉里香演じる稲荷翔子がどうやって鯉淵修をたぶらかし、自分の仕事にどう利用するのかという悪女っぷりがとても気になります。

また、作ったクラゲのドレスがこの先どんな使われ方をするのかも楽しみです。

ペンネーム:麻婆豆腐飲み物派(20代・女性)

でつ・
修のエセ彼女に修とエセ彼女のハレンチ写真を見せ付けられ、また心を閉ざしてしまうのではないか?と、月海の本音や心境が心配でなりません…。

月海の本当の姿が気色の悪いメガネオタク女子だと判明したあとの修の月海に対しての本音や心境の変化もとても気になります。

そしてやはり、何よりも蔵之介が実は男であることがドレス作りを手伝ってくれた同居人の2人にバレたことが尼~ずのみんなにどう伝わるのか?男子禁制の天水館に今後、どのように影響していくのか?が気になって仕方ありません。

次から次へと起こるハプニングに目が離せず、今後の行方がとても気になります。

ペンネーム:でつ・(40代・女性)

マチ子
弟の修(工藤阿須賀)より兄の蔵之介(瀬戸康史)の方が優しくて心が広くて月海(芳根京子)には合っているのではないかと思います。

お酒を飲んでつぶれた月海を抱きかかえて家まで運んでくれたのは蔵之介だと知ってきっと修ではなく蔵之介との時間が楽しいことに月海は気づくと思います。

蔵之介もまた月海のことをかわいいと思っているだろうと予想します。

楽しみなポイントは男とバレたジジ様(木南晴夏)と千絵子(富山えり子)に蔵之介がどのように対応してまた天水館に入っていくのかというところです。

また月海の作ったクラゲのドレスがどんどん売れて月海はとても忙しくなるだろうと予想します。

ペンネーム:マチ子(40代・女性)

kazu464
蔵之助はおしゃれなクラブでクラゲのドレスを琴音に見せる。

蔵之介は琴音からクラゲのドレスを作って欲しいと連絡を受ける。

琴音が担当するミュージックビデオの監督がクラゲのドレスの写真を見て、アーチストに着せたいと言っているとの事であった。

蔵之助はこの話を月海達に言うと中々協力して呉れない。

天水館の連中は素人の考えたドレスをアーチストに着せるのは恥ずかしいと言うのである。

蔵之助は思い切って、天水館が高層マンションに成っても良いのかと言う。

天水館が無くなると困るのは天水館の住民である、天水館の連中はしぶしぶ納得する。

クラゲのドレスを着たアーチストはテレビに出ると好評で有った。

ペンネーム:kazu464(60代・男性)

2018年冬ドラマ『海月姫』第4話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『海月姫』第4話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

KI

『海月姫』第4話のあらすじネタバレ

前回、蔵之介が男だったことに気付く、千絵子とじじ様だったが、蔵之介にうまく丸め込まれ、ウソをついたことをうやむやにされてしまう。

一方、修は、月海に思いを伝えようとしたのだが、ばんばさんとまややに追い返されてしまう。

琴音に渡しクラゲのドレスの資料が、ミュージックビデオの監督の目に止まり、ドレスの発注を蔵之介は受ける。

蔵之介は、ドレスの発注を受けて、天水館を買い取る資金を集めようとする。

当初は、ばんばさんやまややの反対を受け、頓挫するが、天水館を救うために、ドレスの制作に協力する。

月海のスランプなどを乗り越えて、ドレスを完成させ、無事納品する。

さらに、蔵之介は、月海たちに、自分たちのドレスが撮影に使われている現場をみせ、自分たちの仕事の成果を実感してもらおとする。

『海月姫』第4話の感想

これまでで一番おもしろかったです。

それぞれのキャラの良さが次第に出てきました。

慶一郎がいよいよ大物政治家のくろい部分が発揮し、天水館を潰しにくることで、ラスボス感がでてきました。

花森の間抜けなところやおとぼけ発言も回を追うごとにおもしろくなってきました。

なにより、天水館の面々が、やっと一つにまとまり、天水館を守るために動き出した点がよかったです。

来週から、天水館を守るために、泉里香たちと戦うと思うとワクワクします。

泉里香演じる稲荷が、デレたのもかわいかったです。

あれだけ強気だったのに、キュンとなっている姿は魅力的でした。

ペンネーム:KI(30代・男性)

さち

『海月姫』第4話のあらすじネタバレ

天水館のオーナーになるべく費用を稼ぐため、蔵之介と海月たちはドレス作りに奮闘します。

本物のクラゲのお姫様のような蔵之介のドレス姿にうっとり。

修も蔵之介の助けを借りて、念願の海月との初デートにこぎつけますが、何ともぎこちない二人。

ドレス作りの際に訪れた鯉淵家で、父の慶一郎により蔵之介が男であることがバレてしまい…

ディベロッパーの翔子は修を飲みに誘い、帰りに会った海月に気持ち悪いと言っていたと話してしまいます。

海月に気持ちがあるのに、その場では誤解を解けない修。

ショックを受けた海月は走り去り、蔵之介は追いかけますが…。

『海月姫』第4話の感想

蔵之介のドレス姿は本当にキレイでまぶしかったです。

修と海月の初デートは何とももどかしく、でも可愛らしくて、微笑ましかったです。

翔子はキレイで言動は憎たらしいのですが、キャラクターで面白い部分もあるのでいいのではと思います。

そして何と言っても芳根京子ちゃんが海月そのものなので、ドラマに引き込まれます。

地味でも可愛い、バッチリメイクも可愛い。

演技力があるから、説得力があると思います。

天水館の皆も本当に漫画から抜け出てきたかのようなので、笑ってしまいます。

特に千絵子さんは初めて拝見しましたがいいと思います。

花森さんの態度の豹変さ加減も可笑しいですね。

ペンネーム:さち(40代・女性)

回鍋肉

『海月姫』第4話のあらすじネタバレ

尼〜ずの元に、「MV撮影用の衣装にクラゲドレスを作る」という仕事を蔵之介が持ち込みました。

しかし、日数の少なさと今まで経験した事のない作業に、尼〜ずたちはやる気をなくし、無理だと蔵之介を追い返します。

今までのぬるま湯に浸かるような生活に戻りたいと思う尼〜ず。

しかし、何もしなければ天水館がなくなってしまうという現実に気づき、ドレス作りを再開します。

どうにか衣装を仕上げ、MV撮影は大成功。

自分たちが作ったドレスが煌びやかな世界で活躍するのを見て、感動する尼〜ずたちでした。

そして、本格的にドレスのブランド立ち上げとなり、ブランド名はジェリーフィッシュに決定しました。

一方、月海の恋は修とのすれ違いが続いていて、なかなか進展しません。

そんな中、鯉淵慶一郎は天水地区再開発のため、修と稲荷をステディーな関係にしようと目論んでいました。

再開発の反対派と賛成派の争いに、月海の恋が巻き込まれていきそうです。

『海月姫』第4話の感想

オシャレ女子であるはずの蔵子が尼〜ずの一員として認められてしまいました。

男であることは度外視しても、かなり遊んでいそうな風貌なので、もやは「尼」ではないなと思いつつも、目白先生のご託宣を受ける蔵之介の姿に感無量でした。

ずっと自分の殻に閉じこもっていた尼〜ずですが、蔵之介の強引な介入のおかげで、少しずつでも前向きになっている気がします。

このままじゃダメだと、多分みんな心の奥では分かっているんですね。

でも現状維持を望んでしまう気持ちは良くわかります。

クラゲドレスのブランドが本格始動した事で、この先みんながどう変わっていくのか楽しみです。

ペンネーム:回鍋肉(30代・女性)

トップコートの恋

『海月姫』第4話のあらすじネタバレ

稲荷の発言が生んだ誤解を解きたいと、修は月海を呼び出すことを試みる。

だが、またしても稲荷の策略により、月海と修は出会えることができない。

稲荷の策略に、心底うんざりする修であったが、一方で稲荷は、弄んでいた相手である修に対して、特別な感情を持ち始める。

そんな中、まやややばんばさんは、思いつきですぐに行動しようとする、おしゃれ人間の蔵之介を敵対視する。

しかし、クラゲドレスの製作という行動を起こさなければ、天水館はなくなってしまうという危惧から、蔵之介のドレス作りに手を貸すことに。

協力して完成させたクラゲドレスを着るおしゃれ人間をみて、月海をはじめとする尼〜ず達は、やりがいを感じる。

そして、その日のお疲れ会の後、いつものように月海の部屋でくつろぐ蔵之介。

蔵之介が自分を綺麗にするのは、着飾らないと恥ずかしいからだと言う月海に、蔵之介は、月海を可愛い女の子だと思っているからだ、と言ってしまう。

自分の発言に戸惑う蔵之介。

2人の関係性が、徐々に変わろうとしている。

『海月姫』第4話の感想

偏見の目で見られがちな尼〜ずを、優しい眼差しで堂々と友達と言える蔵之介が、かっこよかった。

クラゲドレスの製作や、尼〜ず達を変身させて外へ連れ出す蔵之介の姿は、強くて美しい。

もはや憧れさえも抱いてしまう。

そんな蔵之介が、無意識のうちに、月海を友達以上の存在として見ているところに、キュンとした。

月海を可愛いと言ってしまった蔵之介が愛おしく、無条件に応援したくなった。

女装というフィルターがあってこその、月海と蔵之介の関係が、少し崩れたといっても良いのではないかと思う第4話だった。

今後の2人に注目せざるを得ない、ドキドキさせるラストだった。

ペンネーム:トップコートの恋(20代・女性)

kazu464

『海月姫』第4話のあらすじネタバレ

蔵之助はクラブ「バタフライ」で女友達と一緒に居た。

女友達の一人が「ミュージック関係の監督が専任のデザイナーのドレスが気に入らないと言ってる」と蔵之助に言う。

蔵之助は「クラゲドレス」の写真を女友達に見せる。

女友達は写真を持って いく。

後日、女友達は「監督が(クラゲドレス)を気に入った写真のは主役が着る」といい「あと10着造って」と言う。

蔵之助は天水館の皆にドレスを着せて、駅前っで遣って居るミュージックイベントを見に行く。

皆はその場から逃げようとするが、世間を知らない皆を説得する。

そして、蔵之助は「(クラゲドレス)をブランドものにしよう」と言う。

『海月姫』第4話の感想

月海は蔵之助に何でドレスに拘っているのかを聞く。

蔵之助は母親が舞台女優で子供の頃から着飾っているのを見るのが好きだったと言い。

自分は親父の愛人の子供だから兄・修と似てないだろうと言う。

蔵之助は月海に何でも言える仲に成って来た。

俺とお前は友達だと言う。

月海は世界の違う人がどうして友達だと言うのか分からない。

しかし、蔵之助は「天水館」の皆を友達だと思って居る様だ。

小さい頃の私の事を思い出す。

其の頃は私の家は貧乏暮らしを近所にある会社の社長の家が有った。

付き合いも無かったし母があそこの家は立派だからとよく言っていた。

そこの家の子供たちも立派に見えた。

しかし、大人の今となって考える事は外観と素振りでは無く中身の問題であるという事である。

ペンネーム:kazu464(60代・男性)

まとめ

ドラまる
2018年冬の月9ドラマ『海月姫』第4話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
5話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA