海月姫|2話の動画無料視聴はこちら【1月22日見逃し/月9ドラマ】

  • この記事を書いた人:yatarou
FODプレミアム

月9ドラマ『海月姫(くらげひめ)』第2話(2018年1月22日(月)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『海月姫』第2話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『海月姫』第2話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『海月姫』第2話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

スポンサーリンク

月9ドラマ『海月姫』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『海月姫』第2話放送終了から1週間以内はTverかFOD(フジテレビオンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『海月姫』第2話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年1月22日(月)22時〜2018年1月29日(月)20時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『海月姫』の見逃し動画配信を視聴する方法はFODプレミアムです!

FODプレミアム無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『海月姫』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『海月姫』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアムの詳細解説


※「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。

ドラマ『海月姫』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンドはこちら

FODの全コンテンツを楽しめる有料会員FODプレミアムは、現在31日間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『海月姫』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODのコンテンツの充実を進めているので、多くのドラマが配信されています。

過去にフジテレビで放送されたバラエティ番組など、ドラマ以外にも数多くの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

さらに『海月姫』に関しては映画版(能年玲奈/のん主演)とアニメ版(フジテレビノイタミナ枠で放送)も完全見放題となっているので、ドラマ版と比較しながら見るとより楽しめること間違いなしです!

『海月姫』見逃し動画を今すぐ無料で見る方法

  1. FODプレミアムの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 『海月姫』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すれば有料扱いの作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2017年12月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近は放送中のドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜
ラマちゃん
公式に配信されている動画も無料期間に見ればお金かからないので、以下のリンクからチェックしてみてねっ!

スポンサーリンク

月9ドラマ『海月姫』第2話のあらすじは?

2018年1月22日(月)21時00分より放送のドラマ『海月姫』第2話のあらすじをご紹介します。

『天水館』の朝。大慌ての倉下月海(芳根京子)が広間に駆け込み、ジジ様(木南晴夏)たちに目白先生が〆切日を間違えていたことを報告。

目白先生はBL漫画家で、収入の乏しい“尼〜ず”たちは時にアシスタントをしていた。

ともあれ、明日に迫った〆切に間に合わすべく、月海たちは原稿の仕上げを始める。

そんな時、男同士が抱き合うカットを見た月海の動きが止まった。

月海は鯉淵修(工藤阿須加)に水族館で抱きしめられたことを思い出したのだ。

月海を千絵子(富山えり子)たちが心配していると、蔵之介(瀬戸康史)が現れた。

月海は修に抱きしめられたことを蔵之介に確認するとますます混乱。

そんな月海をよそに蔵之介が手を洗おうと台所の蛇口をひねると排水管が破裂!

月海の部屋で体を拭いて着替えを借りる蔵之介。

その時、蔵之介は修から月海の母の話を聞いたと話す。

そして、ふと気持ちがわかると漏らす蔵之介。

月海は聞き返そうとするが、蔵之介が濡れた服を脱ぎ始めたので部屋を出た。

排水管の修理代は20万円。

だが、ほぼニート状態の月海たちに持ち合わせなどあるはずがない。

すると、蔵之介は“尼〜ず”たちの蒐集品をフリーマーケットで売ろうと提案。

一応、自分たちの持ち物を出品する“尼〜ず”たちだが、大事なオタクグッズを売るつもりなどはなからない様子。

だが、月海が作ったクラゲのぬいぐるみが普通に売れて評判も良い。

これに目をつけた蔵之介はネット販売を思いつく。

公式サイトより引用)

スポンサーリンク

2018年冬ドラマ『海月姫』第2話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『海月姫』第2話の見どころや期待度をご紹介いたします。

mama
今後期待するところは、もう一人欠かせない登場人物がおり童貞エリートの鯉渕修を演じる工藤阿須加も見どころ。

このクラゲオタク女子暮下海月と女装美女鯉渕蔵之介と童貞エリート鯉渕修が送るドタバタ三角関係が見る人を虜にするドラマではないのかと思います。

今まで恋愛経験が少ない私でもこのドラマみたいにそんな恋がしてみたい、そんな作品にしてくれるのではないかと期待しています。

忘れてはいけないのは「天水館」の住民や海月や鯉渕兄弟に差し掛かる魔の手、試練にも注目です。

最後にはどんな展開が巻き起こるのかハラハラドキドキです。

ペンネーム:mama(20代・女性)

ハナママ
第2話では天水館の存続危機の知らせと立ち退きの影響がどうなるのかと、アマーズ皆んなでフリーマーケットを行うのでアマーズの方達の個性豊かな演出が楽しみですね。

また月海のクラゲのぬいぐるみが大活躍して今後の月海にも影響をしてくるはずです。

あとは今後の月海と弟の恋の行方とそこに応援しているはずの蔵之介の気持ちがどう変わっていくのかも気になります。

また蔵之介の家族や過去の話しも少しは出てきて蔵之介のお母さんの話しも気になります。

やり手の稲荷さんが弟を手に入れる為に動き出している感じもありましたね。

1番は蔵之介の女装が楽しみです。

ペンネーム:ハナママ(30代・女性)

てつや
第2話も、笑えるシーンがたくさんあることに期待します。

修が水族館で海月を抱き締めたことにより、海月をめぐる三角関係が本格的に始まっていくのではないかと思います。

修が海月を抱き締めたところを見てしまった蔵之介ですが、それにより蔵之介の心情にどう影響していくかも第2話での楽しみなポイントです。

また、修は忘れ物を届けた時にいた女性と自分が抱き締めた女性が同一人物であるということにまだ気付いていないわけですから、どこまでそのことを修にバレずにいけるかといったところもとても気になりますし、バレるまでのハラハラを楽しみにたいとも思っています。

ペンネーム:てつや(20代・男性)

漫画は読んだことないし、アニメは再放送でやってたくらいしか観てないからどうなるかわからないけど、月海と修の関係性は恋愛関係に発展して行くのか、それとも蔵之介と月海の恋愛が発展して行くのか?

蔵之介がメイクしたり、衣装を着させたりとした月海が美しくなった同様に、千絵子、ばんば、まやや、じじたちも美しくしたバージョンとかもあるのかな?とか思いながら。

そして、月海、目白、千絵子、ばんば、まやや、じじが暮らす天水館は、稲荷翔子の天水地区再開発の計画ため、取り壊されてしまうのか、それとも取り壊される維持できるのか

弟の修が何故女性苦手、そして童貞なのか。

そういう所が楽しみだなと思いながら、来週にも期待してます

ペンネーム:悠(20代・女性)

ジェリービーン
とにもかくにも3人の三角関係がスタートしてしまったみたいなのでとても気になります。

予告では修くんのかなりショッキングなシーンが放送されていたので非常に複雑な気持ちです。

一方で、あの天水館のキャストがかなり顔を隠しているので、あらわになることがあるのかどうかとても気になります。

また、蔵之介の母がだれなのか、天水館のオーナーが誰なのか、また一体何をしている人なのかこれからの展開でおもしろくなってくるところかと思います。

ちょっと頭のおかしそうな不動産会社の営業女は不愉快な感じがするのでほどほどの登場で結構だと思っています。

ペンネーム:ジェリービーン(40代・女性)

aikon
第2話では、第1話ではあまり細かいところまで語られなかった月海以外の天水館のオタクたちがどんな女の子たちなのか、少しづつ明らかになるのではないかと思います。

1人ごとに1話ずつぐらいはフューチャーされる回があると思うので、楽しみですし、月海のように変身して可愛くなるのか楽しみです。

月海の恋の行方としては、修とお互い意識しあいながら徐々に距離を縮めていくのだと思いますが、蔵之介も月海のことが徐々に気になっていくのだと思います。

三角関係の結果、月海がどちらを選ぶのか、それともどちらも選ばず、オタクを貫いていくのか楽しみです。

ペンネーム:aikon(30代・男性)

きゅう
弟が月海を抱きしめたシーンを見て、なんとも言えない表情をしていた蔵ノ介の今後はどうなるのか。

天水館にやってきた不動産業の枕営業の美女は原作と同じようなえげつないやり方を仕掛けてくるのか?などが気になります。

そして、あま~ずがどう結託していくのか。

ドラマなので、ご宣託を出すBL漫画家の先生の姿がどこかで見られるといいなあ、などとも思っています。

蔵ノ介の影響で、どんどん可愛くなっていく月海の姿に期待してしまいますね。

2話では、天水館の立ち退きで、あま~ずが結託し、不動産業の美女を追い払う話になり、蔵ノ介と弟の月海に対する恋愛感情が発展していくのでしょうが、その微妙な心の動きにも興味がわいてきます。

ペンネーム:きゅう(40代・女性)

digiyalabo
次回は、弟の行動に注目だと思います。

あのシェアハウスを守る事が出来るのか、それとも、買い取られてしまうのか、皆ばらばらになってしまうのか、どんな手段で起こるか解りませんが、見てみたいと思います。

兄貴の気持ちは、本心はどうなるのかポイントになっていくと思います。

兄貴としての立場、後ろから抱きついてしまった弟、なにを企業改革としているのか解らない父親、家族もどうなるのでしょう。

こじれていきそうな予感もします。

予告見てもなんだか解らなかったので、来週に期待をするしかないので、少し残念ですが、次回に楽しみたいと思います。

ペンネーム:digiyalabo(40代・女性)

2018年冬ドラマ『海月姫』第2話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『海月姫』第2話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

黒猫の嫁の葵

『海月姫』第2話のあらすじネタバレ

月海がアシスタント作業をしている最中、男性同士の抱き合うカットを見て、月海は水族館での修から抱きしめられたことを思い出し、大混乱に陥っています。

そこへ現れた蔵之介が手を洗おうとすると、突如水道の排水管が破裂してしまいます。

排水管の修理には20万円が必要ですが、全員の定収入のない尼~ずにはとても工面できません。

そこで蔵之介はフリーマーケットで各自のレア商品を売って、工面することを提案しますが、全く見向きもされないのでした。

そんな中、月海の作ったくらげのぬいぐるみが普通に売れ、評判もよく完売しました。

そこに目をつけた蔵之介はネット販売を提案し、100個売れて5万円を工面し、そして千絵子が市松人形の桜子を15万円で里子(売り)に出し、修理費を工面することができたのでした。

一安心したのもつかの間、天水館のある土地に高層マンションの計画があり、無くなってしまうかもしれないことがわかりました。

天水館を追われたら行く所などない尼~ずですが、どこか他人任せです。

そんな尼~ずを蔵之介は煽り、マンション計画の説明会に向かわせるのでした。

そこで、修と再会する月海ですが尼状態の月海に修は気づかないのでした。

説明会では、稲荷に追及されいたたまれなくなった尼~ずは会場をあとにします。

しかし、忘れ物を取りに戻った月海は修と稲荷が連れだって行くのを見て、傷心のまま天水館に戻ります。

また、説明会で何も伝えることができなかった尼~ずも落ち込んでしまうのでした。

そんな尼~ずに蔵之介はメイクと衣装チェンジを施し、残念ながら世の中には人を見た目で判断する人間が多く、天水館を奪う敵もそうであることを伝えます。

そして天水館がなくなるのを止めようと提案するのでした。その頃、修は稲荷によってハニートラップにかかっていました。

『海月姫』第2話の感想

水族館でハグまでした女性である月海をあの程度の衣装チェンジで全くわからなくなってしまう修にどうにもこうにもぼんくら感が満載で、ちょっとオーバーな気もしてしまいます。さすがにあの距離で見たら気づくのではと思います。

そして蔵之介も男性ん姿のまま天水館に来るとは何とも迂闊です。

しかし、月海のウエディングドレスを着ているごっこは言葉のゴロも併せて、何ともかわいらしく、本当に応援したくなる女の子とだなと感じました。

そんな、月海に蔵之介が少しずつ惹かれていっていることがわかりやす描かれているので、これからの二人が近づいていくことが楽しみです。

ペンネーム:黒猫の嫁の葵(30代・女性)

てつや

『海月姫』第2話のあらすじネタバレ

天水館で手を洗おうとした蔵之介が台所の蛇口をひねると、排水管が破裂してしまうという悲劇が起こりました。

当然、排水管の修理が必要となりますが、排水管を修理するには20万かかります。

尼~ずたちの通帳の残高を確認してみますが、尼~ず全員の残高を合わせても修理代には到底及びません。

そこで蔵之介は、尼~ずたちが所持しているヲタクグッズを売ろうと提案しますが、尼~ずたちは大事なヲタクグッズを手放す気はありません。

そんな中でフリーマーケットへの参加を決めますが、そこで海月が手作りしたくらげのぬいぐるみが思いの外売れます。

『海月姫』第2話の感想

第2話にしてこのドラマの全体的な方向性がだいぶ見えてきた気がします。

海月と蔵之介のラブストーリーを感じさせるシーンが第1話よりも多かったので、この2人が今後どういった関係性になっていくのかがより楽しみになりました。

また、尼~ずたちの個性が第1話よりも更に具体的に出てきているようにも感じましたから、よりマニアックなドラマになってきている印象もあります。

尼~ずたちのシーンがかなりわちゃわちゃしているので、鯉淵家のシーンでの北大路欣也さんの演技がいつも以上に渋く感じます。

とはいえ、慶一郎にもコミカル要素はありますから、しっかりドラマに溶け込んでいるのが素晴らしいです。

ペンネーム:てつや(20代・男性)

せがみもん

『海月姫』第2話のあらすじネタバレ

月海達が目白先生の漫画の手伝いに追われていた時、蔵之介が排水管の故障に気付く。

仕事も貯金もない住人達が、何とか修理代を捻出すべくフリーマーケットに参加したところ、月海が作ったクラゲの人形が人気に。

これを機に蔵之介はネット販売を始めることを思いつき、みんなで協力して何とか修理代を払えるお金は集まった。

一方、街の開発計画により、天水館に存続の危機迫っていることを知った住民達は、みんなで説明会に行くことに。

説明会の場で修とはち合わせ、うろたえながらも会話しようとする月海だったが、修は先日デートした女性だとは気づいていない様子。

結局開発を止めるよう説得することもできず、蔵之介から喝を入れられた尼~ずは、見た目から改善するよう指導される。

その頃、開発担当の稲荷は計画を自分の思い通りに進めるため、あの手この手で修を口説き落とそうとしていた。

偶然二人が一緒にいる現場や、一夜をともにしたことを知った月海はショックを受けてしまうが、天水館のみんなと過ごす時間が痛みを和らげてくれる。

終盤、月海の手作りウエディングドレスを見た蔵之介は、ドレスを一緒に作って売ることを提案する。

『海月姫』第2話の感想

月海のぬいぐるみやドレスのアイディアを、蔵之介が発見し活かそうとするところが印象的でした。

今まで自分の世界だけで生きてきた暗くて大人しい月海ですが、今後内面にも自信がついて変化がありそうなので、とても楽しみです。

また、尼~ずの住人達の変身後の姿もギャップがあって面白かったです。

これから蔵之介の手によって、どんどん磨かれていくと思うので、それも見どころの一つだと思います。

稲荷は必死すぎて逆に面白いキャラクターなので、今後尼~ずや修、蔵之介とどう関係してくるのかが気になりますね。

誤解させるような真似をしたり、二人の父親に接近したりと、計算高くて嫌らしい女を上手く演じていると思います。

ペンネーム:せがみもん(20代・女性)

こたつ

『海月姫』第2話のあらすじネタバレ

1話目では蔵子の存在を受け入れなかった天水館の住人たちが強引な蔵子に翻弄されながらも少しずつ打ち解けていく。

そんな中、月海は蔵子の弟、修のことが気になりつつもあるが地上げ屋の罠に修がハマってしまう。

天水館に挨拶に来た地上げ屋が持ってきた手土産と一緒に修が忘れていったメガネを持っていることに月海は気付いてしまいなんとも言えない気持ちになる。

地上げ屋達が帰る時に蔵子と鉢合わせをし、蔵子達が天水館を買い取ると宣言。

1億だろうが5億だろうが買い取ると単価を切り塩をまいて追い返す。

無職の尼ーず達では到底払えるわけもなく解決策はあるのか。

『海月姫』第2話の感想

原作と違うところが多々あり。

原作ファンからすると少し違うな、、、という気持ちになってしまう。

風景や小物、部屋の作り、キャストもいいだけに少し残念であるが、原作は別物として見てしまえば楽しく見ることができる。

今回は尼ーずが蔵之介に着替えさせられメイクをされ鎧をまとうところがすごく良かった。

できればもっとバッチリメイクをして貰えたらもっと良かったなぁと思う。

蔵之介が蔵子になっている時の洋服が奇抜でありながらとても可愛く、ウィッグだからできる60分の中だけでも色々な髪型を見ることができとても面白い。

1話同様、尼ーずの無頓着な格好と蔵子のおしゃれさが際立っていた。

ペンネーム:こたつ(30代・女性)

kazu464

『海月姫』第2話のあらすじネタバレ

藏之助が「天水館」に来て台所へ行って見ると排水管を破裂していた。

修理代は20万円で有った。

藏之助は「天水館」の住民に持ち物をマーケットで売る提案。

月海の作った「クラゲのぬいぐりみ」だけが売れた。

藏之助は「クラゲのぬいぐりみ」をネットで売り5万円稼ぐ。

あとは住人の一人が人形「サクラコ?」を15万円で売ったという。

藏之助が「天水館」の場所が高層ホテルに成る予定だという事を聞きつけ「天水館」に来る。

住人に説明会が有るから行って聞いて来いと言う。

住人は会場に行った物の何にも言えずに帰ってくる。

住人は当てに成らなかった。

ある日、藏之助が「天水館」に来てみると月海が「クラゲみたいなドレス」を着ていた。

藏之助は母親がクローゼットをドレスで一杯にしたいと言って居た事を思い出す。

『海月姫』第2話の感想

金を稼ぐことを知らない「天水館」の住人達。

藏之助が一人であくせく動く何かやろうとした時に助けになるのは月海の持ち物だったり月海の考えかたである。

月海の「クラゲのぬいぐりみ」とか「クラゲみたいなドレス」である。

月海の「クラゲのぬいぐりみ」は好評5万円稼ぐ事が出来た。

月海の「クラゲみたいなドレス」はどういう風に使うのかは分からない何かヒントが・・

藏之助が「天水館」にどうして思いを入れているのか分からない。

きっかけは月海が熱帯魚屋で見ていたクラゲの死にそうなのを買ってあげただけだったのに・・・

別に色恋沙汰も見えないし目的も分からない、ただ面倒を見ているだけなのか?”

ペンネーム:kazu464(60代・男性)

NOMURA

『海月姫』第2話のあらすじネタバレ

今回は、尼寺こと女子寮が老朽化に耐えられず、水道が破裂!!

その修理の為に芳根京子さん演じる倉下月海がデザインしたクラゲのマスコット人形を売り出すと言った展開からスタートしました。

途中、泉里香さん演じる稲荷翔子が工藤阿須加さん演じる鯉淵修を襲ったとする既成事実をつくろうと画策します。

さらに、尼寺の土地を買収しようと尼寺へも訪れます。

非常に高額な料金であることを知った、倉下月海たちアマーズのメンバーでしたが、瀬戸康史さん演じる鯉淵蔵之介は稲荷翔子へ正面から啖呵をきってこの土地は売らないと追い返してしまいます。

『海月姫』第2話の感想

個人的には、2話にしてストーリーが間延びしたきたかなと感じました。

個人的にすきなキャラは、芳根京子さん演じる倉下月海です。

主役というキャラですが、オタクで引っ込み思案なところが、なんか自分と重ねてしまう所もあり共感できます。

また、工藤阿須加さん演じる鯉淵修もなかなかキャラがたっていて好きです。

好きなエピソードですが、初めの方なのですが、クラゲのマスコットを作って売りだそうとするシーンです。

初めの方は、瀬戸康史さん演じる鯉淵蔵之介を尼寺の皆は嫌っているのですが、徐々に打ち解けていっている気がして一体感がとても素敵でした。

ペンネーム:NOMURA(20代・男性)

まとめ

ドラまる
2018年冬の月9ドラマ『海月姫』第2話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
3話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA