きみが心に棲みついた|1話の動画無料視聴はこちら【1月16日見逃し】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『きみが心に棲みついた』第1話(2018年1月16日(火)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『きみが心に棲みついた(きみ棲み)』第1話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『きみが心に棲みついた』第1話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『きみが心に棲みついた』第1話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

スポンサーリンク

ドラマ『きみが心に棲みついた』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『きみが心に棲みついた』放送終了から1週間以内はTverを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『きみが心に棲みついた』第1話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年1月16日(火)23時00分〜2018年1月23日(火)21時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

放送終了から1週間以上経過してしまったドラマ『きみが心に棲みついた』を無料で見る方法は以下が挙げられます。

  1. 地上波での再放送を見る
  2. DVDやBDで見る
  3. 動画共有サイトにアップロードされた動画を見る
  4. テレビ局が公式に動画を提供しているVOD(ビデオオンデマンドサービス)を見る

地上波での再放送やDVD&BD化はドラマ全話の放送が終了してから数ヶ月後(再放送はされないことも多いです)になるため、今すぐ見たい場合の選択肢としてはNGでしょう。

そのため、現実的な選択肢はインターネットを利用して視聴する方法となります。

ドラマの動画がアップされていることの多い動画共有サイト一覧は以下になります。

上記のリンク先に動画がない場合は、すでに著作権違反の違法アップロード動画として削除されています。

随時チェックをすれば、新たにアップロードされた動画を見ることが出来るかもしれませんが、最近はテレビ局もかなり細かく違法動画サイトを巡回して削除要請をしているので、なかなか見られないかもしれません。

ドラまる
違法アップロードされた動画なので本当は見ない方が良さそうだね…
ラマちゃん
画質が悪かったり、変な広告が出たり、最悪の場合スマホやPCのウイルス感染のリスクもあるので、テレビ局が正式に動画を配信している動画配信サービスを利用するのが理想的ではあるわね〜

登録に2〜3分はかかっちゃうけど、どの動画配信サービスも無料期間があるのでとりあえずチェックしてみると良いかも!

ちなみに『きみが心に棲みついた』はFODとHuluでは配信されていないので要注意です!

スポンサーリンク

2018年冬ドラマ『きみが心に棲みついた』第1話のあらすじは?

2018年1月16日(火)放送のドラマ『きみが心に棲みついた』第1話のあらすじを紹介します。

下着メーカーに勤める今日子(吉岡里帆)は、職場の先輩・堀田(瀬戸朝香)らに連れられて、人生初の合コンに参加していた。

自己評価が低いため、すぐに挙動不審になってしまう今日子は、学生時代に“キョドコ”とあだ名を付けられていたほど。

合コンでも焦って「ありのままの自分を好きになってくれるなら、誰でもいいから付き合いたい」と口走り、周りをドン引きさせてしまう。

そんな今日子に、漫画編集者の吉崎(桐谷健太)は厳しい言葉を投げかける。

しかし、今日子は吉崎の言動から、彼なら自分を変えてくれるのではないかと、先に帰ろうとした吉崎に追いすがり、突如「付き合ってください」と迫るのだった。

翌日、今日子は会社で堀田に昨日の態度を注意されてしまう。

それでも、仕事に真摯に取り組む今日子を高く評価していた堀田は、自分が立ち上げる新プロジェクトのチームに今日子を引き抜こうとしていた。

その夜、道で偶然吉崎と出会った今日子は、2人で話しているうちに前向きに変わろうという気持ちが芽生えていく。

まさに、自分を変えるために動き出そうとしたその時、驚くべき人物が今日子を呼び止めた。

それは、大学時代に今日子がどうしようもないほど強く惹かれ、その感情を利用して、今日子をひどく傷つけた男・星名(向井理)だった。

一番会いたくて、一番会いたくなかった星名との再会に今日子の心は大きく揺れる・・・。

公式サイトより引用)

スポンサーリンク

2018年冬ドラマ『きみが心に棲みついた』第1話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『きみが心に棲みついた』第1話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

てつや

『きみが心に棲みついた』第1話のあらすじネタバレ

下着メーカー「ラプワール」に勤務している今日子は、先輩である堀田とともに合コンに参加をしました。

ところが、そこで今日子は空気の読めない言動をしてしまい、その合コンに参加をしていた男性・吉崎から厳しいことを言われてしまいます。

しかし、吉崎の言う通りだと感じた今日子は、吉崎に突然「付き合ってください」と交際を申し出ます。

ですが、突然の告白に吉崎がOKをするわけもなく、今日子はその場で吉崎に突き飛ばされてしまいます。

そんな中、かつて自分をひどく傷つけた元恋人の星名が今日子の働くラプワールの企画室長としてやって来ます。

『きみが心に棲みついた』第1話の感想

全体的に、ハラハラしながら観ていました。

今日子が今日子なりに一生懸命努力している姿は伝わりましたが、色々と空回りしていたところが個人的に観ていて歯がゆかったです。

今日子が意思が弱く要領が悪いところが結構感じられましたから、今日子というキャラクターを好きになれるかなれないかがこのドラマ全体の評価を左右することにもなりそうです。

また、星名の笑顔はとても素敵だっただけに、本性を見せた時のギャップがすごかったです。

星名にはまだまだ裏の顔がありそうだと感じましたから、星名に関しては今後が楽しみだと感じられる第1話だったと思います。

ペンネーム:てつや(20代・男性)

ヤンシー

『きみが心に棲みついた』第1話のあらすじネタバレ

下着メーカーに勤める主人公の小川今日子は、幼いころから人見知りで人に会うとすぐに挙動不審になってしまうことからキョドコと呼ばれていた。

また、過去のトラウマから恋愛をすることもできないでいた。

そんな自分を変えようとするために試行錯誤しながらいろいろチャレンジしていくのだが、大学時代にトラウマを植え付けた星名と職場で再会する。

そして、星名からまたいろいろな嫌がらせを受けて前向きになろうとチャレンジしている今日子の心はそれに挫けそうになりながら、合コンで出会った吉崎の言葉を励みに前向きに進んでいこうとする。

『きみが心に棲みついた』第1話の感想

一言でいうと、向井理演じる星名漣がとても性格の悪い男で、正直イライラしました。

ここまで人をおもちゃのように扱えるのかという風に思えました。

主人公にはもっと自分に自信を持って、挙動不審にならずに前向きに進んでいってくれることを期待しています。

今日子を演じている吉岡里帆はとてもかわいらしく、演技も素晴らしかったと思います。

桐谷健太さん演じる吉崎と今日子の関係がこれからどうなっていくのかというのも注目していきたいと思います。

挿入歌の「偽りのシンパシー」がとても印象に残りました。

歌っている歌声がとても素晴らしく、歌っているアイナジエンドさんのことをもっと知りたいと思いました。

ペンネーム:ヤンシー(30代・男性)

高藤ちよ

『きみが心に棲みついた』第1話のあらすじネタバレ

挙動不審で学生時代キョドコと呼ばれていた主人公。

キョドコには忘れられない男性がいる。

自分に酷いことをした、でも好きだった人。

そんな彼への思いを断ち切るため、自分を変えるため、主人公は合コンに参加し、そこで自分の思ったことをはっきりと言える男性、吉崎に出会う。

キョドコは彼に憧れ、交際を申し込むが断られてしまう。

なんとか彼に近づこうと、そして自分を変えようと努力を始めるキョドコ。

しかしキョドコの職場に忘れられない彼、星名が上司として現れる。

彼はまた過去のようにキョドコを支配しようと横暴な言動を繰り返す。

変わりたいと願いながら、彼に強く反抗できないキョドコは星名に何も変わっていないと告げられる。

『きみが心に棲みついた』第1話の感想

キョドコの言動はとても共感できました。

私自身も上がり症で人前で伝えたいことを伝えられない性格なので見ていてつらいものがありました。

その一方でありのままの私をみてほしいと繰り返したり、1日に何通もメールを送ったり、いきなり交際を申し込んだり、自分勝手な言動も多く、イライラもさせられました。

人との付き合い方が下手で、人の言葉をそのまま捉えてしまうところが今まで男性に都合よく扱われてきた原因なんだろうなと感じました。

特に星名の言葉を鵜呑みにし、人前で裸になったシーンは本当に悲しかったですし、ここまで彼女を追い詰めた過去を知りたいと思いました。

ペンネーム:高藤ちよ(20代・女性)

湊海

『きみが心に棲みついた』第1話のあらすじネタバレ

下着メーカーに勤める今日子は、「自分なんか」が口癖のネガティブ思考で学生時代からキョドコと呼ばれています。

合コンでも「誰でもいいからちゃんとした恋愛がしたい!」と言ってしまい、周りをドン引きさせます。

参加者の吉崎に勢いで告白して玉砕しますが、今日子の仕事に対する姿勢に触れ、吉崎は態度を軟化させ、メールをやり取りする仲になります。

その一方で、今日子の大学時代の先輩・星名が突然会社の上司として現れます。

最初は他人のふりをしていましたが、自分との関係を断ち切ろうとする今日子に腹を立て、以前のように黒い部分を見せます。

今日子は星名に仕事面でも支配されるんじゃないかと、嫌な予感を感じていました。

『きみが心に棲みついた』第1話の感想

今日子のテンパり具合が尋常じゃなくて、かなりコミカルに描かれていましたが、そこは少女漫画っぽいと思いました。

星名の変貌ぶりも、初回とは思えないくらい極端だったと思います。

普段の見た目と言動が爽やかな分、やはり今日子に向けるドS全開の態度はキュンを通り越してホラーだと思いました。

でも、このギャップがいつまでも今日子の心を捕らえて離さない原因だと思います。

ふたりの関係は恋愛じゃなく共依存だと思いますが、ひどい男なのに振り切れない気持ちは、ダメ男ばかり好きになってしまう女性の心理と似ているかもしれません。

ペンネーム:湊海(30代・女性)

ぴょん

『きみが心に棲みついた』第1話のあらすじネタバレ

人生初の合コンに参加することになった今日子。

しかし、今日子は極度に自分に自信がなく、自己評価はいつも低め。

そのせいですぐに行動が挙動不審になってしまいます。

合コンでもその挙動不審を発揮してしまい、ありのままを好きになってくれる人なら誰でもいいと暴走。

その場にいた吉崎なきつい一言を言われます。

帰ろうとする吉崎に、付き合って欲しいとせまります。

一方で過去につらい経験がある今日子。

好きな人は気持ちを弄ばれ傷つけられた過去があります。

その張本人、星名と再会し、ひどいことをされますが、再び心が揺れ動いていきます。

『きみが心に棲みついた』第1話の感想

きみが心に棲みついたの感想は、吉岡里帆さんよりも向井理さん演じる星名がブラックな一面が気になります!とても怖いです。

今日子の気持ちを利用し、自分の支配下に常に置いておこうとすることが最低すぎます!

普段のさわやかな向井理さんとは違ったブラックな向井理さんを見ることができて、新鮮だなと感じつつも恐怖を感じました。

さすがの演技力です!

桐谷健太さん演じる吉崎は爽やかでとても好青年で早く今日子と結ばれて欲しいと切実に思います。

当面は星名のインパクトが大きすぎて、今日子が何かされないかこっちまで心配になるような展開になりそうです。

ペンネーム:ぴょん(20代・女性)

ファンディーナ

『きみが心に棲みついた』第1話のあらすじネタバレ

学生時代に好きだった人を忘れられない今日子が会社の同僚に誘われて合コンに行きます。

そこで出会った吉崎に厳しい指摘をされるが、その指摘が自分でもひっかかっていた自分の欠点だと感じ、吉崎に急激に惹かれていきます。

挙動不審の今日子はいきなり付き合ってくださいと言ってしまい、ひかれてしまいます。

そんな中、今日子が働いている職場に学生時代の忘れられない人である星名が出向されてきて再会してしまいます。

星名を吹っ切るために携帯番号も変える今日子ですが、星名は今日子に自分から逃げられないと伝え今日子を支配しようとします。

先輩の堀田から誘われた新ブランド立ち上げの企画に今日子が参加するという話も、星名の力によって話を取り消されてしまいます。

その件で吉崎とは親密になれ、ふたりは上手くいくように思えましたが、翌日会社へ行くと新しいプロジェクトの誘いがあり、その打ち合わせに向かうとそこには星名の姿がありました。

『きみが心に棲みついた』第1話の感想

主人公の今日子は「私なんか…」という言葉が口癖でそれを変えようとしていきます。

前向きに成長していこうとする今日子の姿はとても共感でき、見ていて興味深かったです。

学生時代の忘れられない人という星名について、好青年なのかなと最初は思っていましたが、学生時代の回想シーンを見るところ、挙動不審で自分に気がある今日子を利用してひどいことをしてきたようだったので驚きました。

それに反して、吉崎はひどいことを言うような時もあるけれど根は優しい人なので、今後この相反する二人と今日子がどう向き合っていくのか楽しみです。

吉崎に対する挙動不審な今日子の行動がコメディタッチで描かれていて、クスっと笑えるような展開が見ていて楽しいです。

ペンネーム:ファンディーナ(20代・女性)

Pontaさん

『きみが心に棲みついた』第1話のあらすじネタバレ

吉岡さん演じる主人公の今日子は人前に出ると挙動不審になってしまう女性です。

彼女は会社の先輩に誘われて生まれて初めての合コンに行きますが、そこでの発言が参加者からドン引きされてしまう始末です。

でも、そこで出会った吉崎に惹かれてしまいます。

そんなときに彼女は学生時代に恋心を抱き、その恋心を利用されて深く傷つけられた相手・星名と再会します。

彼女は新ブランドのメンバーに選ばれたことなどを逐一吉崎にメールで報告しますが、結局は違う同僚が新ブランドのメンバーになり、落ち込みます。

でも、吉崎のことばに励まされ、私「なんか」ではなく私「なら」と前向きに考えようと決めました。

そんな彼女は、新プロジェクトのメンバーに選ばれることになり、喜び勇んで会議室に行くとそこには星名の姿がありました。

『きみが心に棲みついた』第1話の感想

吉岡さん演じる今日子の言動にハラハラ・ドキドキしてしまいました。

主人公の今日子は、人前に出ると挙動不審でどんくさくて自分に自信がないんだけど人が良い、そんな主人公に感情移入してみている自分がいました。

特に、学生時代に星名に恋心を抱いていた今日子が「彼を自分のものにしたい」という「欲」を利用されて、星名に人前で裸になれという命令を聞いてしまい、しまいには星名に「人前で簡単に脱ぐような女とは付き合えない」と冷たく突き放されてしまう場面では、同じ女性としてつらい気持ちになりました。

ただ、桐谷さん演じる吉崎に好意を抱くあまり、返信もないのにツイートをするようにメールを送り続けてしまう姿にはびっくりしました。

ペンネーム:Pontaさん(30代・女性)

さくら

『きみが心に棲みついた』第1話のあらすじネタバレ

昔から人と話すのが苦手な今日子は、すぐにてんぱってしまい挙動不審になってしまうことから、キョドコという呼び名でからかわれていました。

社会人になってからも相変わらず人と話すのは苦手でしたが、仕事への情熱や材料係としての実力は高く、デザイン科の堀田から高く評価されていました。

そんなある日、堀田が企画した合コンに誘われた今日子は、そこで吉崎という男性に出会います。

本音ではっきりものをいう吉崎に惹かれた今日子は、この人なら自分を変えてくれると思い付き合ってほしいといいますが、断られてしまいます。

しかしその後も街で偶然出会ったり、担当している漫画の感想を手紙で送ったりするうちに、メールができるようになりました。

どこか気持ちも前向きになっていた矢先、職場に突然現れたのが、昔関係のあった星名という男性でした。

彼にはいろいろと傷つけられた過去を持つ今日子は、再び不安な日々を送ることになりました。

せっかく堀田の誘いで入れそうだったプロジェクトも星名の企てによりなくなってしまい、すっかり落ち込み気味の今日子でしたが、吉崎とのつながりにより元気を取り戻します。

そんな時に新たにスカウトされたプロジェクトは、星名の計らいによるものでした。

次回以降どうなるのか、ハラハラの展開です。

『きみが心に棲みついた』第1話の感想

ちょっと挙動不審で、どこか切ない気持ちをため込んだ今日子の役は、吉岡里帆さんにピッタリだなと思いました。

とても難しい役どころで、口ごもったりパニックのようになったりするところも、とても自然に演じていると感じました。

それから星名役の向井理さんが、とても不気味で怖かったです。

今まではわりと見た目通りのいい人という印象の役が多かったように思いますが、今回に限ってはいい人の仮面をかぶった悪魔のように恐怖感を感じます。

こちらも難しい役どころですが、見事に演じられていると思いました。

仕事もでき、常に優しいまなざしで、どこからどう見ても憧れるような存在でありながら、どこか不敵さがにじみ出ていて、これからどんなふうに展開していくのかがすごく気になりました。

今のところ不思議な感じのするドラマですが、とりあえず先を見ていきたいと思いました。

ペンネーム:さくら(40代・女性)

まとめ

ドラまる
2018年冬ドラマ『きみが心に棲みついた』第1話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
2話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA