【きみが心に棲みついた】1話ネタバレと感想。星名(向井理)が怖すぎる…!

  • この記事を書いた人:こう

ドラマ『きみが心に棲みついた』第1話が2018年1月16日(火)に放送されました。

ドラまる
吉岡里帆さん主演のドラマ『きみ棲み』いよいよスタートしたね!
ラマちゃん
内容が気になるわ!

さっそく見ていきましょう!

こちらの記事では、2018年冬ドラマ『きみが心に棲みついた』第1話のネタバレと感想。第2話のあらすじをご紹介いたします。

スポンサーリンク

ドラマ『きみが心に棲みついた』第1話ネタバレ感想

小川今日子(吉岡里帆)は、勤め先の下着メーカーの先輩に誘われ人生初の合コンに参加します。

今日子は、人見知りで人前ですぐに挙動不審になってしまうため、幼い頃キョドコというあだ名をつけられてしまいました。

合コンでも、人前で自然に振舞うことに憧れ、頭で考えすぎるあまり逆に不自然になってしまいます。

ありのままの私とちゃんと恋愛してくれる人なら、だれでもいいから付き合いたい」と口走ってしまった今日子は、合コンの場を盛り下げてしまいます。

そんな今日子に、漫画編集者の吉崎幸次郎(桐谷健太)は、厳しい言葉をかけます。

今日子は、正直に気持ちを言ってくれた吉崎と一緒にいれば、自分も変われるのではないかと帰ろうとする吉崎を追いかけ「付き合ってほしい」と迫りますが、断られます。

翌日、今日子の先輩であり合コンに参加していた堀田麻衣子(瀬戸朝香)は、昨日の今日子の行動が極端すぎると注意しますが、ひたむきに勉強し仕事に取り組む今日子を高く評価しており、自身が立ち上げを任された新プロジェクトチームに今日子を引き抜こうと上に掛け合います。

生地の研究のため下着を買い込み帰宅しようとした今日子は、偶然吉崎と出会います。

厳しいことを口にしつつも、優しい吉崎は、両手に荷物を抱えていた今日子とタクシーで帰宅することに。

勉強熱心な今日子を見直します。何度もかかってきていた非通知の着信を目にしながらも出ない今日子。

それは、大学時代から忘れたくても忘れられない先輩・星名漣(向井理)からでした。

過去を断ち切るには、携帯の番号を変えるしかないと心に決めた今日子は、翌日解約の手続きをします。

徐々に自分を変えようと前に進んでいた矢先、今日子の会社に星名が現れます

星名は今日子の会社を買収した商社から、企画室長として派遣されてきました。

星名は今日子を縛り、ひどく傷つけた相手でした。

前に進もうと心に決めている今日子でしたが、星名の執着により思い出したくない過去を思い出していきます。

携帯番号を変えた今日子は、吉崎の会社へ行きますが直接会いに行ってはストーカーだと思われると恐れ、隠れます。

『俺に届け響け』という漫画が吉崎の担当漫画だと知り、今日子は本屋へ探しに行きます。

そして、吉崎の担当漫画家・スズキ次郎(ムロツヨシ)の『俺に届け響け』を読み始めます。

手紙に読んだ感想を書き、下着のデザインのアドバイスをします。

それにより、吉崎との距離が深まります

一方、星名の執拗な脅しはエスカレートします。

星名の企みにより、今日子が選ばれるはずだった堀田の新ブランドのメンバーに、同期の飯田彩香(石橋杏奈)が選ばれてしまいます。

今日子は落ち込み、また過去の気持ちにとらわれそうになりますが、吉崎や堀田の誘いや励ましにより回復していきます。

翌日出社し、また新たに努力していこうとする今日子でしたが、突然新なプロジェクトのメンバーに選ばれたと報告を受け、会議室へ行きます。

そこには知らない女性と星名がいて…。

スポンサーリンク

ドラマ『きみが心に棲みついた』第1話感想

人見知りで挙動不審なキョドコの自信のない言動が印象的でした。

今日子は、「わたしなんか」と口にしつつも本当は誰かに振り向いてほしい、という願望がつよくあるように思われます。

上がり下がりが激しくも仕事は熱心にする今日子に、強く素直に生きてほしい、そう応援したくなるようなドラマでした。

星名漣とのホラーでブラックなシーンも印象的で純粋に怖かったです。

主人公・今日子とは対照的なキャラクターもたくさん出てきており、今後の展開が楽しみです。

スポンサーリンク

ドラマ『きみが心に棲みついた』のネットの反応や感想

依存…本当に恐怖ですよね…

サイコパスでしたね…!!

苦しくて悲しくなるシーンもありましたね

ドラマ『きみが心に棲みついた』見逃し動画を無料で見る方法をご紹介!

『きみが心に棲みついた』放送終了から1週間以内はTverかTBSフリーを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『きみが心に棲みついた』第1話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年1月16日(火)23時00分〜2018年1月23日(火)21時59分

までは見られるよ!

もし、1週間以上経過してしまっている場合は以下の記事の方法で無料視聴可能です!

『きみが心に棲みついた』1話の動画を無料視聴する方法はこちら

ドラマ『きみが心に棲みついた』第2話のあらすじ

2018年1月23日(火)放送のドラマ『きみが心に棲みついた』のあらすじをご紹介します。

今日子(吉岡里帆)は慕っていた先輩の堀田(瀬戸朝香)ではなく、星名(向井理)が率いるプロジェクトチームに参加することになった。

同じチームの八木(鈴木紗理奈)は、威圧的な態度で今日子の企画を一蹴する。

加えて星名が何か仕掛けてくるのではないかと今日子は不安でいっぱいになる。

そんな時、堀田から吉崎(桐谷健太)が取材のため会社を訪れると聞き、喜び勇んだ今日子はハイヒールにミニスカートという自分らしくない格好で出社する。

そしてその勢いのまま、仕事以外で関わるつもりはないと星名の誘いを断ることに成功した。

しかし、吉崎とはすれ違い続けてしまう。

一方、その吉崎は星名を紹介されていた。

吉崎と共に取材に訪れたスズキ(ムロツヨシ)は星名の爽やかさの裏に何かあると違和感を覚える。

星名の歓迎会に参加した今日子は、同期の飯田(石橋杏奈)と星名が親しげに話す様子にショックを受ける。

必死にもう星名は関係ないと自分に言い聞かせるが、二人が手をつないでいることに気付いてしまい・・・。

公式サイトより引用

まとめ

2018年冬ドラマ『きみが心に棲みついた』第1話ネタバレと感想、第2話のあらすじをご紹介いたしました。

ドラまる
過去を断ち切れないキョドコの姿にせつなくなるなあ…。

星名漣はこわかったね!

ラマちゃん
ほんとうにサイコパスだったわね!

だんだんとみんな幸せになっていってほしいわね!次回も気になるわ!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA