ドラマ【FINAL CUT】7話ネタバレと感想。8話あらすじも

  • この記事を書いた人:てつや
ドラまる
ドラマ「FINAL CUT」第7話が2018年2月27日(火)に放送されたね!
ラマちゃん
雪子に自分の目的と祥太が事件の真犯人と伝えた慶介。

雪子は予想以上に手強そうだけど、慶介は無事に祥太や事件の真相に近付けるのかしら?

こちらの記事では、ドラマ「FINAL CUT」第7話のあらすじネタバレ感想やネットの感想や評価をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ「FINAL CUT」第7話あらすじネタバレと感想

祥太の居場所をなんとか突き止めたい慶介(亀梨和也)は、祥太の父親・小河原達夫(升毅)に接触する。慶介から12年前の事件について話を出された達夫は、ある人物と連絡を取ります。

達夫は、一体誰と連絡を取っていたのでしょうか?

そこで大地(高木雄也)は達夫を監視、その様子を見ていた慶介は、達夫と繋がっていたのが刑事部長の芳賀恒彦(鶴見辰吾)だと突き止めます。

しかし、大地が芳賀を尾行していたことを気づかれてしまい、芳賀が繋がりのある暴力団に大地を襲わせ、大地の正体を暴こうとしました。

大地に怪我を負わせたのが許せない慶介は、芳賀を追い詰めることを改めて決意。

そして、芳賀にもファイナルカットを突きつけます。

ところが、そこに高田(佐々木蔵之介)が現れ、高田は慶介にカメラを見せます。

慶介が芳賀を脅した様子をカメラに押さえていたのです。

高田、やはり慶介の敵だったのですね…。

そして、その映像と慶介が用意した芳賀へのファイナルカットを交換しないかと交渉する芳賀。

ところが、そのカメラは壊れていて録画されていないからその条件は突きつけられないと話す高田。

更に、12年前の捜査の不審点から、小河原祥太を再度洗い直す必要があると芳賀に伝えます。

高田さん、味方でした!!

しかも、高田は事件の真相を突き止めるために水面下で動いていたことも判明。

そして、恭子が無実だと思っていると慶介に伝えます。

高田さん、いい人だったんですね。このシーンは目頭が熱くなりました。

更に事件当日のことを改めて高田から聞いた慶介は、事件当日、祥太が事件現場にいたことを確信します。

それをはっきり慶介から突きつけられた雪子は思わず感情的に。しかし、そんな雪子に対して慶介は思わずキスをしてしまいました。

更には、若葉は祥太らしき人物とメールをしており…。

第7話は、展開があまりにはやくてついていくのが大変でした。

ですが、高田が実は善人であったというのはいい意味で衝撃的でしたね。

しかし、これは慶介にとってかなりプラスになりますよね!

これが、物語にどう影響していくのか…次回も楽しみです!

スポンサーリンク

ドラマ「FINAL CUT」第7話ネットの感想や評価は?

https://twitter.com/Ai1016tama/status/968476536784396288

https://twitter.com/kaaame23_luvya/status/968476151696912385

ドラまる
高田がまさかの味方だったという展開には驚きだったね!
ラマちゃん
まさしく、意外な展開だったわ!

でも、高田が味方というのは慶介にとってかなり心強いと思うわ。
真相へも大きく近づきそうね。

https://twitter.com/sarada_0326/status/968468033575428097

https://twitter.com/Mari1002Kattun/status/968480382789214208

ドラまる
慶介と大地の友情シーンは感動的だったね!
ラマちゃん
大地が慶介に協力している理由も改めて分かって、2人の絆が更に強まったわね!

スポンサーリンク

ドラマ『FINAL CUT』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『FINAL CUT』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『FINAL CUT』7話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ「FINAL CUT」第8話のあらすじ

ここでは、2018年3月6日放送のドラマ「FINAL CUT」第8話のあらすじをご紹介します。

ついに、小河原祥太の名前を捜査資料から削除した黒幕が芳賀(鶴見辰吾)だと突き止めた慶介(亀梨和也)。

さらに、高田(佐々木蔵之介)が事件の真相を知るため独自に動いていたことを知り、慶介は「君のお母さんは無実だと思っている」という高田の言葉に胸を熱くする。

事件当日の状況をあらためて高田から聞いた慶介は、祥太が事件当夜、間違いなく現場にいた証拠に気付く。

慶介から12年前の真実を突きつけられた雪子(栗山千明)は、家族と慶介との間で板挟みになり激しく動揺。慶介もまた、そんな雪子への思いを抑えきれず、2人は一夜を共にする。

その頃、若葉(橋本環奈)は祥太らしき人物とメールでつながっていた。

祥太の手がかりが得られず、もどかしさを感じていた慶介のもとに、百々瀬(藤木直人)から祥太について話があると電話がかかってくる。

その誘いに応じ、向かった『ザ・プレミアワイド』の会議室で慶介を百々瀬と共に待ち受けていたのは、井出(杉本哲太)、真崎(水野美紀)、小池(林遣都)、皆川(やついいちろう)。

そこで慶介が見せられたのは12年前に取材した事件のVTR。食い入るようにその映像を見つめる慶介に、百々瀬は「うちを利用して欲しい」と、祥太探しの協力を持ち掛けて…。

高田が残した事件記録から、祥太が真犯人だという新たな手がかりを見つけた慶介は、祥太をかくまう小河原家を切り崩すため、雪子を脅すことを決意。ついに、慶介が、愛する女性にもファイナルカットを突きつける!その頃、慶介と雪子が互いに心を引かれていることに気付いた若葉は嫉妬に狂い、とんでもない行動に出て―。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ「FINAL CUT」第7話のあらすじネタバレと感想、第8話のあらすじをご紹介しました。

敵の可能性大だった高田か味方で、事件の真相を突き止めるために地道に調べていたとは…!

しかも、ラストで慶介が雪子にキスを!

第7話は展開がジェットコースターのようで、かなり濃かったですね。

終盤に向けて、かなり盛り上がってきました。

ドラまる
雪子にファイナルカットを突きつけるシーンは、なかなか辛いシーンになりそうだね。
ラマちゃん
雪子に嫉妬した若葉の暴走も気になるわね。

慶介、雪子、若葉の三角関係もドラマの見どころになりそうね!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA