ドラマ【FINAL CUT】6話ネタバレと感想。7話あらすじも

  • この記事を書いた人:てつや
ドラまる
ドラマ「FINAL CUT」第6話が2018年2月13日に放送されたね!
ラマちゃん
雪子に目的を見破られてしまった慶介。
百々瀬にもうまく利用されてしまいピンチ!

これをどう乗りきるのかしら?

こちらの記事では、ドラマ「FINAL CUT」第6話のあらすじネタバレやネットの評価をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ「FINAL CUT」第6話あらすじネタバレと感想

「ザ・プレミアワイド」メンバーは百々瀬(藤木直人)の呼び掛けにより、会議室へ集められます。そこで、局内から回収した隠しカメラを見せました。

それにより、慶介からファイナルカットを突きつけられ脅迫されていたことをついに共有した「ザ・プレミアワイド」のメンバー。

しかし、百々瀬は母親が殺人事件の容疑者である息子が報道のプロを脅すというのはいいネタになると企み、慶介について調べるよう命令をします。

自身のピンチをここまでポジティブに変換できてしまう百々瀬…、もはや言葉が見つかりませんね。

そんな中、人気料理研究家・柴みちる(今野杏南)が殺害されるという事件が発生します。その容疑者としてみちるの恋人・矢口(中村倫也)が浮上。

慶介が自宅に戻るとなんとそこに慶介のメディア被害サイトのハッキングをして慶介の居場所を突き止めた矢口の姿が。矢口は、自身の無実を訴えます。矢口に同情をした慶介は力になると伝え矢口を一晩泊めることにしましたが、翌朝矢口の姿はありませんでした。

矢口、何か裏がありそうですね。一体、何者なのでしょう?

しかし、矢口が容疑者であること前提に捜査は進み、矢口は公務執行妨害で新宿中央署へ連行されます。ところが一瞬の隙を狙って逃走した矢口。道路へ飛び出した矢口の目の前には車が…!

そこを慶介が救い上げ、矢口は助かります。

矢口逮捕の瞬間を報道しようとしていた「ザ・プレミアワイド」は、慶介が矢口を救助した瞬間をカメラにおさえ、慶介をお手柄警察官として取り上げざるを得ない状況に。

一見、慶介が再び有利になったようにも感じますが、百々瀬はまだ何か企んでそうですね。

また、慶介が矢口を救助したことで、慶介が警察官であることも知った「ザ・プレミアワイド」メンバー。それをテレビで見ていた雪子も慶介が警察官であることを知ります。

慶介が警察官であることを知った雪子は、慶介を呼び出し、本当のことを教えてほしいと言います。そこで、慶介は事件の概要と祥太が真犯人であることを伝えます。

ついに、慶介は自分の目的を雪子に伝えましたね。

「ザ・プレミアワイド」メンバーをはじめとした事件関係者に復讐をし真実を突き止めたい一心で動いてきた慶介。ここへ来て、慶介の良心的な部分か目立つようになってきた気がします。

また結局矢口はみちる殺害の犯人ではありませんでしたが、何故慶介の前から突然いなくなったのでしょうか?

12年前の事件と何か関係があるのか?

今後の展開がますます気になります!

スポンサーリンク

ドラマ「FINAL CUT」第6話のネットの感想や評価は?

https://twitter.com/me6on0emon/status/963421040066965505

ドラまる
確かに、祥太が犯人であること前提に慶介が動いているのが気になるね。
ラマちゃん
恭子を犯人と決めつけたことで追い詰められた恭子と慶介。

しかし、そんな慶介が祥太を犯人と決めつけて小河原家を追い詰めるなんて展開もあったりするのかしら?

ドラまる
第7話では、大地(高木雄也)さんがピンチ!?
ラマちゃん
どことなく怪しい予感もある大地。

果たして、慶介をサポートするいいヤツでいてくれるのかしら?

スポンサーリンク

ドラマ『FINAL CUT』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『FINAL CUT』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『FINAL CUT』7話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ「FINAL CUT」第7話あらすじ

ここでは、2018年2月27日放送のドラマ「FINAL CUT」第7話のあらすじをご紹介します。

12年前、テレビ番組『ザ・プレミアワイド』がきっかけで母・恭子(裕木奈江)を殺人犯扱いされ、亡くした慶介(亀梨和也)は、当時の番組関係者に致命的弱点を捉えた映像“ファイナルカット”を突きつけ、なぜ母親への犯人視が始まったかを追及している。

事件当時、警察幹部の芳賀(鶴見辰吾)が捜査情報をリークし、司会者の百々瀬(藤木直人)が番組で恭子を犯人視し始めたことを突き止めた慶介だったが、ある日、警察官としての姿がテレビ中継されてしまう。

雪子(栗山千明)に呼び出された慶介は、ついに本名を明かし、母が犯人扱いされた事件の真犯人・小河原祥太の行方を突き止めるため、妹である雪子と若葉(橋本環奈)に近づいたと打ち明ける。しかし、雪子は「あの日、兄は家にいた」と言い返し、慶介の言葉に耳を貸そうとしない。

慶介が警察官だと知った百々瀬、井出(杉本哲太)、真崎(水野美紀)、小池(林遣都)、皆川(やついいちろう)は早々に慶介の身元や経歴を調べ上げ、慶介の前に現れる。

祥太の居場所を早く探らなければと考えた慶介は、父親である弁護士の小河原達夫(升毅)に狙いを定める。

相談客を装って訪れた慶介は、12年前の事件についての依頼だと切り出し、達夫を動揺させる。

慶介の揺さぶりで動き出した達夫は、意外な人物にコンタクトをとり…?

その夜、高田(佐々木蔵之介)は百々瀬から、12年前の事件のことで慶介からコンタクトがあり迷惑を被ったと聞く。

しかし、百々瀬は「事件の真相を探るつもりだ」と告げ、高田を驚かせる。

一方、雪子から慶介の正体を知らされた若葉は、慶介の前に現れ、「お兄ちゃんの居場所を調べるから恋人にして」と持ちかける。

同じ頃、達夫を監視中の大地(髙木雄也)に魔の手が忍び寄り―。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ「FINAL CUT」第6話あらすじネタバレと感想と第7話のあらすじをご紹介しました。

雪子に目的を話した慶介は、これから小河原家とどう関わっていくのか?

そして、祥太はどこにいて、本当に事件と関与しているのか?

祥太が物語の鍵を握っていることは間違いないと思いますが、祥太の存在がますます気になりますね。

また、百々瀬が慶介をどう利用していくのかも気になります。

ドラまる
慶介をお手柄警察官として報道した百々瀬は、果たして慶介をどう利用していくのか見どころだね。
ラマちゃん
矢口を慶介が救ったのは偶然とはいえ、番組で慶介をフィーチャーしたのは、百々瀬の作戦だったのではないかしら?

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA