ドラマ【FINAL CUT】3話ネタバレと感想。4話あらすじも

  • この記事を書いた人:てつや
ドラまる
ドラマ『FINAL CUT』第3話が2018年1月23日に放送されたね!
ラマちゃん
今回のターゲットは林遣都さん演じるディレクターの小池ね。慶介はどうファイナルカットを突きつけるのかしら?

こちらの記事では、ドラマ『FINAL CUT』第3話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『FINAL CUT』第3話あらすじネタバレと感想

自分の本名を高田(佐々木蔵之介)に知られていた慶介(亀梨和也)は、とっさに恭子の事件の時に警察が親身になってくれたと話します。

ですが、そこで警察は何の頼りにもならなかったという慶介の心の声が。

やはり、慶介は警察も恨んでいるようですね!

高田も復讐をするターゲットになるのでしょうか?

そんな中、慶介は恭子の事件当時に番組ADだった小池(林遣都)がネットの中で神扱いされていることを知ります。小池は問題ある人物のあらゆる個人情報をネットに書き込んでいました。

慶介は、そんな小池を今回のターゲットに決めます。

どうやら慶介は小池と恭子の事件を巡って、何かあったようですね。

小池は、生徒に暴言を吐いた中学校の音楽教師・沢渡(関めぐみ)の取材に成功し、「ザ・プレミアワイド」での特集を提案します。

百々瀬(藤木直人)の反応は好感触で、小池の提案は採用されました。

放送後、沢渡に対する反響が予想以上に大きかったことから、「ザ・プレミアワイド」では沢渡について更なる特集を組もうとします。

そんな中、沢渡の元へ慶介が。

そこで、沢渡は慶介に暴言を吐いたことは事実であると認めた上で、暴言を吐いた理由を話始めます。

音楽を担当している沢渡は、合唱コンクールに出場する生徒を選んでいました。その中で、ある生徒にソロパートを任せた沢渡。

ところが、沢渡からソロパートを任された生徒は他の生徒から嫌がらせを受けるようになります。

嫌がらせのシーンはなかなか酷かったですね。

そして、その事実を知った沢渡は、嫌がらせをしていた生徒を呼び出します。

しかし、沢渡から注意を受けた生徒は逆上し、沢渡を脅しました。

その時、その生徒へ暴言を吐いてしまったとのことでした。

沢渡は、ただの悪人ではなく、むしろ正義感ある教師だったんですね。

一方、小池の元には沢渡の一件に関与していた生徒が。

その生徒の話によれば、沢渡に暴言を吐かせるようわざと仕向けた計画的なものであったといいます。

その事実を知った沢渡は、葛藤します。

そして「ザ・プレミアワイド」で沢渡の特集を放送する直前、小池の様子に異変を感じた百々瀬の機転により、特集は見送り。

その後、小池が計画をした生徒の個人情報を書き込んでいるとそこに慶介からのメッセージが。慶介は、小池を呼び出します。

今回もついにファイナルカットの時間です!

慶介は、いつも通り小池にファイナルカットを突きつけますが、ここで意外な事実が。

恭子のお通夜で、恭子の遺体にカメラを向けようとした小池を止めた慶介。すると、小池は何でもいいから撮ってこいと言われて来たが、やはり自分にはできないと言って泣きながらその場で謝罪。

唯一、恭子に手を合わせてくれたのが小池だったとのこと。

慶介は小池に相当な恨みがあったのかと思いきや、意外でしたね。

また恭子を犯人扱いした理由を聞こうとすると、小池は当時怪しい人物のリストを作成していて、そこには小河原祥太の名前が。

小池は、祥太が怪しいことをちゃんと調べていたんですね。

小池曰く、それを上に報告したが却下されたとのこと。

却下された理由について詳しく調べろと言う慶介。

一方、慶介は雪子から祥太は現在行方が分からず、死んだことにしようと家族の中でなったことを明かします。

小池の発言や祥太が行方不明など、少しずつ色んなことが分かってきましたね。

祥太は一体どうしているのか?

今後の展開に目が離せません!

スポンサーリンク

ドラマ『FINAL CUT』第3話ネットの反応や感想

ドラまる
回を増すごとに、祥太の怪しさが増してきているね!
ラマちゃん
女児殺害の犯人は、祥太で間違いなさそうかしら?

ドラまる
高木雄也さん演じる野田大地が怪しいとみている方もいるね!
ラマちゃん
大地の年齢だと小河原家の兄はないような気もするけど…確かに、ただの幼馴染みだけで終わらない気もするわね!

スポンサーリンク

ドラマ『FINAL CUT』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『FINAL CUT』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『FINAL CUT』3話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『FINAL CUT』第4話あらすじ

2018年1月30日放送ドラマ『FINAL CUT』第4話あらすじをご紹介します。

慶介(亀梨和也)は、高校生の頃、あるテレビ番組をきっかけに母・恭子(裕木奈江)を女児殺害事件の犯人扱いされ、無実の罪で亡くした男。

12年後、警察官になった慶介は、母を死に追いやった番組関係者に次々と“ファイナルカット”という致命的弱点を捉えた映像を突きつけて制裁し、“ある目的”のため言いなりにしていく。

当時、人気司会者・百々瀬塁(藤木直人)率いる番組『ザ・プレミアワイド』が、「若い男を見た」という恭子(裕木奈江)の目撃証言は放送せず、小池(林遣都)が作った犯人候補者リストも追及せずに終わっていたことを突き止めた慶介。

なぜ番組は当時、警察よりも早く、恭子を犯人扱いし始めたのか?

ある日、慶介が運営するメディア被害の通報サイトに、今度は「ザ・プレミアワイド」のカメラマン・皆川義和(やついいちろう)に関する相談が寄せられる。慶介は、かつて自宅に押しかけ、執拗(しつよう)にレンズを向けて母を追いつめた皆川をターゲットにし、動向を追い始める。

一方、慶介は、『ザ・プレミアワイド』が母を犯人扱いし始めた背景に警察が絡んでいるのではないかと考え、12年前、事件を捜査していた上司の高田(佐々木蔵之介)に疑惑をぶつける。

その頃、慶介が扮(ふん)した“マモル”との恋に夢中な若葉は、マモルとの食事にサプライズで雪子を同席させることを思いつく。雪子が思いを寄せる“吉澤”がマモルと同一人物だとは知らず、マモルを待つ2人。

そうとは知らない慶介は、姉妹が待つ店へと向かい……。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『FINAL CUT』第3話ネタバレ感想と第4話あらすじをご紹介しました。

女児殺害事件の真相について、少しだけ近づいた気がした第3話でしたね。

何故、小池の報告は却下されたのか?

却下した上とは…?

祥太は、生きているのか?

ドラまる
進展したとはいえ、まだまだ謎が多いね。
ラマちゃん
慶介が祥太にファイナルカットを突きつけられるのかも今後のポイントとなりそうね!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA