ドラマ【BG身辺警護人】8話見逃し動画無料視聴はこちら|3月8日放送

  • この記事を書いた人:マスダ

『BG〜身辺警護人〜』第8話(2018年3月8日(木)21時00分より放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『BG〜身辺警護人〜』第8話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『BG〜身辺警護人〜』の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『BG〜身辺警護人〜』第8話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

スポンサーリンク

ドラマ『BG〜身辺警護人〜』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『BG〜身辺警護人〜』放送終了から1週間以内はTverなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『BG~身辺警護人~』第8話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年3月8日(木)放送終了後〜2018年3月15日(木)19時00分

までは見られるよ!

※GYAOは放送翌日金曜日12時からの配信です。

放送終了から1週間以上経過している場合

放送終了から1週間以上経過してしまった『BG〜身辺警護人〜』を見る方法について、先に結論からご紹介すると、現在U-NEXTとビデオマーケットで配信されています。

U-NEXTは31日間無料、ビデオマーケットは初月無料となっているので、この2つを活用すれば見逃し動画を見ることが出来ます!

U-NEXT無料登録はこちら

ビデオマーケット無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

U-NEXTの詳細解説

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『BG〜身辺警護人〜』はポイントレンタル配信されるので

登録時にもらえる600ポイントを使えば『BG〜身辺警護人〜』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

もちろん、無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

『BG〜身辺警護人〜』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

ビデオマーケットの詳細解説

ビデオマーケットは配信本数17万本以上を誇る、日本最大級の動画配信サービスです。

DRAMAP編集部ではU-NEXTとビデオマーケットどちらも利用していますが、使用感としては、ほぼ同じ印象です。

ビデオマーケットのメリットとしては

  • プレミアムコース:月額540円
  • プレミアム&見放題コース:月額980円

という2つのコースが用意されていることと、基本料金がU-NEXTよりも安いことが挙げられます。

また、どちらのコースに入ってもレンタル対象作品に使用できる540ポイントが毎月付与されます。

540ポイント無料付与サービスは初月無料キャンペーン登録時にも適用されるので、このポイントを利用すれば『BG〜身辺警護人〜』の見逃し動画1話を無料で見ることが出来ます!

もちろん、初月無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラまる
1点だけ、注意点としてはビデオマーケットの無料期間は登録時から31日ではなく、1日〜月末までの初月無料となるところ!
ラマちゃん
4月を例に出すと、4月1日〜4月30日が無料期間になります。

仮に4月29日に登録をしてしまうと、無料期間は4月30日までの2日間のみとなってしまうので要注意!

上記の無料期間の点だけ気を付ければ非常に充実度の高いVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので、この機会に是非チェックしてください!

『BG〜身辺警護人〜』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる540ポイントを利用して視聴!

※紹介している情報は2018年1月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

※最新話放送終了から数日間は配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近は放送中のドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜

スポンサーリンク

2018年冬ドラマ『BG〜身辺警護人〜』第8話のあらすじ

2018年3月8日(木)放送のドラマ『BG〜身辺警護人〜』第8話のあらすじをご紹介します。

厚生労働大臣の愛子(石田ゆり子)と民事党幹事長・五十嵐(堀内正美)の会食の場で起きた発砲事件により、撃たれた村田(上川隆也)。

五十嵐が犯人を挑発したことにより起きた事件ではあるが…世論は、「出しゃばった民間のボディーガードが無謀な行動をして撃たれた」と否定的な目を向け、現場にいた愛子や五十嵐、そして警視庁のSPたちも、みずからの保身のために真実を語ろうとはしなかった。

なんとか村田の汚名をそそぎ、民間ボディーガードとしての名誉も回復したい章(木村拓哉)たち身辺警護課のメンバー。

しかし、警察ですら真実を明かしてくれない現状に為す術もない。

これまで通りの業務を続けようとする章に対し、高梨(斎藤工)は「泣き寝入りするのか」と、反発する。

さらに、沢口(間宮祥太朗)までもが「ボディーガードを辞めさせて欲しい」と言い出してしまい…?

そんな中、SPの落合(江口洋介)をともない、愛子が章を訪ねて日ノ出警備保障にやってきて…!?

公式サイトより引用)

スポンサーリンク

2018年冬ドラマ『BG〜身辺警護人〜』第8話 放送前の期待度まとめ

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『BG〜身辺警護人〜』第8話の見どころや期待度をご紹介いたします。

ラベンダー
村田課長が足を怪我して、救急車で運ばれるとき容態が急変したが、その後、容態は落ち着くと予想します。

民間のボディーガードが撃たれたことで、ボディーガードのイメージが悪くなり、世論やマスコミが騒ぎだすことになります。

発砲事件があったレストランにいた五十嵐幹事長たちは警察に事実を話さないと思います。

五十嵐幹事長の元秘書が収賄事件の罪をかぶっているので、この事実を公に知られたくないためにこの事件はお蔵入りします。

この発砲事件で、身辺警護課を辞めるメンバーが出てきて、メンバーの絆がばらばらになっていくことのないように期待します。

ペンネーム:ラベンダー(50代・女性)

garlic
撃たれた村田が無事なのかどうかを、まずはすぐ確認させてほしいです。

政治家を狙った発砲事件でしたが、どうやら現場に居合わせた政治家やSPらは真相を公にしようとしないようです。

村田は人質になりかけた多くの客を逃し、犯人確保にも協力した、それが事実なのに、おそらくは身勝手に撃たれたという話にでもされるのでしょう。

それを明るみにしたい、村田の名誉とボディーガードとしての誇りを保ちたいと思う島崎らが、何とかしようと奔走する姿を描くかと思います。

ポイントとなるのは島崎に特別な感情のある現職大臣の立原と、彼女を警護するSP落合とが、島崎の熱意に応えるかどうかでしょう。

ペンネーム:garlic(40代・男性)

はるか
次回は、五十嵐幹事長の秘書の事件により負傷した村田の名誉を守るBGの戦いです。

注目ポイントは、高梨が、熱く村田のために他のメンバーに名誉を守るために戦う事を語るシーンだと思います。

そして、SPが、どう行動するかも楽しみです。

今回の負傷は、SPの仕事の助けでもあるので落合あたりには、村田の名誉を守るために動いてくれると思います。

愛子もあの場所にいたので助けてくれると思います。

村田の負傷をみて身辺警護人は、つくづく危険な仕事だと思いました。

それでも身辺警護という仕事について戦う姿は、すごい人達だなと思いました。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

かな
村田はあのまま亡くなってしまったと思います。

政治家もSPもいた発砲事件で人が1人亡くなってしまった事で真相を葬られてしまったのではないかと思います。

なかったことにされようとしているのを知った章達はきちんと発砲事件の事を公にすべきだと動くんだと思いますがそこは中々すんなりとは行かずに苦労するのではないかと思います。

愛子もはじめは口を閉ざしていると思いますが次第に章達の行動に心を動かされて真相を話すのではないかと思います。

落合との溝も今回の発砲事件をきっかけに少しずつ近づいていくのではないかと思います。

ペンネーム:かな(20代・女性)

黒猫の嫁の葵
私は、きっと村田課長は生きていると信じています。

蘇生が間に合って、何とか一命は取り留めると、そう信じています。

悲しすぎますから。

来週以降は、発砲事件に伴って、冷ややかな視線を浴びることになるであろう、BGの面々です。

全員保身に走るという状況の中、何とか汚名をそそいでほしいと思います。

そのカギは、やはり立原大臣にあると思っています。

来週を予告を見る限り、立原大臣はSP落合を伴って、章の前に現れることが予想されます。

どのような用件でやってくるのか、それが来週の見どころであると思います。

願わくば、BG達のために何か動いてくれると、信じています。

ペンネーム:黒猫の嫁の葵(30代・女性)

kantapokemon
最終回言うことなので、想像を超えてほしいのですが、私の予想は、身辺警護課の課長が救急車の中で死亡します。

政治家の事件に巻き込まれて死んだのに、報道発表一切なし、おかしいと思った、身辺警護課の人たちが、政治家に、直接抗議に行くも、
spによって門前払いなので、島崎が、女大臣に相談し何とかして、政治家への、接触試み、会うことの成功するのだが、この政治家の、ダメさ加減が、半端なく、島崎は、政治家につかみかかる、それを、spが止めるのですが、安全を確保した政治家が、島崎に、許せない言葉を言う
それを聞いたspが、政治かを殴り、もうあなたは、守れないといいその後、政治家が逮捕されて終わりという、予想です。

ペンネーム:kantapokemon(40代・男性)

2018年冬ドラマ『BG〜身辺警護人〜』第8話のあらすじネタバレと感想!

garlic

『BG〜身辺警護人〜』第8話のあらすじネタバレ

身辺警護課長・村田五郎は、政治家に恨みを抱きその政治家の前に拳銃を所持して現れた元秘書が起こした篭城騒ぎの渦中被弾、救急搬送されるも息絶えてしまう。

その後の報道は拳銃自殺を図ろうとした男に対して村田が挑発をした為に撃たれ死亡したことになっていた。

本当のことを公表すれば政界の実力者の悪事が明るみになるので、それを隠蔽すべく村田が常識外の行動に出た末に死んでしまった話にされたのだ。

現場にいた政治家とSPが口裏を合わせる中、村田の汚名を返上する策が一つあった。

村田が常に所持し、仕事に関わるすべてを録音していたICレコーダーだ。

あの日も録音をしていたはずだと、島崎たちは村田の息子の遺品返還請求に同行した。

ICレコーダーは息子の手に還ってきたものの肝心の事件時の録音データは削除されていたようだ。

怒りに震える島崎は、あの現場にいた厚労大臣・立原愛子に直談判する。

前々から自身の立場を疑問視していた立原は島崎に心を動かされ、大臣を辞してまで真相を公にする為に日の出警備保障を訪れる。

その裏でSPの落合が、島崎に消えてもらうことを口にしていた。

『BG〜身辺警護人〜』第8話の感想

前話のエンディングで覚悟はしていましたが、もしかしたら助かっているかもと少しばかりの期待をかけていた村田さんの安否。

でも、残念な結果でした。

村田さんは勘違いSPという汚名のままです。

理想的な上司像ともいえる村田さんの姿を全編にわたり回想の形で挿し込んでいましたが、ジーンとくるものがありました。

これで結束するのかと思えたドラマスタート時の身辺警護課はメンバーそれぞれが元々良い所を持っていたということもありますが、村田さんのおかげでまとまった部分も大きいと思っていました。

もう回想だけで新しい演技シーンは無いのかなと感じると残念です。

しかも、村田さんがスイッチを入れていたICレコーダーも役立たずで終わるのでしょうか。

データ削除は念入りの上に念を重ねてのことで復元は絶対不可能なのでしょうか。

このままでは「無駄死にさせてはいけません!」と叫んでいた村田さんが無駄死にだよと思ってしまいました。

ペンネーム:garlic(40代・男性)

まるり

『BG〜身辺警護人〜』第8話のあらすじネタバレ

村田課長の死は、事件現場で警察のSPもいたが、警察は自身の失態という批判をかわすため民間警護の勘違い警護が死を導いたと批判にさらされる結果になった。

村田課長の下でBGをやっていた各個に思いがあり、やるせない気持ちは同じでも、村田課長の死を揶揄する世論を覆す方法でチームはバラバラになりかける。

BGは死と隣り合わせだが、死を覚悟してはならないという村田課長の名誉を回復するために高梨は、村田課長が録音していた、発砲現場のデータがあるに違いないことに気づいた。

しかし、警察のSPがいるなかでの発砲事件で、警察は録音データを消去していた。

立原愛子大臣は、警察のSP落合から村田が昔の上司であることを告げた。

島崎の訴えに立原が、大臣を辞めてまで証言することを決意します。

島崎が守りたいのは、村田課長であり、民間で警護にあたる人々の名誉なのか?

『BG〜身辺警護人〜』第8話の感想

民間の警護の限界は、ドラマのテーマでもあり、村田課長が警護最中の死亡したことでそのテーマを浮き彫りにした形である。

民間警護の島崎と、警察のSP落合はそれまで対立関係にあったが、警察の不祥事を容認できない落合が、ついに島崎に気持ちを寄せてきた。

警察対民間の警護という図式から、ラストに向けてストーリーが大きく動き出した感じがする。

ドラマ当初から、武器ももたず護身術だけで、警護対象を守る、民間の警護の矛盾は常に感じていたので、その矛盾を浮き彫りにする今回は
非常に面白かった。

村田課長の死に対する、濡れ衣をはらしたい島崎と高梨のアプローチの差も興味深いと思った。

ペンネーム:まるり(50代・女性)

tom

『BG〜身辺警護人〜』第8話のあらすじネタバレ

村田の死はBGが挑発的な行動を取った為という誤った報道がされてしまいました。

氷川や愛子もその報道を否定することはしませんでした。

章たちは何も出来ない現状を嘆きながらも、日々の警護をすることが村田への供養だと力を合わせて警護を続けます。

一方高梨は村田の名誉を回復するため別行動を取っていました。

そして村田が警護のたびに周囲の音声を録音していたことを知ります。

遺品の中にレコーダーはありませんでした。

レコーダーは返品されましたが、氷川に阻止され当日の音声データは削除されていました。

章は愛子の元に行き、事実を公表してほしいと必死に懇願します。

愛子は悩みましたが五十嵐に事実を認めるべきだと伝え、大臣を辞める覚悟を決めました。

愛子は章たち4人に会い「私が事実を公表します」と伝えました。

『BG〜身辺警護人〜』第8話の感想

村田の死の真相を隠そうとする氷川や五十嵐は最低ですね。

事実を平気で捻じ曲げる五十嵐はもちろんですが、警察組織のためにという歪んだ正義のために事実を隠蔽しようとする氷川にも怒りを覚えます。

落合も最初こそ事実を公表すべきと進言したものの最後には氷川に協力する立場となってしまったのは残念でした。

そしてまさか愛子が大臣を辞める覚悟までして事実を公表する気になったのは意外でした。

偽りだらけの政治に憤りを感じて、自分の限界を感じたのかもしれませんね。

愛子が章たち4人に覚悟を伝えるシーンが印象に残りました。

章たちと愛子の覚悟が身を結ぶような結末に期待したいですね。

最終回も楽しみです。

ペンネーム:tom(40代・男性)

てるてるぼうず

『BG〜身辺警護人〜』第8話のあらすじネタバレ

村田課長がなくなり、島崎達は必死で動揺を無くそうとしている。

そんなやさき、今回の事件は、村田課長の出すぎた行動でこうなった。

という、政治家、警察庁が一緒になって、村田課長に責任を押し付けて、何もなかったかのようにした。

その屈辱に村田課長の息子がやり場がなくなり、島崎達と息子が、父の、課長の名誉のために、屈辱をはたしいくことにする。

村田課長の遺品を警察庁に返してもらいにいく。

島崎は、女大臣から、島崎が狙われているのでくれぐれも気をつけてほしいと、話された。

島崎は、確かに、誰かに狙われていた。島崎は自分の息子に何かあってはいけないと、息子を別れた奥さん、息子の母親の元に返すことにした。

もしかしたら、もう会えなくなるかもと、よぎりながら、息子と別れていく。

島崎は、村田課長の名誉を守るため、島崎は、女大臣に、真実を語ってくれと必死にさけぶ。

大臣のSP達に抑えられても、島崎は叫び続ける。

しかし答えはない。

島崎は、島崎達はこれでも自分達は絶対にあきらめないと投げつた。

それから、女大臣は、大臣をやめ、真実を語ることを決意し、島崎達と戦うことを、誓う。

それは、村田課長のため、自分のために。島崎達は、村田課長の真実のために戦うと誓うのでした。

『BG〜身辺警護人〜』第8話の感想

自分達の上司を失い、心もズタズタになりながらも、真実を伝える。

村田課長の名誉を守るために戦う心に感動をしました。

一番感動したシーンで、島崎が、女大臣のSP達に抑えられながも、投げつけた言葉です。

「私達は、地位も、名誉も、武器も失ったんです。」この言葉に胸が熱くなりました。

島崎達は、自分達を指揮してくれる、村田課長を失い、何も持たなくなった。

自分達を守るため、嘘を、突き通して、何もなかったかのようにしている、大臣達、警察庁達に、投げつけた言葉です。

村田課長を、村田課長の家族の名誉のため、チームが一つとなって守り続け、小さい武器を持たないボディガード達が、大きい集団に戦いをいどむ姿は、愛する者を守るため、命をかけて戦う島崎達の心に、感動しました。

ペンネーム:てるてるぼうず(50代・女性)

kazu464

『BG〜身辺警護人〜』第8話のあらすじネタバレ

厚生労働大臣・立原愛子と民自党幹事長・五十嵐の会食の席にもと五十嵐の秘書が来て、五十嵐に謝ってくれと言った事件が有った。

この事件で五十嵐の秘書がBGを遣っていた村田課長が撃ち、村田課長は救急車の中で死んでしまう。

五十嵐の秘書が発砲したのは五十嵐が元秘書を挑発したためであった。

世間では民間のボディガード会社のBGが出しゃばりで遣った無謀な行動を起こしたため撃たれたと評価された。

章達、日の出警備保障の面々は誤った評価を払拭するように証拠を探すため村田課長の家へ向かう。

村田課長の妻は警察から返してもらった村田課長の遺品を出す。

しかし、遺品の中には、肝心のボイスレコーダーが無かった。

村田課長の息子は警察に行ってボイスレコーダーを返してもらうが事件当日のデーターは消されていた。

ある日、章は愛子が出かけるところへ行って、事件当日の出来事の真実を発表してと願い出る。

愛子は事件当日の出来事を発表すると五十嵐のもとに行く。

愛子は章に厚生労働大臣を辞めると言う。

『BG〜身辺警護人〜』第8話の感想

愛子は章に元テレビキャスターの感であるが章の身辺に身の危険があるとアドバイスする。

章は常に誰かにつけられて居る事に気が付く。

章は身の危険を感じ、息子・瞬を元妻・仁美の所へ預ける。

章は誰が何のためにつけられてているのかわからない。

ある日、バイクで2人の男が章の前に来てバールで章を叩きつける。

章を狙っているのは誰か?

章、個人を狙っているのか?

日の出警備保障を狙っているのか?

SPの落合は、上司の氷川に章に居なくなって貰う方がよいと言う。

組織としてのSPは常にBGの面々を煙たがっている。

SPはBGを無くす事を考えているのではないか?

理由は今回の事故のようにSPが隠し通そうとしても隠すことが出来なくなっているのはBGが動いているからである。

ペンネーム:kazu464(60代・男性)

SPBG

『BG〜身辺警護人〜』第8話のあらすじネタバレ

村田が撃たれ病院に搬送中、意識を失い亡くなってしまう。

警察の記者会見、容疑者は、五十嵐の元秘書。

氷川はSPは要人警護が任務と答える。

報道でBGが挑発したとなる。

村田の葬儀で社長の今関がこのまま終わらせない、村田課長が残した事を受け止めようと話す。

村田の妻が腕時計を棺に載せ、ご苦労様でしたと語りかけ、章たちが時計を合わせ誤差なしと涙する。

章、高梨、沢口は村田の死によって考えがバラバラになる。

氷川は間違っていないとSP達に話す。

落合は、真相を隠す事、元SP村田さんの汚名を口にするが、氷川は相手にしない。

章に沢口は、母がやめろと言っていると話す。

更に沢口は高梨も辞めるかもしれないと言う。

高梨は落合に事件の真相を頼むが、落合は立ち去る。

五十嵐は立原に手段を選ばないと言う。

章の元に落合と立原が来て、身辺に気をつけてと話す。

高梨は村田のパソコンに警護中の音源を発見、村田の携帯など警察から返却がない。

章に高梨から連絡で、村田の家に行く。

高梨は章に携帯とICレコーダーが無いと言い、事件証拠になると考える。

章達は、所持品の返還請求に行く村田の息子を警護する。

高梨が章に自衛隊をやめた理由を話す。

後輩と組み事故で後輩は除隊し、高梨も辞めた。

後輩と村田の息子が似ていて、うやむやにしたくないと話す。

沢口はBGを続けると言い、まゆが5人の写真を見る。

章が帰りに尾行され、息子の瞬を母親の所に帰す。

章と高梨は、村田の息子を警視庁まで警護する。

村田の携帯とICレコーダーが返されるが、事件当日のデータは無い。

落合は村田は元SPで上司、落合のミスを庇い民間に移り、落合はしがみついていると話す。

章は立原に公表を頼むが、立原は去っていく。

立原は五十嵐に事実を公表すべきと話し、落合に大臣を辞職するという。

氷川は章を近づけるなと言い、落合は章を消すと言う。

立原は章達と真相を公表のため、一緒に戦う事になった。

『BG〜身辺警護人〜』第8話の感想

まさか、発砲事件で章を庇い、課長の村田が亡くなってしまうという展開になるとは想定外でした。

また、正義感があると思っていた落合が、上司の圧力に簡単に従ってしまう態度には驚きました。

ただ、厚生労働大臣の立原に、村田がSP時代に落合を庇い警察官を辞めた事を話す場面に、落合の村田に対する後悔が見られたので、落合も警察官としておかれている立場で思うように動けない事を悔しく考えているように感じ、本当は辛くて堪らないという気がしました。

立原も、落合の気持ちや、BGの章達の思いに触れた事で、事件の真相を公表しよう考えを変えたという気がしました。

ペンネーム:SPBG(30代・男性)

まとめ

ドラまる
2018年冬ドラマ『BG〜身辺警護人〜』第8話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
9話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA