【BG~身辺警護人~】8話ネタバレと感想。かき消された章たちの思い。

  • この記事を書いた人:tomopon

2018年3月8日(木)にドラマ『BG~身辺警護人~』第8話が放送されました。

ドラまる
前回は山口智子さんとキムタクとの共演で大盛り上がりだったね!

そしてラストでの村田課長の銃撃!

ラマちゃん
衝撃的な終わりから今回、課長の汚名をそそぐことに必死になる章たち。

村さんのためにもこのままじゃ終われないよね。

こちらの記事では、ドラマ『BG~身辺警護人~』第8話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『BG~身辺警護人~』8話あらすじネタバレと感想

民事党幹事長・五十嵐(堀内正美)の暴言により、逆上し発砲した五十嵐の元秘書・植野(萩原聖人)の銃弾を受け村田(上川隆也)は重傷を負いました。

救急車で運ばれる途中、意識不明に陥り村田はそのまま帰らぬ人となってしまいました。

まさかの、まさかの村さん殉職です。

無念で仕方ありません。

しかも、この事件の真相は語られることなく『民間の警備員がSPのまねごとをして撃たれた』と報道されてしまいました。

政治家の汚職がらみの事件だったため、警察や政治家たちは村田一人に責任を押し付けてこの事件を終わらせようとしていました。

村田の葬儀の際に「誤差なし」で送り出したところは胸が熱くなりました。

このまま泣き寝入りするのか、と納得のいかない高梨(斎藤工)。

しかし章(木村拓哉)は、警護課の存続が大切だとしました。

その時、新しいクライアントとしてサスケフーズ会長・大久保佐助(伊武雅刀)が現れました。

新作の発表会が行われるが、閉鎖した工場の社員たちが妨害しに来るかもしれないとのことでした。

村田の供養にもなるだろうと警護を依頼してくれたのです。

第一話で、警護課としても最初のクライアントですね。

心遣いが温かい。

この警護の責任者=BGに初めて沢口(間宮祥太朗)が起用されましたが、沢口はボディーガードを辞めようと思うと口にしました。

最初で最後のBG。

本当にそうなってしまうのでしょうか?

村さんの遺志をついで頑張ってほしいと思いますが。

そんな時、警護課に立原愛子(石田ゆり子)がやってきました。

謝罪に来たわけではなく、章に身辺に気を付けろと進言しました。

あの事件で、幹事長が挑発したことを現場で見ていた民間人は村田と章だけでした。

村田が無くなった今、真相を知っているのは章だけ

まさかとは思いましたが、章は息子の瞬(田中奏生)の事も心配していましたね。

そして、新作発表会の日。

初めてのBGに顔がこわばる沢口。

おば様たちにチヤホヤされて顔がにやけてしまうところも可愛いですね。

会場には村田の葬儀に入り込んでいた記者が姿を見せていました。

その頃、高梨は村田の汚名をそそぐために弁護士に相談をしていました。

しかし、証拠がなければ話にならないと言われ落ち込む高梨でしたが、村田課長のパソコンを覗いてみると今までの警護の細かな音声データが残されていました。

今回の事件でのデータも残しているのではないかと考えた高梨は、村田の家に連絡を入れました。

確かに前回、植野の姿を確認した後、村田はICレコーダーの録音を始めていましたね。

しかし、遺族に返された遺品の中にそのICデータはありませんでした。

意図的に返却しなかったことに憤る村田の息子・庸一

合流した章は、警察に遺品の返却を請求することを勧めました。

そして、村田の息子が警察に行くことになり彼を警護することになりました。

警護課に戻った高梨は、自身が何故自衛隊を辞めることになったのか話し始めました。

後輩との訓練中に事故を起こし、後輩が怪我をして除隊になった時、責任を感じて自分も辞めることに。

本当に真面目で、曲がったことができない性格なんですね、高梨は。

その後輩と庸一が似ている。

そんな理由から、庸一のことが気にかかって仕方がなかったのです。

夜、帰宅途中の章の後を付けてくる足音が。

危険を感じた章は、瞬に母親のところに帰るように荷物をまとめさせました。

切ない親子の別れでしたね。

そして、庸一を連れて警察に出向く日。

警視庁では氷川修 (宇梶剛士)がその様子を窺っていました。

ICレコーダーも返却されましたが、五十嵐の事件の音声はやはり削除されていました。

やはり村田の汚名は晴らされないままなのか?

そんな中、落合義明(江口洋介)は村田との過去を立原に話し始めました。

その立原に章は事件の真相を公に公表してほしいと願い出ました。

落合の話し、章の言葉を聞いて、五十嵐の元に出向いた立原は事件を公表すべきだと伝えました。

そして自身は大臣を辞任すると。

そのことを氷川に報告した落合は、データと同じように章にも消えてもらうことにしましょうかと告げました。

スポンサーリンク

『BG~身辺警護人~』8話ネットの反応や感想


ラマちゃん
村さぁ~ん(泣)

まさかの殉職で、ショックが隠しきれないよ~。


ドラまる
中山忍さんだったね!

ドラまる
自分の仕事に危機が迫るからと準備は怠らない章。

息子・瞬くんの事を一番最初に考えたんだよね。

ラマちゃん
沢口くん、最初で最後のBGにはならなくてホッとしたわ。

スポンサーリンク

ドラマ『BG~身辺警護人~』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『BG~身辺警護人~』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はU-NEXTもしくはビデオマーケットで視聴可能です。

Tverはこちら

U-NEXTはこちら

ビデオマーケットはこちら

U-NEXTとビデオマーケットは有料の動画配信サービスですが、無料期間があるので、実質無料で見逃し動画を見ることが出来ます。

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『BG~身辺警護人~』8話の見逃し動画を無料で見る方法はこちら

『BG~身辺警護人~』9話あらすじ

2018年3月15日(木) 21:00時から放送のドラマ『BG~身辺警護人~』第9話のあらすじをご紹介します。

 発砲事件に巻き込まれ命を落とした村田(上川隆也)。

唯一現場の状況を知ることができるはずだった村田の遺品であるICレコーダーも、警察の手によってデータを消され、いよいよ真相は闇の中に葬られようとしていた。

「民間のボディーガードが無謀な行動をし、銃で撃たれた」と週刊誌などにも下世話に書き立てられ、悔しい思いを抱く章(木村拓哉)ら。

しかし決して諦めることなく、村田の汚名をそそごうと誓った矢先、厚生労働大臣の職を辞した愛子(石田ゆり子)が「私が真実を話します」と名乗り出てくる。

 証拠も隠滅された今、残された方法は現場にいた人間が証言をしてくれることだけ――愛子の申し出を受けた章たちは、真相を語ろうとする彼女の警護をすることに…。しかし、そのことによって章たちの身にも危険が迫り…?

 その頃、SPの落合(江口洋介)は上司の氷川(宇梶剛士)に「みずから事件の処理をする」と宣言。驚きの行動に出る!

 高梨(斎藤工)、まゆ(菜々緒)、沢口(間宮祥太朗)、そして章。亡くなった村田と身辺警護課の名誉を懸けた最後の戦いの行方は…!?

公式サイトより引用

まとめ


ドラマ『BG~身辺警護人~』第8話のネタバレ感想と第9話のあらすじをご紹介いたしました。

データを消しただけでなく、まさか、章の命まで狙われるなんて。

さすがに警察が差し向けた刺客ではなく五十嵐が命令したのだと思うけれど、怖いですね。

今回は、高梨が章に自分の過去を話したり、落合が立原に村田との過去を打ち明けたりそれぞれの思いが伝わってくる回でした。

そして、村さんの汚名を何としても晴らしてほしい!

立原が章たちの味方になってくれて、いよいよ真相が公になるのか?

落合もこのままでは村さんの遺志をないがしろにしたままですよね。

なにかきっと動いてくれると信じています。

結末まで見逃せませんね。

ドラまる
とうとう来週は最終回なんだ。

最後の警護は立原元大臣になったね。

ラマちゃん
立原元大臣に警護課の運命がかかっているのね。

スカッと課長の名誉を挽回してほしい!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA