【BG~身辺警護人~】6話ネタバレと感想。山口智子とのロンバケ共演に興奮!

  • この記事を書いた人:tomopon

2018年2月22日(木)にドラマ『BG~身辺警護人~』第6話が放送されました。

ドラまる
なんと、章の元奥さん仁美役に山口智子さんが出演!!!

22年ぶりの共演なんだって!

ラマちゃん
元妻も気になるけど、今回の警護は元総理大臣の身辺警護だよ。

本当に孫娘は誘拐されちゃうのかな?

こちらの記事では、ドラマ『BG~身辺警護人~』第6話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『BG~身辺警護人~』6話あらすじネタバレと感想

島崎章(木村拓哉)の元に、元妻・小田切仁美(山口智子)から連絡が入りました。

最初は他愛もない元夫婦の会話でしたが、最近無言電話があり、仁美は自分の身に危険が迫っていると感じ、章に警護をしてもらえないかと依頼してきたのでした。

早くも山口さんとの会話がありましたねぇ!

ちょっと他人行儀な感じとか、時々下の名前で呼んでしまう感じとか堪らないですね。

そして、今回の警護対象者の元総理大臣の鮫島匡一 (橋爪功)の元にも無言電話がかかってきていました。

何者かが自分を狙っていると訴えているにもかかわらず、政府の決定でSPによる警護が打ち切られることとなり日ノ出警備保障に警護を依頼してきたのでした。

外出する際に玄関に4つの小石が置いてあることに気が付いた鮫島。

20年前に自身の発言が原因で暴漢に襲われそうになった過去があり、その犯人が逆恨みして報復を狙っているのだろうと告げました。

鮫島本人には章と村田五郎(上川隆也)が、娘の鮫島喜和子(中村ゆり)と孫の鮫島彩矢(豊嶋花)には菅沼まゆ(菜々緒)が警護に就くことになりました。

鮫島が民事党幹事長・五十嵐映一(堀内正美)の古稀を祝う会に出席するために料亭に出向くとそこには立原大臣(石田ゆり子)の姿がありました。

ということはSPの落合義明(江口洋介)も同席していますよね。

なにかと縁のある立原&落合ペア。

そこへ、五十嵐の元秘書・植野(萩原聖人)が乱入してきました。

何かの事件で、五十嵐の身代わりに罪を被ったのに相応の見返りがなかったことを恨んでの行動でした。

植野を取り押さえた落合に対し、章は丸腰の人間相手にそんなに痛めつけることをしなくてもいいのではないかと訴えました。

落合は民間のボディーガードとSPの違いをただ見せつけたかっただけのように感じました。

落合とは元同僚だったという村田。

章が過去を話してくれたので、自分も打ち明ける気になったと話しました。

それにしても萩原聖人さん、もうちょっと長く出てほしかったなぁ。

そして、一方鮫島邸では喜和子が離婚をした経緯を聞いたりして警護をしていた菅沼から彩矢が時間を過ぎても帰ってこないと連絡が入りました。

誘拐かもしれないと慌てた鮫島は警備課総動員で彩矢を捜索させました。

公園にいた彩矢に大きな黒バッグを持った怪しい男が近づいているところを発見した章たち。

沢口正太郎(間宮祥太朗)が男を追いかけましたが逃げられてしまい、これが誘拐目的だったのかどうか確証が取れませんでした。

犯人の目星がつかない村田は落合をバーに呼び出し、鮫島を狙っているであろう人物のヒントになるものがあれば教えてほしいと頼みました。

そこで、村田は過去に落合の身代わりになってSPを辞めたということがわかりましたね。

そういういきさつがあったから、最初から落合は村田のいる日ノ出警備を目の敵にしていたのかと合点がいきました。

こちらも今後展開がありそうですね。

家に帰った章は石の意味を考えていました。

そして、翌日家の内外などを徹底的に捜索し盗聴器や隠しカメラなど異常がないことを確認しました。

これは外部から狙われていないことを確認しているようでしたね。

その日は彩矢が社会見学にテレビ局に行く日でもあり章たちは彩矢の警護に就くことにしました。

玄関を出ると、そこには小石が一つ置かれていました。

章たちがテレビ局に行くと、偶然立原大臣が番組に出演していました。

なんという偶然でしょう!

ここまでくると笑えてきますね。

彩矢が局の中を案内されている間、あの黒いバッグを持った男が背後に潜んでいました。

そして隙を見て突然逃げ出した彩矢。

当然追いかける章でしたが、女子トイレに逃げ込まれてしまいました。

中に入ることもできず困っていると、颯爽と現れた立原大臣が状況を把握して彩矢を連れてきてくれました。

怪しい男は高梨雅也(斎藤工)に取り押さえられていました。

その男は喜和子と離婚した夫でした。

借金を作ってしまったために鮫島に無理やり別れさせられたが、隠れて誕生日プレゼントを渡すために彩矢に会おうとしていたのです。

あの小石は、彩矢と秘かに会うための暗号になっていました。

最初は、復縁など認めないと言っていた鮫島でしたが、自分を狙っていると思っていた犯人が10年も前に死亡していることを聞き、誰にも狙われていないとわかったとたんに喜和子と夫の手を取ってあげたのでした。

ずっと気を張り続けていたものが一気に途切れて、虚無と安堵と両方の気持ちがわいて本当の意味で政治家としての役割を終えたのだと思います。

鮫島の警護終えた章は元妻の仁美を呼び出していました。

来ました!

仁美登場です!

無言電話がかかっているということを気にかけてくれた章は仁美の事を心配していました。

そして、仁美は「誰かに狙われているの」と告げたのでした。

スポンサーリンク

『BG~身辺警護人~』6話ネットの反応や感想

ドラまる
章と仁美は離婚しているんだけど、ロンバケを思い出してワクワクしちゃったよ。
ラマちゃん
次回は二人の時間がいっぱいあるみたいだから、思いっきり楽しみたいと思うわ!

ラマちゃん
スペシャルゲストは富沢さんだったね!

高梨との掛け合いが面白かった~。

ドラまる
ばっちこい反抗期!の掛け声が最高。

こんなお父さん憧れる!

スポンサーリンク

ドラマ『BG~身辺警護人~』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『BG~身辺警護人~』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はU-NEXTもしくはビデオマーケットで視聴可能です。

Tverはこちら

U-NEXTはこちら

ビデオマーケットはこちら

U-NEXTとビデオマーケットは有料の動画配信サービスですが、無料期間があるので、実質無料で見逃し動画を見ることが出来ます。

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『BG~身辺警護人~』6話の見逃し動画を無料で見る方法はこちら

『BG~身辺警護人~』7話あらすじ

2018年3月1日(木) 21:00時から放送のドラマ『BG~身辺警護人~』第7話のあらすじをご紹介します。

6年前に別れた妻・小田切仁美(山口智子)から「わたしを護って」と依頼された章(木村拓哉)。

元妻を警護するということに躊躇いと気まずさを感じ、一旦は村田(上川隆也)とまゆ(菜々緒)にBGを任せるものの、高梨(斎藤工)から「怖がっている女を護れないで、なにがプロですか」と焚き付けられ、みずからが引き受けることを決意する。

「誰かに狙われている」と話す仁美に対し、あくまで“ボディーガード”として接する章だったが、時折り“元夫婦”を感じさせる瞬間も…。

そんな中、仁美を付け狙っていた人物の正体が判明する。

警護の延長で、レストランで食事をすることになったふたりの前に、厚生労働大臣の愛子(石田ゆり子)が民事党の幹事長・五十嵐(堀内正美)との会食のため現れる。

さらに客の中に望まれない客が紛れており…突然の銃声に店内は騒然とする!!

危機を乗り越えようとする元夫婦が辿りつく衝撃の別れとは…!?

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『BG~身辺警護人~』第6話のネタバレ感想と第7話のあらすじをご紹介いたしました。
今回は村田の過去が少し明らかになったり、高梨が打ち解けてきたり、警護班に変化がありましたね。

前回、妻役が全く次回予告に出てこなかったので、あまり重要ではないのかな?と、とても不思議でしたが、まさかの山口智子さん登場でロンバケ世代の私としては大興奮の回となりました。

少ししか会話していないはずなのに、22年分の物語を想像してしまいました。

そう思って過去回を振り返るとメールでしか感じられなかった元妻の存在にも重みが出てきますね。

来週が楽しみです。

カムバックロンバケ!です。

ドラまる
来週は、仁美さんとの事件だね。

6年前に離婚したそうだけど、原因も気になるよね。

ラマちゃん
元夫婦の微妙な距離感が6話からも感じられたけど、瞬くんはどんな風に思ってるのか気になるわ。

実は元に戻ってほしいと思ってそう。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA