【BG~身辺警護人~】5話ネタバレと感想。守るべきは人命かクライアントか?

  • この記事を書いた人:tomopon

ドラマ『BG~身辺警護人~』第5話が2018年2月15日(木)に放送されました。

ラマちゃん
とうとう6年前の真相が明かされるわね。
ドラまる
一話からずっと気になっていた章の過去。

いったいどんな過去だったんだろうね。

こちらの記事では、ドラマ『BG~身辺警護人~』第5話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『BG~身辺警護人~』5話あらすじネタバレと感想

島崎章(木村拓哉)の所属する日ノ出警備保障に身辺警護の依頼が舞い込んできます。

相手はチャリティー団体・ピュアネス基金の代表の警護でした。

そしてその警護対象者は、6年前に章が警護をしていた元サッカー選手・河野純也(満島真之介)でした。

最初、BG=警護責任者に推薦された章でしたが、代表が純也であることを知っていたため辞退し、沢口正太郎(間宮祥太朗)がBGに就くことになりました。

警護の内容はミラノでチャリティーオークションを行うため、出国までの警護をしてほしいとのことでした。

沢口がBGを務めるはずだったのですが、純也のたっての希望でBGは章が就くことになりました。

来ましたね。敢えて章を指名するなんて6年前の因縁を晴らす気でいるのでしょうか?

裏で何かがうごめいている匂いがしてきましたね。

ちょこちょこ嫌味が入ったりして、純也は何を考えているのか怖いです。

そして純也との関係を知られた章は、この警護が終わったら過去のすべてを警護課のみんなに話すことを約束しました。

ホテルで出国の準備をする純也。パソコンを初期化したり、領収書を燃やしたり、USBメモリーを水没させたりして何かの証拠隠滅を図っていました。

今回の出国は、チャリティーオークションを行うためではなく、海外逃亡のためでした。

純也が代表を務めている団体は名ばかりの団体で、集めた基金は全くチャリティーに使われておらず、自身もただの広告塔だったのだと告げました。

各情報網から、このことに気が付いた警護課の面々。

本当に勘がいいですね。

海外逃亡の手助けはできないという高梨雅也(斎藤工)を振り切って、章は空港に車を走らせました。

章は逃亡を手助けしたのではなく、空港で純也に高跳びをするのを辞めるよう説得しようとしていました。

そして、到着した警護課の全員の前で2012年の事故の内容が明かされました。

6年前、空港で起きた天井の落下事故。

いち早く異変に気が付いた章は、崩れ落ちる天井の真下に子供たちがいることに気が付き一瞬、純也の元を離れて子供を助けに行きました。

次の瞬間、落下した天井のパイプが純也の足に激しく当たり純也は怪我をすることとなったのです。

それが原因で純也は引退することになってしまいました。

単純に事故に合ったということではなく、その場にいた見ず知らずの子供たちを助けたことで純也は怪我をしてしまったということでした。

たった一瞬の判断のミスから、クライアントの選手生命を奪ってしまった章。

ずっとその思いを胸に、一度は身辺警護から身を引いていたのでした。

しかし、その話を聞いた菅沼まゆ(菜々緒)達は自分たちは仕事(=クライアント)のために目の前の救える人命も犠牲にしなければいけないのかと、章の判断が間違っていたとは言い切れないと苦悩します。

そして、とうとう純也は国外逃亡を諦め、出頭すると約束しました。

その頃、純也がいたホテルでは立原愛子(石田ゆり子)大臣から情報を得た警視庁が部屋から不正の証拠を次々と運び出していました。

純也は証拠をすべて持ち出していて部屋に残っているはずはありませんでした。

出頭することで迷惑がかかる人たちに詫びを入れたいと言う純也は、章だけを連れて団体の裏のボス・白石のところへ出向きました。

二人で事務所に入ると、純也は警察に行くつもりなどないと言い、章を裏切りました。

ボコボコに痛めつけられる章は、純也に「私をくびにしてください」と願い出ます。

章のクライアントから離れないという強い強い信念が感じられました。

ここはきちんとクライアントとBGの関係を終了してから反撃したかった不器用さと頑固さが表れていましたね。

そして、純也に「あなたは騙されています。」と告げました。

白石は証拠隠滅できたように見せかけて、新たにホテルの部屋に証拠をばらまきあたかも純也が一人で不正をし、海外逃亡したのだと警察に思わせようとしていたのです。

全てを悟った純也は、観念したかと思いましたが再び逃亡しました。

なんでー!と思いましたが、河川敷で少年サッカーをみつめる純也をすぐに見つけることができました。

警察も到着し、連行される純也。

純也に気が付いた少年たちがサインを求めると、引退してからはサインはしていないと言っていた彼が快く少年たちにサインをしてあげました。

そして、章に向かって言いました。「自分が引退したのはあの事故のせいじゃない。自分に自信がなかったばかりに、あの怪我のせいにして逃げただけだ」「ザッキーは間違っていない」と。

6年間ずっと胸に刺さり続けていたとげが抜けたような気持ちになりました。

そして男泣きのキムタク。カッコよかったです。

スポンサーリンク

ドラマ『BG~身辺警護人~』5話ネットの反応や感想

ドラまる
キムタクが言うことで、すごく重みがある言葉に聞こえたよね。

ラマちゃん
章と、純也の最後のやり取りは最高だったわね。


ドラまる
日ノ出警備保障の身辺警護課が、一致団結したよね。

これからも村さんにがんっばって引っ張っていってもらいたいね。

スポンサーリンク

ドラマ『BG~身辺警護人~』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『BG~身辺警護人~』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はU-NEXTもしくはビデオマーケットで視聴可能です。

Tverはこちら

U-NEXTはこちら

ビデオマーケットはこちら

U-NEXTとビデオマーケットは有料の動画配信サービスですが、無料期間があるので、実質無料で見逃し動画を見ることが出来ます。

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『BG~身辺警護人~』5話の見逃し動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『BG~身辺警護人~』6話あらすじ

2018年2月22日(木) 21:00時から放送のドラマ『BG~身辺警護人~』第6話のあらすじをご紹介します。

日ノ出警備保障に元内閣総理大臣の鮫島匡一(橋爪功)から警護の依頼が入る。

通常、総理大臣経験者には警視庁のSPが警護につくものだが、政府の決定でSP警護は終了に。

しかし自宅に再三、無言電話がかかってくることもあり、鮫島は民間の警備会社に警護依頼をしたのだった。

村田(上川隆也)とともに鮫島の警護にあたることになった章(木村拓哉)は、鮫島の家の門柱に小石が4つ乗せられているのを発見する。

総理在任中に恨みを抱いた者たちからの報復だろう、と話す鮫島。

同時に、章は鮫島を監視する視線を感じ…?

その後、民事党幹事長・五十嵐映一(堀内正美)の古稀を祝う会に出席する鮫島に同行した章たちは、そこで五十嵐の元秘書・植野(萩原聖人)が襲撃にやってくる現場に遭遇。

男を取り押さえ、所轄署に引き渡した落合(江口洋介)だったが、章はその過剰とも思えるほどのやり方に疑問を…。

その矢先、鮫島の孫・彩矢(豊嶋花)を警護していたまゆ(菜々緒)から、下校時刻を一時間以上経過しても彩矢が帰宅しないと連絡が入る。

誘拐されたのではないかと、身辺警護課総出で周辺を捜索すると、公園で謎の男性と一緒にいる彩矢を発見! 

しかし沢口(間宮祥太朗)が、逃げた男の後を追うも、あと一歩のところで見失ってしまう! 

鮫島を狙う人物とは? そしてその真の目的とは何なのか?

そして同じ頃、章は、元妻の仁美から「私の警護をしてほしい」と依頼されていた。「誰かに狙われている」と話す仁美に、章は…!?

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『BG~身辺警護人~』第5話のネタバレ感想と第6話のあらすじをご紹介いたしました。

今回は章の過去の真相がわかりすっきりしましたね。

純也との究極の和解は感動しました。

お互い6年間ずっと辛い思いをしてきたのですから。

それにしても、大臣のあの魔性っぷりはなんなんでしょうか。

大臣があんな風に「お話ししちゃいたくなりますね」とか言って来たら、ドキッとしてしまいますよね。

次回は章の元奥さんも絡んできて、ややこしくなりはしないかと今から楽しみです。

ラマちゃん
今回は、泣けた人が多かったみたい。

過去との決別じゃなくて、過去を含めての前進って感じがして感動したわ。

ドラまる
次回は、元総理大臣の警護と、章の元妻の警護と二つが行われるみたいだね。

どうなるか見逃せないね!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA