【BG~身辺警護人~】4話ネタバレと感想。立原大臣の真の狙いは?

  • この記事を書いた人:tomopon

2018年2月8日(木)にドラマ『BG~身辺警護人~』第4話が放送されました。

ラマちゃん
今回はSPの目をかいくぐっての警護になるのよね。

立原大臣は何を隠しているのかしら?

ドラまる
SPばれないで大臣は目的を果たして戻ってこれるのかな?

なんかスパイドラマみたいだね。

こちらの記事では、ドラマ『BG~身辺警護人~』第4話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『BG~身辺警護人~』4話あらすじネタバレと感想

島崎章(木村拓哉)は大臣の立原愛子(石田ゆり子)から秘密裏に警護を依頼されました。

対立派閥の長との密談をするために、協力してほしいという内容でした。

もちろんSPに見つかっては大事になるため、人間ドックの時間に抜け出しケイリントンホテルに向かい、見つからないうちに戻りたいと言います。

高梨雅也(斎藤工)はこの警護に反対し、当日の警護は章と村田五郎(上川隆也)沢口正太郎(間宮祥太朗)の三人で行うことになりました。

当日、3時間ほど検査にかかるとSPに嘘をつき、大臣は無事に病院を抜け出すことに成功しました。

その頃、高梨は大臣の話しから対立派閥の長という人物を詮索しますが、該当する人物がいないことに疑問を感じ、今回の目的は密談ではないと考えました。

大臣が行方不明になっていることに気が付いたSPの落合義明(江口洋介)は立原大臣の事務所に向かっていました。結構気づかれるの早かったですね。

そこで秘書の坂上から、大臣が誰かの結婚披露宴の出席者の名簿を見ていたこと、数日前に日ノ出警備保障の警護課の人たちと会っていたことを伝えました。

高梨から大臣の目的が当初の目的ではないと知らされた章たちは、大臣に本当の目的を問いただしました。

今回の外出は密談ではなく、不倫相手との密会だと告げました。

今日はその相手と思い出のホテルで別れ話をするために抜け出したのだと。

独身の大臣がいきなり既婚者との不倫という流れに、ちょっと驚きましたが章は納得していないようでしたね。

SPに勘付かれたことを知った村田は大臣に引き返すことを勧めますが、彼女の決意は固いものでした。

あと少しで目的のホテルに着くというトンネル出口で警察による検問が行われていました。

どうやって乗り切るのかと思いましたが、過去に警備員をしていた知恵が役に立ち、章と大臣はトンネルの非常通路から地上に出ることに成功しました。

この地下道で、大臣は章の正義感にポッとなっていましたね。

これは今回だけではなく、これからも絡んできそうな雰囲気ですね~。ちょっとにやけちゃいました。

そんな章に大臣は本当の事を話し始めました。

今回の外出は密会ではなく、実は自分の生んだ娘の結婚式に出席したいというものだったのです。

学生時代に生んだのですが、生後すぐに医師夫妻へと養子に出していたのでした。

一度も抱いたことのない我が子だが、結婚すると聞いて一目会いたいとの願いを叶えてあげたいと考えた章は教会へと大臣を連れて行きます。

しかし、そこに花嫁の姿はなくSP落合の姿がありました。

愕然とする章と大臣。

大臣は観念しますが、「5分だけ時間がほしい」と落合に申し出ました。

きっと娘の姿を見に行ったんだろうなと思っていましたが、娘の控室は素通りし、大臣が向かったのは結婚式の主賓である医師会のドン・崎山 敬一郎(中尾 彬)の部屋でした。

大臣の本当の目的は、この崎山と直接会い出産一時金に関する法案を通すための力添えをお願いすることだったのです。

何回、本当の目的が登場するのかと思いましたがど、どうやらこれが本当の狙いだったようですね。

その目的を果たした大臣は、すぐに戻ろうとしますが、章にはまだ任務が残っていました。

娘を一目見たい。それが、大臣の本当の願いだと感じた章は花嫁が見える位置に大臣の乗った車を誘導し、車の中から愛娘の花嫁姿を見ることができたのでした。

今回の警護が終了し、村田は警備会社の社長に今後このような依頼は引き受けないでほしいと伝えるとともに、「島崎は何者なのか?」という疑問をぶつけていました。

スポンサーリンク

『BG~身辺警護人~』4話ネットの反応や感想

ラマちゃん
立原大臣に振り回されて大変だったけど、一目娘さんの姿を見られて本当によかった。

ドラまる
「誤差なしっ」でまとまる一体感がたまらなくかっこいいね!

ラマちゃん
一話からずっと気になってたサッカー選手!生きてたのね。

来週、章の過去が一気に明らかになるね。

スポンサーリンク

ドラマ『BG~身辺警護人~』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『BG~身辺警護人~』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はU-NEXTもしくはビデオマーケットで視聴可能です。

Tverはこちら

U-NEXTはこちら

ビデオマーケットはこちら

U-NEXTとビデオマーケットは有料の動画配信サービスですが、無料期間があるので、実質無料で見逃し動画を見ることが出来ます。

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『BG~身辺警護人~』4話の動画を無料で見る方法はこちら

『BG~身辺警護人~』5話あらすじ

2018年2月15日(木) 21:00時から放送のドラマ『BG~身辺警護人~』第5話のあらすじをご紹介します。

日ノ出警備保障の身辺警護課に新しい依頼が舞い込む。「子どもたちにスポーツの喜びを」をテーマに活動するスポーツ系の慈善団体からの依頼に、高梨(斎藤工)はある思惑を持って章(木村拓哉)を“BG=警護責任者”に推薦。だが、その慈善団体の代表は、章と6年前から因縁のある元サッカー選手の河野純也(満島真之介)だった。章は、BGに沢口(間宮祥太朗)を推す。

ところが打ち合わせ当日、依頼主である純也が、章をBGに指名。困惑する章に村田(上川隆也)は「断っても構わない」と諭すが、章は「この任務が終わったら、みんなにすべてを話す」と約束し、純也からの依頼を引き受ける。

一方、警視庁SPの落合(江口洋介)は、厚生労働大臣の愛子(石田ゆり子)が警護の目を盗んで病院を抜け出し、しかもそれに民間の警備会社が手を貸したという一件が上司の知るところとなり、激しく叱責されていた。愛子の警護を強化し、章たちを完全に排除しようとする動きに、愛子は…?

純也の出発当日。空港へ向かう中、純也が犯罪がらみで逃亡しようとしているという疑惑が浮上する…!

6年前、章と純也の間に一体何があったのか…? そして、章はなぜ一度ボディーガードを辞めたのか。衝撃の事実がついに明らかになる!

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『BG~身辺警護人~』第4話のネタバレ感想と第5話のあらすじをご紹介いたしました。
今回も立原大臣に振り回されましたね~。

それにしても何回本当の目的が出てくるのでしょうか。

でも、本当の狙いが法案の取り付けのように見せかけて、やっぱり娘を見たかったんだろうなと、育ててはいないけれど母としての彼女の想いが伝わってきましたね。

来週は、ずっと隠されていた章の過去が明かされるみたいで見逃せないですね!

ドラまる
まさか、大臣にあんな過去があったなんて驚いたね。

章の「人には言えない過去ってものはあるものです」の言葉に助けられたかもね。

ラマちゃん
来週は、章が以前警護していたあのサッカー選手・河野純也(満島真之介)が登場するのよね。

6年前何が起こったのか気になるわね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA