【BG~身辺警護人~】3話ネタバレと感想。偽装誘拐の本当の狙いは…?

  • この記事を書いた人:tomopon

2018年2月1日(木)にドラマ『BG~身辺警護人~』第3話が放送されました。

ラマちゃん
今回は一億円の警護も任されるのね。

人とお金両方守らなくちゃいけないんだ。

ドラまる
今回の事件、ただの失踪じゃないみたいだから一筋縄ではいかなさそうだね。

こちらの記事では、ドラマ『BG~身辺警護人~』第3話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『BG~身辺警護人~』3話あらすじネタバレと感想

深夜に緊急招集がかけられた日ノ出警備保障・身辺警護課の面々。

依頼人は芸能事務所社長の坂東光英(西村まさ彦)で内容は人気タレント・かのん(三吉彩花)に支給する現金一億円の警護というものでした。

かのんが引退をほのめかし、連れ戻すためのお金だと説明をします。

今回のリーダーBGを務めるのは現金輸送に携わっていた高梨雅也(斎藤工)。そして島崎章(木村拓哉)はパートナーとして警護に当たることになりました。

その頃、大臣の立原愛子(石田ゆり子)はSPの落合義明(江口洋介)にSPは不要で民間の警備会社に警護を頼んだと説明していました。

それは、以前に章に直接頼んだもので、まだ正式には依頼していないものでしたが大臣の心は硬く決心されているようでした。

それを聞いた落合は猛反対します。

たしかに、要人ですからSPとしては「はい、わかりました」とはならないですよね。
それにしてもゆり子大臣、何か隠してそうですね。

一方、カノンからの連絡を待つ章たち。
要領を得ない社長との会話から高梨は不信感を募らせます。

そして、かのんが縛られている写真を見たことからこの失踪事件が『誘拐事件』だということに気が付きます。

村田五郎(上川隆也)に報告した章でしたが、社長はかのんのイメージダウンを恐れて警察に届けることを拒みました。

章は社長の意を汲み通報するのは30分待ってもらうように課長に頼みました。

前回も警察に届けなかったことで、いろいろ摩擦が生まれているのでこの決断は課長は悩んだだろうなと思います。

しかし、その30分の間に犯人と会話した章は、この誘拐事件が『偽装誘拐』ではないかと疑問を持ちました。

調べを進めていくとかのんには恋人がおり、その恋人の経営していた店が借金を抱え閉店していたことがわかりました。

そしてかのん自身も本当に結婚引退したがっていたのです。

偽装誘拐だとしても警察に届けないことは、問題になると村田と菅沼まゆ(菜々緒)が話しているところへ落合が現れました。

大臣の警護について、村田に話を聞きに来たのでした。

しかし、村田はそんな話は聞いていないと答えます。

そのやり取りを聞いて菅沼は「嘘をついているのは大臣では?」と鋭い指摘をします。

菅沼、勘がいいですね。

章たちは、犯人の要望通り橋の上に到着していました。

社長はかのんと犯人の本心を知り、憤慨してカバンに入っていた一億を偽物に入れ替えました。

電話が鳴り、ボディーガード一人でカバンを持って来いとの指示が入りました。

章がその通りに橋に向かうと、かのんが現れました。

しかし、かのんの表情は曇っていました。

かのんはこの偽装誘拐が終わったら、芸能界を引退し恋人と本当に結婚しようと考えていたのですが、男にはその気持ちはなく、仲間とグルになってただお金のためだけにかのんを利用していたのでした。

しかも、過去の写真を世間に公表すると脅してきたのです。

偽装誘拐から一転、本物の脅迫事件になってしまいました。

その様子からすべてを悟った章は、カバンを欄干に置きかのんに確認するように促しました。

その瞬間、バランスを崩したカバンが橋の下へと落ちそうになり、章はカバンを捕まえるために飛び込みます。

ものすごく高い橋だったので、本当に迫力のあるシーンでしたね。

「だから高所恐怖症だって言ったのにーー!」の叫び声のところは笑ってしまいましたが。

必死で橋につかまり、今にも落ちそうになっている章を見て犯人たちは姿を現しました。

犯人も一緒になって引き上げようとしている姿が、なんとも滑稽でした。

そして、カバンを落とし犯人が油断したすきにカノンを保護し、犯人たちも鮮やかな手さばきで身柄を確保したのです。

そして警察の取り調べに、かのんは「ドッキリなのかと思っていた」と証言し釈放されました。

映画には出ないと言っていたかのんが、ここで一番の演技をしていたことに今後の彼女の決意が現れていたと思います。

事件が解決した後、章と村田は日ノ出警備保障の社長・今関重信(永島敏行)に重大な任務のために呼び出されたのでした。
 

スポンサーリンク

『BG~身辺警護人~』3話ネットの反応や感想


ドラまる
やっぱりキムタクは絵になるね!

ラマちゃん
親子シーンのファンもたくさんいるみたいだよ。

ラマちゃん
エンジェルハート思い出して、上川さんとの掛け合いも欲しかったわ。

スポンサーリンク

ドラマ『BG~身辺警護人~』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『BG~身辺警護人~』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はU-NEXTもしくはビデオマーケットで視聴可能です。

Tverはこちら

U-NEXTはこちら

ビデオマーケットはこちら

U-NEXTとビデオマーケットは有料の動画配信サービスですが、無料期間があるので、実質無料で見逃し動画を見ることが出来ます。

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『BG~身辺警護人~』3話の動画を無料で見る方法はこちら

『BG~身辺警護人~』4話あらすじ

2018年2月8日(木) 21:00時から放送のドラマ『BG~身辺警護人~』第4話のあらすじをご紹介します。

日ノ出警備保障の社長・今関(永島敏行)から「非常に重要かつ極秘の依頼が入った」と、村田(上川隆也)とともにある場所に呼ばれた章(木村拓哉)。ふたりはそこで、厚生労働大臣の愛子(石田ゆり子)から個人的な身辺警護の依頼を受ける。秘密裡に対立する派閥の長と会談を持つため、警視庁SPには知られることなく外出したい、と話す愛子。人間ドックに入る病院から抜け出し3時間以内に目的を果たして戻る…という非常に難しいミッションを受けることになり…!

 任務当日、病院に到着した章たち。しかし会社で待機していた高梨(斎藤工)は、「対立派閥の長との会談」という愛子の外出理由は嘘なのではないかと感じ、そのことを現場に知らせるようまゆ(菜々緒)に命じる。愛子の様子に不審な点を感じていた章は、本当の理由を教えてほしいと問うが…?

 その頃、病院では愛子がいなくなったことが知られ、大騒ぎになっていた。SPの落合(江口洋介)は何かを隠していそうな愛子の秘書・坂上(桜井聖)から、愛子が結婚披露宴の招待状を持っていたこと、そして数日前に章ら日ノ出警備保障の人間たちと会っていたことを聞く。
 愛子の本当の目的はいったい何なのか!?やがて落合率いる警視庁SPと章たちの直接対決に発展し…!?

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『BG~身辺警護人~』第3話のネタバレ感想と第4話のあらすじをご紹介いたしました。
今回はかのんのわがままに振り回されましたが、事務所社長が怒りながらも、彼女のことをとても大切に思っていて、その思いを受けての再スタートだったのではないでしょうか。

章と高梨もなんだかんだ言いながらいいパートナーとなりそうな予感ですね。

章に辞めてもらいたくなさそうでしたし。

そして、立原大臣は何がしたいのでしょうか?次回、気になります。

ラマちゃん
来週は可愛い大臣さんに振り回されそうね。
ドラまる
高梨、落合との確執もどうなるか気になるね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA