【BG~身辺警護人~】2話ネタバレと感想。裁判官の妻の抱えた秘密とは?

  • この記事を書いた人:tomopon

2018年1月25日(木)にドラマ『BG~身辺警護人~』第2話が放送されました。

ラマちゃん
今回は脅迫されている裁判官の”妻”の警護に当たるのね。
旦那さんにはSPがついて奥さんにはボディーガードがつくんだね。

犯人に早くたどり着くのはどっちかな。

こちらの記事では、ドラマ『BG~身辺警護人~』第2話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『BG~身辺警護人~』2話あらすじネタバレと感想

冒頭。19時30分。
追い詰められた島崎章(木村拓哉)と裁判官・行永辰夫(田中哲司)の妻・亜佐美(大塚寧々)。

「こんな靴買った罰が当たったのよ」と崩れ落ちる亜佐美。
何が起きたのでしょうか。犯人に襲われている感じでしたね。

時は戻り朝。

息子と朝の支度をする章。テレビには老人ホームで発生した事件について報道がされていました。

今回の警護対象は、この事件の判決を言い渡すことになっている裁判官・行永辰夫の妻で何かと癖のある亜佐美でした。

この事件は一度一審で死刑判決が出されましたが、新証拠が提出され明日の裁判で無罪判決が言い渡される可能性がありました。

警護のきっかけは、行永の自宅玄関に置いてあった自転車が放火されたため、行永本人はSPが警護をし、妻にはSPが付けられないため民間の身辺警護人が付けられたのでした。

実際裁判所でこの事件の関係者の女性が行永に襲いかかる場面がありましたが、裁判官は尊い職業だけれど恨みを買うことも多いんだろうなと思いました。

ボディーガードが丸腰だと知って亜佐美はいい顔をしませんでした。

章たちに日常の雑務をさせたり、無駄な買い物(高級な靴)や美容院に行ったり振り回し続けます。

そんな彼女を不審に思った章は、彼女が一人になりたがっているのではと考えます。

その予感は的中し、彼女はある人物と会いたいので一人にしてほしいと願い出ました。

その相手とは引越しの相談をしているという不動産会社の営業マン・三上勇作でした。

彼と話した直後、亜佐美の表情が一変しました。

異変を感じ、今回の放火は亜佐美の自転車が燃やされていることから行永本人を狙ったのではなく妻・亜佐美を狙ったのではないかと聞きます。

その言葉を聞き、動揺した亜佐美はその場で章を首にしてしまいます。

章は行永の自宅へ出向き、首になったこと妻の様子がおかしかったことを報告しました。
行永は、妻の不倫くらいで心が乱れていては裁判官は務まりませんが、不貞が表ざたになっては仕事に差し支えが出ると言います。

三上に事件との関与が考えられる中、SPには告げずに妻を19時までに戻してほしいと頼みます。
妻が不倫しているかもしれないというのに、なかなか事務的に話が進んでいきましたね。

菅沼まゆ(菜々緒)と章に代わって警護に入った沢口正太郎(間宮祥太朗)が亜佐美と一緒に買い物をしていると、突然亜佐美が姿をくらませました。

亜佐美が逃げ込んでいたのは、つかの間の自分の時間を持つために借りていたトランクルームでした。
そのトランクルームを紹介したのは、他でもない三上でした。

昼に買っていた靴の紙袋が、次に寄った美容院を出てきた時には消えていたことから上階にあるこの部屋に目を付けた章でしたが、三上もトランクルームに到着していました。

三上は今回のホームの事件ではなく、もっと以前に行永が判決を言い渡したストーカー事件の被害者の家族でした。

三上の妻は、判決によって犯人が執行猶予を言い渡されたことに恐怖を感じ自殺してしまったのです。そしてそのお腹の中には赤ちゃんが。

判決に対する恨みから亜佐美を殺すために狙い、妻が殺された翌日に冷静に裁判ができるのか知りたかったと言います。

三上の絶望を考えると、とてもつらくなりました。

章たちの乗るエレベーターを操作し、両手に金づちを持ち襲い掛かる三上。

ボディガードの真骨頂。今回のアクションも素手での格闘で狭いエレベーターの中なので一層迫力がありました。

三上は捕まり、亜佐美は家に戻りました。

行永夫妻は今まで、裁判官というフィルターから逃れられず本音で話せなかったのではないかと思いました。
この件で、行永が自分の心を取り戻したようでよかったと思いました。

警護を終えた章に前回の警護対象人・立原愛子(石田ゆり子)がプライベートな警護をしてほしいと依頼してきました。
今後、またこの可愛い迷惑大臣に振り回されそうですね。

更に、章と対立し身辺警護課を辞めていた高梨雅也(斎藤工)が、章の過去に探りを入れていました。
そして、再び身辺警護課に復帰することになったと課長の村田五郎(上川隆也)は課のメンバーに伝えるのでした。

スポンサーリンク

『BG~身辺警護人~』2話ネットの反応や感想


ラマちゃん
お姫様抱っこは、キャーってなっちゃった。


ドラまる
トンカチ、二刀流はこわかったね。

ラマちゃん
朝からパパの事をちゃんと見ててくれてたイイ子だったよね。

スポンサーリンク

『BG~身辺警護人~』3話あらすじ

2018年2月1日(木) 21:00時から放送のドラマ『BG~身辺警護人~』第3話のあらすじをご紹介します。

深夜に緊急の警護依頼が舞い込み、招集をかけられた島崎章(木村拓哉)ら日ノ出警備保障・身辺警護課のメンバーたち。

一度は身辺警護課を辞めた高梨雅也(斎藤工)も復職する中、彼らに命じられた任務は『人気タレント・かのん(三吉彩花)に支給する現金一億円の警護』というものだった。

急に「引退したい」と言い出し、姿を消したかのんを連れ戻すための金だ、と説明する芸能事務所社長の坂東光英(西村まさ彦)。現金輸送の経験もある高梨を責任者とし、かのんに会うため車で出発するが、行き先もはっきりしない任務に高梨は不信感を募らせ…?

ようやく現金一億円の運び先を明かし始めた坂東。なんと、かのんは「引退する」と言い出し姿を消したのではなく、誘拐されていたのだ! 警察には知らせないで欲しい、と懇願する坂東の意思を尊重し、誘拐犯の要求した場所に金を運ぶことに。しかし、犯人との通話に成功した章は、ある違和感を覚え…?

その頃、警視庁SPの落合義明(江口洋介)は、厚生労働大臣の立原愛子(石田ゆり子)から“民間の警備会社の章に警護を依頼するつもりだ”と言われ、驚がく。

落合は、章を探して日ノ出警備保障に現れ…!?

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『BG~身辺警護人~』第2話のネタバレ感想と第3話のあらすじをご紹介いたしました。
今回もアクションシーンは無駄に多くなかったけど、エレベーターの中のアクションは本当にかっこよかったです。

裁判官という高尚な職業の人にも、隠された秘密というか一般の人よりも窮屈な生活をしなくちゃいけないしがらみがあるんだなと考えさせられるストーリーでした。

SPはただ守ることに徹しているけれど、心にも寄り添うことができるのは民間だからなのかもしれませんね。

それにしても、高梨がどういうつもりで戻ってきたのか気になります。
菅沼が「何様?」と言ったときに、ついつい同じことをつぶやいてしまいました。

ラマちゃん
大臣の立原も章に接触してきたし、今後もゆり子大臣の出番がありそうね。
ドラまる
毎回、息子との掛け合いがあるのかな。

実はこれも楽しみの一つなんだ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA