BG身辺警護人|1話ネタバレと感想。島崎(キムタク)の過去が気になる!

  • この記事を書いた人:tomopon

2018年1月18日(木)にドラマ『BG~身辺警護人~』第1話が放送されました。

ドラまる
木村拓哉さんが初めてのボディーガード役で主役を務めるドラマだね。
ラマちゃん
脚本家に『GOOD LUCK!!』や『エンジン』を手掛けた井上由美子さんを迎えた完全オリジナル作品。

アクションも期待できるし、楽しみだね!

こちらの記事では、ドラマ『BG~身辺警護人~』第1話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『BG~身辺警護人~』1話あらすじネタバレと感想

2012年。島崎章(木村拓哉)はイタリアに移籍が決まった有名サッカー選手の出国のボディーガードを務めていました。

順調に警護を務めていた島崎だったが、ひとつのネジが落下し、それに気が付く島崎。しかし次の瞬間衝撃音が。

ここでストーリーは現在に戻って来るのですが、これは事件だったのか事故だったのかサッカー選手はどうなったのか気になりましたね。

この事故?事件?の影響で島崎はBGを辞め日ノ出警備保障の一警備員となっていました。

島崎が工事現場の誘導を行っていると、走行禁止の区域に無理やり入ろうとする車が。

中にはSPの落合義明(江口洋介)と国民から失言で失脚を迫られている大臣・立原愛子(石田ゆり子)が乗っていました。

執拗に追いかけてくる記者たちから逃れるために無理やり通行止めを突破したのでした。

後日、日ノ出警備保障の社長・今関重信(永島敏行)から身辺警護課を立ち上げるため、島崎にも参加してほしいと打診されます。

社長が車いすの設定なのも、後々関係してくるのでしょうか。

以前失敗を犯したBGはその立場には戻れないという島崎に対し、今関は新人として参加するように勧めました。

新人研修を終え課長・村田五郎(上川隆也)をはじめ、島崎を含む5人の精鋭が集いました。

その頃、失言大臣こと立原大臣に脅迫状が届きました。

慢心は人間の最大の敵だ 退陣なくば、死の号砲が鳴る

これは立原がスターターを務めるマラソン大会で彼女を狙うというものでした。
こんな脅迫には屈するつもりはないと立原はスターターとして参加すると言います。

そして、最初の警護対象者はそのマラソン大会の協賛会社会長で大臣の襲撃に巻き込まれたくないという大久保佐助(伊武雅刀)でした。

初め、高梨雅也(斎藤工)がリーダーを担当しますが突然BGを辞めてしまいます。

急きょBGのリーダーを任された島崎は競技場に侵入し、念入りに警護プランを練りました。

大会当日、厳重警戒の中、立原大臣は素晴らしい演説と共に無事にスターターを務めました。何事もなくマラソン大会はスタートしましたが、客席から煙が上がりました。

そこには記者・犬飼悟(勝地涼)の姿がありました。

彼は必要以上に「爆発だ!」と観客をあおりパニックにさせました。 

そんな様子に気が付いた島崎は、会長の避難経路を確保した後トレーニングルームに向かいました。

そこには立原大臣が立っていました。二人が話をしているとさらに犬飼が現れました。

彼は脅迫状は大臣の自作自演で、マラソン大会で人気回復を狙ったのだと言いました。

そして自分はそんな大臣の嘘を暴くために、発煙筒を炊き事件を起こしたと白状します。

そして、事件解決後に高梨から島崎に電話が。

彼は島崎が以前にBGを務めていたことに気が付いたのでした。

スポンサーリンク

ドラマ『BG~身辺警護人~』1話ネットの反応や感想

ドラまる
気になった人が多かったみたいだね。

ラマちゃん
SPが武器を出したから犬飼も刃物を出したんだという島崎の言葉はその通りだと思ったね。


ラマちゃん
やっぱりキムタクはかっこいい!

スポンサーリンク

『BG~身辺警護人~』2話あらすじ

2018年1月25日(木) 21:00時から放送のドラマ『BG~身辺警護人~』第2話のあらすじをご紹介します。

人権派で知られる裁判官・行永辰夫(田中哲司)の自宅で自転車に放火される事件が発生。一審で死刑判決が言い渡された「老人ホーム殺人事件」の判決を控える行永への脅迫行為と見た警察は捜査を開始する。
 裁判官の行永には警視庁のSPが付くが、妻・亜佐美(大塚寧々)にはSPがつかないため、彼女の警護は章(木村拓哉)ら、日ノ出警備保障の身辺警護課が担うことに。しかし相変わらずSPの落合(江口洋介)は章たちを邪魔者扱いし、亜佐美は「武器も持たない一般人に護ってもらうなんて…」とボディーガードが付くことに難色を示すのだった。
 夫の行永がSPたちに護られながら外出すると一転、亜佐美は章とまゆ(菜々緒)を小間使いのように扱い、食器洗いや玄関の掃除を命じ始める。さらに、外出したいという亜佐美のワガママに振り回されながら買い物を続ける中、章は亜佐美を監視する何者かの視線に気付き…?

 やがて、亜佐美が夫に隠していた秘密の生活が見えてくる…。判決まで残り24時間!狙われているのは、夫か、それとも…!?

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『BG~身辺警護人~』第1話のあらすじネタバレと感想、第2話のあらすじをご紹介いたしました。

武器を持たずに、犯人に立ち向かうのはすごいですね。

今回は迷惑な大臣のせいで事件が起きてしまいましたが、どんな理由であろうと警護対象人を守ろうとする姿勢が尊敬に値しますね。

新人研修の時の、木村さんの動きのキレは見惚れてしまいましたが、それ以上に上川さんの演技力の高さを再確認しました。

脇役陣の活躍もこれから楽しみだし、島崎の息子さんも今後気になる存在です。

ドラまる
SPとは違って武器を持てない丸腰のBG。

BGなりの戦い方があるんだなって思ったね。

ラマちゃん
これから木村拓哉さんだけじゃなく、他の人たちのアクションも出てくると思うから楽しみだね。

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • コメントお待ちしています!

    CAPTCHA