明日の君がもっと好き|5話の動画無料視聴はこちら【2月24日見逃し】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『明日の君がもっと好き』第5話(2018年2月24日(土)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『明日の君がもっと好き』第5話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『明日の君がもっと好き』第5話の見逃し動画配信を無料視聴する方法をご紹介するわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『明日の君がもっと好き』第5話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

スポンサーリンク

ドラマ『明日の君がもっと好き』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『明日の君がもっと好き』放送終了から1週間以内はTverなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『明日の君がもっと好き』第5話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年2月24日(土)放送終了後〜2018年3月3日(土)23時00分

までは見られるよ!

※GYAOは放送翌日の日曜12時からの配信です。

放送終了から1週間以上経過している場合

放送終了から1週間以上経過してしまった『明日の君がもっと好き』を見る方法について、先に結論からご紹介すると、ビデオパスがおすすめです!

ビデオパスは30日間無料かつ『明日の君がもっと好き』は見放題扱いとなっているので、安心してご利用いただけます。

ビデオパス無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『明日の君がもっと好き』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『明日の君がもっと好き』の配信状況は以下のようになっています。

ビデオパスの詳細解説

ビデオパスは、携帯電話で有名なauが提供する動画配信サービスです。

見放題作品は約10,000本ということで他のVODサービスに劣りますが、月額564円(税込)というVODサービスの中でも最安値水準かつ、540円相当のビデオコインが毎月付与されるというコストパフォーマンスの良さが最大のポイントでしょう。

国内のドラマに関しては、テレビ朝日系列の作品の充実度が高めというのも、ひとつの特徴です。

初回登録後、30日間の無料キャンペーン期間が設定されているのもうれしいですね。

もちろん、無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

初回登録時にも540円相当のビデオコインをもらえます。

『明日の君がもっと好き』は見放題作品になりますので、30日間の無料キャンペーン期間中であれば見逃し回を無料で見ることが出来ます。

『明日の君がもっと好き』見逃し動画をお得に見る方法

  1. auビデオパスの30日間無料キャンペーンに登録

※紹介している情報は2018年1月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

※最新話放送終了から数日間は配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近は放送中のドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜
ラマちゃん
公式に配信されている動画も無料期間に見ればお金かからないので、以下のリンクからチェックしてみてねっ!

スポンサーリンク

2018年冬ドラマ『明日の君がもっと好き』第5話のあらすじは?

2018年2月24日(土)放送のドラマ『明日の君がもっと好き』第5話のあらすじを紹介します。

香(森川葵)を連れ戻そうと里川家に乗り込んだ文彦(柳葉敏郎)は、香だけでなく静子(三田佳子)とも子どもの育て方をめぐり対立。

その成り行きを見守っていた亮(市原隼人)と茜(伊藤歩)の間にも、亮と香の婚約をめぐり微妙な距離が生じる…。

後日、梓(志田未来)とのキス写真の流出を恐れる香は、亮に伴われ遥飛(白洲迅)のもとへ。

遥飛と対峙した香は、その目に不思議なシンパシーを感じ取る。

話し合いを終え、遥飛の出勤に合わせて一緒に乗ったバスの中でも、香と遥飛の会話は意外なほどに弾む。

ところが、遥飛は突然、痴漢の被害を訴えられ、警察に連れて行かれてしまう。

訴えた女性は、かつて遥飛がいたぶった子持ち女性の美晴(釈由美子)だった! 

亮は遥飛の急を知らせに茜のもとへと走る…!!

公式サイトより引用)

スポンサーリンク

2018年冬ドラマ『明日の君がもっと好き』第5話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『明日の君がもっと好き』第5話の見どころや期待度をご紹介いたします。

kazu464
香は梓とキスしている写真が流出することを恐れていた。

亮は香を連れて遥飛の所に行き写真をばら撒いたかを聞くがそれは絶対無いと遥飛が言う。

香は遥飛の純粋そうな目に魅力を感じていた。

ある日、香と遥飛は一緒のバスに乗る、どういう訳か話が弾む。

ところが、遥飛は痴漢の被害で訴えられ警察に連れていかれてしまう。

確かに遊んだことのある女であった、しかし、同意の上での火遊びと遥飛は思って居た。

亮はこの話を聞き、茜と一緒に警察に行くが刑務所に送った後で有った。

刑務所で、亮と茜は遥飛の小さい頃、母親に虐められて育った話を聞く。

亮と茜は弁護士の所に行き遥飛の精神鑑定できないかを相談する・・・

ペンネーム:kazu464(60代・男性)

はるか
次回は、ドラマの中で注目している遥飛が、とんでもない事になりそうです。

怪しい所で吊るされていたりして驚きです。

このドラマは、何だこのシーンというツッコミの連呼ですが、ついに遥飛も吊るされてしまったかという感じです。

香のシーンでは、ギバちゃんの存在感が、良いです。

ただ、幸せな結婚をしてくれればよいという父親としての想いが、伝わってきます。

幸せな人それぞれだけれどギバちゃんが、笑顔になれるような展開になると良いです。

梓の旦那の智弘の変態っぷりもすごいです。

茜と梓は、この人の本性分かっていたのかなと怖くなりました。

楽しみなポイントは、遥飛が、子持ち女性の逆襲からどう行動するかです。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

おちゃ
家出した香を迎えにきた父親。 娘の性同一性障害を受け入れられない父親。 

茜の実家も巻き込んで大きな問題となりそうです。

またお互いの気持ちに気づきはじめた茜と亮。 

そこに割り込む遥飛。

来週は各々の恋心に動きがあり見逃せない展開になりそうです。 

今まで我慢してきた茜の祖母静子(三田佳子)にも動きがありそうです。

香と亮が婚約者だと聞かされた茜。 

亮への嫉妬心を抑えられない香。 

自分は男の子だといい女の子が好きだけど亮への気持ちもわからない香。

みんなを巻き込んで茜と亮はどうなるのか。 

最終的に結ばれることを願っています。

ペンネーム:おちゃ(30代・女性)

とらこ
茜の祖母の夫に対する闇も少し気になりますし、香が父にも認めてもらい、自分らしく生きられる日が来るのか、亮と梓、どちらを選ぶのか。

そしてとてもいい感じになってきた亮と茜が今後どんな展開になるのか、2人の間に遥飛、香がどのような立ち位置で絡んでくるのかが一番のポイントだと思います。

多分一筋縄ではいかないのだと思うけど。

梓の姉への嫉妬も少し悪さしそうで心配です。

それに純粋な香を梓がうまく利用するだけにならないようにというのも願うばかり。

なんだか色々な要素が盛りだくさんなドラマですが、だからこそなんだかんだで最後はみんなハッピーになってほしい!と思わせるドラマです。

ペンネーム:とらこ(40代・女性)

タカヒロ
静子が清の首を絞めるシーンがあります。

怖すぎますね。

前の話では、寝たきりのはずの清が一人でいるときは立って、しゃべっていたので、なんで静子にやられるがままになっているのかが気になります。

過去のざんげのつもりなのでしょうか?なんで、寝たきりの演技を続けているのか、明日の君がもっと好きの中でも、特に気になる謎です。

来週から少しづつ明かされていくのでしょうか。

遥飛が茜を見つめながら顔一面に涙を浮かべるシーンがあります。

遥飛の涙、とてもきれいですね。

白洲迅さんの演技が魅力的です。

誰かに助けを求めるような、子犬のような表情を浮かべる遥飛。

茜も思わず母性本能がくすぐられてしまうのではないでしょうか。

ペンネーム:タカヒロ(30代・男性)

君の明日
文彦は、香が女性が好きだという事を、病気だと言いそうに感じました。

更に亮に対して知っていたのか、とその時の亮の返答しだいで、亮に対しても飛び火して、鉄拳制裁しそうで心配です。

この騒動の当人の香は、梓が好きだと言いながら、亮を誰にも取られたくないというのは、都合がよすぎる気がしましたが、茜に対して唐突な行動をしそうな気がしています。

亮は、茜と遥飛の会話についていけず、楽しそうにしている茜に嫉妬する姿があったので、もしかしたら、茜は亮よりも、遥飛の方を好きになるかもしれないと感じました。

また、不器用な亮が暴走気味に行動しそうです。

ペンネーム:君の明日(30代・男性)

2018年冬ドラマ『明日の君がもっと好き』第5話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『明日の君がもっと好き』第5話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

LENON

『明日の君がもっと好き』第5話のあらすじネタバレ

戻ることに。

茜は香と亮の婚約のことが気になり、亮への思いが微妙になる。

香は梓とのキス写真のことで、亮と遥飛のもとへ向かい、話をしているうちに、遥飛の中の何かを感じる。

三人で一緒にバスに乗るも、遥飛が痴漢に問われ、交番に出頭されてしまうが、被害を訴えたのは、以前あしらった子持ちの女性だった。

茜は保釈するため被害女性のもへ会いに向かい、もう一度会わせることを条件に保釈を受け入れてもらう。

保釈された遥飛と亮と茜の三人で香の店で飲み、悪酔いした香を休ませるため遥飛の家へ。

亮が薬を買いに出かけた後、茜に母の面影を投影し、母からの虐待を受けた思いを話す。

茜は心をいやすため、母親を演じ、子供の飛遥を開放する。

母への思いが強く、女性をまともに抱けなかった遥飛だが、茜へはおもいをよせ押し倒しキスをせまり、茜も受け入れる。

そこに亮が戻ってきて、ベットで横たわる二人をみてしまう。

『明日の君がもっと好き』第5話の感想

性同一障害で悩む香と、子供ころの母からの精神的、身体的虐待によるトラウマがある遥飛の二人の心模様が、少しづつ明らかになることで、心の奥底にあったそれぞれの思いが身につまされる。

登場人物全員が、何らかの思いを抱えていて、表面上の自分と心のうちで戦っているが、崩れてしまう時に、誰かに寄り添うことや、話すことで楽になれるのならと、少しは気が晴れた。

闇が深い分、いつかは晴れるのであるのかと心配になる。

茜が飛遥に体を許してしまうことは、いかにもありそうな展開で、不幸な影しかないアラサー結婚願望強い情勢の典型のようで。

少々見苦しいが、話の展開としては通過点の一つですね。

ペンネーム:LENON(50代・女性)

もち

『明日の君がもっと好き』第5話のあらすじネタバレ

茜(伊藤歩)の家で香(森山葵)、文彦(柳葉敏郎)、亮(市原隼人)を含め家族会議が行われる。 

話はは文彦と静(三田佳子)の子育て論争に。 

自分の気持ちに気づいた亮は積極的に茜に話しかけるも婚約者がいることを知った茜は微妙な反応。

キスの写真の流出を恐れる香は亮と遥飛(白洲迅)の元へ。 

お互いに心に傷を負っている二人は意気投合する。

三人でバスに乗っていると以前に痛ぶった女(釈由美子)が遥飛の手をとって痴漢だと騒ぎ始める。

警察に拘束される遥飛を何とか助ける茜。 

みんなで香のバーで祝杯をあげているとそこへ梓と智弘(渡辺大)が。

妹と張り合い酔っ払った茜を介抱する亮と遥飛。 

心配して酔い止めを買いに行く亮。

その間に遥飛と茜は親密な関係に。 

それを見てしまう亮。。。

『明日の君がもっと好き』第5話の感想

何でも決めつけて娘を理解しようとしない文彦。 

子供なんて思い通りに育てられないという静。

満点の子供いなければ満点の親もいない。 

子供は生きていてくれるだけで十分だという言葉が印象に残りました。

梓は何が起こっても相変わらずで、一人でキスの写真やこれからのことを気にする香。

亮と茜の距離も離れてしまいますが、お互いにふとしたことでお互いを思い出してしまうのがもどかしいです。

お互いに好きな気持ちがあるのにタイミングが合わないだけでこんな展開になってしまうなんて残念です。

一度、タイミングを失って動き出してしまったものはなかなか元には戻せないもので悲しくなります。

ペンネーム:もち(20代・女性)

マッティーナ

『明日の君がもっと好き』第5話のあらすじネタバレ

男と女どちらが恋愛の対象なのかわからない性同一性障害に苦しむ丹野香(森川葵)は、職場のガールズバーの常連客黒田梓(志田未来)と女同士でキスしているところを撮られた写真がきっかけで心の病が双方の親に知れることになり、香の父親の丹野文彦(柳葉敏郎)は嘆くが何とか現実を受入れて一人暮らしの香を家に連れ戻す。

一方、お互いに惹かれ合っている松尾亮(市原隼人)と里川茜(伊藤歩)に走った衝撃は、亮が香の婚約者だという事実を茜が知ってしまったこと。

事実そのものと同様それを隠されていたことが茜には悲しく、自暴自を棄になるのだった。

そんな時に子供時代母親から虐待と溺愛の矛盾を受けて心がねじれてしまっている城崎遥飛(白洲迅)の本当の涙を見て、茜は今だけ遥飛の母親役になって苦しみから解放してあげようと決心する。

それは遥飛に体を許すことだった。

母性で遥飛と抱き合っているところに亮が戻ってきてしまう。

『明日の君がもっと好き』第5話の感想

一所懸命生きているのに人付き合いや恋愛が不器用な松尾亮(市原隼人)と里川茜(伊藤歩)が惹かれ合い、お互いの気持ちを大切に少しずつ温めていく純情さが好きでいつも目を細めて見ていましたが第5話は悲しい展開となりました。

兄弟だと思っていた亮と香は実は兄弟ではなく婚約者同志であることを茜が知ってしまったこと。

そしてそれを知ってやけになってお酒を飲み、酔った勢いで遥飛に同情して体を許してしまったところを亮に見られてしまったことです。

どの場面も純情な2人にはあまりにも残酷でした。

特に茜と遥飛がベットで愛し合っているのを見たときの亮のショックな姿は見ていて心が痛かったです。

ペンネーム:マッティーナ(40代・女性)

のぼる

『明日の君がもっと好き』第5話のあらすじネタバレ

香を連れて帰るために親父さん(文彦)は亮を伴って、茜や梓の実家のおばあちゃん(静子)の家に乗り込んでいきます。

そして、両家の家族会議のような話し合いがなされますが、やはりそこでもいつも通りの頑固おやじぶりの親父さんの態度に、おばあちゃんとも軽くバトルになります。

そのバトルから距離をとっていた茜ですが、彼女にとっては亮と香が婚約しているという事実が衝撃であり、許せない心理です。

香は亮に付き合ってもらって、遥飛に写真の削除について確認しに行きます。

そこで遥飛の思いがけないイイ人の部分が見えて、視聴者は「アレっ」と感じるのですが、それと同時に「なんかあるな?」と感じます。

するとやはり事件が起こってしまいます。

遥飛への復讐目的の冤罪なのですが警察沙汰になり、話が展開されます。

『明日の君がもっと好き』第5話の感想

相変わらずな頑固おやじぶりの柳葉敏郎さんや、不気味な迫力のある三田佳子さんはさすがのベテラン勢です。

ベテラン勢に入れると怒られそうな釈由美子さんは、彼女らしい演技でした。

茜や梓のおじいちゃんが寝たきりのはずが、人のいないところでは立ち上がって様子見をしているのが実におそろしいです。

なんの目的で寝たきりを演じているのか?この伏線の回収方法がますます気になります。

今までも仲の良い姉妹ではなかった茜と梓ですが、今回は喧嘩して別れるときにお互いに「ベー」っと舌を出していて、なんだかおかしな姉妹だなあと。

そして、大人の女であるはずの茜が酔っぱらって、亮と一緒に遥飛のマンションに行くことがちょっと違和感を感じました。

そして、急に謎の母性を出してきているのはストーリー的に強引だなの一言に尽きます。

怪しい占い師がでてきたり、今回は全体的にコミカルな描写が目立った回でした。

ペンネーム:のぼる(40代・男性)

はるか

『明日の君がもっと好き』第5話のあらすじネタバレ

亮は、梓とのスキャンダルを遥飛が、他にも持っていないかを聞きたいと香にせがまれて共に遥飛のマンションを訪ねる。

スマホの写真以外は、持っていない事が、分かり香は、遥飛と和解する。

三人は、仲良くバスに乗っていたが、遥飛が、痴漢容疑で逮捕される。

遥飛を痴漢で訴えたのは、以前に罵った女だった。

茜は、亮から事情を聞き美晴と話し合い遥飛を助け出す。

しかし、遥飛は、美晴とデートする約束のもとで助け出されていた。

美晴は、デート場所としてSM部屋に遥飛を連れてきた。

罵られた怒りを遥飛にぶつける美晴。

そして、遥飛は、美晴から助けてくれた茜に好意を募らせ二人は、抱き合う。

その時、亮が、部屋に入ってきていた。

『明日の君がもっと好き』第5話の感想

ついにSMまで登場し吊るされたりハイヒールで踏まれたりしていて途中から観た人は、何だろうと思うドラマです。

釈さんが、ドスをきかせて遥飛を叱るシーンは、かっこ良かったです。

しかし、遥飛は、よく分からない男性です。

茜に甘えている姿も演技ではないかと思うのですが、茜が、すぐに遥飛にほだされているので騙されていると思うのだけれどと思いつつ観ています。

亮は、フワフワしてとんでもない所に来てしまいました。

音を立ててしまい慌てる亮でしたが、なぜか続ける二人。

茜は、亮をそれほど好きではなかったのかと思う展開だと思います。

茜の情にほだされやすいの性格は、亮も遥飛も傷つけるような事になると思います。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

マメコ

『明日の君がもっと好き』第5話のあらすじネタバレ

家出をしてきた香を実家に泊めてあげた梓。

しかし、香の父親に自分の実家に泊めた事がバレてしまい、父親が香を連れ戻しにくる。

香は梓とキスしていた写真が気になり、亮と一緒に遥飛の元を訪ねる。

香は遥飛を嫌な奴だと思っていたけど、お互い会話がはずむ。そんな3人と同じバスに乗っていた美春(前に遥飛に痛い目に合わされた事がある)。

美春は、遥飛と一緒のバスにのり、痴漢をでっち上げ遥飛は警察に捕まってしまう。

茜は亮と香が婚約している事が気になり、香が働くガールズバーで悪酔いをしてしまう。

亮と遥飛は遥飛のアパートに茜を連れて行き、介抱する事に。

『明日の君がもっと好き』第5話の感想

前回で美晴が遥飛を見つけた時、遥飛に何かしら復讐するんだろうなとは思っていましたが、まさか美晴がS女をするとは思ってもいませんでした。

美晴演じる釈由美子のイメージが私の中では可愛らしい感じだったので、ビックリしました。

やっぱり顔が可愛いだけに、あまりS女の迫力もありませんでしたね。

後、後半亮がいない間に茜と遥飛のベットシーンまでとはいきませんが、その様なシーンの中帰ってきてしまった亮の慌てぶりが、めちゃめちゃ気になりました。

水を飲む所とか、二人にばれてるんじゃない?とゆう位音が出てたと思います。

ペンネーム:マメコ(30代・女性)

まとめ

ドラまる
2018年冬ドラマ『明日の君がもっと好き』第5話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
6話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA