99.9シーズン2|最終回(9話)ネタバレと感想!続編にも期待!

  • この記事を書いた人:OCM
ドラまる
いよいよ、最終回2時間拡大版だよ!

最後は裁判の中でも最も覆しにくいと言われている、再審請求に深山達が挑むらしいよ!

ラマちゃん
そして、その裁判を担当するのがあの川上らしいよ!

あの手この手を使ってくるのだろうけど、絶対に真実を勝ち取って欲しいよね

スポンサーリンク

99.9シーズン2最終回(第9話)のあらすじネタバレ

ある日、深山(松本潤)が勤務する、斑目法律事務所に死刑囚である久世貴弘(小林隆)の再審請求依頼が届く。

その依頼をしたのは、久世の息子の亮平(中島裕翔)だった。

久世は8年前に妻を殺害して、放火して死刑判決を受けていたが、亮平からは両親は仲が良く、殺害するわけがないと訴える。

深山と尾崎(木村文乃)は自分たちの人生とフラッシュバックさせながら、久世の無実を立証するために調査を開始する。

しかし、再審請求は『開かずの間』と呼ばれており、最高裁の判決を覆す事でほぼ不可能とされていた。

久世を接見する深山達だったが、無実の罪を自供したりと不利な状況だったが、久世は息子の事を気にしていた。

深山達は接見した後に事件当日の調査を進め、事件当日の足取りを見直していくと、殺害に使われた灯油が購入した15リットルの内、ピッタリと5リットル残せた事に違和感を覚える。

深山はガソリンスタンドを訪れて、事件当日の久世が灯油を購入した防犯カメラの映像を見直すと、ある違いに気付く。

さらにその再審請求の担当裁判官は川上(笑福亭鶴瓶)だった。

以前から深山達に辛酸をなめさせられた川上は裁判所内でも立場が悪かった。

検事と裁判官と弁護士が集まって三者審議が始まる。

深山はこれまでの調査から、ガソリンスタンドの防犯カメラの時刻がずれていて、久世には犯行が無理だと主張するが、川上は公平に審議すると言いつつも、無理難題を深山達に押し付けるのであった。

一方で佐田(香川照之)はマスコミの力を利用して、世論を動かして審議を有利に進めようと考えるが、反対に週刊誌に都合の悪い事を書かれてしまう。

深山達は火災現場や事故で生き残った人物など、アパートの住人の元を訪れると、久世の奥さんを恨んでいた人物が他にもいる事等が分かる。

その人物の名前は山岡真一(小宮浩信)。

一方、佐田も消防署から山岡の存在を聞いてきたが、数日前から姿を消していた。

週刊誌を見た亮平は斑目法律事務所を訪れて、二度と僕の前に現れないで下さいと言って出て行ってしまう。

深山達は再度、事件現場の写真を見直していくと、割烹着の燃え方に違和感がある事に気付き、科捜研を訪れると、それ以外にも違和感がある事が発覚し、実験の結果から火元が1ヶ所では無くて、2個所だったという事が判明する。

その頃、深山に山岡の親族が見つかったと連絡が入る。

深山は早速、山岡の母親の元を訪れて調査を進めると、遺品の中から携帯電話を見つける。

携帯の中には事故当日の火災現場を移した動画が残っていたが、音声データのみが残っており、山岡は『燃えちまう』と事故を心配していたのではないかと思い違いに気付く。

深山はこれまでの調査を振り返っていくと、真実が見えてくる。

深山達は事件当日の火災の再現を依頼する為に川上の元を訪ねる。

いよいよ、再現が始まる。

アパートの住人の証言を基に模型を使いながら、一つずつ事件を再現して整理していく。

次に建物を実際に再現して実際に火災を起こして再現していくと、深山は『この中に証言が矛盾している人がいます、それは火をつければ分かります』と言う。

火をつけると、火は天井を伝い2階へと燃え広がっていく。

『火をつけたのはあなたですよね、海老沢さん?』と深山が尋ねて、『あなたが証言した、火の手が頭の上まで達していたという事は有りえないんですよ、あなた自身が火をつけたからです』と続けるが、海老沢は認めない。

さらに深山は『山岡さんは海老沢さんを揺するネタが燃えて無くなる事を心配して、”燃えちまう”』と言ったと続ける。

山岡の携帯電話に残っていた映像を証拠として提出すると、海老沢の部屋が燃えている場面が映る。

さらにそこには、海老沢の他人には見られたくない趣味の映像が映っており、深山は『それを基に山岡から揺すられていた為に海老沢は証拠隠滅の為に火をつけたのではありませんか?』と問いただす。

佐田が川上に対して、『再審請求は受けて頂けますね』と詰め寄ると、川上は『弁護側の主張は分かりました、追ってご連絡差し上げます』と伝えて、部屋を後にする。

部屋を出て行った川上を深山達が追いかけて、『司法は一体誰の為にあると思っているんですか?あなたは間違った判決に目をつぶってきた、あなたの大事な人が同じ様な事になっても同じ様に振る舞えるんですか?』と言う。

さらに『司法のバランスが崩れると、被告人は圧倒的な不条理にさらされてしまう、
その不条理から被告人を守るためにあなたたちの前に立ち続けますよ、あなたは何のために法廷に立つのですか?』と続ける。

いよいよ、最新裁判が始まる。

川上は久世に対して無罪を言い渡す。

さらに川上は『私たちはあなたの人生を台無しにしてしまいました、あなたに深くお詫びします』と頭を下げる。

涙を流しながら抱き合う久世親子。

開かずの扉である再審請求を0.1%の事実からこじ開けた瞬間だった。

スポンサーリンク

99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ最終回(第9話)の感想

20分の拡大版でしたが、あっという間でした!

今まで思い通りに事が進まなくても、冷静を保っていた川上でしたが自身が動いたにもかかわらず、思い通りにいかなかった事で一気に怒りの感情を露わにしていました。

今回の最後でも勝訴を勝ち取った深山に向かって、「よかったやないか」と皮肉っぽく話しかけるも、深山の「最初から真実は一つでしたよ」という言葉に一気に表情が変わりましたからね。

裁判官や警察の威厳を守るための事とはいえ、権力を振りかざしている場面を見ると、怖くなってしまいます。

実生活の中でも、残りの0.1%の事実を見つけてもらえずに冤罪になっている人たちもいるのかもしれません。

深山の様な誠実な弁護士に出会う事が出来ると良いのですが…

いよいよ、来週は2時間拡大版の最終回です!見逃し厳禁です!!

スポンサーリンク

2018年冬ドラマ『99.9 シーズン2』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『99.9 シーズン2』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はVODで視聴可能です。

Tverはこちら

VODで見る方法については以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ見逃し動画を無料視聴!VODおすすめサイト一覧まとめと比較

まとめ

2018年3月18日(日)放送のドラマ『99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ』第9話(最終回)のあらすじネタバレと感想をご紹介しました。

ドラまる
非常に見応えのあった最終回だったね。最後は川上が良心に基づいて、事実だけを正当に判断した結果かと思いきや、本当の狙いはそこでは無かったとは思いもよらなかったね
ラマちゃん
本当の裁判でも不条理にさらされることなく、事実だけを追い求めて、冤罪なんていう悲しい事が起こらない様にして欲しいね!

最後には立花(榮倉奈々)が姿を現して、シーズン3への伏線かな?

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA