99.9シーズン2|8話の動画無料視聴はこちら【2018年3月11日見逃し】

  • この記事を書いた人:マスダ

ドラマ『99.9-刑事専門弁護士-seasonⅡ』第8話(2018年3月11日(日)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『99.9 シーズン2』第8話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『99.9 シーズン2』第8話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『99.9 シーズン2』第8話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

スポンサーリンク

ドラマ『99.9-刑事専門弁護士-seasonⅡ』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『99.9 シーズン2』放送終了から1週間以内はTverを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『99.9 シーズン2』第8話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年3月11日(日)22時00分〜2018年3月18日(日)20時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

放送終了から1週間以上経過してしまったドラマ『99.9 シーズン2』を無料で見る方法は以下が挙げられます。

  1. 地上波での再放送を見る
  2. DVDやBDで見る
  3. 動画共有サイトにアップロードされた動画を見る
  4. テレビ局が公式に動画を提供しているVOD(ビデオオンデマンドサービス)を見る

地上波での再放送やDVD&BD化はドラマ全話の放送が終了してから数ヶ月後(再放送はされないことも多いです)になるため、今すぐ見たい場合の選択肢としてはNGでしょう。

そのため、現実的な選択肢はインターネットを利用して視聴する方法となります。

ドラマの動画がアップされていることの多い動画共有サイト一覧は以下になります。

上記のリンク先に動画がない場合は、すでに著作権違反の違法アップロード動画として削除されています。

随時チェックをすれば、新たにアップロードされた動画を見ることが出来るかもしれませんが、最近はテレビ局もかなり細かく違法動画サイトを巡回して削除要請をしているので、なかなか見られないかもしれません。

ドラまる
違法アップロードされた動画なので本当は見ない方が良さそうだね…
ラマちゃん
画質が悪かったり、変な広告が出たり、最悪の場合スマホやPCのウイルス感染のリスクもあるので、テレビ局が正式に動画を配信している動画配信サービスを利用するのが理想的ではあるわね〜

登録に2〜3分はかかっちゃうけど、どの動画配信サービスも無料期間があるのでとりあえずチェックしてみると良いかも!

ちなみに『99.9 シーズン2』はFOD・Hulu・ビデオパスでは配信されていないので要注意です!

スポンサーリンク

2018年冬ドラマ『99.9-刑事専門弁護士-seasonⅡ』第8話のあらすじは?

2018年3月11日(日)放送のドラマ『99.9 シーズン2』第8話のあらすじを紹介します。

選挙を目前に控えた、元文部科学大臣・藤堂正彦(佐野史郎)議員の選挙事務所で、毒物による殺害事件が起きた。

事務所に送られてきた羊羹ようかんを食べた、藤堂議員と妻の京子(森口瑤子)、後援会長の金子源助、第一秘書の上杉の4人のうち、上杉が死亡し、藤堂の妻・京子は意識不明の重体になった。

事件後、羊羹の送り主である、ニシカワメッキ社長・西川五郎(おかやまはじめ)は逮捕・起訴されていた。

羊羹に混入されていた毒物は鑑定の結果、依頼人の会社が保有するものと一致していた。

しかも、新規事業のために西川は、藤堂議員に陳情に行き断られていたという動機まで発覚。

絶対的不利な状況の中、別人のように乗り気な佐田(香川照之)。

一方、深山(松本潤)はある矛盾に気付く。

そこで、斑目所長(岸部一徳)の紹介で、個人で鑑定をやっている元科捜研・沢渡清志郎(白井晃)に鑑定を依頼し、重要な証拠を見つける。

そんな中、舞子(木村文乃)は、この裁判の裁判長が川上(笑福亭鶴瓶)であることを知る…。

不気味な笑顔を見せる川上。

そして、川上から深山たちに予期せぬ判決が—

公式サイトより引用)

スポンサーリンク

2018年冬ドラマ『99.9-刑事専門弁護士-seasonⅡ』第8話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『99.9 シーズン2』第8話の見どころや期待度をご紹介いたします。

s.matu
次回は元文部科学大臣の議員らが、送られた羊羹を食べて一人が死亡するのであった。

犯人は、羊羹を贈ったメッキ工場の社長が逮捕されるのであった。

証拠も、メッキ工場の、薬品が、羊羹から出たのだが、班目法律事務所が弁護をすることになるのです。

そんな中新たな矛盾を見つけた深山たちは、個人で、科学鑑識をしているものに、鑑定を依頼するのだが、今回の裁判長は、あの川上裁判官なのだ。

川上の顔には、不気味な笑顔が。

再び、裁判所と検察の間に策略が有るのではと思う、尾崎がいたのです。

そして、裁判では、0,1%を度の様に立証するのでしょう。

ペンネーム:s.matu(60代・男性)

ゆまゆま
第7話でも散りばめられていた、松本潤さんの連続ギャグも相変わらずいいスパイスになっていて、癖になる感じがあるので、第8話でも楽しみです。

嵐のライブでは、あれほどまでにかっこよく完璧な姿を見せるのに、このドラマでは、口も半開きで歩き方まで松本潤さんを消していて深山になりきっていて、俳優としても香川さんとも見劣りせず、楽しみで見ています。

第8話でもそんな松本さん演じる深山の姿と随所に散りばめられているギャグが楽しみであります。

また、第8話では、ますます、裁判官であった舞子(木村文乃さん)とその上司であった笑福亭鶴瓶との溝が深まっていくと予想されます。

第8話では出演しないのですが、今後最終回までに、また舞子の弟役であるセクシーゾーンの佐藤勝利くんの出演もあると更に楽しみです。

ペンネーム:ゆまゆま(40代・女性)

かな
深山がついに敗訴してしまいます。

真実を突き止めることに力を入れている深山が負けるのは、ないことなので恐らく判事たちのわるだくみが関係しているのだろうと思います。

最終回が徐々に近づいて来て、深山と判事のトップである川上との直接対決がそろそろ近づいていそうな気がします。

その対決で尾崎は深山か川上かどちらにみかたするのか気になります。

そして、直接対決をして何がどう変わっていくのかがとても気になります。

次クールの同じ枠で嵐メンバーの二宮くんが主演に決まりました。

なので、そろそろ出演してくれることを期待します。

ペンネーム:かな(20代・女性)

ずがいこつ
第7話で不気味な裏の顔が見えてきた川上が、さらにストーリーに噛み込んでくるという、新たな展開が予想される回である。

しかも次回も20分拡大版。

ますます期待も高まろうというものだ。

番組予告の最後に出てきた「敗訴」の2文字も非常に気になる。

ここでは無罪を勝ち取れぬまま、さらに第9回へと続いていく……ということになるのかもしれない。

この事件の裁判長はあの川上が務めるようだから、最終回は、予想通りとはいえ、川上との全面対決、ということになるのだろう。

佐野史郎や篠井英介、白井晃、といった、クセの強い実力派俳優がそろっていて、彼らがどんな演技を見せてくれるかも楽しみなところである。

ペンネーム:ずがいこつ(40代・女性)

ころすけ
ついに川上と深山たちの直接対決か!という感じです。

川上のあの笑顔がなんとも不気味です。

有罪にしたがる川上と事実を追求しようとする深山たちの対決が楽しみです。

舞子は不安そうな表情を浮かべているのは、川上の恐ろしさを知っているからではないでしょうか。

無期懲役を言い渡す川上に対して深山たちはなすすべはあるのか、見どころです。

一旦言い渡された判決が覆されることはあるのでしょうか。

それとも大どんでん返しが待っているのでしょうか。

それにしても20分拡大ということはこのドラマの大山ということでしょうね。楽しみです。

ペンネーム:ころすけ(30代・女性)

mmmg
次回は政治家毒物殺人事件とありました。

ついに深山先生と川上さんの直接対決のようですが、深山先生を追い詰め、法廷から排除するための「判決ありき」の裁判なのだと思います。

少なくとも予告では深山先生が被告人の弁護をし、一度は「敗訴」するのでしょう。

川上さんがどのような策を巡らせているのも謎です。

でも、敗訴して敗訴のまま終わったら99.9の意味がない!

無罪の被告を必ず無罪にし川上さんにも強烈な一撃を加えて、一発逆転するはずだと思います。

ダジャレはなくてもいいかな。

とことん真剣な深山先生や佐田先生も見てみたいですね。

ペンネーム:mmmg(40代・女性)

2018年冬ドラマ『99.9-刑事専門弁護士-seasonⅡ』第8話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『99.9 シーズン2』第8話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

garlic

『99.9 シーズン2』第8話のあらすじネタバレ

選挙活動中の元大臣である政治家の事務所で秘書と政治家の妻が毒物被害に遭う。

秘書が死亡し、妻は重症だった。

毒物は彼らが口にした羊羹に仕込まれていたのだが、その羊羹は政治家との間でトラブルを起こしていた男性が贈ってきたものだった。

同時に羊羹を食べていた後援会長は無事であり、羊羹に部分的に毒を含ませた無差別殺人ということで男性が逮捕・起訴される。

被告男性の弁護を担当する深山たちは、秘書がマスコミにある事実を暴露しようとしていたことを知る。

それは、政治家が献身的な妻を持つ身にもかかわらず愛人がいるというものだった。

深山らは政治家の事務所において事件再現をするなどして、政治家が羊羹に毒を仕込んだと推論して男性の無罪を公判で主張した。

この裁判は裁判員裁判で川上が担当している。

川上は、深山が切り札としていた証人・政治家の妻に自ら直接質問をしたり、評決に臨む裁判員たちを無意識下で誘導したりする。

結果、被告男性は無期懲役を言い渡された。

深山は、些細な事に気づきそれを元にして政治家を追い詰める。

もともと毒物が仕込まれていたのは羊羹ではなく、食べるのに使われた爪楊枝だった。

そして、重症に陥っていた政治家の妻も共犯だったのだ。

控訴審で被告男性に無罪の判決が出る。

判決が出た裁判所内で深山と川上は顔を合わせるがそこには見えない火花が散っているようだった。

『99.9 シーズン2』第8話の感想

政治家は、イメージダウンにつながる暴露をしようとする秘書を葬る為に無差別殺人に見せかけた殺人を企てるのですが、彼の妻もそれに協力していたことには驚きでした。

愛人がいる夫(政治家)の殺人計画に何故協力したのかを尋ねられた妻の答えが、落選すると夫はただの人になって、自分はただの人の妻になるからというもの。

考えてみれば、たしかに立候補した人はその間はフリーの身です。

当選すればいいのですが落ちてしまえば、何も残らないという人も多いのでしょう。

だから、落選するわけにはいかないので何としてもそこにしがみつくという考えです。

これは現実世界の政治家もそうなのでしょうね。

落ちたら、ただの人になる。

奥さんも、ただの人の奥さんになってしまう。

だから、政治家であり続けたい・・・。

それだけの為に選挙中はニコニコしているのかと思ってしまいました。

ペンネーム:garlic(40代・男性)

すな

『99.9 シーズン2』第8話のあらすじネタバレ

藤堂議員の選挙事務所で毒物による殺人事件が発生した。

送られてきた羊羹を食べて第1秘書の上杉が死亡、藤堂の妻・京子が意識不明の重体となり、羊羹の送り主である西川が逮捕された。

調べていくうちに事件の矛盾を発見し証拠も揃え、意識を取り戻した妻に証言もお願いしていたが川上裁判長の質問に妻は証言をひっくり返す。

そして一審で西川に無期懲役の判決が言い渡される。

納得がいかない深山だったが事件現場にあるはずのものが無いことに気づき選挙事務所へ向かう。

そして事件当時の状況を再現する。

深山に爪楊枝を渡され羊羹を食べてと言われた藤堂と京子だったが食べるのをためらう。

実は毒物は爪楊枝に仕込まれていたのだ。

京子は共犯者だった。

藤堂と京子は罪を認め、事件は解決する。

『99.9 シーズン2』第8話の感想

一度無期懲役の判決が出て深山が敗れてしまって、これで終わってしまうのかと思ったがそこはさすが深山。

そこで諦めずにきちんと事実を見つけることができてスッキリしました。

そして相変わらずのダジャレ。

最初のダジャレを病院だからと舞子に言わせてもらえなかった事で負けたのではないかと深山が言った場面は笑えました。

ダジャレ言わないと勝ち負けに響くのかと。

あとは毎回楽しみにしているゲスト。

プロレス選手や漫画家か色々出演している中、今回はひょっこりはんでかなり笑ってしまいました。

毎回思いますが人選が素晴らしいです。

今回も楽しく観させてもらいました。

ペンネーム:すな(30代・女性)

バッシー

『99.9 シーズン2』第8話のあらすじネタバレ

今回は毒殺事件で捕まった被疑者の弁護です。

今回は真犯人が分かっていても殺害方が分からなかったところが見どころでした。

捕まった被疑者の無罪を証明するために事件の検証や事情聴取を行った結果、真犯人と被害者の1人が真犯人の共犯者でした。

今回は初めて裁判の判決で有罪となり深山たちが負けるというところから、真犯人を見つけて最終的には無罪を勝ち取りました。

偏った判決をする裁判官の鶴瓶さんが一層と悪役になっています。

裁判官の誘導で裁判員は判断してしまう恐ろしさが描かれています。

裁判官の公平性がどんどんなくなっています。

今回も0.1%の真実にたどり着きました。

『99.9 シーズン2』第8話の感想

今回も香川照之のトークがとても楽しかったです。

アドリブのような起点の効いたセリフが弁護士用語の多いドラマでしんどさを吹き飛ばしてくれました。

気がつけば、犯人と面会中の時に名刺を皆んな立てていました。

そしていつのまにか再現の映像作りにも抵抗なく参加しており、深山先生色に染まって来て、良いチームワークが出来ていると感じました。

今回は深山先生が判決で負けてからのどんでん返しの展開で良かったです。

毎回簡単に解決するのでは99.9パーセントの有罪率が意味をなさないように感じます。

0.1パーセントの事実にかける弁護士魂が最高です。

ペンネーム:バッシー(30代・女性)

はっちこう

『99.9 シーズン2』第8話のあらすじネタバレ

元文部科学大臣、藤堂の選挙事務所で、羊羹による無差別殺人が起きる。

この事件により、藤堂の第一秘書であった上杉は死亡、藤堂の妻の京子は意識不明の重体となる。

この羊羹はニシカワメッキの社長である西川五郎から送られたもので、死因となった薬物、セトシンはニシカワメッキで取り扱っていたものであったこと、さらに西川は藤堂議員に宇宙開発事業の斡旋を断られたことで関係は悪化していたことから、西川五郎は容疑者として逮捕された。

しかし深山は、西川が取り出したセトシンは事件に使われたものと別物であると気づく。

そこで、元科捜研の沢渡に鑑定を依頼、今回の事件で使われたセトシンは、2年前の毒殺事件で使われたセトシンと同じものであることが判明する。

この事件の裁判長は、川上憲一郎。

第一審では、回復した藤堂の妻が証言台に立ちますが、深山からの弁護人質問の後に証言を翻します。

その結果、西川は無期懲役の判決を受けることとなる。

しかし深山は、この事件は、藤堂議員とその妻が共謀したものであることを突き止める。

よって、控訴審にて西川は無罪となる。

『99.9 シーズン2』第8話の感想

今回もとても面白かったです。

テンポがよく、小ネタもあり、真剣に見てしまいます。

裁判長の川上がとても注目された回でした。

この方は、第1話から気になる存在で、いい人なのか悪い人なのか、という感じでしたが、ズル賢い悪いやつ、という印象が強まりました。

第一審が終わり、物語のラストに向かうにつれてのスピード感はさすが。

藤堂議員とその妻が追い詰められていく様は見ていてスカッとします。

あの爪楊枝、捨てられていなくて本当に良かった、アルバイト、いい仕事をしました。

捨てられていたらとんでもない冤罪がまかり通っていたんだなと思うと、ゾッとします。

ペンネーム:はっちこう(30代・女性)

ふないちろう

『99.9 シーズン2』第8話のあらすじネタバレ

選挙を控えた議員・藤堂の事務所で、羊羮を食べた第一秘書・上杉が死亡し、藤堂の妻・京子が、意識不明になった。

羊羮を送ったメッキ会社社長の西川が逮捕された。

使われた毒物も、西川の会社で、手に入れることのできるものだった。

しかし、西川は、無罪を主張。深山、舞子、佐田が弁護することになる。

使われた毒物は、西川の会社で使われているものとは、成分が違っていたことと、死んだ秘書が、藤堂の不倫を公にしようとしていたことがわかり、藤堂が、犯人ではないかと、調査する。

その結果、羊羮が入れ換えられたのではないかと、想定し、また、入院中の妻から、家に同じ羊羮があったとの証言を得た。

裁判で、妻に証言をしてもらうが、裁判官・川上によって、妻の話が、思い違いではないかと、誘導された。

その後、西川に、無期懲役と判決が出た。

しかし、納得のいかない深山達は、考えていると、ある違和感を覚えた。

藤堂の事務所で、深山が探しだしたのは、つま楊枝であった。

藤堂、藤堂の妻らを集め、事件当時を再現した深山。

同じように切った羊羮を用意し、それぞれに、つま楊枝を渡した。

しかし、藤堂とその妻は、食べようとしなかった。

つまり、毒物を塗られていたのは、つま楊枝だったのだ。

スキャンダルで、議員でなくなり、普通の妻になるのが嫌で、起こした犯罪であった。

二審で、深山達は、無罪を勝ち取った。

冤罪を防いだのだ。

一方、裁判官・川上にとっては、汚点となった。

『99.9 シーズン2』第8話の感想

川上は、裁判官として、証人の証言を曲げようとしました。

それは、中立の立場である裁判官としては、やってはならないことです。

上司のためにといってよいような行動ですね。

二審で、正しく行われたというような言葉を言った川上。

それは、責任逃れです。

もし、深山が「つま楊枝」に、気がつかなければ、冤罪に導いたと言って良いのではないのでしょうか。

「ようかん」を食べて死んだから、「ようかん」に毒物といった思い込みが、違った判決に向かわせていたのだと思うと、ゾッとしました。

しかし、ほんの少しの違和感に気付いた深山。

観察力の鋭さに、驚きです。

そして、藤堂の妻も、犯人であったとは。

自分の命も、ひとつ間違えば、落とすところなのに。

0.1%の真実がわかって良かったです。

ペンネーム:ふないちろう(50代・女性)

『99.9 シーズン2』第8話のあらすじネタバレ

8話で1番面白くて見逃してほしくないシーンが、はいと手を上げて答えなければいけないというシーンがあり佐田はそこで深山にきつく、はいと手を上げて答えてと言われるんですが、佐田が言うのはよしっ!や深山と尾崎行ってこいとただそれだけなのにも関わらず手を上げて答えろと深山に言われるシーンがもうほんとに面白くて、つい声を出して笑ってしまいました。

そしてまた深山が佐田の前でダジャレを披露し、佐田は深山のダジャレで爆笑し自分もダジャレを言うんですが深山は全く笑わず必死にダジャレの解説をするシーンがまた面白いので見てほしいです。

『99.9 シーズン2』第8話の感想

今回も佐田のシーンで結構笑うところが多くてほんとに面白かったです。

やはり深山と佐田が言い争ったり、ダジャレでお互い笑ったりとこの2人のシーンはほんとに見てて楽しくなるので大好きです。

普段はほんとに深山に振り回されて小馬鹿にされている佐田ですが、いざという時に一致団結するところとかもほんとに大好きです。

99.9%は一つ一つのシーンにちょっとした面白さなどもあるので、ほんとに見逃す事なく見てほしいです。

深山と佐田のシーンは非常に見どころとなっているので私個人としてはオススメです。

それを見守る尾崎も中々最高です。

ペンネーム:A(20代・女性)

まとめ

ドラまる
2018年冬ドラマ『99.9-刑事専門弁護士-seasonⅡ』第8話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
9話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA