【99.9シーズン2】4話ネタバレと感想。5話のあらすじも

  • この記事を書いた人:OCM

ドラマ『99.9-刑事専門弁護士-seasonⅡ』第4話が2018年2月4日(日)に放送されました。

ドラまる
今回はどんな事件の0.1%を探し出していくんだろうね?

今回のスペシャルゲストは近藤芳正さんだよ

ラマちゃん
事件を解明する0.1%の事実も毎回気になるけど、スペシャルゲストや深山が作るレシピも気になるよね。

後、深山のダジャレが何点かもちょっと気になるね!

スポンサーリンク

2018年冬ドラマ『99.9 シーズン2』4話のあらすじネタバレ

ある日、斑目法律事務所に岩村梢(有森也実)が事件弁護の相談にやって来る。

事件の被疑者で梢の夫である直樹は取引先の専務である、棚橋幸次郎を殺害後に自殺をしていた。

事件はそのまま、被疑者死亡で書類送検されており、不起訴処分になっていた。

しかも、梢は殺害された幸次郎の兄、政一郎(迫田孝也)から3億円の損害賠償請求を受けていた。

しかし、梢は夫の無実を立証して欲しいと依頼してきた。

佐田(香川照之)はこれまでの経験から被疑者死亡の場合は、裁判が開かれない事を理由に弁護を断るが、深山(松本潤)は事件現場へ向かっていた。

佐田は尾崎(木村文乃)に深山を連れ戻すように指示を出す。

深山の後を追う尾崎だったが、いつも通り深山のペースに巻き込まれるが、調査を進めていく内に刑事記録に矛盾がある事に気付く。

矛盾点は聞き込みや自殺現場や凶器のスパナなどからも出てくる。

事務所に戻った深山達は再度事件の概要を見直す。

深山は直樹に当日のアリバイがある事にも気付いていた。

一方の佐田も事件を調べていくと、直樹が個人で特許を取得していた事とその特許に莫大な価値がある事を突き止め、政一郎がこの特許を独り占めしようとしていた事にも気付く。

佐田は早速政一郎の顧問弁護士の元を訪れる。

政一郎の弁護士は民事裁判のやり手で有名な森本(近藤芳正)で佐田とはライバル関係だった。

深山達はアダチ工業の足立(塚地武雅)の元を訪れて、事件の真相を聞き出す。

以前の言っている事と違うと詰め寄ると、足立は誰かに事件の事を聞かれたら、直樹さんが契約を破棄されそうで悩んでいたと口裏を合わせるように政一郎から頼まれていた事も話す。

尾崎はこれらの状況証拠を持って、再調査の依頼の為に検察庁を訪れるが、あしらわれてしまう。

佐田はこの事件を民事裁判で争う事を提案する。

しかし、深山は事実を証明する証拠がそろっていないと一人で調査を再開する。

深山は佐田に凶器の鑑定書を渡す。

いよいよ、第1回公判が始まる。

しかし、深山は明石と2人で再度、事件当日の目撃者を捜していく。

一方、法廷では佐田が凶器に付着していたセメントの成分から無罪を立証しようとするが、弁護士の森本に反論される。

続いて、足立の証言が始まるが、以前聞いた話とは反対の証言をして、佐田は窮地に追い込まれる。

再び、全員で事件当日の直樹の目撃者を探すも中々見つからない。

この事実を知った森本は目撃者をでっちあげる事を政一郎に提案する。

森本は不安そうな政一郎に向かって、『事実はどうでもいい、法廷で勝つか負けるかだ』と言って部屋を出ていく。

後日、佐田の元に相手側に事件当日の目撃者が見つかったとの電話が入る。

第2回公判が始まる。

森本側の目撃者とは足立で直樹を目撃した場所と当時の服装などを話し出す。

深山はその目撃証言を特に当日の直樹が来ていた服がアイボリーのセーターだった事を再度確認する。

続いて、深山は新しい証拠として、直樹が写っている事件当日の防犯カメラの映像を提出する。

法廷では足立の証言とは違った映像、当日直樹がコートを着ていてアイボリーのセーターは写っていなかった。

深山はコートを見られると都合が悪い人物がコートを持ち去ったと言い、真犯人はあなただと足立を指さす。

すると、足立はおもむろに立ち上がり、嘘の証言をする様に頼まれたと供述する。

裁判官から誰に頼まれたのと聞かれると、政一郎は怒号と共に法廷を出ていくが、外で取り押さえる。

深山は森本に向かって『事実は一つですから』と言って、法廷を後にする。

スポンサーリンク

2018年冬ドラマ『99.9 シーズン2』4話の感想

今回も見事に事件の0.1%を見つけ出して、無事に事件解決に辿りつきました。

見事なのですが、今回は少し不満が残りますね。

足立もあっさりと公判中に証言を翻したりして、少し内容が薄い様な気がします。

本当なら、あれは偽証罪ですよね。

もう少し、最初から色々な伏線がある様な内容が見たいですね。

しかし、最後に尾崎が持っていた写真の男が気になりますね。

度々出てくる、尾崎が裁判官を止めるきっかけになった少年でしょうか?

ここを軸に話が進むと、尾崎の上司の川上(笑福亭鶴瓶)も関わってくるので、濃い内容になりそうですね。

次回に期待したいと思います!

スポンサーリンク

ドラマ『99.9 シーズン2』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『99.9 シーズン2』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はVODで視聴可能です。

Tverはこちら

VODで見る方法については以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ見逃し動画を無料視聴!VODおすすめサイト一覧まとめと比較

ドラマ『99.9 シーズン2』5話のあらすじと見どころ

2018年2月11日(日)21時〜放送のドラマ『99.9-刑事専門弁護士-seasonⅡ』のあらすじと見どころをご紹介します。

大怪我をした志賀(藤本隆宏)と奈津子(渡辺真起子)が相談にやってきた。志賀が怪我して動けないので、請け負った刑事裁判の弁護を協力してほしいという。

その刑事事件とは、女子高生・工藤久美子(清原果耶)に対する強制わいせつ事件。17歳の山崎大輝(市川理矩)とその友人・大江徳弘(福山翔大)が、久美子の証言により、容疑者として起訴されていた。さらに調書によると、山崎は一度自白をしてしまっていた。

さっそく山崎の元へ接見にいった深山(松本潤)と舞子(木村文乃)は、警察に脅されて自白したということを知る。
さらに山崎は、事件当日は、焼肉屋にいたと証言する。

しかし焼肉屋の店員(アキラ100%)はお客を一人一人覚えていなくてアリバイが取れない。しかし、深山は山崎から聞き出したある情報をもとに刑事事件ルームの面々と再び焼肉屋に向かった。

公判では、裁判官の遠藤(甲本雅裕)は弁護側に一貫して頑なな姿勢で弁護側の主張を採用しようとしない。

この事件、裁判所と検察のある思惑が一致して、両者が半ば結託するような形で進められていたのだ。さらにある奇策により、深山たちが見つけたアリバイさえも跳ね除けられる。

絶体絶命な状況の中で、すべてを覆す事実を見つけることはできるのか!?

公式サイトより引用)

まとめ

2018年2月4日(日)放送のドラマ『99.9-刑事専門弁護士-seasonⅡ』第4話のあらすじネタバレと感想をご紹介しました。

ドラまる
次回予告にも出ていたけど、来週あたりから今回の一番気になる部分に突入しそうな雰囲気になってきたね。

いよいよラスボス登場かな?

ラマちゃん
そうだね!

尾崎が持っていた写真の男との関係や川上との関係も少しずつ明らかになってきそうで、来週も見逃せないね!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA