【99.9シーズン2】2話ネタバレと感想。3話のあらすじも

  • この記事を書いた人:OCM

ドラマ『99.9-刑事専門弁護士-seasonⅡ』第2話が2018年1月21日(日)に放送されました。

ドラまる
早くも、今回のドラマの中心となりそうな『26年前の真実』に深山(松本潤)が関わっていく事になるね
ラマちゃん
そうだね、前回のseasonⅠでは未解決のままだったから、楽しみだよね!

スポンサーリンク

2018年冬ドラマ『99.9 シーズン2』2話のあらすじネタバレ

深山(松本潤)は26年前の事件の0.1%を調査する為に金沢へ行く事にする。

その頃、斑目(岸辺一徳)は尾崎(木村文乃)へ弁護士として正式採用を伝えると共に、深山の父親の事件ことを話す。

彼の父親は犯罪者として、深山は犯罪者の家族として生きてきたと話し、尾崎君も苦しんでいるんだね、しかし元裁判官だからこそ力になれる事もあるんだと伝える。

斑目はさらに続ける。

ここを去る前にもう一つお願いできないか?と尾崎へ伝える。

深山は検察官の丸山(青木崇高)の元を訪れる。

尾崎は金沢へ行く事を決めて、明石(片桐仁)と共に金沢へ向かう途中に、深山の父親の概要や被害者の鏑木美里の家庭環境などを聞かされる。

深山は丸山へ新しい証拠品の調査を依頼する。

丸山は『新しい事実が分かれば検察側の汚点になる』と言うが、深山は黙って立ち去る。

その頃、斑目は佐田(香川照之)にも深山の手伝いをする様に頼むが、あっさりと断られる。

その後、深山と尾崎と明石は金沢で合流する。

検察官は26年前の捜査記録を見ていると裁判では明らかにされていなかった事がある事に気付き、その後3人と会って、隠されていた事実を伝える。

隠されていたのは遺留品の事、被害者である鏑木美里はコンビニに立ち寄ってなかった事だった。

事件現場には指紋や足跡も残っていなかったと記録されていた。

その後、深山と尾崎は元コンビニで働いていた人物に話を聞くことが出来て、事件当日の20時以降は誰もコンビニには来なかったことも分かる。

父親との証言のくい違いに戸惑う2人。

深山は26年前の事を思い返す。

尾崎は時効が成立している事件を今なぜ掘り起こすのか?と深山に尋ねる。

深山は事実が知りたいだけだと言う。

斑目は休日中の佐田の家を訪れて、家族を温泉旅行に招待するとともに金沢へ行くように打診する。

喜ぶ娘達を見ていた佐田は娘の携帯に付いているものが遺留品と同じ事に気付く。

その頃、尾崎は鏑木の妹の元を訪ねて、数ヶ月前から無言電話があった事と変な男に付きまとわられていた事を警察に話したが、記録に残っていない事を突き止める。

その後、深山と尾崎は担当刑事だった三宅の元を訪れる。

遺留品を見るとハッとする三宅。

三宅は『事件の事は上には報告した、検察官へ調べてくれるように依頼もした』と言う。

その夜、佐田が3人の元を訪れる。

深山達はこれまでの経緯を佐田に伝える。

明石は透明人間がいたんだと話すが、相手にされない。

尾崎が『検察が表に出さなかった事が決定打になる?』と言う。

佐田は遺留品を見てハッとする。

それは佐田の娘が持っていた物と同じ物で西寒山の神社の縁結びの御守りという事が分かった。

その時、検察官から電話があり、第一発見者が交番勤務の警察官だという事が解かり、深山は三宅が怪しいと推測する。

次の日、深山と佐田と尾崎と明石は遺留品の確認の為に西寒山へ向かった。

頂上にある神社に着いた4人は遺留品と同じ物がある事を確認し終えると、これまでの入山記録を確認する事にした。

その頃、斑目は深山の父親の事件を担当した、検事正の大友(奥田瑛二)の元を訪れる。

斑目は大友に対して、『誰も邪魔はしてはいけない、もしそのような人物がいたら俺が全力で彼を守る』と宣言する。

そんな折、調書を読み返していた丸山はある事に気付く。

深山達の入山記録の確認は深夜にまで及ぶものの、三宅の名前はなかなか見つからない。

しかし、深山はある人物の名前が記載されているのを見つけて、これまでの調査を頭の中で思い直すと透明人間というキーワードに行きつく。

後日、深山と佐田と尾崎は検察庁の大友の元を訪れて、これまで調査してきた事を伝える。

遺留品は第三者の物で父親は犯人ではない事を伝える。

そして、現場に落ちていた深山の父親の傘に付いていた警察官の指紋の情報を裁判記録から除外したのかと尋ねる。

大友は何も答えない。

続けて、鏑木美里が誰かに付きまとわれていた事を覚えているかと聞くと、大友はそれは覚えていると言う。

『検察に有利な証言は覚えているんですね』と尾崎が問いただす。

そして、深山は事前に当時のコンビニの店員だった人物と三宅に再び話を聞きに行っていて、ある真相を掴んでいた。

コンビニ店員からは事件当日、コンビニには客はいなかったが、自然と犯人から除外されて記憶に残らない透明人間になっていた警察官がいた事、三宅からは証拠品の傘に同じ派出所に勤務していた小倉学という人物が遺留品と同じ御守りを持っていた事と証拠品の傘に小倉の両手の指紋が残っていた事と被害者の鏑木美郷に親しげに話していた事、事件前は好意を持っている女性がいたが、殺害された後に一切話をする事がなかった事とその事実を上司に伝えたが、再捜査はされなかった事、大友にも報告をしたが揉み消された事を聞いていた。

そして、深山は事件の真相を話し始める。

鏑木美里は深山の父親からコンビニの前で降ろしてもらったが、中に会いたくない人物がいて立ち寄る事はしなかった。

その後、鏑木美里はコンビニの中にいた小倉に殺害された、そして小倉は殺害の際に傘に付いていた指紋をごまかす為に死体を発見した時にわざと素手で傘を触ったんです、そして僕らが入山記録の中に小倉学という名前を見つけました。

それを黙って聞いていた大友は『君たちの努力は尊敬に値するが、今更あの事件を掘り起こしてもどうにもならんぞ』と言い、さらに『小倉はすでに亡くなっている』と言い放つ。

それに対して、深山は『残念なことなどありません、僕はただ事実を知りたかっただけなので』と大友に詰め寄り、『あなた、小倉さんの事を調べていたんですね、どうしてですか?』との問いかけに目を背ける大友であった。

深山が部屋を出ていくと、今度は佐田が『あなたにとって深山の父親に個人的な恨みがあったからと言ってってあげた方がいい』と言う。

佐田はさらに『裁かれる事に誰も責任を負おうとしない、裁判は一体誰の為にあるのでしょうか?』と続け検察庁を後にする。

その後、深山と斑目は父親の墓前の前で調査の報告を行う。

斑目は『大介の想いを果たす事が出来なかったか』と言うと、深山は『一つの事実が見えたことだけで十分です』と言い、その場を後にする。

スポンサーリンク

2018年冬ドラマ『99.9 シーズン2』2話の感想

非常に見応えのあった第2話でした。

saezonⅠから引っ張ってきた事件だっただけに、この事件を中心にseasonⅡは展開されて、裁判官役の笑福亭鶴瓶の関わっているのかな?と予想していたので、個人的には拍子抜けでした。

しかし、大友は死人に口無しとか言って、居座り続けるのかと思ったらあっさりと辞職してしまいました。

性根までは腐っていなかったという事ですね。

尾崎も正式に雇用契約を交わして、深山とのコンビもこれから楽しみです!

スポンサーリンク

2018年冬ドラマ『99.9 シーズン2』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『99.9 シーズン2』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はVODで視聴可能です。

Tverはこちら

VODで見る方法については以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ見逃し動画を無料視聴!VODおすすめサイト一覧まとめと比較

2018年冬ドラマ『99.9 シーズン2』3話のあらすじと見どころ

2018年1月28日(日)21時〜放送のドラマ『99.9-刑事専門弁護士-seasonⅡ』のあらすじと見どころをご紹介します。

人気ロック歌手・ジョーカー茅ヶ崎(宇崎竜童)がジャーナリスト・安田(伊藤高史)の殺人容疑、及び、その事件の目撃者・石川(安達祐実)の殺人未遂容疑で逮捕された。

茅ヶ崎の顧問弁護士を務める佐田(香川照之)は、焦った様子で何かを隠している模様。

接見に向かおうとする深山(松本潤)を必死で止めて、新たに斑目法律事務所の一員となった舞子(木村文乃)を担当に任命。

事件を追う中で、茅ヶ崎の賭博行為のネタを掴んだ安田から、茅ヶ崎が揺すられていたこと、そして佐田の指示でその事実を警察に言わず内緒にしていたことが判明する。

最終的にその事実が警察にバレてしまい、茅ヶ崎には安田を殺害する動機があったため故意に隠蔽していたとされてしまったのだ。

“依頼人の利益”を守ろうと策を講じた佐田のせいで、依頼人がピンチに立たされてしまったことを佐田に指摘し、攻め立てる深山たち。

しかも、殺人事件では目撃証言、殺人未遂事件では、凶器に茅ヶ崎の指紋があるという絶体絶命の状況!

そして、担当する裁判官は舞子の先輩だった山内(松尾諭)。舞子の立場が変わり、今までの態度から豹変する山内に、舞子は裁判官と弁護士の間にある分厚い壁を感じる。

舞子の元上司で、山内の上長である東京地裁・所長代行の川上(笑福亭鶴瓶)は『お互いの立場で、対等にガンガンやり合えばいい』と激励するが…
崖っぷちに立たされた中で、深山と舞子は茅ヶ崎の無実を見つけ、佐田の窮地を救うことが出来るのか?

公式サイトより引用)

まとめ

2018年1月21日(日)放送のドラマ『99.9-刑事専門弁護士-seasonⅡ』第2話のあらすじネタバレと感想をご紹介しました。

ドラまる
深山の父親の事件の真相が解き明かされて良かったね!

シーズン1からのモヤモヤがやっとはれた感じだね!

次回からはどんな展開が待っているんだろうね?

ラマちゃん
そうだね!来週はスペシャルゲストで宇崎竜童さんや安達佑実さんと今seasonのボスキャラ的な笑福亭鶴瓶も再登場するみたいね。

深山と尾崎のコンビも本格的に始動するみたいでますます楽しみね!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA