99.9シーズン2|1話ネタバレと感想。舞子の過去と謎の男が気になる!

  • この記事を書いた人:しいろ
ドラまる
松本潤さん主演の『99.9-刑事専門弁護士-SEASON II』の1話が、2018年1月14日(日)に放送されたね!

大人気ドラマの続編とあって、早くも話題沸騰!

ラマちゃん
今回はどんな難事件が待ち受けているのかしら?

こちらの記事では『99.9 シーズン2』第1話のネタバレを感想ありでご紹介するわね!

スポンサーリンク

2018冬ドラマ『99.9 シーズン2』1話のあらすじネタバレと感想

深山(松本潤さん)の「0.1%の事実をとことん追求する」という姿勢から、刑事事件専門ルームの室長がなかなか定着せず、後任を探すまで民事の仕事に戻っていた佐田(香川照之さん)が刑事事件専門ルームに戻ることに。

そんな中、とある殺人事件の弁護以来があり、依頼人とともに舞子(木村文乃さん)が斑目法律事務所に。

舞子は元裁判官の経験から、本件は確実に有罪になると主張。

しかし、深山はそれに納得せず、舞子と真っ向から対立することに。

そこで舞子の経歴を知った佐田は、「深山と同等に言い合える」と舞子を言いくるめて特別契約の弁護士にすることに……というのが、1話のあらすじでした。

現場を忠実に再現したり、ところどころ小ネタを挟んだり……と、シーズン1と変わらない手法に、「帰ってきたな〜!」というワクワク感が止まりませんでした!

しかし、今回は元裁判官から見ても有罪と見られる事件。

一体深山はどう立ち向かうのだろう?と思っていたのですが、深山が今回目をつけたのは『写真』。

検証の結果、加害者とされる鈴木(半海一晃さん)の会社の社員の女性が鈴木に撮ってもらったという写真は、鈴木の身長では撮ることができないことが判明。

さらに、その写真に写っていた人物が録画していた動画の音声と証拠として提示されていた電話の音声や、加害者の会社の女性のインスタグラムの写真が決め手となり、本件の加害者は鈴木ではなく、鈴木の部下であることがわかりました。

見事、0.1%に迫り、鈴木の無実を明らかにした深山。

深山の次々と繰り出される攻撃(口撃?)に圧倒されつつ、非常にスッキリしました!

また、舞子の過去や、深山にかかってきた謎の電話も気になりますね。

舞子は裁判官時代に何か事件と関わっていそうですし、深山の方はシーズン1で触れられていた父親の事件が関係していそうです。

これらもどう明かされるのか楽しみです。

今後も『99.9-刑事専門弁護士-SEASON II』をしっかりと追って行きたいと思います!

スポンサーリンク

2018冬ドラマ『99.9 シーズン2』1話のネットの感想や評価は?

「面白い!」「見入ってしまった!」という声が非常に多く見られました。

人気作品のシーズン2だけあって、期待値が高かった人も多かったようですが、変わらないコミカルさやテンポの良さがウケていたようです。

続編となると雰囲気が変わってしまう作品もないわけではないので、変わらない部分があるのは嬉しいですね!

もちろん、新しいキャストも増えて変わった部分はありますが、根っこの部分は変わらない面白さだったので、個人的にも嬉しかったです。

冒頭から炸裂した深山のダジャレに、「帰ってきた!」と感じた視聴者が多かった様子です。

このダジャレを聞くと、「99.9だなー!」という感じがします。

今後もたくさん深山らしいダジャレを聞かせてほしいです!

シーズン1で榮倉奈々さんが演じていた弁護士・立花の行方がわかって安心する視聴者の声も多く見られました!

立花の復帰を望む人も多いようです。

今回新しくレギュラーに加わった舞子に加えて立花も戻ってくれば、さらに楽しいことになりそうですね!

もちろん、新レギュラーとなった舞子に期待している人も。

真面目な舞子が変わり者の深山に振り回されていくのか、それとも感化されるのか?

2人の行方も気になるところです!

スポンサーリンク

2018冬ドラマ『99.9 シーズン2』第2話のあらすじは?

2018年1月21日(日)放送の『99.9-刑事専門弁護士-SEASON II』2話のあらすじを見ていきましょう!

深山(松本潤)は、美由紀(野々すみ花)から連絡を受けて、故郷の金沢を訪れていた。

美由紀は、26年前に、深山の父親・大介(首藤康之)が逮捕された殺人事件の被害者・美里の妹だった。

美由紀が深山に渡したのは見覚えのない水晶の遺留品。

当時、事件現場に落ちていて、美里の遺留品として警察から母親に返されていた。

しかし、それは美里のものでもなく、大介のものでもなかった。

そうだとすると、現場に第三者がいたという新たな証拠なのか…。

その遺留品をもとに、深山はもう一度26年前の事件に隠された0.1%の事実を追い求める。

そして、それは大介の事件の担当検事だった宿敵・大友検事正(奥田瑛二)との対決も意味していた。

そんな中、金沢地方検察庁には、以前、深山が担当した事件の検察官だった丸川貴久(青木崇高)が人事異動で赴任していた。

深山は丸川に調査の協力を仰ぐのだが…。

一方、舞子(木村文乃)は、斑目法律事務所の所長・斑目春彦(岸部一徳)から打診を受け、事件の調査に加わることになり金沢へ向かう。

そして、家族で休暇中だった佐田(香川照之)も、斑目の策略で金沢に向かうことになる。

果たして、26年前の父親の無実は証明できるのか!

26年目に解き明かされる驚愕の事実とは!?

公式サイトより引用

まとめ

『99.9-刑事専門弁護士-SEASON II』第1話のあらすじネタバレと感想、第2話のあらすじを紹介しました。

ドラまる
相変わらずのテンポの良さだったね!

深山の変人ぶりも健在!

ラマちゃん
事件自体はスッキリ解決したけど、シリアスな部分がどう開示されていくのか気になるわね。

シーズン1のテンポの良さを残しつつ、新キャストによって新しい部分も開拓されつつ……と、以前からのファンも新しく観始めた人も楽しめる作りになっていたのではないでしょうか。

個人的には深山の変人ぶりが健在だったことや、コミカルなやりとりがシーズン1そのままだったのが嬉しかったです。

シーズン1で深山の相棒的立ち位置だった立花の後任となった舞子も、立花とはまた違った真面目さ(堅物さ?)があり、物語をどう引っ掻き回してくれるのか楽しみです。

さて、次回は早くも深山の父親の事件が動くことになりそうです。

深山は父親の無実を明かすことができるのか?

そして、驚愕の真実とは一体?

『99.9-刑事専門弁護士-SEASON II』第2話も楽しみですね!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA