99.9シーズン2|1話ネタバレと感想。舞子の過去と謎の男が気になる!

  • この記事を書いた人:OCM

ドラマ『99.9-刑事専門弁護士-seasonⅡ』第1話が2018年1月14日(日)に放送されました。

ドラまる
嵐の松本潤さん主演の2018年冬ドラマ『99.9‐刑事専門弁護士‐seasonⅡ』が1月14日(日)から始まったね!
 

ラマちゃん
前回も大人気だったドラマの続編なので、今回も期待大だね!

今シリーズから木村文乃さんも出演しているよ。

 

スポンサーリンク

2018冬ドラマ『99.9シーズン2』1話のあらすじネタバレと感想

深山大翔(松本潤)は99.9%有罪と考えられる案件でも、残りの0.1%の事実を解き明かすまで追求する刑事専門弁護士。

斑目法律事務所の所長(岸辺一徳)は周囲を振り回す深山が所属する刑事事件専門ルームの室長を誰に任せるかで頭を悩ませていた。

斑目が室長に指名したのは民事の仕事に復帰していた佐田(香川照之)だった。

深山の事を良く知っている佐田は抵抗するも期限付きで渋々承諾し、再び、深山と佐田のコンビが復活する。

ある日、鈴木二郎(半海一晃)の娘の加代(谷村美月)が殺人事件の弁護依頼にやって来る。

鈴木は借金をしていた沢村ファイナンスの社長殺害の容疑で逮捕・起訴されていた。

加代の友人で元裁判官の尾崎舞子(木村文乃)も付き添いでやってきた。

尾崎は様々な理由から、現在は司法の世界から少し距離を置いていた。

尾崎は鈴木の父親の犯行である事は間違いないと考えており、無実を証明するのではなく、情状酌量を考えていた。

深山と尾崎は早速、鈴木の接見へ向かう。

しかし、接見方法や0.1%の事実を追及する深山と尾崎は対立してしまう。

深山の2時間以上にも及ぶ、事細かな事情聴取が始まる。
深山の聴取が終わった後、尾崎は鈴木に現実を伝えるが、『舞子ちゃんは俺を疑っているの?俺はやっていない!』と言い放たれる。

事務所に帰ってきても深山と尾崎の対立は続く。

口論の末に、深山は『誰が犯人かなんて興味ない、何があったかの事実が知りたいだけだ』と尾崎に言う。

そんな時、佐田は尾崎の経歴を見込んで、斑目法律事務所で弁護士として雇う事を依頼する。

尾崎は今回の事件限定の弁護士として斑目法律事務所で働くことになった。

そして、深山達は鈴木の調書を基に事務所で今回の事件の概要を洗い直す。

深山は事件を見直して、気になる事を再現してみる事にする。

まずは鈴木が働いていた事務所と同じ間取りの場所を借りて再現を始める。

尾崎も渋々事件再現の一人として手伝う事になる。

調書との矛盾点を何度も何度もやり直していく内に証言との食い違いに気付いていく。

引き続き、深山達は事件当夜、鈴木が会ったという社員の安倍(長塚圭史)と伊藤(新妻聖子)にも事件の再現をお願いして回る。

調査を進めていく内に尾崎は深山に情状酌量の方向に速く切り替えるように嘆願する。

佐田になだめられても、深山は『僕は事実を探しますよ』と言う。

その日、尾崎は単独で加代へ情状酌量の事実を伝える為に事務所に呼んでいた。

尾崎は事実を伝えるが、加代は事件後の父親の態度などを考えて『あなたが何と言おうと父はやっていない』と語気を強め、『これが司法なら誰にも幸せになれない』と続ける。

その後、佐田は尾崎に情状酌量の方向、深山に現状の調査方向のまま調査する様に指示を出す。
深山は田口ジャパンの電話の音声データを聞き直していると、電話の音声以外に水が流れている様な音に気付く。

深山は事件を再度考え直すが、鈴木が会社を出た時間と社員に出会った時間の謎に行き詰まる。

深山は再度、鈴木が伊藤と出会った場所で違う高さから写真を2枚撮り直す。

さらに写真の中に移り込んでいた、会社の名前が書かれている紙袋を持っている人物に気付く。

写真を画像処理すると会社名がはっきりと分かり、深山はすぐにこの紙袋を持った人物に会いに行き、当日撮影していた動画をもらう。

動画を見ていた深山は閃いて、今までの事件の概要と調査の内容を擦り合せ始める。

いよいよ、鈴木の裁判が始まる。

深山は鈴木が撮影したとされる写真と違う角度から撮影した写真を見せて、伊藤に尋問を始める。

安部に対しては、録音されている電話の音声を聞かせながら、尋問を始める。

続いて、伊藤との関係を尋問。

会社の同僚だと話をするが、伊藤のインスタグラムに頻繁に安部が映り込んでいる事を指摘する。

さらに動画を再生し、噴水の音と電話音声で流れていた水の音を一緒に流す。

安部はその音を聞いて、ハッとして思わず立ち上がる。

そして、深山は『その音は22時から15分間だけしか流れないんです、よってあなたが21時過ぎに鈴木さんが出ていくのを見るのは不可能なんです、沢村さんを殺害したのはあなたですね』と言い放つ。

外で待っていた尾崎は深山と佐田に向かってどうなりましたか?と尋ねる。

佐田は『二人の証言を覆せた。無実が言い渡される』と伝える。

深山は尾崎に向かって『何かいう事ありますか?謝罪とか訂正とか』と尋ねると、『裁判官は弁明せず』と言い返す。

帰り間際に川上憲一郎(笑福亭鶴瓶)に会う。

深山は『裁判官は被告人と会わないのに人生を説くなんて無責任なんですかね』と言う。

裁判も終わったある日、深山に26年前の事件関係者から電話が掛かる。

深山は金沢で26年前の事件の新証拠を手に入れる。

スポンサーリンク

2018冬ドラマ『99.9シーズン2』1話の感想

いよいよ始まりました。

第1話から深山のあの独特な調査方法やほんの少しの手掛かりから事件の真相を解き明かしていく鮮やかでスピーディーな展開も全開でしたね。

頂きマングースや耳を触る仕草や調味料を持ち歩く所や佐田との絶妙な掛け合いも健在でした。

各回に登場するスペシャルゲストにも注目ですね。

また、深山が作るレシピにも注目ですね。

スポンサーリンク

2018冬ドラマ『99.9 シーズン2』第2話のあらすじと見どころ

2018年1月21日(日)21時〜放送のドラマ『99.9‐刑事専門弁護士‐seasonⅡ』のあらすじと見どころをご紹介します。

深山(松本潤)は、美由紀(野々すみ花)から連絡を受けて、故郷の金沢を訪れていた。

美由紀は、26年前に、深山の父親・大介(首藤康之)が逮捕された殺人事件の被害者・美里の妹だった。美由紀が深山に渡したのは見覚えのない水晶の遺留品。

当時、事件現場に落ちていて、美里の遺留品として警察から母親に返されていた。しかし、それは美里のものでもなく、大介のものでもなかった。そうだとすると、現場に第三者がいたという新たな証拠なのか…。

その遺留品をもとに、深山はもう一度26年前の事件に隠された0.1%の事実を追い求める。そして、それは大介の事件の担当検事だった宿敵・大友検事正(奥田瑛二)との対決も意味していた。

そんな中、金沢地方検察庁には、以前、深山が担当した事件の検察官だった丸川貴久(青木崇高)が人事異動で赴任していた。深山は丸川に調査の協力を仰ぐのだが…。

一方、舞子(木村文乃)は、斑目法律事務所の所長・斑目春彦(岸部一徳)から打診を受け、事件の調査に加わることになり金沢へ向かう。

そして、家族で休暇中だった佐田(香川照之)も、斑目の策略で金沢に向かうことになる。

果たして、26年前の父親の無実は証明できるのか!26年目に解き明かされる驚愕の事実とは!?

公式サイトより引用)

第1話の最後にこれからの展開を匂わす事が次々に出てきました。

深山の父親が関わっているとされている26年前の事件の真相や尾崎と川上の関係性も気になりますね。

最後には26年前の事件の新証拠が出てきたりと次回も見逃せませんね。

まとめ

2018年1月14日(日)放送のドラマ『99.9-刑事専門弁護士-seasonⅡ』第1話のあらすじネタバレと感想をご紹介しました。

ドラまる
前回の良い所は引き継いで、新しいキャストとして木村文乃さんや馬場園梓さんも出演されています。
 

ラマちゃん
新しいキャストも加わってますます見逃せないよね!
 

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA