【絶対零度】5話ネタバレと感想。ラストシーンの暗殺者(犯人)は井沢?

  • この記事を書いた人:tomopon

2018年8月6日(月)にドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』第5話が放送されました。

ドラまる
関西ジャニーズJrの道枝駿佑さんが登場するよ。
ラマちゃん
ジャニーズの先輩・横山裕さんと初共演なのよね。

10代の揺れ動く不安定さをどう演じるのか楽しみね。

こちらの記事では、ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』第5話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』第5話あらすじネタバレと感想

とある施設で金属探知機に引っかかる荷物。

小銭が金属探知機を鳴らしたのだとその人物を通してしまう警備員。

中に入った少年はカバンから機材を取り出し組み立て始めました。

少年はミハンシステムがピックアップした危険人物で私立青葉中央高校2年の岡崎直樹(道枝駿佑)でした。

バスケ部のエースで父親も文部科学省のエリート。

しかし、近辺で起きた動物殺傷事件の犯人として容疑がかかっていました。

動物虐待は重大犯罪につながる可能性があると捜査を指示する東堂定春(伊藤淳史)。

直樹が通う青葉中央高校に外部指導員として山内徹(横山裕)が潜入していました。

バスケのシーンに悶絶するファンが続出でしたね!

1on1での勝負は山内の圧勝でした。

口では山内のことを尊敬するようなそぶりを見せる直樹ですが、その後すぐに学校の裏掲示板に山内の誹謗中傷が書き込まれるようになりました。

発信元は直樹の携帯でした。

直樹は、自分の周りの人間を操り支配しようとする反社会的サイコパスの可能性が浮上しました。

その頃、警官に扮した(?)小田切唯(本田翼)と田村薫(平田満)は直樹の周辺の家庭に聞き込みに回っていました。

どこで話を聞いても優等生ということしか出てこないと話しているところに、ジャーナリストの川上邦明(近藤公園)が声をかけてきました。

警官に直接話しかけてくるあたりから、もう怪しさがプンプンしていましたね。

直樹とも接触しているという川上。

尾行していた直樹が、鳩を襲おうとしているところに川上が電話をかけ、持っていたナイフを川に捨てたことから、川上によって犯行を思いとどまったかに見えました。

しかし、東堂は引き続き捜査を進めるように指示しました。

東堂自身、過去に無差別殺傷事件に遭い、父親を殺害された過去を持っていたのです。

その時の犯人も反社会的サイコパスだったのでした。

川上の自宅に隠しカメラを設置するために、井沢範人(沢村一樹)・小田切・田村が向かいました。

そこで、川上自身が書いた記事のスクラップを発見しました。

川上の周辺の人物が自殺したり、事故で亡くなったりした記事がほとんどを占めていましたが、一つだけ一年前のホームレスの殺害事件だけが川上にかかわりのない人物の事件でした。

その事件は16歳の少年が容疑者として挙がりましたが、川上によるアリバイ証言が決め手となり、容疑者不明のまま未解決事件となっていました。

しかし、その事件の起こる前にミハンシステムによって真犯人であろう少年はリストアップされていたのです。

まだシステムが始動しきっていなかったため犯罪は防がれませんでした。

自身も反社会的サイコパスだった川上は、犯罪を起こすであろう少年少女たちに接触し、背中を押していたのです。

その時、川上の盗撮映像を確認していた南彦太郎(柄本時生)が騒ぎ始めました。

設置した隠しカメラに向かって「話を聞きに来い」と話しかける川上。

怖かったですー!すごく冷静に語りかけてきましたね。

井沢が川上の自宅に出かけることになりました。

ゆっくりと話をする川上に違和感を感じた井沢が山内に直樹の居場所を尋ねますが、もう直樹は犯行を実行するために動き出した後でした。

向かった先は父親の勤務先・文部科学省。

ここで冒頭のシーンに戻ります。

カバンから出した銃を組み立てる直樹。

人に銃口を向けても全く怖気づかないところ、何の感情も感じさせないあたりがとても恐ろしかったです。

ミハンメンバーも現場に到着。

淡々と銃を撃つ直樹に向かい堂々と近づく父親。

そして躊躇なく引き金を引く直樹。

「やっと殺せた。」

そう言って再び銃を構えようとする直樹を取り押さえたかに見えた瞬間、直樹は隠し持っていたカッターで自分の首を切ってしまったのです。

そこへ川上が写真を撮りに現れました。

最高の記事にしてあげるという直樹との約束を果たしに。

怒りを抑えきれなかった東堂は川上の首を締め上げてしまいました。

川上のような人間がいる限り、殺人はなくならない。

東堂の悔しさがひしひしと伝わってきました。

バーで酒を飲む川上。

危ないよ~。お天道様は見てるよ。裏路地は危ないって。と突っ込みながら見ていたら、やはり現れました暗殺者。

そして、次週明かされる衝撃の真実。

一体暗殺者は誰なのか、早く来週になってほしいです。

スポンサーリンク

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~第5話考察!

最後に行われた必殺仕事人による制裁は誰によって行われたのか?

今回は東堂が過去の事件の被害者だったことがわかりました。

そして、事件を搖動した川上に対し明らかな怒りをぶつけるシーンもありましたが、東堂が仕事人の可能性は予告を見る限りなさそうですね。

井沢の後ろ姿が川上の襲われた現場にあったようですが、川上が襲われた後に駆けつけたというところでしょうか。

では、誰が仕事人の仕事をしているのか。

川上が「来ると思っていましたよ」と言っていたので、彼に直接会ったことのある人物ということですよね。

個人的に警察内の各部署を巡り巡ってきた田村がその役を担っているように感じます。

今回も小田切との会話で、部屋に侵入する時に罪悪感が薄れてきているというようなことを言っていましたね。

ともあれ次週が待ち遠しいです。

スポンサーリンク

『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』第5話ネットの反応や感想

ドラまる
サイコパスがみんな凶悪犯罪を起こすのではないということが語られていたね。

ひとくくりにすることの怖さも感じたよ。

ラマちゃん
バスケのシーンは見入ってしまったわ。

二人とも美しかった!

ドラまる
今回は変装ではなかったのかな?

ラマちゃん
道枝くんの演技が光ってたわ。

ドラまる
裁かれなかった犯罪者を密かに抹殺しているのは誰なのかな?

2018夏ドラマ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

しかもFODでは過去に放送された

  • 絶対零度〜未解決事件特命捜査〜(2010年4月〜6月放送/全11話)
  • 絶対零度〜未解決事件特命捜査〜SP(2011年7月放送/全1話)

も見放題配信されているので、『絶対零度〜未解決犯罪潜入捜査〜』をより楽しむことが出来ちゃいます!

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください。

『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』5話の動画を無料で見る方法はこちら

『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』第6話あらすじ

2018年8月13日(月) 21:00から放送のドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』第6話のあらすじをご紹介します。

井沢(沢村一樹)たち“ミハン”チームが捜査した事件の関係者に不審な出来事が続いていたことが発覚する。

猟銃の誤射で少女を殺し、その罪を別の事件の犯人になすりつけた元最高裁判所長官の小松原(中丸新将)は点検中のエレベーターに転落して死亡(第2話)。

強姦を重ねていたエリート大学生の湯川(佐野岳)は行方不明になり、失踪届が出されている(第3話)。

そして、法の目をかいくぐって何人も殺害した上、未成年者の犯罪を後押ししていたジャーナリストの川上(近藤公園)は射殺体で見つかったのだ(第5話)。

3人は、いずれも法でさばけなかった犯罪者――。

犯人がミハンから得た情報をもとに犯行に及んでいると考えた東堂(伊藤淳史)は、「ミハンの情報が外部に漏れている」「内通者がいる」「チーム内に犯人がいる」という3つの可能性に言及する。

真相を解明するため、井沢は、山内(横山裕)とともに小松原が死んだホテルへ。

小田切(本田翼)と田村(平田満)は湯川のスマートフォンのGPSが途絶えた高架下へと向かった。

ほどなく、井沢たちは、防犯カメラの映像などから一台の不審な車両にたどり着く。

だがその所有者に関する個人情報は改ざんされているようだった。

一方、川上の事件を追う捜査一課の早川(マギー)たちは、殺害現場付近で不審な男を見たという目撃者を見つけ、犯人の似顔絵を作成することに。

そして、できあがった犯人の似顔絵は、あるミハンメンバーの顔で――。

ミハンは一連の犯行を予測していない。

ミハンを知り尽くし、犯罪者を誰よりも憎み、事件の再発を防ぎたいと強く願う犯人の正体とは?

法で裁けない犯罪者を制裁していた人物が、ついに明らかになる!!

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』第5話のネタバレ感想と第6話のあらすじをご紹介いたしました。

サイコパスという人間性について、爆弾処理に関する井沢の説明でなるほどと理解できたところと、やはり理解できないところが混在するケースでした。

その反社会的サイコパス達の背中を押し、犯行に導いていた川上を演じた近藤公園さんがただただ本当に怖かったです。

監視カメラに気が付いて、呼びかけてきたところは鳥肌が立ってしまいました。

直樹役の道枝駿佑さんの演技もよかったですね。

『母になる』の時よりも役になりきっていてその成長に目を見張りました。

そして、必殺仕事人の正体が次週明らかに!

ドラまる
今回も最後に事件の首謀者の川上が粛正されたね。

悪者を見逃さない「お天道様」は誰なのかな?

ラマちゃん
井沢が容疑者として挙がったみたいだけれど、本当は誰なのかしら?

次週も見逃せないわね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA