【絶対零度~未然犯罪潜入捜査~】3話ネタバレと感想。サークル代表を狙ったのは誰?

  • この記事を書いた人:tomopon

2018夏ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』第3話が2018年7月23日(月)に放送されました。

ドラまる
佐野岳さんがゲスト出演だね。

大企業の御曹司役で、どんなふうに事件に絡んでくるのかな?

ラマちゃん
そして、桜木泉(上戸彩)の新たな展開があるのかも気になるところね!

こちらの記事では、ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』第3話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

2018夏ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』第3話あらすじネタバレと感想

井沢範人(沢村一樹)が急いで自宅に入ると、誕生日の飾り付けは乱れ、そこには二人の遺体が倒れていました。

泣き崩れる井沢。二人は井沢の妻と娘でした。

独身だと思っていた井沢には家族がいました。

前回、復讐を実行しようとした藤井早紀に見せた写真は本当の家族写真だったんですね。

明るく自慢の娘だと言っていた井沢の気持ちを考えると、心がえぐられそうでした。

そして、第一話の犯人に銃口を向けるシーン。

井沢に銃口を突き付けられていたのは二人を殺した容疑者で追われていたウサミヨウスケでした。

このことを調べていた桜木泉(上戸彩)

もとバディの山内徹(横山裕)は井沢に桜木との接点を訪ねますが、井沢は本当に桜木のことを知らないようでした。

そこへ「ミハン」が新たな危険人物をピックアップしました。

私立栄明大学の学生・若槻真帆(柴田杏花)でした。

しかし、彼女の現在の姿は病院にありました。

彼女は、一年前に飛び降り自殺を図り入院中でしたが、最近、その彼女の携帯から所属していたテニスサークルのSNSに「復讐してやる」というメッセージが送られ、さらにニトログリセリンを購入した履歴が検出されたのです。

爆弾を作るつもりなのでは?と動き出す「ミハン」チーム。

真帆の病室に侵入した小田切唯(本田翼)は絶句します。

一年前から彼女は意識不明だったのです。そんな彼女に、犯行を起こすことはどう考えても不可能でした。

真犯人が別にいる。

真犯人の特定から始める井沢達。

小田切が病室を出る際に真帆の父親・周作(遠山俊也)と出くわします。

真帆の友人だったという小田切に「栄明大学に行かない方がよかったのかもしれない。」とこぼす周作。

サークルは楽しそうだったのに、いつからか様子が変わってしまった。

男手一つで育ててきた自慢の娘さんだったんですね。

前途洋々と生きていたのに。

真帆が所属していたサークルの代表で薬学部の湯川司(佐野岳)が経営するカフェにテニスサークル部員たちはよく集まっていました。

店員に聞き込みをすると、周作も事件の後、湯川の元に訪れていたことがわかりました。

プラスチック製品専門の町工場を経営する父も薬学部の湯川もニトロの知識はあるが、復讐を考えるような人間には見えませんでした。

カフェにウエイトレスとして潜入する小田切。

「飛び降りは阿部のせい。」という話を聞きました。

阿部広樹という男は真帆に付きまとっていたというのです。

自殺未遂を図った前日にも真帆に会いに来て言い合いをしているのを父親が見ていました。

山内が記者と名乗り、阿部と接触を図ります。

当然、真帆のことについて話そうとしない阿部に、「一週間前に真帆の容体が急変した」ということだけを伝え帰りました。

一方その頃、井沢も病室に大学関係者として見舞いに訪れていました。

真帆の病室には、お見舞いにひまわりの花が飾られていました。

そして、脅迫メッセージが送られてきた日に湯川もお見舞いに来ていたことをつかみます。

目が覚めていないことを確認しに来たのでしょうか?

カフェで働く小田切を送ることにした湯川に小田切は真帆のこと聞いてみました。

と、突然調子が悪くなる小田切。

直前に湯川に食べさせられた食事に薬が盛られていたのです。

連れ去られる寸前に会話を骨伝導電話で聞いていた山内に助け出されました。

過去に暴漢に襲われたことのある小田切は、大変ショックを受けていましたね。

湯川には過去に強姦の容疑がかかっていましたが父親の力を使ってすべて示談にしていたのです。

うすうす勘付いてはいましたが最悪です、御曹司。

そして、病室に仕掛けていた盗撮カメラの映像から、真帆の本当の彼氏が阿部だったことがわかりました。

湯川を狙っているのは阿部。

一致した見解の元、チームは動き出しました。

湯川には小田切が自首を促し、阿部は山内が尾行することになりました。

しかし、病室の阿部の言葉から気になる点を察知した井沢は、阿部に直接話しかけるように山内に指示しました。

阿部は、湯川のことを爆弾による復讐ではなく自首を薦めようとしていたのです。

では、誰が爆弾を作っていたのか?

本当の危険人物は真帆のリハビリ担当の大谷だったのです。

誰が真帆の自殺未遂の原因だったのかわからなかった大谷は、犯人をおびき出すために脅迫メールをテニスサークル全員に見せるように送ったのでした。

そして、その罠にまんまと引っかかったのが湯川でした。

ひまわりの花言葉。「あなただけを見つめている。崇拝。」

怖いです~。一度も言葉を交わしたことがないのに、こんなに思いこめるなんて。

大谷の部屋を捜索すると爆弾を生成した痕跡が見つかりましたが現物は見つかりませんでした。

すでに湯川の店に爆弾をしかけ、しかも、真帆を殺害しその後自分も自殺しようとしていました。

爆弾が仕掛けられたカフェでは、縛られた湯川と小田切の姿がありました。

くずを見殺しにしても後悔するという小田切、かっこいいです。

自分の負ってきた傷もすべて受け入れている感じがしました。

爆発のギリギリで、元爆弾処理班の田村薫(平田満)が止めてくれました!

恐るべしたらい回しby南彦太郎(柄本時生)(笑)

阿部と父の誤解が解け、一緒に真帆の回復を待とうと願う二人。

しかしその願いもむなしく真帆は亡くなってしまいました。

警察から出てくる湯川。

残念なことに全く反省していませんでした。

再び陽気に仲間に電話をかけていると、忍び寄ってきた男に銃で撃たれてしまったのです。

スポンサーリンク

2018夏ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』第3話ネットの反応や感想

ドラまる
今回も、最後に闇のお仕置き人が登場。

これが、井沢の仕業なのか、それとも。。。

ラマちゃん
「ミハン」チームの誰かなのかしら?

ドラまる
本当に自分勝手な動機だったね。

真帆ちゃんかわいそう。

ラマちゃん
勝手に恋して、勝手に心中しようとするなんて。

ストーカーの心理は理解できないわ。

ドラまる
今日も神がかり的にかわいかったね。


ラマちゃん
最悪の男~!

全女性の敵!

ドラまる
井沢の過去も少し明らかになったね。

桜木はなぜ井沢の家族の事件を捜査していたのかな?

スポンサーリンク

2018夏ドラマ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

しかもFODでは過去に放送された

  • 絶対零度〜未解決事件特命捜査〜(2010年4月〜6月放送/全11話)
  • 絶対零度〜未解決事件特命捜査〜SP(2011年7月放送/全1話)

も見放題配信されているので、『絶対零度〜未解決犯罪潜入捜査〜』をより楽しむことが出来ちゃいます!

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください。

『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』3話の動画を無料で見る方法はこちら

2018夏ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』第4話あらすじ

2018年7月30日(月) 21:00時から放送のドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』第4話のあらすじをご紹介します。

井沢(沢村一樹)たちは、「ミハン」がリストアップした危険人物・佐伯卓郎(小野了)の捜査を始める。

佐伯はわかば銀行勤続36年。

妻に先立たれてからはアパートでひとり暮らしをしており、毎朝決まった電車で出勤し、定時に真っ直ぐ家に帰る、殺人とは無縁そうな真面目な男だ。

だがこの1年の間に多額の出金記録があり、預金残高はわずか。また前夜は、仕事終わりに西麻布の会員制バーに立ち寄っていた。

小田切(本田翼)は、行員としてわかば銀行に潜入。

そこに、客を装って田村(平田満)もやってくる。

その際、意外な事実が判明した。なんと佐伯は、田村の小学校時代の同級生だった。

そのとき、行内に銃声が鳴り響き、2人組の強盗が現れる。

防犯カメラや通報ボタンの位置を熟知し、テキパキと金を詰め込んでいく強盗たち。

しかし、ほどなく警察が駆けつける。

外の車で待機していた共犯者が逃走。強盗犯は、小田切らを人質に行内に立てこもる。

山内(横山裕)や南(柄本時生)が予期せぬ事態に緊迫する中、監視カメラで佐伯の動きを注視していた井沢は、彼が強盗犯とアイコンタクトをとっていたことに気づく。

「佐伯は強盗が入ることを知っていた――」 危険人物である佐伯が、もし強盗を手引きしているとしたら、彼はいったい何をしようとしているのか!?

山内は、犯行グループの情報を捜査一課に渡すよう進言。しかし東堂(伊藤淳史)はそれを拒否し……。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』第3話のネタバレ感想と第4話のあらすじをご紹介いたしました。

今回は最後に小田切の無念が晴らされたと取っていいのでしょうか。

自分の気持ちを封印してまで警察官として湯川の命を救ったのに。

前回も、ターゲットとなった人物が葬られていましたが、誰がこの仕事を請け負っているのか、とても気になりますね。

毎回井沢が関係しているように見えるのですが、さすがにそのまま井沢の犯行ということはないですよね。

そして、その井沢自身の過去も少し明らかになりました。

以前持っていた妻と娘の写真は、本当の井沢の家族だったのですね。

そうやって前回のお話を見返すと、写真について笑顔で話す井沢の気持ちを改めて感じることができます。

強い憎しみを持つ者だけが集められた「ミハン」チーム。

チームを作った東堂(伊藤淳史)にも憎む相手がいると明かされました。25年前の無差別殺傷事件。

様々な謎が交錯し始めて、気になる点がわんさか出てきましたね。

どのようにつながっていくのか、はやく続きが見たいです!

ドラまる
また事件のターゲットになった人物が最後に狙われたね。

犯人は井沢なのかな?違うと思いたいな。

ラマちゃん
来週は、本田翼さんのアクションもあるみたいだわ。

こちらも見逃せないわね!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA