探偵が早すぎる|5話ネタバレと感想。壬流古の容態は?次なる刺客は誰?

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2018年夏ドラマ『探偵が早すぎる』第5話が2018年8月16日(木)に放送されましたね。

ドラまる
「探偵が早すぎる」も第5話!

今日は、壬流古が、子どもの刺客を使ってくるよ!

ラマちゃん
子どもを言いくるめて、殺人の道具にしようなんて…元仮面ライダーが何してるのよ!!(怒)

って、番組が違ったわ。

しょうがないわね。

でも、もう何回も失敗している大陀羅一族だし、焦ってきてる部分もあるわよね。

ここまでは、千曲川のおかげで事なきを得ているけど…。

さ~今週も一緒に物語を追っていきましょう!

こちらの記事では、2018年夏ドラマ『探偵が早すぎる』第5話のネタバレ感想と第6話のあらすじもご紹介いたします。

スポンサーリンク

2018年夏ドラマ『探偵が早すぎる』第5話のネタバレあらすじと感想は?

第5話:夏祭りの惨劇・刺客は子供!?

大陀羅朱鳥(片平なぎさ)の息子・壬流古(桐山漣)が、トンネルで出会ったのは養護施設を抜け出してきた兄弟・透(五十嵐陽向)乃亜(竹野谷 咲)でした。

不敵に微笑み、「ゲームやらない?」と子どもたちに声をかける壬流古です。

一方、未夏(南乃彩希)律音(水島麻理奈)から、夏祭りに一緒に行けなくなったと言われる一華(広瀬アリス)です。

「城之内くん(佐藤寛太)と二人きりなんてムリ!何話せばいいのよ!?」と、動揺が隠せません。

そんな一華に対し、千曲川(滝藤賢一)「そんなに二人きりが嫌なら、私が……」としゃしゃり出てきます。

「お断り!絶対にお断り! 付いて来ないでよ!」

「なんだ、やっぱり二人きりで嬉しいんだな」

「違います!あなたが嫌なの」と、一華は千曲川を突き放しました。

が、千曲川から、夏祭りは命を狙うには絶好の機会だと聞かされ、5メートル以内には近寄らないという約束で手を打つことになりました。

その頃、壬流古は子どもたちにゲームの説明をしていました。

この玩具のナイフでお姉ちゃんの胸を突き刺して、びっくりさせてくれたらクリアだ」と言って、透にナイフを手渡す壬流古です。

夏祭り当日。

一華は、初めは緊張していたものの、城之内と二人で楽しく出店を見て回ります。

千曲川も一華と一定の距離を保ちながら、ヨーヨー釣りに射的に、イカ焼きに、夏祭りを満喫していました。

一方、出店には橋田(水野美紀)の姿もあり、完璧なまでのたこ焼きを作り上げています。

橋田は、一華と一緒にいる城之内に声を掛け、「ご出身は? お父様は何のお仕事を?お母様は?ご兄弟は?」などと質問攻めにしました。

そんな橋田に一華は「ちょっと!止めてよ!」と、困惑してしまいます。

一華と城之内が歩いていると、足を痛めた幼い乃亜の姿を見つけ、駆け寄り、手当てをしてあげる一華。

城之内は、乃亜に綿菓子を買ってあげました。

少女と別れると、ベンチに座って、綿菓子を食べることにした一華と城之内。

「ついてるよ……鼻の頭に」と、城之内は一華の鼻についた綿菓子を当然のように取って食べました。

「どどど、ど、どうも……」

このとき一華のドキドキは最高潮!です。

が、二人の背後からヌッと現れる千曲川。

「さっきのあれは、どうかと思うね。子供に施しを与えるのはよくない。まぁ、女性の前でかっこつけたい男心は分からないでもないが……」と小言を言ってきます。

「ちょっと、いい加減にしてよ!なんなのよ一体!近い!離れて!」と一華は憤り、千曲川を追い払いました。

一方、壬流古と麻百合(結城モエ)は、一華と刺客である子どもたちを監視していました。

その頃、バイト先からの電話で、急遽呼び出されてしまった城之内。

「ごめん、一人になっちゃうけど……」

「ううん、十分楽しかったし。私もそろそろ帰ろうかな」と、一華も言いました。

「そっか……俺も楽しかったよ……またね」

「うん、またね!」

一華は、少し寂しげに城之内を見送りました。

一人きりになった一華。

壬流古は、子どもたちに指示を出します。

子どもたちは、一華が一人になったこの瞬間を狙って、心臓を一刺し……!!

しかし、突然刺されて驚く一華に、血糊が飛ぶはずだったおもちゃのナイフから血糊が出ないことに驚く透です。

そして、誰よりも驚いたのは、本物のナイフを渡したはずの壬流古です。

そこへやってきたのは、探偵・千曲川です。

千曲川は、透と乃亜に、残念賞だと言って、水風船を渡します。

そして、透がしようとしていたことの説明をしようとしますが、子どもの悪戯だと信じている一華は、そんな千曲川を制止します。

透と乃亜は、わけがわからないまま、口論を繰り広げる一華と千曲川から離れました。

千曲川は、一華に、透が使うはずだったナイフを見せます。

それは、本物のナイフでした。

一華は、驚きます。

千曲川は、透の不自然な動きから、刺客だと見抜き、ナイフをすり替えていたのでした。

そして、子ども達は、自分たちが持っているナイフが本物だとは思っていなかったこと、長くは生きられないことを告げました。

壬流古は、子ども達に顔を見られています。

必ず子ども達を始末するはずだと言います。

一華は、子ども達を見捨てるのかと詰り、走り去ります。

橋田の元にやってきた一華は、透と乃亜を探してほしいとお願いします。

壬流古は賞金を受け取りに来た透と乃亜と話しています。

そして、もう1つお願いがあると言いました。

壬流古は、外国のキャンディだという箱を渡し、驚かせたお詫びとして一華に渡すよう依頼しました。

それは、子どもたちも犠牲にした恐ろしい計画でした。

そんな様子を見ていた壬流古のもとへやってきたのは…またしても探偵の千曲川でした。

壬流古は、何故子どもたちが、刺客だと気づいたかを尋ねます。

千曲川は、壬流古が大きなミスを犯したことを指摘します。

それは、妹の草履でした。

妹の足には大きすぎる草履を、親が履かせて送り出すわけがない、更には新品の浴衣と草履を着ているにも関わらず、綿菓子の一つも買えないという違和感から見抜いたのでした。

千曲川は、改めて反省会だと言い、壬流古の失敗を語ります。

それは、暗殺という大仕事を安値で素人の子どもを雇ったことだと言います。

しかし、壬流古は、余裕の態度を崩しません。

その頃、透と乃亜は、一華と再会していました。

ニコニコ笑いながら、箱の中身は、外国製のキャンディだと信じて。

壬流古が仕掛けた次なる罠は、プラスチック爆弾でした。

一華がその箱を受け取った瞬間、自分の持っている爆弾のスイッチを押せば、ターゲットも自分の顔を見た子どもたちも同時に消し去ることができるということです。

壬流古は、楽し気にスイッチを押そうかどうしようか、千曲川をいたぶります。

千曲川は、大きなため息をつきます。

そして、「君の仕掛けた爆弾とは、これのことかな?」と、ズボンの中から爆弾を取りだしました。

目を見開き驚く壬流古です。

子ども達から手渡されたキャンディの箱を開けると、それはびっくり箱でした。

子どもたちも一華も驚いてひっくり返ります。

「何じゃこりゃ!!!!????」

千曲川は、そんな一華の悲鳴に大いに喜びます。

壬流古は、どこですり替えたのかと尋ねます。

千曲川は、このアジトへ来る途中、一華の所へ向かう子どもたちを待ち構え、自分のプレゼントも入れてほしいと言って、箱をすり替えたのでした。

そして、壬流古を椅子に貼り付けると、爆弾のスイッチを奪い取りました。

「何をする気だ?」

「神のものは神に、カエサルのものはカエサルに、トリック返し!」

そういうと、先ほどの壬流古のように爆弾のスイッチを押そうかやめようか歌いながら、壬流古をいたぶります。

そして、アジトから外に出た千曲川は、ぽちっとボタンを押します。

その頃、祭の会場では、花火が無くなっていると、騒ぎになっていました。

一華と橋田は、子ども達を騙した大人をつかまえるべくアジトへと走ります。

しかし、着いた瞬間、アジトの中は、きれいな花火が!?

そして、夜空にも、大きな花火が打ちあがりました。

気が付けば近くにいた千曲川は言います。

「汚い大人を懲らしめるにも、爆弾より花火の方が、風情がある。」

一華は、またしても、自分の見えないところで、自分を守ってくれた千曲川に、優しい笑みを向けました。

まもなく施設の人が、透と乃亜を迎えにきます。

自らも施設で、少しの間過ごした一華は、どんなに辛いことがあっても、施設を逃げ出してはいけないと話しました。

千曲川も、子ども達に語り掛けます。

「嫌なことから、逃げて生きれば、時に道を見失う。子どもを利用して、悪いことをさせようとする大人もいる。その沸かせで下手に道を踏み外しては、ろくなことが無いぞ。まぁ、心配しなくても、君たちは大丈夫だろう。少なくとも孤独ではない。」

そう言って、射的で取ったおもちゃを、透と乃亜にあげました。

「時間を守って遊ぶんだぞ。」

そんな千曲川に、一華は初めて言いました。

「いろいろ…ありがとう。」

千曲川は、その謝意を素直に受け取ります。

しかし、おもちゃから手が離せません。

一華は、いつもの表情に戻り、早く手を離せと、千曲川に言います。

そこには、笑いがあふれかえりました。

一方、大陀羅家では、朱鳥が、麻百合に近くで見張っていたくせに、探偵に気づかなかったのかと詰ります。

麻百合は、壬流古は元の姿に戻れるのかと心配しています。

朱鳥は、最新の医療で最善は尽くすと言います。

「絶対に許さない。」

そして、現れたのは次なる刺客とは…?

2018年夏ドラマ『探偵が早すぎる』第5話の感想は?

壬流古は、本当にどうなってしまったのか…。

いや、本気で元仮面ライダーのくせに、子どもを利用するなよ!

なんて、思ってしまいました。

桐山漣さんが、仮面ライダーとして活躍していたのは、もう約10年前。

当時、幼稚園の年長さんだったとしても、中学生くらいになっているお年頃、桐山漣さんが、元仮面ライダーだとしても、今回の事は、お仕事だと理解してくれるわね(笑)

今回の子役さんたちも、今を時めく子役さん達でした。

兄・透役は、「五十嵐陽向」くん。

出演作
  • 「明日、ママがいない」(日本テレビ)パチ役
  • 「マザー・ゲーム 彼女たちの階級」(TBS)小田寺信役
  • 「ママとパパが生きる理由」(TBS)吉岡由宇役

妹・乃亜役は、「竹野谷 咲 」ちゃん

出演作
  • 「グッド・ドクター」第3話(フジテレビ)市川美結役
  • 『A LIFE~愛しき人~」(TBS)壇上莉菜役
  • 「とと姉ちゃん」(NHK)みのり役

おお!あの子か!というくらい、よく見かけますね♪

しかし、壬流古について、「元の姿に戻るのか」という事ですが、やっぱり大やけどを負ったんですかねぇ。

どうなってしまったのか、気になります。

2018年夏ドラマ『探偵が早すぎる』第5話のネット上の反応や評価は?

ドラまる
それだね!

子どもを駒にするなんて、ダメダメ!

ラマちゃん
もしこのセリフ言ってしまったら、びっくりしたと思うわ(笑)

ドラまる
初回からの壬流古回という事で、楽しんでいるひともおおかったみたいだね。
ラマちゃん
ぼんくら息子っぷりをよく表現してくれているわね!

また、聞けるのかしら「イエス、マム」

ドラまる
すごい可愛いゆるキャラだったね!
ラマちゃん
それもそうだけど、この画像見ると、兄妹よりもよっぽど麻百合の存在感という違和感の方が強い気がするわね(笑)

とんでもなく浮いてるもの…。

もちろん、千曲川は気づいてたんでしょうけど。

ドラまる
最後に出てきた、次の刺客は謎のままだったね。

でも、謎にするってことは、既に出てきている誰かなのかな…。

ラマちゃん
とすると、男性だったし…。

今、レギュラーで出てる男性って…

みんな心配にもなるわよね。

スポンサーリンク

ドラマ『探偵が早すぎる』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

 

ドラマ『探偵が早すぎる』はTverや読売テレビ動画で視聴可能です。

Tverはこちら

読売テレビ動画はこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『探偵が早すぎる』5話の動画を無料で見る方法はこちら

スポンサーリンク

2018年夏ドラマ『探偵が早すぎる』第6話のあらすじは?

2018年8月23日(木)23時59分〜放送のドラマ『探偵が早すぎる』第6話のあらすじをご紹介します。

一華(広瀬アリス)が城之内(佐藤寛太)と夏祭りデートを楽しんでいた間にも、探偵・千曲川(滝藤賢一)は大陀羅一族が仕掛けてきた暗殺計画を未然に阻止していた。

が、千曲川が朱鳥(片平なぎさ)の息子である壬流古(桐山漣)に重傷を負わせたことで、朱鳥は大激怒!

千曲川を先に始末するようにと、麻百合(結城モエ)に命令を出す。

捕らえられ、血まみれの状態で監禁されてしまった千曲川……!!

一方、亜謄蛇(神保悟志)はプロの刺客を雇い、一華に襲い掛かる……!!

千曲川不在の中、朱鳥と亜謄蛇が同時に、命を狙ってくることに――。

果たして一華は身を守れるのか――!?

そして、千曲川の運命やいかに――!!

公式サイトより引用

まとめ

こちらの記事では、2018年夏ドラマ『探偵が早すぎる』第5話のネタバレ有りの感想と第6話のあらすじをご紹介いたしました。

ドラまる
いやはや、次回は千曲川大ピンチの回だよ!

謎の刺客も気になるしどうなっちゃうんだろう。

ラマちゃん
本当ね。

きっと千曲川は、乗り切ってくれると信じてるわ!

来週も一緒に物語を追っていきましょう!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA