高嶺の花|あらすじと原作情報【石原さとみ主演・日テレ水曜22時】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2018年夏の日本テレビ系「水曜ドラマ」枠は、石原さとみさんを主演に迎え、ドラマ『高嶺の花』が放送されることが決定しています!

本作は、『101回目のプロポーズ』『高校教師』『家なき子』などを手掛けた人気脚本家・野島伸司さんが描くドラマオリジナル作品として注目を集めています!!

こちらの記事では、2018年夏ドラマ『高嶺の花』のあらすじ・みどころ・脚本情報をご紹介します。

ドラまる
石原さとみさんと野島伸司さんは、約10年前に対面しているそうで、その時から、いつか一緒にドラマをと熱望されていたそうだよ!
ラマちゃん
約10年の歳月を経て、ついに共作が見られるのね!

まずは、どんな物語なのか、一緒に予習してみましょう☆

スポンサーリンク

2018年夏ドラマ『高嶺の花』作品紹介

ドラマ『高嶺の花』とは、2018年7月にスタートする日本テレビ系「水曜ドラマ」枠で放送されるドラマです。

主演には2016年ドラマ『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』以来の同枠主演になる石原さとみさんを迎え、忘れられない失くした恋、次々現れる愛の刺客、二人に試練が山ほど訪れる!怒濤の純愛エンターテインメント作品です!!

スポンサーリンク

ドラマ『高嶺の花』気になるあらすじや見どころは?

華道の名門『月島流』本家に生まれ、美貌、キャリア、財力、家柄、さらには圧倒的な才能まですべてを持ち合わせた女、月島もも(29)。

そのうえ心から愛する男性と結ばれ、永遠の愛をも手に入れる、はずだった。

しかし彼女を襲ったのは、婚約者の二股交際発覚、式当日の結婚破談という、高嶺の花にあるまじき最悪の事態!

ももは一気に自信喪失、自我崩壊の大ピンチに陥る――!?

すべてを失った彼女の前に偶然現れたのは、美貌、キャリア、財力、家柄……なぁんにも持たない平凡な自転車店主、風間直人(39)だった。

高嶺の花と地上の凡夫、

二人の間に横たわる絶望的な格差!

なのに二人は、まさかの恋に落ちてしまう…!

「高嶺の花」公式サイトより引用

ドラマ『高嶺の花』のみどころは、石原さとみさんと峯田和伸さんによって繰り広げられる美女と野獣の超・格差恋愛にあるでしょう!!

格差恋愛という事は、2人が結ばれるまでの間の、以下のこんなことだけでもいくらでも物語が生まれてしまいそうですね♪

  • 普通なら出逢わない2人が出会うキッカケ
  • 出逢った2人が恋に落ちるまでの過程
  • 恋に落ちて結ばれるまでの過程
  • 結ばれてからの周囲の反対・妨害

…1クールで足りるんでしょうか!!!

相手役にはの峯田和伸さんは、2017年上半期の朝の連続テレビ小説「ひよっこ」でファンキーなおじさんを好演していました。

また、同じく朝の連続テレビ小説「べっぴんさん」の芳根京子さん、「わろてんか」の千葉雄大さんといったフレッシュな顔ぶれも揃い…おや?石原さとみさんも「てるてる家族」にご出演ということで、朝の連続テレビ小説主要キャスト揃い踏みじゃないですか!

これは否応なしに、期待値上昇中ですよ♪

スポンサーリンク

日テレ水曜ドラマ『高嶺の花』主題歌情報

『高嶺の花』の主題歌には、〝キング・オブ・ロックンロール”エルヴィス・プレスリーの『ラヴ・ミー・テンダー』に決定しています。

エルヴィス・プレスリーの楽曲が主題歌として起用されるのは、日本で初めてとなるんですよ♪

『高嶺の花』主題歌決定について、キャストの石原さとみさん、峯田和伸さん、脚本の野島伸司さんよりコメントが届いていました!

■石原さとみさん(月島もも 役) コメント

野島さんの作品の主題歌はどれもものすごく印象的で、出演させて頂くとわかってから、ずっとずっと主題歌が気になっていました。

それがあの全世界の人が知っている普遍的で直球な究極のラブソング、『ラヴ・ミー・テンダー』になると知り、震えました。

切なく甘く脆くて重い、でも心から愛せる人がいるってなんて美しいんだ、と感じられる曲です。

そんな偉大な曲に負けないよう、ザラッとした表面に、甘くて温かい液体を流したようなラブストーリーを、ただただ毎日丁寧に描いていけたらと思います。

見て頂いた皆さんがこの曲に抱いていた印象が、このドラマ色に変化したら嬉しいです。

■峯田和伸さん(風間直人 役) コメント

あの曲がもつ静謐さ、エルヴィスの甘い歌声がそのまま直人のキャラクターに重なっていければいいなと思います。

『ラヴ・ミー・テンダー』が毎週水曜日の夜に流れる、そのことがとても嬉しいです。

■野島伸司(脚本) コメント

『高嶺の花』は、破天荒な一方で、ガラス細工のように繊細な心を持つヒロインに寄り添うラブストーリーです。

エンターテインメントとして物語を癒すために、世界で一番甘いラブソングが必要でした。

すぐに頭に浮かんだのが、この曲、『ラヴ・ミー・テンダー』です。

コメントは『高嶺の花』公式サイトより引用

ドラマ『高嶺の花』原作&脚本情報

ドラマ『高嶺の花』は原作は無く人気脚本家・野島伸司さんによるオリジナル作品です!!。

地上波の連続ドラマとしては、2016年の「OUR HOUSE」(フジテレビ)以来、となる野島伸司さんの待望の新作となります!

【脚本:野島伸司さんのコメント紹介】

ドラマっていいな。

そうか、だからわざわざ時間を割いて、ひととき日常を離れてのめり込めるエンターテインメントなんだよね。

作り手と受け手が、そんな思いを共有できる、そういう熱を呼び起こせるものを書きたいと思いました。

石原さとみさんは、今回、約十年ぶりにお会いしたのですが、その間に着実にキャリアを積み重ねてきた自信と風格を感じました。

彼女の役柄を考えたとき、和装で見得を切る、名門の華道家師範という画が浮かんできました。

峯田和伸さんは、裸でステージからダイブするイメージとは異なり、実際にお会いしたら、とても情緒的で聡明な印象でした。

彼がこの物語に、独特の飄々とした味わいを運んでくれることでしょう。

『高嶺の花』公式サイトより引用

代表作
  • 101回目のプロポーズ(1991年:フジテレビ)
  • 高校教師(1993年:TBS)
  • ひとつ屋根の下(1993年:フジテレビ)
  • 聖者の行進(1998年:TBS)
  • ストロベリー・オンザ・ショートケーキ(2001年:TBS)
  • 薔薇のない花屋(2008年:フジテレビ)
  • OUR HOUSE(2016年:フジテレビ)

まとめ

ドラまる
前作の「アンナチュラル」(TBS)、「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」(日本テレビ)と出演作が、大人気で評判の石原さとみさん主演という事で、期待がどんどん高まっていくよ!
ラマちゃん
野獣役の峯田和伸さんの、いい人振りにも期待しているわ!

そんな美女と野獣のラブストーリー、楽しんでいきましょうね♪

初回放送は、7月11日(水)22時スタート!

初回は、10分拡大だから、録画予定の人は、気を付けてね!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA