ドラマ【高嶺の花】8話の動画見逃し無料視聴はこちら|8月29日配信

  • この記事を書いた人:yatarou

↓今すぐ『高嶺の花』の動画を見るなら↓

石原さとみさん主演の2018年夏ドラマ『高嶺の花』第8話( 2018年8月29日(水)22時より放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『高嶺の花』第8話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
動画配信(ビデオオンデマンド)サービスが色々と増えていて分かりにくいけど、『高嶺の花』に限らず日本テレビ系列のドラマはHuluがおすすめ!

他にも無料で見る方法があるので、詳しく解説していくね〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『高嶺の花』第8話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『高嶺の花』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『高嶺の花』放送終了から1週間以内はTverと日テレオンデマンドを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tver 無料視聴はこちら
日テレオンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『高嶺の花』第8話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年8月29日(水)放送終了後〜2018年9月5日(水)21時59分

までは見られるよ!

もし、すでに見逃し動画配信が終了してしまっている場合は、以下の無料視聴方法がおすすめです!

1週間以上経過している場合のオススメはHulu!

まず、始めにドラマ『高嶺の花』の見逃し動画配信状況をご紹介します。

『高嶺の花』を現在配信しているのは、上記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで配信されています。

しかし、ほとんどのサイトでは見放題扱いになっていません(追加料金が必要になります)ので、全話見放題で配信しているHuluが最もおすすめとなります!

※紹介している情報は2018年7月時点のものです。

Huluの詳細

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 獣になれない私たち
  • ブラックスキャンダル
  • ドロ系
  • 今日から俺は!!
  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • 正義のセ
  • Missデビル
  • 崖っぷちホテル!

などが見放題となっています。

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

『高嶺の花』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※紹介している情報は2018年7月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

Pandora・Dailymotion・miomioでも見られる?

結論からお伝えするとパンドラ・デイリーモーション・ミオミオといった動画アップロードサイトでもドラマ『高嶺の花』の動画を見られることはあります。

ただし、

  • 低画質・低音質
  • 全話揃っていない
  • 違法にアップロードされた動画
  • スマホやPCがウイルス感染する恐れのある広告が表示されることがある

といったデメリットもありますので、気を付けてください!

ドラまる
上記のリンク先に動画がない場合は、著作権違反の違法アップロード動画として削除されているってことだね。
ラマちゃん
その時は、Huluの2週間無料キャンペーンがおすすめだよ!

2018年夏ドラマ『高嶺の花』第8話のあらすじ

2018年8月29日(水)放送のドラマ『高嶺の花』第8話のあらすじを紹介します。

もも(石原さとみ)は兵馬(大貫勇輔)の生け花に魅了され、彼との交流を深める。

一方、直人(峯田和伸)は、千秋(香里奈)と親しくなる。

商店街の人々も、直人に千秋を、同じ世界に住む新しい恋人として薦める。

だが直人は、図書館で生け花の本を何冊も借りて、ももの苦悩を理解しようと努めていた。

ももとなな(芳根京子)の技量を見極める「俎上」の日を迎える。

選ばれた6人の師範と市松(小日向文世)が、二人の作品を見て投票し、どちらが次の家元にふさわしいか決めるのだ。

俎上に参加する師範はルリ子(戸田菜穂)の息がかかった者ばかり。

だが市松は、ももとななが花を生ける様子は非公開にし、作品だけを見て投票を行うと宣言。

これでは確実にななを勝たせることができまいとルリ子は動揺する。

ももとななが生けた花は、対照的なでき上りだった。

絢爛豪華で鮮やかな作品と、限りなく淡い色合いの作品。

師範たちの投票は3対3の同数に、最後に市松が票を投じて、次期家元が決定されるのだが……。

公式サイトより引用)

2018年夏ドラマ『高嶺の花』第8話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『高嶺の花』第8話の見どころや期待度をご紹介いたします。

mirokichi3
月島ももは神宮流の兵馬と親交を深めていきますが、2人の関係はどう発展していくのでしょうか。

また、ももはもう一人の自分を呼びこして次期家元の座を掴み取るのか気になります。

風間直人も図書館で遭遇した千秋と仲を深めていました。

少しずつ恋に進展していきそうなので期待しています。

ななも龍一と母親が密会しているのを知り傷つきました。

ななは改めて、家元争いに挑むことになりましたが、果たしてどうなるのか気になります。

父の市松は次々と策を講じていきますが、今度はどんな事をしてくるのか想像出来ません。

予期せぬ事をしてきそうなので気になります。

ペンネーム:mirokichi3(30代・男性)

飛べないアヒル
直人とももの結婚が壊れ、直人は図書館通いで知り合った千秋と親しくなります。

直人の周囲では、住む世界が同じ千秋との関係が深まることを望みますが、直人は図書館で生け花の本を借り、ももの苦悩を理解しようとしています。

一方の、ももは家元の技量をはかる日を迎え、ななとの対決が始まります。

次の家元となる審査をする師範はルリ子が選んだ師範ばかりのなか、家元の市松が作品のみを見て審査するように宣言したことで、ルリ子の思惑通りにはいかないようです。

私生活において結婚も道具として利用した精神性の追求をした二人の姉妹が、次の家元をかけた審査の行方が気になるところです。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

たかは
ななはルリ子と宇都宮の密会現場を見てしまってショックを受けますが、それを次期家元になるための原動力にしているようでした。

一方、ももは兵馬と交流を深めて行きます。

ももと兵馬は同じ華道家として分かり合える部分が多くてお似合いだと思います。

しかし、兵馬には何でも見透かされているようで一緒にいたら疲れてしまいそうな気もします。

直人とは全く違うタイプの男性で、ももは兵馬のことをどう思っているのか気になります。

直人もまた看護師の千秋と出会います。

千秋はももと違って地味ですがサバサバしていて直人と気が合うと思います。

二人の関係も気になります。

ペンネーム:たかは(30代・女性)

シャワーズ
真由美と話し合いをした結果、真由美と離婚することを決意した拓真は、離婚の報告をしにもものところに行くが、ももは家元のことで心身的に追い詰められてビリビリしている様子の最中、神宮家の兵馬と親しくしているのを見てしまい、拓真はこれで何もかも失ってしまったのだと落胆することになる。

ももは兵馬とお互い励ましあい、お互い家元の争いに参戦することになった。

それに対し、風間はもものことをきっぱり諦めようと決心し、何気に千秋とご飯に行く回数が増えているという展開になることを予想する。

家元に兵馬とももが選ばれるかどうかが楽しみなポイントとする。

ペンネーム:シャワーズ(20代・女性)

しーちゃん母さん
兵馬が出てきて人間模様が複雑になってきましたが、どうやら兵馬もももを狙ってる様子。

でも弟の龍一は最初の冷徹な感じから完全にななに情が移ってますよね。

でも今更ななが龍一の事が信用できるのかが今後の展開で楽しみな所です。

ももはプーさんにお姫様抱っこされてましたけど何があったんでしょうね。

後、るり子さん大ピンチ。

今まで企んできたことが次々ダメになりそうな気がします。

龍一も寸での所で優しさが見え隠れするので月島の家元風に言えば芸術家としては大成しない要素満載です。

ももはプーさん忘れてないですよ。

千春に嫉妬してもいい作品ができそうな気がするんですけど。

ペンネーム:しーちゃん母さん(50代・女性)

ツインスター
ももとお見合い相手、プーさんと香里奈が今後どうなっていくのか楽しみです。

とても相性が良さそうなカップルですが、結局ももとプーさんはお互いにまだ未練がある感じなので二人の関係も見どころです。

何でもお見通しなもものお見合い相手の存在が面白く、今後のドラマのテンポを良くしていってくれるんじゃないかと期待しています。

宇都宮は月島家の一票を手に入れるために家元の言う通りにしますが、宇都宮が時期家元になりたいという計画は失敗に終わる気がします。

ななは精神的にかなり追い詰められているので、次回以降のももとななの姉妹対決が楽しみです。

ペンネーム:ツインスター(30代・女性)

2018年夏ドラマ『高嶺の花』第8話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『高嶺の花』第8話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

ににか

『高嶺の花』第8話のあらすじネタバレ

結婚式を挙げたももとプーさん。‥でしたが、ももは結婚式の途中で元婚約者と共に式場をあとにしてしまいます。

罪悪感を得る事で、もう一人の自分を取り戻す為、の儀式にしようと考えていたももですが、最後に見た、プーさんの笑顔が心にひっかかり、もう一人の自分を取り戻す事が出来ません。

そんな中、ももに近づく新たな男性。

もう一人の自分の存在も認識している、何やら不思議な華道家。

一方で、プーさんにも新たな出会いが‥。困っている所を助けてもらい、急速に距離が縮まっているように見える二人。

今後の展開がますます気になります。

『高嶺の花』第8話の感想

華道家としての道を突き進むと決めたもも。

亡き母の願いのため、手段も選ばず、自らの幸せも捨てる事を決心。

家元である、父の策略にしか見えませんが、どこかで父としての愛情があるのではないかと期待してしまいます。

のんびりしていたプーさんも、ももの結婚式からの逃亡の時には、あえて笑顔を見せ、最大限の抵抗。

人間の表と裏、本音と建前が色々な場面で見え、目が離せません。

新たに現れた華道家男性の、本当の狙いも気になります。

ももとプーさんはこれからどうなってしまうのか、ももはもう一人の自分を取り戻せるのか‥。注目です。

ペンネーム:ににか(30代・女性)

はむちゃん

『高嶺の花』第8話のあらすじネタバレ

ついに月島流の次期家元の座を争う為にももとななによる俎上が行われることになりました。

どちらが生けたのかは見れない状態で作品を見て師範達が投票をし、3対3で同数になり最後に家元である市松による投票。

ももとななによる作品は実に対照的で、豪華絢爛な作品と淡い色合いの作品だった。

そして家元が選んだのは豪華絢爛な作品を生けた実の娘のななの作品だった。

実の娘であるななを家元にしたかったということだろう。

全ては家元である市松の狙いによるものだったと理解出来る。

この結果により京都の次期家元と言われている兵馬さまが月島は終わると一言言って次回に繋がる。

『高嶺の花』第8話の感想

一話一話追うごとに話が深くなっていき、まさに8話は話のキーポイントである月島流の次期家元を決める為のももとななによる俎上。

1週間待ちに待ち、1時間あっという間に見終わりました。

なんとなく予想はしていたけど、やっぱりななだったかぁ。

でも以前にももの才能に惚れ込んでいると言っていたし実の娘だからといった理由で市松がななをわざわざ選ぶとは思えない。

市松の狙いが他にもありそうな気がしてなりません。

そうじゃないと今までのももに対してしてきた事がただこの結果の為だけなら、亡くなった前妻への相当な復讐心だなと思いました。

ペンネーム:はむちゃん(30代・女性)

シャワーズ

『高嶺の花』第8話のあらすじネタバレ

ももは兵馬の生け花を見た。

風間はいけ花入門という本を取った。

そこで千秋と会い、共に昼飯を摂取することになった。

ももが誰もいない場所で一人ぼっちで咲く覚悟が必要だと兵馬はももに話した。

ももはななと家元の座を争うことになった。

ルリ子は、私に触らないでとななに言われてしまった。

市松は、20人の師範の中から6人に絞ることにした。

ももとななが生け花をする様子は見せないという方針を取った。

ただ並んだ花のみで競う。

ももとななは生け花をした。

ルリ子は、作品だけ見ての勝負になってしまったということを宇都宮に報告した。

やがてななとももの作品が仕上がっていた。

6人の師範の表は表である菊の花を使い、3票と3票に分かれた。

交互に一つずつ菊の花を置くのだと兵馬は口にした。

最後の1票つまり菊の花は市松だった。

市松で跡継ぎを決めるのだと兵馬は話した。

結果、ななが家元に選ばれた。

だが、ななはももの作品の方が勝っているのだと言った。

それは市松も認めた。

だが、その危うさ、うちから滲む憤りに引き込まれ、薬は毒から生まれ、その感性を手に入れたのだとななを褒めた。

ももはななの花を避け、対比にしようとしていたことを市松は指摘した。

ももはチャンスを求めたが、市松は無視した。

ももはこれからどうすればいいかと涙を流した。

ももは枝を切るのを繰り返して、見えないと連呼した。

ななはももを止めた。

ももは兵馬様なら、と口にした。

抱かれて心をリセットし、もう一人の自分を取り戻せたら、とももはななに話した。

宇都宮は月島の票のために、家元の指示で動いたのだとルリに話した。

それでルリ子を利用した。

ななは風間にもものことを話した。風間はももの居場所を聞いた。

兵馬とももはお互い愛していないのだと確認した。ももは風間のことを愛してると言った。

そのことを粉々に消し去りたい。兵馬とももはキスをした。

風間が兵馬の部屋に顔を出し、ももを抱えて帰った。

『高嶺の花』第8話の感想

着物を着ている兵馬が生け花をしながら生け花のことについて真剣に語るというのが物凄く素敵だった。

ななとももがメイクを決めた上に着物を着て生け花をするという姿は非常に綺麗なのだと感じた。

ももの涙に心が揺さぶられてしまった。

それ程に魅力のある涙だった。

その後、自分が壊れてしまったという演技を石原さとみはしっかりとこなせているのだと伝わってきた。

演技力があまりにも高いのだと思った。

宗太の描いた絵が上手だった。

メガネを外す千秋がより一層魅惑のある女性にみえた。

だが、やはり風間はももとくっついた方が似合っているのだと感じた。

ペンネーム:シャワーズ(20代・女性)

しーちゃん母さん

『高嶺の花』第8話のあらすじネタバレ

ももは兵馬の生け花の素晴らしさに感心する。

もう一人の自分を取り戻したいと言うももに兵馬は欲望から離れ断崖絶壁に咲く一輪の花(高嶺の花)になる覚悟が必要だと言われる。

絶壁から下界に降りて恋なんかするとこうなると言われた。

プーさんは図書館で千秋と会う。

生け花の本を借りて少しでも、ももの苦しみを分かりたいと勉強する。

ももとななは次の家元を定める、そ上の日が迫っていた。

そんたくの無いように生ける姿を見せず生けた花のみで競わせ投票すると言う方法だ。

るり子は少し焦る。

投票の時間になり同数の票となった。

最後は家元の一票で決まる。

家元はななには限りない成長を見た。

ももには衰退を感じたと言う。

兵馬は二人の作品を見て月島は終わりだと呟く。

ななに敗れたももは母の墓前で泣き崩れる。

自暴自棄になりももは、もう一人の自分を取り戻すため兵馬に会いに行く。

ななはプーさんの所に行きももの事を話す。

SOS を聞きつけてプーさんは兵馬の所に向かう。

寸での所で気を失っているももをプーさんに預け、ももが望むなら次もあると言う兵馬にプーさんは彼女をこれ以上騙すのはやめて欲しい。

次の機会はないと連れて帰る。

『高嶺の花』第8話の感想

何なんでしょうね。

この跡目争いって。

華道家の裏事情ってこんな感じと思われたら華道されてる方達はたまったもんじゃないですよね。

バカにするなって苦情とか来ないのか心配です。

ななは母に対する憎しみの気持ちが成長に繋がってるとでも持って行きたいようですけど中途半端で結局、姉を思い最後はプーさんの所に助けを求めて行ってしまう所がストイックになりきれてないんですよね。

龍一もなんだかんだで、ななを心配してるし。

みんな素直になれば幸せじゃないの?と思う視聴者が沢山居ると思いますが芸術家の気持ちは未だ掴めず。

プーさんは何か掴んだのか兵馬に何者?って言われてたんで頭いいなって思いました。

ペンネーム:しーちゃん母さん(50代・女性)

ねこぽん

『高嶺の花』第8話のあらすじネタバレ

直人は図書館であった千秋とスナック喫茶でランチする仲になりましたが、友人の冷やかしに対し、「私この人のこと好きだって言いましたっけ?」といわれてしまうが、脈ありの様子だ。

一方ももとななの俎上の日がやってきた。

家元・市松は出来上がった花の作品だけで判断する投票にし、ルリ子をうろたえさせる。

ななは引きつり母への憎悪で集中できず、ももは余裕を見せようとするが、直人が浮かんで落ち着かない。

あえて「それが私の宿命」という母の遺志を思い出すのだった。

師範の投票は3対3、家元の投票で次期師範は「なな」と決まる。家元は「ななには成長を、ももには衰退を感じる」と断じる。

ももは壊れ、兵馬に抱かれようとするが、ギリギリのところで気絶し、駆けつけた直人に癒され、帰宅するのだった。

『高嶺の花』第8話の感想

声を枯らして狂乱しているももの演技が切なかったです。

「もう一人の自分を取り戻しに行く」という考え方はおかしいと、気づいているななが罵倒されているのを見るのは、何だか気の毒でした。

それにしても「元カノのSOS」に女性陣が同意して反応したのには驚きました。

千秋もまるきり縁がないかむしろライバルなのに、車まで出してくれるお人よしです。

直人の方は、はたして愛で立ち上がったのか同情からなのか、知りたいところです。

「割と簡単」がキーワードなのは面白かったです。

ドラマだから…とは思いますが、ももが兵馬と何もなくて良かったです。

ペンネーム:ねこぽん(40代・女性)

石田莉久

『高嶺の花』第8話のあらすじネタバレ

ついに時期家元を決めるための姉妹の生け花対決が始まりました。

時期家元に投票する人らを現家元が決め、3時間後に姉妹どちらがどっちなのかをわからなくさせて披露するこに。

ななを家元にしたいななの母は、ななに投票させるようにと設定。

しかしどちらかわからなかったため、菊の花を交互に置くことなった。

そして神のみぞ知る、決着が。それは家元の投票。

結果はななの勝利。

のちの部屋にてななをほめ、ももを酷評。

それに耐えきれなくなりももは壊れる。

感情のない相手とのセックスでリセットするために自宅から出て行く。

頼れるのはぷーさんしかいないと、ななはぷーさんのもとへ。

果たしてぷーさんはももを救えるのか。

『高嶺の花』第8話の感想

ものすごくおもしろかったです。

泣いてしまうほど。

勝つのはななと思ってはいましたが、あんな酷評をされるとは。

家元は先を見て、自分の本当の娘に票を入れたかったのか、それともさらに成長をさせるべくあの態度をとったのか。

具体的にはまだ未知数。

しかし母親の話をふっといて酷評して、壊れないほうがおかしい。

母の墓前で泣き崩れるももに涙が止まりませんでした。

結果あの男に抱かれるために、ふらふらとマンションへ。

早くぷーさん助けて!!と何度もつぶやいてしまいました。

ななは頼れる人は彼しかいないと、ぷーさんのもとへ。

助けてというとぷーさんは目をきりっとさせてもものところへ行った。

あの男とももは、セックス前にももが気絶してしまったので未遂。

あ、よかった・・・。

そしてそして何よりも、ぷーさんがあの男に口調を悪く男らしい言葉を残してくれたのが、最高にかっこよかった。

最後、エレベーターでぷーさんとももは、愛を証明できるかどうかの話の時に、「意外とかんたんですよ」と同時につぶやく。

そのシーンがぼろぼろ涙を誘ってきました・・・・

ペンネーム:石田莉久(30代・女性)

まとめ

ドラまる
2018年夏ドラマ『高嶺の花』第8話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
第9話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『高嶺の花』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA