ドラマ【高嶺の花】7話ネタバレと感想!千秋(香里奈)も家元の刺客?

  • この記事を書いた人:てつや
ドラまる
ドラマ『高嶺の花』第7話が2018年8月22日(水)に放送されたね!
ラマちゃん
結婚式で直人を裏切ってしまったもも。

華道家としての宿命を受け入れた故の行動だけど、このまま2人はお別れになってしまうのかしら?

こちらの記事では、ドラマ『高嶺の花』第7話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『高嶺の花』第7話のあらすじネタバレと感想

直人(峯田和伸)と婚姻届けを出したもも(石原さとみ)。

ところが、結婚式の当日、ももと直人が誓いのキスをしようとした瞬間、ももの元婚約者・吉池(三浦貴大)が突然現れももを式から連れ出してしまいます。

これは、直人を傷つけた罪悪感を背負いながら華道家として生きていくためにもも自身が起こした行動でした。

罪悪感を背負うためには、直人には悲しい表情をしてもらわなければ成立しないのですが、直人が最後に見せたのはなぜか笑顔。その理由が分からず、ももはそのことがずっと気になっていました。

一方、高井(升毅)は、ももが直人との結婚を壊したことへの謝罪をするために、佳代子のスナックへ。しかし、商店街の人々はももが直人を裏切ったことに怒り心頭。高井に猛抗議をします。

しかし、そんな商店街の人々に「やめろ!」という直人。ももの想いを受け入れていた直人は、高井の謝罪も受け入れたのです。

そのころももは、市松(小日向文世)やルリ子(戸田菜穂)とともに、京都にある華道界の名門・神宮流の次期家元と目される兵馬(大貫勇輔)と会食をします。

兵馬は、ももが「もう一人の自分」が見えずに葛藤していることを、瞬時に見抜きました。そこでももは、兵馬と龍一(千葉雄大)が異母兄弟であることを知ります。

直人は、図書館で同じ本を借りようとする女性・千秋(香里奈)と知り合い親しくなります。

直人が千秋と一緒にいた時、宗太(舘秀々輝)から坂東(博多華丸)が倒れたという連絡が。それを千秋に話すと千秋は直人を車に乗せ、宗太のいる山梨へ向かいます。

直人と千秋が到着すると、すでに坂東は病院へいました。手術をすることになった坂東ですが、かつて死にたがっていたことから「このまま死なせてあげた方がよかったのかもしれない」と直人に打ち明ける宗太。そんな宗太に「止められない自殺はない」と話すのでした。

なな(芳根京子)は、龍一とドライブの約束をしていました。

ところが、龍一のいるホテルの部屋を訪ねると、そこに密会中の龍一とルリ子が!

ショックを隠しきれないななはそのまま飛び出していきます。

そのことを知ったももは龍一の元へ。そこで龍一から兵馬と家元争いをしていること、そして自分に票を入れてもらうために市松と手を組んだことを聞きます。

…というのが、「高嶺の花」7話の大まかなあらすじ。

直人が笑顔を見せたのは、直人なりの精一杯の抵抗だったのですね。ゲインロスという哲学的な用語が出てきたあたり、野島伸司脚本という感じがします。

そのゲインロス繋がりで7話から登場した香里奈さん演じる千秋。

一見、普通の女性ですが千秋も何か裏があるのでしょうか?

8話以降も気になります!

スポンサーリンク

ドラマ『高嶺の花』第7話のネットの反応や評価は?

https://twitter.com/miimii2oo/status/1032273490131341313

ドラまる
千秋が家元の刺客ではないかという予想が多数あるね!
ラマちゃん
やたら直人に好意的だったし、確かにありえるかも!?

https://twitter.com/IcrNDKG63SKIk2J/status/1032281167104368640

ドラまる
市松が悲惨な最期を迎えるのでは?という予想も。
ラマちゃん
野島伸司脚本だし、市松が改心して終わり…という流れにはならなそうね。

殺害は恐ろしいけど、あり得る展開だわ!

スポンサーリンク

ドラマ『高嶺の花』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『高嶺の花』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はHuluで視聴可能です。

Tverはこちら

Huluはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『高嶺の花』7話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『高嶺の花』第8話のあらすじは?

2018年8月29日(水)放送のドラマ『高嶺の花』第8話のあらすじをご紹介します。

もも(石原さとみ)は兵馬(大貫勇輔)の生け花に魅了され、彼との交流を深める。一方、直人(峯田和伸)は、千秋(香里奈)と親しくなる。商店街の人々も、直人に千秋を、同じ世界に住む新しい恋人として薦める。だが直人は、図書館で生け花の本を何冊も借りて、ももの苦悩を理解しようと努めていた。

ももとなな(芳根京子)の技量を見極める「俎上」の日を迎える。選ばれた6人の師範と市松(小日向文世)が、二人の作品を見て投票し、どちらが次の家元にふさわしいか決めるのだ。俎上に参加する師範はルリ子(戸田菜穂)の息がかかった者ばかり。だが市松は、ももとななが花を生ける様子は非公開にし、作品だけを見て投票を行うと宣言。これでは確実にななを勝たせることができまいとルリ子は動揺する。

ももとななが生けた花は、対照的なでき上りだった。絢爛豪華で鮮やかな作品と、限りなく淡い色合いの作品。師範たちの投票は3対3の同数に、最後に市松が票を投じて、次期家元が決定されるのだが……。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『高嶺の花』第7話のあらすじネタバレ感想と8話のあらすじをご紹介しました。

第二章らしく、新キャラも登場し新展開が続出な7話でしたね。

なながついに完全崩壊、そして千秋の登場。いろいろと見逃せません。

直人は千秋と、ももは兵馬といい感じになっていますが、これも市松の思い通りだとしたら…?

ドラまる
千秋は後半戦のキーパーソンになるかも?
ラマちゃん
これから物語にどう絡んでいくのか…要注目ね!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA